HOME > Tateiwa >

非能力の取り扱い・1――連載・149

立岩 真也 2018/09/01 『現代思想』46-13(2018-09):224-237
148 < / > 150
『現代思想』連載・第120回〜『現代思想』連載(2005〜)

Tweet


このHP経由で購入すると寄付されます

■以下の本の一部になります。

◆立岩 真也 2018 『(題名未定 2018b2)』,青土社 文献表

■目次

 ■言われたことを検討すること
 ■ロールズ・1
 ■ロールズ・2
 ■ロールズ・3
 ■ヌスバウム・1
 ■ヌスバウム・2
 ■ヌスバウム・3
 ■代わりに1:有限であり、既にあり、隔たりがあること

■文献(第149回・第150回・第151回分)→文献表(総合)

 ※文献表にあげるもの:◆94

◆Altham, J. E. J. ; Harrison, Ross eds. 19950406 World, Mind, and Ethics: Essays on the Ethical Philosophy of Bernard Williams, Cambridge University Press, 240p. ISBN-10: 0521479304 ISBN-13: 978-0521479301 [amazon][kinokuniya] ※
◆天田 城介 20100310 『〈老い衰えゆくこと〉の社会学 増補改訂版』,多賀出版,vi+683p.
◆―――― 20110920 『老い衰えゆくことの発見』,角川学芸出版,256p. ISBN-10:4047034959 ISBN-13:978-4047034952 1,890円
◆a href="../w/ay01.htm">安積遊歩 19900415 『「障害は私の個性」――共に生き、共に学ぶ』,神奈川県高等学校教職員組合・高等学校教育会館,神高教ブックレット16,29p. ※(安積純子名)
◆―――― 1993 『癒しのセクシー・トリップ――わたしは車イスの私が好き!』,太郎次郎社,230p.
◆―――― 2010 『いのちに贈る超自立論――すべてのからだは百点満点』、太郎次郎社エディタス
◆Berube, Michael 1996 Life as We Know It: A Father, a Family, and an Exceptional Child, Pantheon
Dworkin, Ronald 1981a "What is Equality? Part 1: Equality of Welfare", Philosophy & Public Affairs 10:185-246→Dworkin[2000:11-64]
◆―――― 1981b "What is Equality? Part 2: Equality of Resources", Philosophy & Public Affairs 10:283-385→Dworkin[2000:65-119]
◆―――― 2000 Sovereign Virtue. The Theory and Practice of Equality, Cambridge: Harvard University Press=20021010 小林 公・大江 洋・高橋 秀治・高橋 文彦 訳『平等とは何か』,木鐸社,634p. 6500 ※
◆船木 祝 2016 「弱い立場の人々を支える社会の倫理についての一考察――「強さの倫理」と「弱さの倫理」」,『人体科学』25-1:13−22 
◆浜岡 剛 200107 「リベラルな社会における障害者の未来――H.S.Reinders, The Future of the Disabled in Liberal Societyの紹介」,『京都市立看護短期大学紀要』25:125-134
◆樋口恵子 19980205 『エンジョイ自立生活――障害を最高の恵みとして』,現代書館,198p. 4-88233-045-8 1575 [amazon][kinokuniya] ※
◆稲原 美苗 2017 「障害とスティグマ――嫌悪感から人間愛へ」,『思想』1118:42-54
◆伊芸 研吾 201604 「障害とは何か――ケイパビリティアプローチの視点から」,開発協力文献レビュー 6 
井上 彰 20170623 『正義・平等・責任――平等主義的正義論の新たなる展開』,岩波書店,230p. ISBN-10:400061200X ISBN-13:978-4000612005 4800+ [amazon][kinokuniya] ※ p
石川准倉本智明 編 2002 『障害学の主張』、明石書店 [138][140]
◆岩波書店編集部 編 19840309 『現代世界の危機と未来への展望』,岩波書店
岩田 靖夫 198510 『アリストテレスの倫理思想』,岩波書店
◆―――― 19940426 『倫理の復権――ロールズ・ソクラテス・レヴィナス』,岩波書店,294p. ISBN-10: 4000024574 ISBN-13: 978-4000024570 5500 [amazon][kinokuniya]
◆神島 裕子 20130910 『マーサ・ヌスバウム――人間性涵養の哲学』,中央公論社
◆柏葉 武秀 2008 「倫理学は障害学に届きうるか」,障害学会大会,於:熊本学園大学
◆―――― 201003 「リベラリズムと障害者」,『応用倫理』3:34-44 
◆―――― 201110 「配分的正義と障害学――ケイパビリティ・アプローチの再検討」,『西日本哲学年報』19:73-90 
◆―――― 201603 「障害は除去されるべき特質なのか」,『宮崎大学教育文化学部紀要』33・34:47-58
加藤 秀一 編 2010 『生――生存・生き方・生命』,岩波書店,シリーズ自由への問い・8(近刊)
◆川越 敏司 20130830 「障害の社会モデルと集団的責任論」,川越・川島・星加編[2013:52-76]
◆川越 敏司 ・ 川島 聡星加 良司 編 20130830  『障害学のリハビリテーション――障害の社会モデルその射程と限界』,生活書院,192p. ISBN-10: 4865000135 ISBN-13: 978-4865000139 \2000+tax [amazon][kinokuniya] ※
◆川本 隆史 19950120 『現代倫理学の冒険――社会理論のネットワーキングへ』,創文社,246+47p. ISBN-10: 4423730731 ISBN-13: 978-4423730737 \3675 [amazon][kinokuniya] <58,59,63,65,320> ※
川島 聡 201106 「差別禁止法における障害の定義――なぜ社会モデルに基づくべきか」,松井・川島・長瀬[2011:289-320]
◆―――― 20130830 「権利条約時代の障害学――社会モデルを活かし、越える」,川越・川島・星加編[2013:90-117]
◆北田 暁大 20031025 『責任と正義――リベラリズムの居場所』,勁草書房,398+36p. ISBN:4326601604 4900 [amazon][kinokuniya] ※
◆Kittay, Eva Feder 1999 Love's Labor: Essays on Women, Equality, and Dependency, Routledge.=20100910 岡野 八代・牟田 和恵監訳,『愛の労働あるいは依存とケアの正義論』, 白澤社,443p. ISBN-10:4768479359 ISBN-13:978-4768479353 \4620 [amazon][kinokuniya] ※
◆松井 彰彦・川島 聡長瀬 修 編 2011 『障害を問い直す』,東洋経済新報社 [144]
◆McMurrin, Sterling M. ed. 1980 Tanner Lectures on Human Values, Volume 1, Cambridge University Press.
◆長瀬 修・桐原 尚之・伊東 香純 編 2017 『障害学国際セミナー 2016――法的能力(障害者権利条約第 12 条)と成年後見制度』,生存学研究センター報告29
◆新田 勲 20010501 「障害者に生まれて幸福だったと自分を偽るな。本音で生きろ!」,全国自立生活センター協議会 編[2001]
◆Nussbaum, Martha C. 19950406 "Aristolle on Human Nature and the Foundations of Ethics", Altham ; Harrison eds.[1995:86-131]
◆―――― 2000 Women and Human Development, Cambridge: Cambridge U. P.
◆―――― 2006 Frontiers of Justice: Disability, Nationality, Species Membership, Harvard University Press, 512p. ISBN-10: 0674024109 ISBN-13: 978-0674024106 [amazon][kinokuniya] ※=20120808 神島裕子訳, 『正義のフロンティア――障碍者・外国人・動物という境界を越えて』,法政大学出版局,568p. ISBN-10: 4588603256 ISBN-13: 978-4588603259 [amazon][kinokuniya] [142]
◆長田 弘 1971 『ねこに未来はない』,昌文社→1975 角川文庫
◆Ranjchman, J. & West, C. eds. Post-Analytic Philosophy, Columbia University Press
◆Rawls, John 1971 A Theory of Justice. Harvard University Press,=1979 矢島鈞次・篠塚慎吾・渡辺茂訳,『正義論』,紀伊國屋書店,482p. <281-284,313> ※
◆―――― 1975 "A Kantian Conception of Equality", Cambridge Review 96(2225,February 1975): 94-99→Ranjchman & West eds.[1985:201-213],→Rawls[1999]
◆―――― 1984 藤原保信訳,「秩序ある社会」,岩波書店編集部編[1984:◆]
◆―――― 1992 Handout in Rawls' Lecture on "Political Philosophy" (mimeography), Harvard University
◆―――― 1993 Political Liberalism, Columbia Univ. Press
◆―――― 1999a A Theory of Justice Revised Edition, Harvard University Press=2010 川本隆史訳,『◆』,紀伊国屋書店
◆―――― 1999 Collected Papers, Freeman, S. ed., Cambridge: Harvard U. P.
◆―――― 2001 Justice as Fairness: A Restatement, Cambridge: Harvard U. P.=200408 田中 成明・亀本 洋・平井 亮輔 訳,『公正としての正義 再説』,岩波書店,402+24p. ISBN:4-00-022846-3 3570 [amazon][kinokuniya] ※
◆―――― 2005 Political Liberalism, expanded edition, N. Y.: Columbia U. P.
◆Reinders, Hans S. 2000 Future of the Disabled in Liberal Society: An Ethical Analysis, Univ of Notre Dame Pr
Roemer, John E. 1986 "Equality of Resources Implies Equality of Welfare", Quarterly Journal of Economics 101:751-784 <328>
◆榊原 賢二郎 20161110 『社会的包摂と身体――障害者差別禁止法制後の障害定義と異別処遇を巡って』,生活書院,398p. [138][142][144]
◆佐藤 久夫 2013 「障害者権利条約実行のツール――社会モデルか統合(ICF)モデルか」,川越・川島・星加編[2013:118-130]
Sen, Amartya 1980 "Equality of What?", McMurrin ed.[1980]→Sen[1982:353-369]
◆―――― 1982 Choice, Welfare and Measurement, Harvard U. P.
◆―――― 1992 Inequality Reexamined, Clarendon Press, ISBN: 0674452569 [amazon]=19990715 池本幸生・野上裕・佐藤仁訳, 『不平等の再検討――潜在能力と自由』, 岩波書店, 263+63p., \3150, ISBN: 4000028782 [amazon]
Singer, Peter 1993 Practical Ethics, 2nd Edition, Cambridge Univ. Press=1999 山内友三郎・塚崎智監訳 1993 『実践の倫理[新版]』、昭和堂★
◆Silvers, Anita 1998 "Formal Justice", Silvers et al.[1998]
◆Silvers, Anita ; Wasserman, David ; Mahowald, Mary B. 1998 Disability, Difference, Discrimination, Rowman & Littlefield, 351p. ISBN-10: 0847692221 ISBN-13: 978-0847692224 [amazon][kinokuniya] ※
◆竹内 章郎 19991220 『現代平等論ガイド』,青木書店,222p. ISBN-10: 4250990494 ISBN-13: 978-4250990496 2200 [amazon][kinokuniya] ※
◆田中 紗織 2002 「障害と道徳――身体環境への配慮」,千葉大学文学研究科2001年度修士論文
◆立岩 真也 19970905 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN:4000233874 6300 [amazon][kinokuniya]  [138][139][140][142][144]
◆―――― 199809 「未知による連帯の限界――遺伝子検査と保険」,『現代思想』26-9(1998-9):184-197(特集:遺伝子操作)→立岩[2000c:197-220] <531>
◆―――― 200010 『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』,青土社,357+25p. <55,531,786,812,828,844>
◆―――― 20021025 「ないにこしたことはない、か・1」石川・倉本編[2002:47-87] [138][140]
◆―――― 20040114 『自由の平等――簡単で別な姿の世界』,岩波書店 [142]<
◆―――― 2004/02/20 「問題集――障害の/と政策」『社会政策研究』04:008-025 [了:20030904]
◆―――― 2004/03/07 「北田暁大『責任と正義――リベラリズムの居場所』について」,現代倫理学研究会 於:専修大学
◆―――― 2006/12/**「政策に強い障害学も要る」,『障害学研究』2(シンポジウムの記録)
◆―――― 20090325 『唯の生』、筑摩書房 [139]
◆―――― 20100125 "On "Undominated Diversity"",The Second Workshop with Professor Philippe Van Parijs [Japanese]
◆―――― 20100410 「BIは行けているか?」、立岩・齊藤[2010:11-188] [142]
◆―――― 201007b(20100723(2010e 「どのようであることもできるについて」、加藤編[2010]
◆―――― 20100816 『人間の条件――そんなものない』、理論社、よりみちパン!セ
◆―――― 201209/25 「書評:松井彰彦・川島聡・長瀬修編『障害を問い直す』」,『季刊社会保障研究』48-2(Autumn 2012):240-243
◆―――― 20130520 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版 [139][140][142][144]
◆―――― 20130520 「ごく単純な基本・確かに不確かな境界――第2版補章・1」,立岩[2013]
◆―――― 20140826 『自閉症連続体の時代』,みすず書房,352p. [138][139][140][144]
◆―――― 20160923 「成年後見制度に代わるもの」,障害学国際セミナー 2016「法的能力(障害者権利条約第12条)と成年後見制度」→2017 長瀬他編[2017] ※
◆―――― 2017 「成年後見に代わるもの」,★
- ◆―――― 20171025 「近代は続く、そして障害は近代だから正当なものとして存在する差別であり、同時に近代を保つ部品である、が」,於:韓国・順天郷大学 [144]
◆―――― 20180505 『人間の条件――そんなものない 増補新版』,新曜社 [142]
◆―――― 20181007 "Ability, Capability, Disability and Quality of Life"
◆立岩 真也・齊藤 拓 20100410 
『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』、青土社 [139][142]
◆Van Parijs, Philippe 1995 Real Freedom for All-What (if Anything) Can Justify Capitalism? Oxford University Press=20090610 後藤 玲子・齊藤 拓 訳『ベーシック・インカムの哲学――すべての人にリアルな自由を』、勁草書房 [142]
◆Wasserman, David 1998 "Distributive Justice", Silvers et al.[1998]
◆渡辺 邦夫 20111201「ヌスバウム「相対的ではない徳――アリストテレス的アプローチ」の要点と批評」,「貢献する気持ち」研究レポート集 
◆―――― 2012 『アリストテレス哲学における人間理解の研究』,東海大学出版会,413p. ISBN-10: 4486019180 ISBN-13: 978-4486019183 [amazon][kinokuniya] ※
◆―――― 20130607 「倫理、身体、教育――反相対主義的徳倫理の構築に向けて」,「貢献する気持ち」研究レポート集 http://www.homo-contribuens.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/thesis_taki_035.pdf
◆全国自立生活センター協議会 編 20010501 『自立生活運動と障害文化――当事者からの福祉論』,発行:全国自立生活センター協議会,:発売:現代書館,480p. [138]

■柏葉論文の文献表(で以上にあがっていないもの)
Becker, L. C., 2005, “Reciprocity, Justice, and Disability” in Ethics, Vol. 116, No. 1, pp. 9-39.
Daniels, N., 2003, “Democratic Equlaity: Rawls’s Complex Egalitarianism” in Freeman, S.(ed.)The Cambridge
Companion to Rawls, Cambridge: Cambridge U. P., pp. 241-276.
Kristainsen, K. et al.(eds.)2009, Arguing about Disability: Philosophical perspectives, London: Routledge.
Mitra, S., 2006, “The Capability Approach and Disability” in Journal of Disability Policy Studies, Vol. 16, No. 4,
pp. 236-247.
Nussbaum, M. C., 2000, Women and Human Development, Cambridge: Cambridge U. P.
─, 2002, “Capabilities and Disabilities: Justice for Mentally Disabled Citizens” in Philosophical Topics, Vol.30, No. 2, pp. 133-165.
─, 2001, Justice as Fairness: A Restatement, Cambridge: Harvard U. P.
─, 2005, Political Liberalism, expanded edition, N. Y.: Columbia U. P.(originally published in 1993)
─, 1992, Inequality Reexamined, Cambridge: Harvard U. P.
Silvers, A. and Francis, M. A., 2005a, “Disability and the Social Contract” in The University of Chicago Law
Review, pp. 1615-1640.
─, 2005b, “Justice through Trust: Disability and the ‘Outlier Problem’ in Social Contract Theory” in Ethics,
Vol. 116, No. 1, pp. 40-76.
Stark, C. A., 2007, “How to Include the Severely Disabled in a Contractarian Theory of Justice” in The Journal of Political Philosophy, Vol. 15, No. 2, pp. 127-145.
Terzi, L., 2005, “A Capability perspective on impairment, disability and special needs: Towards Social Justice in Education” in Theory and Research in Education, Vol. 3(2), pp. 197-223.
川本隆史, 1995『現代倫理学の冒険』創文社



◇立岩 真也 2018 『(題名未定 2018b2)』,青土社 文献表


UP:2018 REV:20180806, 07, 08
病者障害者運動史研究  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)