HOME > Tateiwa >

震災関連情報提供開始他:「生存学」創成拠点メールマガジン臨時号

http://www.arsvi.com/a/em.htm


*本来これはここ(このフォルダ)に置かれるものではないのですが、今回は急ぎであるということもあり、ひとまずそうします(立岩)。

立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点メールマガジン
2010年3月17日発行 臨時号[通巻19号]

◆このたびの大震災に際し、寄せられた情報を
http://www.arsvi.com/d/d10.htm
(3月14日新設)とそこからリンクされるページに掲載しています。
生きるために、例えば人工透析や人工呼吸器の利用者たちなど、
水や電気をより切実に必要とする人たちがいます。この苦難に際し、
多くの人たちが経験・知識・技術を役立てよう、役立ててもらおうと
しています。頻回に更新するつもりです。ご覧ください。
また情報をお寄せください。多言語対応のサイトへのリンクなども加え
また英語メールマガジンなどでも発信を始めたところです。
http://www.arsvi.com/a/eme.htm
http://www.arsvi.com/2010/110315eme.htm

◇また別途お知らせいたしますが、『生存学』3号(特集:精神)
http://www.arsvi.com/m/sz003.htm
他、大学院生・修了者他の著作が、昨年末からこの5月にかけ、
10冊ほど公刊されていきます。
http://www.arsvi.com/a/n.htm
その紹介を掲載してまいりますのでご覧いただき、さらに本を手にとって
いただければありがたく存じます。

*これは立岩
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
から増刊号を、アドレスを存知あげている方にbccで送らせていただくものです。
簡単に登録することもできます。また、
http://archive.mag2.com/0001126512/index.html
月1回刊行の通常号
(1月23日に第10号(通巻17号)・2月23日に第11号(通巻18号))
はこの「直送版」ではお送りいたしておりませんが、
これらも含めバックナンバーも全部ご覧になれます。

登録していただいている場合には同じものが以後2つ届くことになります。
2通着いてしまった方もいらっしゃるかもしれません。
お手数ですが、立岩まで御一報いただければ、こちらからお送りするのを
止めます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

* 現在お送りしている数:登録390+直送576

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点ウェブサイト
http://www.arsvi.com/
◇立命館大学生存学研究センター
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/ars_vivendi/index.html

■発行者:立命館大学生存学研究センター センター長 立岩 真也
〒603-8577京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-465-8475 FAX: 075-465-8342
E-mail: arsvive2010@gmail.com(ご意見ご感想はこちらへ)

■編集担当:片岡 稔(プロジェクト・マネージャー)


UP:20110317 REV:
災害と障害者・病者:東日本大震災  ◇メールマガジン  ◇立岩 真也 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)