HOME > Tateiwa >

関連して書かれたもの/書いたもの

立岩 真也 2016/03/26
公開シンポジウム「障害学との対話――新型出生前診断の時代に」 於:西南学院大学
http://www.seinan-gu.ac.jp/news/4915.html [PDF]

Tweet


 ※「立岩真也」で検索し、「2016/03/26」からこの文書(ファイル)に行っていただくと、HP内の各文章にリンクなどされています。
 ※以下を含む書籍、データの入ったCD・DVDディスクを当日販売いたします。「チラシ」(会場内でのみ配布)をご覧ください。

◆利光 惠子 20121130 『受精卵診断と出生前診断――その導入をめぐる争いの現代史』,生活書院,339p. ISBN-10:4865000038 ISBN-13:978-4865000030 2800+ [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※
 第9章正しい優生学とつきあう 1出生前診断/2女性の「自己決定」という設定の錯誤/3「当事者」の不在/4なぜ私達は行うのか/5何がなされうるのだろうか/6積極的優生について/7引き受けないこと
 ※近日、英語版(電子書籍版)発売!

◆立岩 真也 2009/12/15 「出生前診断・選択的中絶――いのちとはなにか 立岩真也さんに聞く・3」
 『Fonte』280:2,

◆立岩 真也 1999/12/18 「「出生前診断」について考えてみる」優生思想を問うネットワーク99年度連続講座 第6回 於:大阪
 http://wom-jp.org/j/EVENT/data/1999/1218-1.html

◆立岩 真也 1998/10/01 「議論は始まってさえいないのかもしれない――出生前診断について」,『ばんぶう』1998-10 http://www.jmp.co.jp

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 1996/10/23「出生前診断は優生思想か」
 日本生命倫理学会大会 1996年10月 要旨集原稿当日配付した文章

◆立岩 真也 1992/09/01「出生前診断・選択的中絶に対する批判は何を批判するか」
 生命倫理研究会生殖技術研究チーム『出生前診断を考える――1991年度生殖技術研究チーム研究報告書』,生命倫理研究会,pp.95-112 55枚

◆立岩 真也 1992/05/30「出生前診断・選択的中絶をどう考えるか」※
 江原由美子『フェミニズムの主張』,勁草書房,pp.167-202(1992年5月)65枚


UP:201603 REV:
出生前診断  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)