HOME > Tateiwa >

資格/医療的ケア

唯の生の辺りに・7

立岩 真也 2010/11/01 『月刊福祉』93-(2010-11):
全国社会福祉協議会 http://www.shakyo.or.jp/

            7      10  11  12


cf.
◆立岩 真也 2010/08/26 「間違った資格・研修の使い方は今あるものさえ壊してしまう」,障がい者政策推進議員連盟・難病対策推進議員連盟合同勉強会 於:東京・参議院議員会館

医療的ケアを巡る議論

  「介護職員等によるたんの吸引等の実施のための制度の在り方に関する検討会」が今年の七月に始まっている。
  背景には、高齢者の施設などで暮らす人たちの中に、たんの吸引等「いわゆる」医療的ケアが必要な人が多くなっていることがあるのだろう。実際にはそこに働く人が行なっているのだが、医療・看護の資格をもつ人に限られる仕事を規定した法律に抵触する可能性がある。そこを変えて、その仕事ができる人の範囲を広げようという筋でおおむね進んでいる。
『唯の生』表紙   拙著『唯の生』(筑摩書房、二〇〇九)では、「医療から福祉へ」という――大きくは間違っていないだろう――スローガンのもと、施設であれ在宅であれ移された先で医療、そして「いわゆる」医療的ケアを受けられず、死ぬ時期が早まり、そしてそれでよいかのようにされるというできごとが起こったことを記した(第3章「有限でもあるから控えることについて――その時代に起こったこと」)。
  病院でできること、そしてすべきことの多くは、別のところでもできる。なのにそれを行なわないこと、行なえないところに追い出すことは間違っている。それは変えるべきだ。それは言うまでもない、と私は思うから、これはここまで。
  ここではもう少し細かなこと、しかし、少なからぬ人の生死に関わることについて。どんな人に「いわゆる」――と繰り返すのは面倒なのでこのぐらいにしておくが――医療的ケアを行なうことを認めるのかが議論されている。

資格は品質保証のためにだけ要る

  ここで出てくるのが一つには介護福祉士や看護師といった資格だ。
  資格の意義は何か。このことについては、誰が書いても同じ話になるはずだが、私の文章では「資格職と専門性」(進藤雄三・黒田浩一郎編『医療社会学を学ぶ人のために』、世界思想社)に書いた。資格は英語では qualification である。それは「品質保証」のためにある。消費者が直接選択すれば、消費者は自らによいものを選ぶはずだから、それだけでよいという考え方にも一理ある。しかしそれが難しい場合が現実にはあり、そういう場合、第三者が品質保証をする。つまりそれは「消費者保護」のためにある。
  ただ、その資格は、ときに自らの仕事を確保したり増やすために使われることがある。これはいかにもありそうなことであり、歴史が教えることでもある。
  そしてやっかいなのは、ある仕事を資格で制限するのが、その「本義」に適ったことであるのか、それとも「利害」あってのことであるのか、ときに判断が難しいことである。後者が絡んでいても、前者であると主張することはできるし、またときに本気に信じていることもある。
  ではこのたびはどうなのか。

必要なことは既にはっきりしている

  まず、ずっと家族は吸引などを行なってきた。それは「業」としてではないからということで許容されてきた。基本から見ればもちろん変なことである。(もちろん、だからしてならないなどと私が考えているわけではない)。次に、もう何十年も前から、法的には「グレー」だとされたりしながら、家族外の介助(介護)者がやってきた。それがあって初めて自分の暮らしたいところで暮らせる人たちが出てきた。家族の負担が軽くなった。
  たしかに一定の技術は必要である。痛いこと、危険なことをされたらかなわない。直接に指図できる本人が、あるいは習熟した(習熟してしまった)家族が、その本人にあったやり方を教え込み、そしてそれが他の人にも伝えられ、さらに本人や家族がチェックするといったふうにして、うまくやれてきたところもある。ただ、それもまたどこでも誰でもできることではない。そこで、その技術を習い、あわせて、心がまえとして押さえておくべきことを聞く。ALS(筋萎縮性側索硬化症)をもう長いことやっている橋本みさおさんが理事長の「さくら会」などがそんな講習会を始め、続けてきた。私も、東京や千葉や京都で、私は技術的なことは教えられないからそれ以外のことを、幾度か話させてもらったことがある。それでうまくいっている。それが広がって、ようやく生きていられる人がいる。
  今回は、すくなくとも在宅の部分については、資格でしばるといった乱暴なことにはならないようだ。講習を受けてもらうということになるようだ。それはまあよしとしよう。けれどその講習がどんなものであればよいのか。
  技術そのものを習得するにはそれほど時間はかからない。それより大切なのは文字盤でコミュニケーションする人だったらそれができるようになること、例えば吸引の前後の細かな指図を受け取ること、その人の好みや癖を知ることだ。もちろんそれは、その「医療的ケア」だけして、次の人のところへといった類の専門職者ができることではないし、事前の講習に時間をかければできることでもない。その人に関わりながらできるようになることだし、できるようになってきたことだ。そのことは私たちの大学院の院生で看護師でもある西田美紀がその研究で明らかにしている。安全を気にすべき官庁が慎重になるのは当然だ。しかし、今まで積み上げられた実績を知らずに、資格でしばるのはもちろん、講習に過度で不要な時間を課すなら、ようやく可能になった生活を破壊してしまう。こんな一見細かく、実際細かいことが人の生き死にを決める。検討会の今後、その後のルール作りがどうなるか気になる。

 *雑誌では「行なう」→「行う」等になる他はこのまま掲載されるはずです。

UP:20100905 REV:20101009(誤字訂正)
医療的ケア  ◇医療的ケア・2010  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME (http://www.arsvi.com)