HOME > Tateiwa >

腎臓病何十万人の…

「身体の現代」計画補足・416

立岩 真也 2017/10/16


415 < / > 417

Tweet


立岩真也・杉田俊介『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』表紙   有吉玲子『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』表紙


 題の「腎臓病何十万人の…」は、有吉玲子の『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』に書かせてもらった
◆立岩 真也 2013/11/14 「これは腎臓病何十万人のため、のみならず、必読書だと思う」
http://www.arsvi.com/ts/20130039.htm
より。
 以下は昨日等、ツィートしたものを並べてもとの頁に貼ったもの。

――以下――

◆2017/10/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/918854095900831745
 「長谷川豊という「言うまでもなく、端的に間違っており、何も考えていないことがよくわかります」人物が、国会議員の候補に、しかも政党が比例代表にあげる候補になったということは、たいへん驚くべきことで悲しむべきことです。続報します→http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm
 △マフィン @muffindoughnut
 「長谷川豊の立候補に対して、立岩真也のような人にきちんと対峙してもらいたいものだ。|「全員に対して医療サービスを提供して、その皆が生きられる時まで生きても、社会は困りません」「そしてひどい暴言にはきちんと対峙する、無視する、馬鹿にする」http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/22/hasegawa-yutaka_n_13162488.html

 ※日本維新の会 比例南関東ブロック
 ※上記のツィート他(→このページの記事)を、とくにこの選挙区の方々に、知らせてくださいますよう。

◆2017/10/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919166053040529408
 「長谷川豊(日本維新の会比例南関東ブロック候補)→「言論を公に発信した人は、反論に対してきちんと答えるべきです。間違っていたらそれを認めるべきです。最低限のルールです。もとの発言もですが、さらにその後の対応がどうしようもありません」→http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm
 △seafurry @seafurry
「立岩真也「「長谷川豊アナ「殺せ」ブログと相模原事件、社会は暴論にどう対処すべきか?」(インタビュー:泉谷由梨子)」 (http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm @ShinyaTateiwaさんから)これは冷静かつ公正な良い記事。」

■関連書籍

◆立岩 真也・杉田 俊介 2017/01/05 『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』,青土社,260p. ISBN-10: 4791769651 ISBN-13: 978-4791769650 1944 [amazon][kinokuniya] ※
◆有吉 玲子 20131114 『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』,生活書院,336p. 3200+160 ISBN-10: 4865000178 ISBN-13: 978-4865000177 [amazon][kinokuniya] ※ a03. h.


UP:201707 REV:
病者障害者運動史研究  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)