HOME > Tateiwa >

嘘を言うから「障害」が要ると言われる・1

「身体の現代」計画補足・495

立岩 真也 2018/04/
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/2049661635300813

494 < / > 496

Tweet


『差異と平等――障害とケア/有償と無償』表紙   立岩真也編『社会モデル』表紙   星加良司『障害とは何か――ディスアビリティの社会理論に向けて』表紙   『現代思想』2018年4月号 特集:現代思想の316冊――ブックガイド2018・表紙

[表紙写真クリックで紹介頁へ]

 星加良司の本を『現代思想』連載の4回分、榊原賢二郎の本を1回分※、書いてそれを04/18刊行の『社会モデル』ver1.3に収録した。
http://www.arsvi.com/ts/2016m2.htm
今年中にまとめるつもりだが、その時には構成などだいぶ変わっているはず。『社会モデル』には連載で取り上げられなかった部分、本にはならない部分たくさんあるので、これはこれとしての価値があると思う。分量あるが、HTMLファイルなので検索なども便利。
 ※「榊原賢二郎『社会的包摂と身体』――連載・144」,『現代思想』2018-4
http://www.arsvi.com/m/gs2018.htm#04

 まだここでは、2月号掲載の
◆2018/02/01「社会科学する(←星加良司『障害とは何か』の3)――連載・142」,『現代思想』46-(2018-02):-
http://www.arsvi.com/ts/20180142.htm
からの分載を続けている。この回の目次は
 □大きな話は終わっていない
 □社会(科)学は
 □ただ一つひとつ応ずればよいではないか
 □嘘を言うから「障害」が要ると言われる
こうやって切れ切れだと全体は見えない。それは仕方がない。ただこれらの断片を、できれば、ゆっくり読んでいただきたいと思う。[201206]は『差異と平等』所収の私の文章。
http://www.arsvi.com/ts/2012b1.htm

 「■嘘を言うから「障害」が要ると言われる
 提供すればよいではないかと述べた。しかし個々人が望むというなら、その生活、生活のための消費、消費のための財の提供は際限なく実現されてよいか。なかには「ぜいたく」であると思われるものもあるのではないか。求めをいくらでも認めるというのではない立場から、しかしあまりけちなことを言わずにすませたい。そんなことを考えてきた。そしてここに、社会政策のなかに「障害」が浮かびあがる一つの事情がある――もう一つは次回に考える労働・雇用の場面だ。そして「障害」をもってくることが必須なのかという問いも現れる。はじめから「障害」をあることにするのではなく、このような順序で考えるべきである。以下、このことを説明する。
 まずほしいだけとはならないのは、一つには、さきにもあげた資源の有限性からの要請であるが、もう一つは、消費に対応した労働が必要であることによる。市場においては、提供する労働の苦よりもその労働者が代わりに得られるものの効用の方が大きいことになるので、提供者がよいというのであれば問題ないとされるのだが、そのことは社会的な贈与の場合には必ずしも妥当しない。人の望みを実現するために別の人が働かねばならないことがある。とするとその望みが無限にかなえられればよいとは言えない。
 まず人は他の人々とだいたい同じような暮らしができてよいと考えるとしよう。ならば、例えば世界のものを人数分で割るのでよい、ように思われる。しかし、人々がほしいもの、また実際に消費するものは異なるし、異なってよいと思われる。そのことを含めたときにはどう考えたらよいか。
 一人ひとりは、(自分も含めた)人々から、おおまかには同じだけの労苦の提供を引き出してよいと考えるとしよう。そして、生産物にかけられた労苦の度合いとその生産物の価格が対応するとしよう。とした場合に人々が同額を得てそれを使えるということは、人々の同じだけの労苦・労働を使っていることでもあり、それは正当なことであるとされよう。むろん、労働・労苦と価格とが対応するのは現実的にはきわめて特殊な場合だけなのだが、しかし、いくらかは対応しているのであれば、いくらかは妥当・正当であるとは言えるし、対応するように現実を変えていければ、その分正当性は高まるとは言える。そうした場合、同じ額を各自がもつこと、それと異なることではあるが所得保障が同じ額なされることはよしとされ、その総額をどのように使うかは各自が決めてよいということになる([201206]の2「総額の使途は自由であること」)★08。例えば海外旅行はぜいたくな行ないであるかもしれない。しかし総額の範囲内で可能なのであれば、したければすればよい。ただ他を節約することにはなる。他方でそんなものには金を使わず、ビデオをたくさん借りて自宅で観てすごす人もいる。前者の旅行をする人は、ビデオや飲食を節約することになるが、それはそれでよいとする★09。

★08 関連する星加の記述としては以下。「立岩が描く財の分配システムにおいては、貨幣という中立的なメディアを媒介させることで個人の選択の価値が重視される構造になっており、その点で個々の社会的状況を超えた生全般にわたる働きかけがなされているともいえる。ただし、この場合、項目ごとの達成度(移動に不便を感じていないかどうか)ということは個人の選択の領域に属することになり、社会が何らかの保障をする対象とはなり得ないようにも思われるが、そのことと以下の議論との関係は不明である」(星加[2007:210])。「中立的なメディア」であるから、というわけではないことは本文に記した。それ以外について各所で述べている。
★09 「おおむね、とくに私(たち)が基本的にはよいとする報酬分の払い方・得方――完全に実現させることは困難だが、希少性よりも労苦に比例することが望ましいと考えている――では、多くを払うものには多くの手間がかかっている。一人ひとりが受けとるものは、その手間のかけさせ方の総量としておおむね同じぐらいでよい。だからこの場面では総額は等しくてよい。そのように考えられていると見ることができる。/つまり、人はそれぞれ好きなように生きるのがよいとして、しかしそのためには他の人の労働を引き出すことにもなるのだから、その両者の間のバランス、ここにおける公平が必要であるということになる。そして各自が受けとる総額が等しいということは[…]おおむね等しいだけの労働・労苦を引き出していると言える。そして、その内訳を各自が変えて使うことは基本的に認められる」([201206])。
 いくらかやっかいなのは、これまでの註で引用した星加の記述にも関わり、「どうしようもなく」贅沢なものを欲しいのだと言うその人の欲望にどう対応するかである。死んでしまうほどでなければは無視してかまわないと『自由の平等』では述べたように思うが、もうすこし記述を足した方がよいかもしれない。


 生存学研究センターのフェイスブックにあるこの文章と同じものは
http://www.arsvi.com/ts/20182495.htm
にもある。


UP:2018 REV:
病者障害者運動史研究  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa  ◇『現代思想』 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)