HOME > Tateiwa >

今年の執筆予定

立岩 真也 2016/01/01 『出版ニュース』2016-1
http://www.snews.net/
2015 < / > 2017

Tweet


 昨年は、単著では『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』(青土社)、共著書として『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』(青土社)、そして編書『与えられる生死:一九六〇年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』の三冊。そして『私的所有論』の英語版※。後者ニ冊は電子書籍のみで販売しているが、なかなか難しいものだと思わされている。それをなんとかするのが今年(以降)の課題ということになる。
 出す予定のものは、横田弘・臼井正樹との共著で『脳性マヒ者 横田弘――その思想と生涯を巡って』(生活書院)※※、大野萌子と山本真里へのインタビューを含む精神障害者運動史関連の本(青土社)。他に昨年の三冊めのような資料集を作れればと思う。これはやはり電子書籍(といってもこれはただのHTMLファイル)での提供になり、どうしたら知ってもらい買ってもらえるか、悩ましい。昨年書いた、長い話を短く書くという企画はまだ先延べになりそうだ。

 ※年内にはまにあわなかった。
 ※※別の書名になるようです。


UP: 20151227 REV:
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)