HOME > Tateiwa >

生存の技法/生存学の技法

障害と社会、その彼我の現代史・2
立岩 真也・天田 城介 2011/05/25 『生存学』4:6-37


『生存学』第3号からの続き

□障害学生支援/ディジタル・データ
 ○成り行きであること
 ○朗読して録音していたこと
 ○OCRで読みとるという術
 ○大学で
 ○書籍データの提供
 ○ウィンドウズ/HP
 ○こちらの状況
 ○全般的状況
 ○外れた企画・当たった企画
 ○こちらの関わり方
 ○さらなる研究・対応
 ○学生だから大学が、ではないこと
 ○海外との/海外での

□展望
 ○評価・展望
 ○発信・交流
 ○陣容について
 ○留学生
 ○COEは終わるらしい・最後に

■関連項目

異なる身体のもとでの交信――情報・コミュニケーションと障害者
テキストデータ入手可能な本


UP:20110107 REV:20110528
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME(http://www.arsvi.com)