HOME > Tateiwa >

連載・149

立岩 真也 2018/09/01 『現代思想』44-(2018-9):-
148 < / > 150
『現代思想』連載・第120回〜『現代思想』連載(2005〜)

Tweet


このHP経由で購入すると寄付されます

■以下の本の一部になります。

◆立岩 真也 2018 『(題名未定 2018b2)』,青土社 文献表


■文献→文献表(総合)

安積遊歩 19900415 『「障害は私の個性」――共に生き、共に学ぶ』,神奈川県高等学校教職員組合・高等学校教育会館,神高教ブックレット16,29p. ※(安積純子名)
◆―――― 1993 『癒しのセクシー・トリップ――わたしは車イスの私が好き!』,太郎次郎社,230p.
◇船木祝(札幌医科大学医療人育成センター) 2016 「弱い立場の人々を支える社会の倫理についての一考察――「強さの倫理」と「弱さの倫理」」,『人体科学』25-1:13−22 
◇浜岡 剛 19961031 「人間のエルゴンとロゴス――アリストテレスの本質主義と倫理学 (1)」,『古代哲学研究室紀要』6:79-93 URL http://hdl.handle.net/2433/70968 https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/70968/1/KJ00000205801.pdf
◇浜岡 剛 「リベラルな社会における障害者の未来-H.S.Reinders, The Future of the Disabled in Liberal Societyの紹介」
◆樋口恵子 19980205 『エンジョイ自立生活――障害を最高の恵みとして』,現代書館,198p. 4-88233-045-8 1575 [amazon][kinokuniya] ※
◆―――― 2010 『いのちに贈る超自立論――すべてのからだは百点満点』、太郎次郎社エディタス
石川准倉本智明 編 2002 『障害学の主張』、明石書店 [138][140]br> ◇柏葉 武秀 201003 「リベラリズムと障害者」,『応用倫理』3:34-44
◇―――― 201110 「配分的正義と障害学――ケイパビリティ・アプローチの再検討」,『西日本哲学年報』19:73-90 
◆川越 敏司 20130830 「障害の社会モデルと集団的責任論」,川越・川島・星加編[2013:52-76]

川島 聡 20130830 「権利条約時代の障害学――社会モデルを活かし、越える」,川越・川島・星加編[2013:90-117]
◆新田 勲 20010501 「障害者に生まれて幸福だったと自分を偽るな。本音で生きろ!」,全国自立生活センター協議会 編[2001]
◆Nussbaum, Martha C. 2006 Frontiers of Justice: Disability, Nationality, Species Membership, Harvard University Press, 512p. ISBN-10: 0674024109 ISBN-13: 978-0674024106 [amazon][kinokuniya] ※=20120808 神島裕子訳, 『正義のフロンティア――障碍者・外国人・動物という境界を越えて』,法政大学出版局,568p. ISBN-10: 4588603256 ISBN-13: 978-4588603259 [amazon][kinokuniya] [142]
◆J. Ranjchman & C. West eds. Post-Analytic Philosophy, Columbia ninversity Press
◆Rawls, 1985 "A Kantian Consept of Equality", Ranjchman & West eds.[1985]
◇Reinders, Hans S. Future of the Disabled in Liberal Society: An Ethical Analysis
◆榊原 賢二郎 20161110 『社会的包摂と身体――障害者差別禁止法制後の障害定義と異別処遇を巡って』,生活書院,398p. [138][142][144]
◆竹内 章郎 19991220 『現代平等論ガイド』,青木書店,222p. ISBN-10: 4250990494 ISBN-13: 978-4250990496 2200 [amazon][kinokuniya] ※
◆立岩真也 19970905 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN:4000233874 6300 [amazon][kinokuniya]  [138][139][140][142][144]
◆―――― 20021025 「ないにこしたことはない、か・1」石川・倉本編[2002:47-87] [138][140]
◆―――― 20040114 『自由の平等――簡単で別な姿の世界』,岩波書店 [142]<
◆―――― 2008/09/05 『良い死』,筑摩書房,374p. ISBN-10: 4480867198 ISBN-13: 978-4480867193 [amazon][kinokuniya] ※ d01.et.,
◆―――― 20090325 『唯の生』、筑摩書房 [139]
◆―――― 20100410(2010c 「BIは行けているか?」、立岩・齊藤[2010:11-188] [142]
◆―――― 20100816 『人間の条件――そんなものない』、理論社、よりみちパン!セ
◆―――― 20180505 『人間の条件――そんなものない 増補新版』,新曜社 [142]
◆立岩 真也・齊藤 拓 20100410 『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』、青土社 [139][142]
◆Van Parijs, Philippe 1995 Real Freedom for All-What (if Anything) Can Justify Capitalism? Oxford University Press=20090610 後藤 玲子・齊藤 拓 訳『ベーシック・インカムの哲学――すべての人にリアルな自由を』、勁草書房 [142]
◇渡辺 邦夫 「ヌスバウム「相対的ではない徳――アリストテレス的アプローチ」の要点と批評」 
◆全国自立生活センター協議会 編 20010501 『自立生活運動と障害文化――当事者からの福祉論』,発行:全国自立生活センター協議会,:発売:現代書館,480p. [138]





UP:2017 REV:2017
病者障害者運動史研究  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)