HOME > Tateiwa >

身体の現代・他

立岩 真也 2013/04
立命館大学大学院先端総合学術研究科パンフレット



  私は私の仕事を続けていければいくことになりますが、以下はその一部でもあり、ただ自身でとてもできず、多くの人がいるとよいと思うこと。通っていない研究費応募書類の冒頭。「障害や病が訪れて人は身体の差異・変容を生きる。その人達を巡ってこの国でこの50年余りにあったことの大部分は、記録も考察もされていない。今後しばらくが最後の機会となる。気鋭の研究者の力と大学院生・修了者の参与を得て、研究を組織化し、以下を明らかにする。」続きはHP検索→「生存学」→「身体の現代――言説・運動・政策」


UP:20130320 REV:
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇歴史  ◇生存・生活  ◇立岩 真也 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)