HOME > Tateiwa >

人間の特別?・3

唯の生の辺りに・10

立岩 真也 2011/02/01 『月刊福祉』93-(2011-2):
全国社会福祉協議会 http://www.shakyo.or.jp/

                  10  11  12


殺すこと

 他は殺す(殺して食べる)が人は殺さないことに、すくなくとも建て前としてはなっている。どうしてか、それでよいのかという問いについて。まず前者、つまり殺すことについて。『唯の生』(二〇〇九、筑摩書房)に書いたこと、前回短く述べたことに少し言葉を足そう。
 まず殺生をしないことは自己否定的な行いである。殺生をしないことは、かなりの程度できる。だが植物の類も含めれば、生きている限りは殺生をしている。
 それでも、それをわざとやめることはできる。しかしそれは、その人を飢えさせてしまい、結果、殺すことになる。殺さないことが目的だとして、それを否定することになる。それでもかまわないと言うこともできるかもしれない。ただ、それを人が人に教えて、そうするように仕向け、それが実際に行われるなら、それはその人を殺すことになるだろう。その意味では、これは――極端に進め、他者たちにも及ぼすものとするなら――その倫理自らを否定する倫理である。
 ただ、人工栄養の類で、生物を一切殺すことがなくなる可能性はあるとしよう。だから、そういう信仰をもっている人も生きられることはあるとしよう。
 だがそれにしても、そんなことを考えるのは人間の中でも一部だ。そんなことを考えもせず、毎日殺して食べている人たちはたくさんいる。その反対のことを考えついて、行う人は――すくなくともこれまでは――特別な人たちだ。そうして人たちがずっとやってきたことをいけないことだと、新しい原理をもってきて言えるのだろうかという疑問はまずある。
 ただそれは、その新しい原理を主張する人たちによって、それを否定する根拠にはならないとされるだろう。それは認めるとしよう。ただ一つ、それがずいぶん「特権的」なことであるとは言える。それは先に述べたように、一部の人間が思いつくようなことであるという意味でもそうだが、さらにここでは他の生物たちはここでは考えにいれられていない。

人間の特別/特別な人間

 それはまずに、そんなことを考えるのは人間だけだということだ。そして次に、そんなことを考えたことのない動物たちに(例えば苦痛を感じるだろう種類の動物の捕獲に限って)殺生をやめさせようとしたとして、それは人間の側に発する行いである。もちろんどうして行うのかということもある。例えばすべてのそうした「危険な」動物を捕まえ、人工の餌を与える、そして、それでは数が増えてしまうなはら、やはり捕らえて産児制限をするいったことを、冗談のようではあるが、言うことはできる。
 ただ、この主張をする人たちはたぶんそんなことを考えておらず、考えたこともなく、人間たち(しかも実際にはその一部)だけにこの倫理の遵守をに求めるのだろう。しかし他方で今度は、こうして人間だけに限ったことにするという点で、これは人間を特権化した行いであり、この意味で十分に「人間中心主義的」な倫理である。そしてその上で、繰り返せば、そしてそのようなことを思いつかない人たちは愚かであるということになり、殺生の実践に関わる人たちは――この倫理の主唱者たち(の中の寛容な人たち)はその人たちを寛容の心をもって許するだろうが――下等な人であるともされてしまう。こうしてそれは人間の中にも序列を事実上認める倫理でもある。
 以前書いたように、こうした倫理を語る人たちは、予め、ほぼ無意識的に――今述べた意味で――人間中心主義的であるから、以上のようなことを言われてもこたえない、というか、ぴんとこないはずである。例えばキリスト教的な世界観では、人間は特別な上級の被造物(神によって作られた存在)であって、そこから、人間を支配し使役したりすることも当然とされることにもなるのだが、他方で、今見てきたような人間中心的でないとしながら人間中心的な「動物(生物)愛護」の主張も出てくることになる。

別の感じ方

 ただこんな発想をする人たちがいることを認めながら、私は、以上記したことを認識した上で考えないといけないように思う。考えるとどうなるのか。よくわからない。ただ、次のようなことが考えられてきた、思われてきたのだと思う。
 殺生はたしかによくない。とくに――動物愛護論者がよく言うように――苦痛を与えることはよくない。そして、よくないと思ってしまうような存在として人間がいてしまう。そして、そのことをなにか特別によいことであるとは思わない、仕方なくそんなことを思ってもしまうような存在として自分たちがいると思う。このような意味で、殺生してしまう(ことをよくはないと自覚し、しかしそれを止めることもしない)自分たちが「罪人」であるとまでは言わないまでも、なにか否定的な存在であることを知っている。
 ではここからは、「仕方がない」という、ただそれだけが導かれることになるのだろうか。あるいは、来世であったり極楽であったりするものにおける救いを求めるということになるのか。
 それだけのことではないように私は思う。ただそれはまだうまく言えないし、そもそも言えることなのかもわからない。ただまず一つ、今回述べたようなこと、「愛護」の主張が身勝手でなさそうでそうでもないことは言えるように思う。まずはそれぐらいだ。ではもう一つ、「人は殺さない」ことについて。さらにわからないのだが、次回に。


UP:20110116 REV:
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME (http://www.arsvi.com)