HOME > Tateiwa >

資料・情報のこと(リプライ・8)

「身体の現代」計画補足・242

立岩 真也 2016/10/23
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1793698514230461

241 < / > 243

Tweet


『造反有理――精神医療現代史へ』表紙    『障害学研究』11表紙    『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』表紙    『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』表紙
[表紙写真クリックで紹介頁へ]

 『障害学研究』第11号
http://www.arsvi.com/ds/jds011.htm
掲載の『造反有理』書評へのリプライの分載の最後。このリプライについては
http://www.arsvi.com/ts/20150013.htm
いただきものをいろいろいただき、少しずつ整理を始めている。その一覧はまず
http://www.arsvi.com/d/h.htm#c
にあるので、その下の□cf.と一緒にご覧ください。(長らくあたっていたのだが、COEがあたって以来、つきものにつかれたように)いっこうにあたらない科研費があたったらその作業にもお金を使えるはず。

 フェイスブックに載せるのと同じこの文章は
http://www.arsvi.com/ts/20162242.htm
にもある。そこから人や本や雑誌等の頁にリンクしているからそちらをご覧いただきたい。

 「■資料・情報のこと
 今度の本のために集められたものはすいぶん限られたものであることは述べた。それで集めていることを知らせて回っている【13・403】。おかげさまで、二〇一二年の一〇月に、二〇一一年に逝去された広田伊蘇夫氏【73】の蔵書をたくさん贈呈していただいた。この本が出たこと、そしてその続きを『現代思想』で書いていることに直接に関わるところでは、つい先日、二〇一五年四月、大阪の光愛病院に長く務めた後、現在は高槻で開業している星野征光氏から 「精神科医全国共闘会議(プシ共闘)」【95】の機関紙等、とても希少な資料の提供をいただいた。(「精神」関係以外についてもいろいろといただいている。そのことはいま生存学研究センターのHPhttp://www.arsvi.com/にある私のページからご覧になれる「「身体の現代」計画補足」――センターのフェイスブックにも随時掲載している――といった文章(連載)に記している。)
 それらで公開できる部分は公開していきたいと考え、すこしのことは始めている★03。 またこの本にして、これでも、情報をずいぶん圧縮してしまっている。もっと長く引用したいところも多々あったし、紹介したいことともあった。ただ、何を書いても長くなってしまうということもある。電子書籍にして人や事項についてのページにネットからリンクさせるようにするとまえがきにも記し【14】、リンクがある約一〇〇〇個あるファイルをもう作ってあるのだが、それ(電子書籍化)は今のところ実現していない。そのうち実現すると思う。

※この文章は2015年4月20日に発送されたもので、「今年」は2015年を指している。その年に出るはずだと記した大野萌子・山本眞理へのインタビューを収録した本は出なかった。この補注を書いているのは2016年6月30日だが、まだ出ていない。『造反有理』の後の、やはり『現代思想』の連載からまとめた精神医療に関わる本は『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』(青土社)で、2015年11月に刊行された。早川一光へのインタビュー記録、早川、早川の娘でもある西沢いづみの文章そして私の原稿を加えた本は、『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』(青土社)として2015年9月に出版された。その雑誌の連載は今も続いており、現在は(かつておもに結核療養者を収容した)国立療養所、(その後そこに収容された)筋ジストロフィー者他について書いている。
 『そよ風のように街に出よう』の連載は、2016年4月に出た第89号に掲載されたものが第15回。この雑誌は91号で終刊となり、あと2回書くとして連載は17回で終わる。また註3で紹介した「自費出版?の電子書籍」だが、2015年5月刊行の『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』が「1960年代の障害者・病者の死生を巡る言説を集めたもの」にあたる。さらに2016年3月刊の横田弘・立岩真也・臼井正樹『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』(生活書院)もまた「歴史もの」の一冊でもある。

★03 自費出版?の電子書籍というものも始めてみた。二〇一四年には『身体の現代・記録(準)――試作版:被差別統一戦線〜被差別共闘/楠敏雄』というものを作って、こちらのサイトからだけ販売している。あまりに売れないのでアマゾンにも出品しようかとも思うが、もうすこし続けてみる。次に、一九六〇年代の障害者・病者の死生を巡る言説を集めたものを出すことを予定している。」


UP:201610 REV:
『造反有理――精神医療現代史へ』  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa  ◇身体の現代:歴史
TOP HOME (http://www.arsvi.com)