HOME > Tateiwa >

大野光明、北村健太郎、山本由美子の本

「身体の現代」計画補足・492

立岩 真也 2018/04/14


491 < / > 493

Tweet


『沖縄闘争の時代1960/70――分断を乗り越える思想と実践』表紙   『日本の血友病者の歴史――他者歓待・社会参加・抗議運動』表紙   『死産児になる――フランスから読み解く「死にゆく胎児」と生命倫理』表紙

[表紙写真クリックで紹介頁へ]

◇2018/02/28「箱田徹、堀智久、有吉玲子の本――「身体の現代」計画補足・481」
http://www.arsvi.com/ts/20182481.htm
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/2026501940950116
に続き、ツィッターで行なっている本の紹介・列挙の続き。

◆2018/03/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/972623351993679872
 「33冊の22冊め。大野光明『沖縄闘争の時代1960/70――分断を乗り越える思想と実践』(2014、人文書院)→http://www.arsvi.com/b2010/1409om.htm 大野さんとは、2014年夏吉川勇一さん(べ平連元事務局長)の蔵書をいただくに際しお宅にうかがった。寄贈受け入れ一覧→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm#d

◆2018/03/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/972809280200978432
 「33冊の23冊め。北村健太郎『日本の血友病者の歴史――他者歓待・社会参加・抗議運動』(2014、生活書院)→http://www.arsvi.com/b2010/1409kk.htm 北村さんはこのところ、優生保護法下での不妊手術に関する集会案内、報道等々を掲載してくれています→「優生:2018(日本)」→http://www.arsvi.com/d/eg-j2018.htm

◆2018/03/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/974042299628793856
 「33冊の24冊め。山本由美子『死産児になる――フランスから読み解く「死にゆく胎児」と生命倫理』(2015、生活書院)→http://www.arsvi.com//b2010/1503yy.htm この(博士論文がもとになった)本、学会の賞を授賞している。またお知らせします。」

 ※以下山本さんより訂正。

◆2018/03/15 https://twitter.com/yumikoyamako/status/974254976594661377
 YAMAMOTO Yumiko@yumikoyamako 3月15日  その他 YAMAMOTO Yumikoさんが立岩真也をリツイートしました 【訂正がございます!】 書影の拙著は「生存学奨励賞審査員特別賞」をいただいたものです。 学会賞は、拙論「フランスにおける子どもの条件と医療・倫理・社会――『生命のない子ども(enfant sans vie)たち』」に対し、日仏社会学会からいただきました。ありがとうございます。」


 生存学研究センターのフェイスブックにあるこの文章と同じものは
http://www.arsvi.com/ts/20182492.htm
にもある。

 

■cf.


UP:2018 REV:
病者障害者運動史研究  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa  ◇『現代思想』 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)