HOME > Tateiwa

思ったこと+あとがき
Thoughts on the text+ Afterword.

Shin'ya Tateiwa立岩 真也) 20100325
translation by Robert Chapeskie


Pogge, Thomas W. 2008 World Poverty and Human Rights: Cosmopolitan Responsibilities and Reforms, second expanded edition, Cambridge, Polity Press.=20100325 立岩真也監訳/安部彰・池田浩章・石田知恵・岩間優希・齊藤拓・原佑介・的場和子・村上慎司 訳,『なぜ遠くの貧しい人への義務があるのか——世界的貧困と人権』,生活書院


『なぜ遠くの貧しい人への義務があるのか——世界的貧困と人権』


■1 著作と本書
□1 This book and other writings by this author.

 著者がどんな人は著者紹介の欄を見ていただこう。また著者の充実したホームページもある。次のような著作がある。
To see what sort of person the author of this book is please read the author introduction included in the text. He also has a website with a lot of content. Here is a list of books he has written:

◇1983 Kant, Rawls, and Global Justice, Ann Arbor, University Microfilms International.
◇1989 Realizing Rawls, Ithaca, Cornell UP.
◇1994 John Rawls (in the book series Denker), Munchen, C. H. Beck Verlag.
◇2002 World Poverty and Human Rights: Cosmopolitan Responsibilities and Reforms, Cambridge, Polity Press.
◇2007 John Rawls: His Life and Theory of Justice in a thoroughly revised English translation by Michelle Kosch, New York, Oxford University Press.
◇2008 World Poverty and Human Rights: Cosmopolitan Responsibilities and Reforms, second expanded edition, Cambridge, Polity Press.(本書がその日本語版)(This afterward was written for the Japanese version of this text)
◇2008 The Health Impact Fund: Making New Medicines Accessible for All, authored with Aidan Hollis, Incentives for Global Health. http://www.yale.edu/macmillan/igh/
◇2009 Hacer justicia a la humanidad: Problemas de etica practica, Spanish collection of 13 essays translated by David Alvarez Garcia, Ciudad de Mexico,Fondo de Cultura Economica.
◇2009 Gerechtigkeit in der Einen Welt (with responses by Julian Nida-Rumelin, Wolfgang Thierse, Heidemarie Wieczorek-Zeul, and Gert Weiskirchen), Essen,Klartext Verlag.
◇2010 Kant, Rawls, and Global Justice (Chinese collection of 16 essays translated by Liu Xin and Xu Xiangdong), Shanghai, Shanghai Translation Publishing House.
◇2010 Politics as Usual: What Lies behind the Pro-Poor Rhetoric, Cambridge, Polity Press.


 他に論文が多数ある。2005年の論文、"Real World Justice."(The Journal of Ethics, 9-1・2:29-53, Gillian Brock and Darrel Mollendorf eds., Current Debates in Global Justice, Springer)が児玉聡によって翻訳され、「現実的な世界の正義」として『思想』993(2007-1):99-123に掲載され、神島裕子の解題(神島[2007a])が付されている。それと別にすれば、日本語訳は本書が初めてのものになる。初版刊行時からずいぶん話題になった本であり、著者は「グローバル・ジャスティス」という言葉とともに研究者には相当に知られていた。
He has also published many other articles and papers. "Real World Justice"(The Journal of Ethics, 9-1・2:29-53, Gillian Brock and Darrel Mollendorf eds., Current Debates in Global Justice, Springer), a paper published in 2005, has been translated into Japanese by Satoshi Kodama and published as 'Genjitsutekina sekai no seigi' in 'Shisou' 993 (2007-1):99-123 with explanatory notes by Yuko Kamishima (Kamishima [2007a]). Apart from this paper this book is the first of his works to be translated into Japanese. Since the time of its first publication it has received a lot of attention and the author has become quite well known among Japanese scholars along with the phrase 'Global Justice'.

 この版のために書いていただいた日本語版序文で、最新のデータとともに、基本的な主張点が明示されている。そしてより長い序論で、著者が言おうとすることははっきりと語られている。そしてそこで著者も書いているように、この本は、最初から順番通りに読まなければならないことはない。
In the preface written for this Japanese language edition, in addition to the inclusion of the most recent data available the main assertions of the text are also clearly stated. In the longer original introduction there is a clear explication of what the author is trying to say. As the author himself states in this introduction the chapters in this book need not be read in order from beginning to end.

 はじめの何章にはそれぞれにおもしろい論点がある。この本に言及される時、多く、以下でも取り上げることになる、世界的な貧困の理解へのそれを受けての提言の部分がもっぱら取り出されるのだが、そのことについて著者は残念に思っているのかもしれない。ただ、やはりその部分は、著者自身においても、本書の中心であるとも考えられている。それに比して前半ではかなり基礎的・理論的な考察がなされており、人によってはとりつきにくいかもしれない。それをまずは飛ばして、後半、第5章ぐらいから読んでみて、前半に戻ってきてもよいだろう。第6章から第9章に記されている様々な具体的な提案も興味深い。こんなことを考えて、言ってみる、アイディアを出してみるのも哲学者の仕事としてありなのだと思える。
There are interesting points made in each of the first several chapters. When this book is cited, however, for the most part what is discussed (and this is something I talk about below) is the section on proposals for the understanding of global poverty based on these arguments, and this emphasis on this section of the text to the exclusion of the rest of the work may be something the author finds regrettable. This section of the book, however, is indeed thought of as its core even by the author himself. In comparison to this section the first half of the book concerns quite fundamental/theoretical considerations and may be a difficult starting point for some readers. It might be better to begin in the middle, around chapter five, and then return to the first half later. The various concrete proposals laid out in chapters six through nine are very interesting. I think it is part of the work of philosophers to think about these sorts of things and put forward these sorts of ideas.

■2 最低限としての人権
□2 A minimum or lower limit as a human right.

 どこまで戦略的・戦術的に本書が書かれているのか私にはわからないところもあるのだが、著者によって自覚的に採られているのは、「豊かな国々」の人々の価値観に違背しない、それらの人々が——本来であれば、説明すれば——理解可能で、受け入れ可能な、穏当で現実主義的な——しかしこの世界の現状においては「ラディカル」な——提案をしよう、そのことによって実際にこの世界に変化をもたらそうという姿勢である。その案は、思いの他安くすむものでもあり、結局自分たちにとっても益があるという主張としてもなされるが、より基本的には、他人に悪いことをしない、害を与えないというのは誰もが受け入れている規範であり、その悪いことをしているのは自分たちなのだから、自分たちは今の事態に対する責任があり、その改善のための義務があるというところにある。ごく簡単にすると、「積極的義務」がよいことをする義務であるのに対し、「消極的義務」は害を加えない、悪いことをしない義務であるという。その消極的義務の履行として今なされるべきことが主張される。
I do not know precisely to what extent this book was tactically/strategically written, but what is consciously adopted by the author is a stance which does not run counter to the values of people living in "rich countries" , a stance which these people - if it is explained to them - can understand and accept and which asserts that we should seek to change the world by making proposals which - while they may be "radical" given the current state of the world - are appropriate and practical. These proposals are presented as policies which can be undertaken with surprisingly little cost and which also confer benefits upon those who implement them, but more fundamentally it is an appeal based on the universally accepted norm that we should not do harm or do bad things to other people and the idea that since we are doing bad things we are the ones responsible for the current state of affairs and we are the ones with an obligation to improve it. Put very simply, where "positive obligation" is the obligation to do good things, "negative obligation" is the obligation not to do harm. What must be done is asserted as a fulfilling of this kind of "negative obligation".

 では第一に、そのよいことをする/わるいことをしないというその境界はどのように引かれているのだろう。
To begin with, then, how is the line between doing good things and not doing bad things to be drawn?

 身体に対する加害といった場合には比較的わかりやすい。身体の普通の状態があって、それに暴力が加えられるなら、それは加害であるということになる。では貧困についてはどうか。飢餓や貧困による疾病で生命の維持が危ういといった場合もたしかにある。しかし、たんに命を落とさないというだけのことでなく、一定の水準が維持されるべきであるとされる。最低限の水準の資源にアクセスできるための制度的な仕組みがないことが「人権」の侵害・不足であるとされる。そうした仕組みを社会はもっていなければならないとされる。それが可能であるのに、そうなっていないのは悪いことである。(例えば「ケイパビリティ」といった別の尺度で測ったものでもよいのだが、著者は「資源」を重視する。このことについては神島[2007b]で検討されている。)
In the case of physical harm drawing this line is relatively straightforward. The body in question has a normal state, and if violence is done to it this constitutes the doing of harm. So what does this mean when it comes to impoverished countries? There are indeed cases where diseases caused by starvation and poverty threaten people's ability to survive. Here it is asserted, however, that people must not only be prevented from dying but also given a certain standard of living. The absence of a social system that allows people to have access to a certain minimum level of resources is viewed as a violation/lack of human rights. It is asserted that society must have this kind system. Not putting this kind of system in place even though it would be possible is a bad thing. (While other measures such as "capability" could be used, in this text the author has focused on resources. For an examination of this issue see Kamishima [2007b].)

 すると、ここでは、よいことをすることとわるいことをしないこととの区別はそれほど有効でないようにも見える。つまり「最低限」といってもかなり「積極的」なものではないかという指摘はありうるだろう。とにかく義務を極小化したいという人たちによって、(許容できる)消極的義務とはそんなものではないと言われることにもなるだろう。「最低限」の水準が上昇していくことを懸念する人たちもいるだろう。
If this is the case then distinguishing between doing good and not doing bad in these sorts of situations does not seem to be very effective or valid. In other words, it seems possible to assert that even a "minimum" can be seen as something quite "positive". For those who seek to minimize their obligations at least this might be seen as something different from (acceptable) negative obligations. There will presumably also be those who worry about the level of the "minimum" increasing over time.

 実際にここに言われる消極的義務は、ある人々が思っている消極的義務よりも広い、要求度の高いものであるという指摘には、もちろん言葉の用い方の問題なのだが、妥当なところはあるだろう。後述する私の立場から見れば、水準が高いこと自体に問題はない。ただここで万人が、少なくとも十分に多い人たちが是認しているものとしての「消極的義務」によって、ここで示される策が支持されることになるのかという問題はある。
The argument that in practice the negative obligation discussed here takes on a wider, more demanding meaning that what some people consider negative obligation to be of course comes down to a question of the use of language, but it may have some validity. From my own perspective which I describe below, the level of the "minimum" being high is not itself a problem. I have doubts, however, about whether the policies proposed here can be supported by the "negative obligations" people (or at least a sufficiently large number of people) normally accept.

 それに対して、まず、一つ示されるのは、その最低限以下がいかにひどい状態であるのかである。これが達成されないのは「罪」であるという「最低限」を設定し、それを達成しないことは悪であり、達成を妨げることは加害であるという主張はできるし、またするべきであるとも言える。それが既に達成されているのであれば、次の話をすればよいとしても、現実には幾度も本書に記されているのように、すこしもそうはなっていないのだから、この主張の意味はある。もともとは独立した論文を収録して本にしたという事情もあるのだろうが、各章で、世界の貧困の実態が、幾度も、具体的な数字をあげて、記述される。私は著者はそのことを言えていると思う。悲惨を示すことは必要であり、有効である。
One issue which can be raised here is the question of how awful the state of affairs below this minimum really is. It can be claimed that it is possible, and indeed necessary, for us to establish a "minimum" which it would be a "crime" not to achieve, and then assert that not achieving this "minimum" is a bad thing and that to avoid meeting this standard is to do harm. If this level had already been reached then we would be free to move on to other issues, but, as is pointed out many times in this book, in fact we are nowhere near attaining this goal and as a result this kind of assertion is important. Perhaps in part because this book is a collection of papers originally published independently, over and over again in each chapter the author refers to the current situation in impoverished countries and cites numerical data to support his statements. I think he is correct in doing this. It is valid and necessary to clearly depict the misery which is being endured.

 ただその上で、この種の議論は、何が「最低限」であり「基底線」であるかを示さねばならないことになり、それを巡って議論がなされ、同時にそれ以下がいかに「悲惨」であるかを言わねばならないということでもある。このことを確認しておこう。また、その最低限を上回る状態についてはどう考えたらよいのかという問いも残されることも確認しておこう。
In addition, when this kind of argument is made it is also necessary to show what the "minimum" or "baseline" is, engage in argument concerning its determination, and at the same time describe the "misery" that is found below this minimum standard. This is something we should acknowledge. We should also acknowledge that the question of how we should think about the raising of this minimum remains an issue to be addressed.

■3  人為という条件
□3 The requirement of artificiality (the state of affairs in question having been caused by human action).

 第二に、その水準が達成されないことのすべてが問題にされるのか。そうではなく、人為的な害によってその状態が達成されないことが問題であるとされる。
 Second, are all cases in which this standard is not met seen as problematic? No they are not. People not attaining the state [minimum standard] in question is only seen as problematic when it is the result of artificial (human-caused) harm.

 どのように加担しており、ゆえに有責であるのか。具体的には本書でそれは様々に繰り返し列挙されている。例えば、豊かな国々は貧困層を顧慮する利害を有さない貧しい国々の支配者たちを事実上支援しているという。挙げられている諸要因がどこまで効いているのか、これは事実の水準にある。因果関係をどう見るか、何がどれだけを説明できるのか、どこまで人を説得させることができるのかという問題はある。反論はなされうる。実際そのような論もあるようだ。これを弱点と捉えることもできる。ただ、本書でなされているのは具体的な指摘であり、説得的でもある。それぞれがどれほど効いているか、また挙げられているものに尽きているかの判断は留保するとしても、それぞれが要因として効いていることについては認めよう。それらは、後に述べるようなあっさりした私の話よりも訴える力がある。
What kinds of involvement or participation are engaged in and what responsibility results from what is done? This book repeatedly enumerates these sorts of factors in concrete terms. For example, in practice wealthy countries provide assistance to rulers of impoverished countries who do not have an interest in considering the interests of the poorest stratum of their societies. To what extent are the various factors described influential? This in practice becomes the standard. There are then several questions to be addressed, including how we should view causal relationships, what can be explained and to what extent, and to what degree people can be persuaded. Counter arguments can be made. Presumably these sorts of arguments have in fact been put forward. This can also be seen as a weakness. But what is stated in this book is both concrete and persuasive. Even if we reserve judgement regarding to what extent each of these factors is influential and whether this list is complete, let us for the moment accept that all of these factors do indeed have some impact. They are more compelling than the simplified account I give below.

 ただここでも、言われる消極的義務は最も狭い意味でのそれではない。普通、悪をなさない義務がある、あるいはなされた場合に償う義務があるとされるのは、その悪い行ないが意図的なものである場合である。加害の意図があり、それが実行される場合に、その責任を問われ、罰を受け、補償を求められる。だがここではそのような条件は置かれていない。実際、「先進国」の人たちも意図的に貧困を作り出そうとはしていない、人を害しようとは思っていないと言うだろう。そしてそのことは認めるとしよう。
Here too, however, the "negative obligation" discussed is not "negative obligation" in its narrowest sense. Normally, the duty not to do harm and the duty to pay compensation when harm is done are seen as applying to cases where harm is done intentionally. When someone intends to do harm and carries out actions with this intent their responsibility is investigated, punishment is meted out and compensation is paid. But here this requirement [of intent] is not put in place. People in "developed countries" would presumably say that they do not actually intend to create poverty or harm other people. Let us for the moment assume that this is the case.

 しかし、ここでは加害の意図が必要条件とはされない。それをもたらす「仕組み」に様々に加担することによって、すくなくとも、その因果を理解できるのに、それに反対しないことによって、貧困でない状態をそう苦労なく達成できるのに、その策に賛同していない点で、人々は責任を負うとされる。
Here, however, intention to do harm is not seen as necessary. People are held responsible for various forms of participation in a "system" which creates these circumstances (or at least for not opposing this system even though it is possible to understand the causal relationships involved) and for not agreeing to policies which would eliminate poverty even though this aim could be attained without great hardship.

 ここでも、著者は、義務を、一般に人々に受けいれられる消極的義務に限るとし、それゆえに多くの人々の同意を得られるものだとしているが、じつはそうでもない、かなり拡張したものであると指摘されよう。
Here it can be pointed out that while the author presents this obligation as falling within the scope of the kind of negative obligation which is generally accepted, and therefore as something which is likely to receive broad consent , this is not in fact the case - the definition of "negative obligation" employed here is significantly wider than what is normally accepted.

 そしてこの場合、どこまでその「国民」の義務を言うことができるかという問題はあるだろう。組織の決定について、個人がどれほどそれに寄与しているか、個々人にどこまで責任が帰されるのかという問題である。このことについて宇佐美[2005]は否定的である。また、その体制に反対している人はどうなるのだろうか。私は反対したのだが、国家は、また国際社会はしかじかの体制を維持してしまっている。その人は義務を負うのだろうか。
In this case, then, there are presumably questions to be resolved regarding the scope of what can be said to be the obligation of "citizens of a country". Regarding decisions made by organizations there are questions about how much each individual contributes and to what extent responsibility can be attributed to individuals. A negative view of this [attribution of responsibility] is presented in Usami[2005]. And what about people who oppose the system in question? Someone might say that while he or she opposes the system(s) in question they have been established by the state or by the international community. Does this individual still bear responsibility [for the results of implementing the system in question]?

 だが著者は人々の責任の重さに違いがあることを認めるだろう。日本語版序文では責任を除外される人が2種類あげられている(p.10)。そして、基本的になされるべきとされることは、諸国家や国際機関がこれまで行なってきたこと、そして現在行なっていることを自覚し、その行ないを改めるということだから、責任を個人に分散させて押し付けているわけではない。まず消極的義務をより多く果たしていない人、機関が問題にされることになるだろう。そしてなされるべきとされるのは政策の変更である。政府による財政支出のあり方の変更である。第8章で提起されるGRD(グローバル資源配当)については、たしかに一人ひとりが負担することになり、それは果たすべき義務の大きさには対応しないはずだとは言えよう。それにしも、これだけが取られるべき策とされているわけでない。また、どこまで実際の責を負うべきかは別として、人々が自らの政府が何をしているのかしていないのか等を知らないこともまたよくないことであるのはその通りである。
The author would presumably acknowledge that there are differences in the degree of responsibility born by individuals. In the preface to the Japanese language edition two examples are given of types of people who are to be exempted from responsibility (p.10). And since what is being asserted as fundamentally necessary is that states and international organizations become aware of what they have done in the past and what they are doing today and reform their behavior accordingly, it is not as though the author is pushing for an assignment of responsibility on an individual basis. What will presumably be addressed to begin with are people and organizations that are most remiss in carrying out their negative obligations. And what must be done in addressing this problem is the changing of public policy; changing the way the government disburses financial resources is seen as necessary. Regarding the idea of a GRD (Global Resource Dividend) raised in chapter eight, it can be asserted that the burdens associated with this proposal would indeed born by each individual and would not presumably correspond to the size of the obligation they ought to fulfill. Even if this is the case, it is not claimed that this is the only kind of policy which could be adopted. And putting aside the question of to what extent this responsibility must in fact be accepted, it is indeed not good for people not to know what their own government is and is not doing.

 こうして、個人に責を負わせすぎだという批判はあまり当たらないように思える。むしろ、ここで考えておきたいのは、それと別の方向のことである。
 悪政や悪政を支える所業に積極的・消極的に大きく加担しているかどうかはまた別として、豊かな国々の人たち、その中でも豊かな人たちがより多くを得ているのは事実であり、そこから拠出すれば、事態が改善されるとした場合に、その人たちは、その拠出の義務を負うことになるのだろうか。また、加害という言葉を、意図的なそれよりも広く捉えたとしても、人為的な危害によるとは見えないような原因によって生じている最低限を下回る状態についてはどうか。著者はいずれについても義務はないと言うことになる。ここでは後者について見てみる。
The criticism that too much responsibility is being assigned to individuals thus appears to be off the mark. What I would like to consider here is a different approach. Apart from whether or not they are involved in bad governance or activities which support bad governance, it is a fact that people in rich countries, and the rich people in those countries, receive more than others, and if donations are made here, in cases where attempts are made to improve the the state of affairs of those who are impoverished, does it become the obligation of these people to make this kind of donation? And even if a wider definition of "doing harm" which does not require intent is accepted, what about states of affairs in which conditions below the minimum standard arise as a result of causes which do not appear to be artificial (human-made) ? In both of these cases the author asserts there is no obligation to provide assistance. I will begin by looking at the latter.

 著者は「社会的諸制度へと因果的にはっきり帰することのできる場合にのみ」(p.52)義務があるのだとする。そして、このことによって義務を過大なものとしているという批判に応えられるとしている。また、「遺伝的ハンディキャップや自然災害」といった「自然」に生じるできごと、そのできごとに関わる不具合については、それを解消したり軽減したりすることは、よいことであるとはされるものの、そのことについて人々に義務がないわけではないにしても、その義務はより小さなものとされる(p.309 etc.)。
The author writes that he is "...focusing exclusively on human rights deficits that are causally traceable to social institutions" (p.26) . He asserts that this provides a response to the charge that the kind of obligations he is describing are excessive. Regarding difficulties related to things caused by "nature", such as "genetic handicaps or natural disasters" (p.215), he states that while the reduction or elimination of these difficulties is a good thing, and while it is not the case that people have no obligation to provide this kind of assistance, this obligation is smaller than the obligation [to address human-caused harm].

 それでも、自然災害による被災者に対する義務はやはり大きくはないだろうかと思う人もいるだろう。例えば、なにも人為的なことがあったわけではなく、隕石が落ちてきて被害を被った人がいる。あるいは水に溺れている人がいる。その人を自分の生命を脅かすことなく助けられるのであれば、助けるのは義務であると言ってもよいではないか。
There are no doubt some people who would say that we do indeed have a large obligation to assist victims of natural disasters. For example, there are people who, through no human action whatsoever, are injured by falling meteorites. There are also people who drown in water. If we can save such people without any risk to our own lives, can it not be said that we say that we have an obligation to do so?


 それに対する一つの答えは、人為的な害は、人為的であることによって問題なのであり、そのことが問われ追及されるべきだというものだ。しかしこのことなら多くの人が認めるだろう。そのことを認めた上で、問いは、なぜあるべき状態を——著者の立場では最低限を——維持することが義務でないのかというである。一つに仕方がない、ということはある。全域的で壊滅的な天災等自然的な要因によって、人々がどう努力してもその状態から抜けられないような場合である。それは仕方がないということになる。これは事実不可能なのであって、どうしようもない。
One possible response to this would be to say that human-made harm is a problem caused by human action and is therefore something which must be investigated and addressed. If this is the extent of the claim most people would presumably accept it. Once this is acknowledged, the question then becomes why the maintenance of a state of affairs seen as necessary - from the author's perspective the "minimum standard" - is not an obligation. One answer may be that this goal cannot be attained. There are cases where natural causes such as a calamitous natural disaster affecting an entire region make it impossible to avoid situations which fail to meet the minimum standard no matter how much effort is expended. Here we can say that we have no choice. Meeting the minimum standard is impossible as a result of facts on the ground and there is nothing we can do about it.

 ただそのような場合だけではない。例えば遺伝性疾患はたしかに人為的に与えられたのではない。ただ、その自然に与えられたものを有していたとして、それでも(さほどの)不利益を被らない社会——著者の立場では「最低限」を維持できる社会——を構想することは可能であり、また実現することは可能である。ならばそうすればよいのではないか。
But there are circumstances where this is not the case. Genetic disorders, for example, are indeed not given to individuals by human action. However, it is nonetheless possible to conceive and realize a society in which even people with these naturally occurring conditions do not suffer any (significant) disadvantages - a society which can maintain the "minimum" standard from the perspective of the author of this book. If so is this not something we ought to do?

 これは仮想のことであり、未来のことであり、「良いこと」を付け加える営みであると言えるだろうか。消極的義務では、現実の「因果」が問題にされ、「悪いこと」だけが問題にされるのだから、これは除外されると言えるだろうか。
Can this be seen as hypothetical, something for the future, an effort to add "good things" ? Since negative obligation is concerned with actual "cause and effect" and applies only to doing "bad things", is this sort of effort then excluded?

 けれどもそれは当たらないだろう。現在の現実の社会1が、その遺伝的疾患の人が生き難い社会を「作っている」と言うことはできるだろう。社会とその人の状態とは因果関係でつながっている。社会2でなく社会1を作りそして維持していることによって、2でなく1の社会が選ばれていることによって、その人が生き難い状況が帰結している。ここに悪意はないかもしれない。しかしさきに見たように、著者の論においては悪意の有無は問われないのだった。その上で、人為は関わっている。私は、著者の規定によっても、今の例で社会2を選択しないこと、そのことをもって人の生存が困難になることを「消極的義務」——私自身はこの区別にそれほどの意義を認めないけれども——の不履行であると言えると考える。
But this kind of argument surely cannot hold up. We can say that society 1 which currently exists "creates" a society in which life is difficult for people with hereditary diseases. There is a causal relationships connecting the society and the circumstances of the people in question. These people have been put in this situation in which life is difficult by the creation and maintenance of society 1 rather than society 2, by the selection of society 1 over society 2. Here there may be no intent to do harm. As was stated above, however, in the author's approach the presence or absence of intent to do harm is not taken into consideration. Furthermore, the state of affairs in question is connected to human action. I think it is possible to assert that to not choose society 2 in the example given above and thereby make life more difficult for the people in question constitutes a failure to fulfill a "negative obligation" - though I myself do not think this distinction is of great significance.

 にもかかわらず、そのような論の運びにはなっていない。どうしてか。よくはわからない。たが、著者が、どんな社会をよしとしているのか、前提としているのか、そのことが影響しているように思う。
This kind of argument, however, is not put forward. Why? I do not know. But it seems that the author is influenced by the kind of society he sees as good and takes as a premise.

 どのような社会をよしとするのかといった議論は本書では明示的には展開されていないようだ。中では政治的、国際政治的な要因が重視される。例えば、貧しい国々での悪政が貧困に関わっていることを指摘する。その独裁者を選んだのも国民だと言われるのだがそんな単純なことではない、それを豊かな国々の人々が後押ししているのだと言う。自由貿易については基本的に肯定的であり、むしろそこで先進国が交渉や条約を自らに有利なものにし、特権を維持・拡大していると理解する。グローバリゼーションが不徹底であるという方向の理解である。(この点については、私も基本的に地域に閉じるべきであるという立場は取らない。この点で反グローバリゼーション派の一部と異なる。ただこれ自体は、移動する自由しない自由、また移動の困難、財や土地や人についてそれぞれの事情の差異といった主題にも関わっており、未決の部分を残す、とても大きな問題であると私は考えている。)そして所有の仕組みについては、基本的に、生産者による生産物の取得という範型を是認・維持しているようだ。その上でも、自然資源、また知識・特許といった生産財について、現行の体制を批判でき、またその改善の方向を示すことができるという立場になっていると思う(第9章)。そして同時に、最低限の生活は権利として、人権として維持されねばならず、それについては義務があるとする。
This book does not explicitly develop an argument regarding what sort of society should be considered good. Within the text a heavy emphasis is placed on political factors both domestic and international. For example, the author assert that there is a connection between poverty and the bad policies of impoverished nations. While it is said that the dictators who rule these countries are chosen by their citizens, he claims that in fact it is not that simple and that these leaders are supported by wealthy nations. He sees free trade as fundamentally positive but believes that in practice developed nations have used negotiations and treaties to their own advantage, expanding/maintaining their own privileges. His understanding is that globalization has not been thoroughly implemented. (On this point I too do not fundamentally take the position that countries/regions should close themselves off from the rest of the world. This differs from the position taken by some in the anti-globalization movement. I think this is a very broad issue, aspects of which remain unresolved, related to the freedom to move and the freedom not to move from one country/region to another, the difficulties related to this kind of relocation, and disparities in circumstances regarding resources, regions, and people). Regarding systems of ownership, the author seems to approve/maintain the paradigm in which producers acquire ownership of what is produced. I think his position is that even within this basic structure it is possible to criticize and seek to improve the systems currently being implemented regarding production resources (both natural resources and knowledge/patents) (see chapter nine). At the same time he asserts that a minimum standard of living must be maintained as a right, as a human right, and that regarding this right certain obligations are incurred.  

 「自由主義経済」は支持しつつ、他方で最低限を維持する。それは社会的分配を支持する人たちにおいて普通の、2本立ての議論である。ただ、2つめのものをどのように付加するのかで言い方が分かれる。社会の維持、社会防衛のために必要なのだと言う人もいれば、恩恵のようなものとして扱う人もいる。その中で著者は、加害しないという義務を遂行するべきであるという根拠によってそれを正当化するという立場をとる。ここで市場、というよりむしろ——市場は私も肯定する——生産者による取得という所有の原則・規則は、正しいもの、あるいはその手前の「自然」とされる。そのことによって、それがもらたすできごとは「人為」として了解されない。身体の無能力は、無能力が不利益をもたらす規則・社会において不利益として現象するのだが、そのようには思われず、「自然」なこととされ、仕方のないこととされ、それに応じて何かすることはよいことであるにしても、どうしてもせねばならないこととはされない。つまり消極的義務の対象から外れる。他方、多くの人は普通にできる人であるから、このメカニズムを歪めるような余計なものを取り外し、いくらかの調整を行えば、あとはうまくいく。そのようになっていると思う。
 To support a "liberal economy" while at the same time maintaining a minimum standard of living; this is the normal "double feature" doctrine of those who support social distribution. There are different ways in which the second part of this doctrine is stated. There are some who say this distribution is necessary in order to maintain and protect society and there are others who treat it as a form of charity or gift for those in need. Here the author takes the position that this distribution is justified on the basis of fulfilling our obligation not to do harm. Here the market, or rather - I too support the market - the principle/norm of ownership which holds that acquisition is determined by production, is seen as correct or "natural". What occurs because of this system is thus not understood to be "artificial". Physical disabilities manifest as disadvantageous through principles/societies which cause disadvantages to be created by disabilities, but here they are not thought of in this way and instead these disadvantages are as seen as something "natural" which cannot be avoided. It is maintained that while it might be a good thing to do something to address them this response is not something which must necessarily be carried out. In other words it is excluded from the scope of our negative obligations. Since most people are not disabled, if we remove anything unnecessary or excessive that might distort these mechanisms [of the liberal economy] and carry out a few adjustments everything will be fine. This, I think, is what is being asserted.

本書では病や障害の問題を主題的に扱っているわけではないというのはその通りではあるだろう。私が目をつけるその目のつけどころが偏っていることも認めてもよい。ただ、こうして見てくると、社会の基本的な理解に関わってもいる。その理解によって、何を目指してよいのか、いけないのか、それがずいぶんと変わってくるはずなのである。以下、まず私の理解を示し、それとの対比で何がどう違ってくるのかを示す。
The fact that this book does not address the subjects of illness and disability follows from the position described above. I should acknowledge a certain bias in my own focus on these issues. But looked at in this way these issues are related to our fundamental understanding of society. What we seek to attain and what we see as unacceptable will surely be greatly influenced by this understanding. In what follows I will lay out my own understanding and describe some of the differences between this perspective and the point of view expressed in this book.

■4 別の構図
□4 A different structure.

 繰り返すが、本書に繰り返し示されている事実は知られてよいし、提起されている案も、まずはよいと思う。そして「まずよいと思う」などと呑気なことを言っている場合ではなく、実現したらよい。ただ、「悪」に焦点を当て、そのことに対する「責任」「義務」を喚起するという主張を肯定しながらも、以下ではすこし別のことを言ってみることにする。
To repeat what I have already stated, I think the factual information given repeatedly in this book is worth disseminating and the proposals put forward are a fine place to start. By saying things like "a fine place to start" I am not casually 喚起dismissing them; they are proposals which ought to be put in practice. While affirming the assertion that "things which are bad or wrong" should be focused on and responded to by rousing a sense of "responsibility" and "obligation", here I would like to say something a bit different.

 もう一〇年ほど前になるが、本書に近い主題で本を書くことを依頼されたことがあり、草稿を書くには書いたのだが、基本的なことは他に短く書いたことでもあり、またそれ以上のことを書くための勉強の時間もとれず、そのままになっている。忘れかけていたのだが、そういえばと思い見てみたら、以下のように記してあった。
Almost ten years ago I was asked to write a book on subjects similar to those addressed in this text. I wrote a rough draft of this book but left it unpublished having already stated its fundamental points in other shorter works and not having time for the work that would be required in order to add anything meaningful. I had almost forgotten about it, but looking at it again I found the following statement:

 「財が偏在していること自体が不正であり、ある状態を実現できるにもかかわらず、実現させないなら、それは不正なことである。今の状態を誰が作り出したのかということはそう大きな問題ではない。基本的に言うべきことはこれだけでよい。にもかかわらず、なぜ私たちは因果論を持ち出すのか、そしてそれとつなげた責任論を言うのか。むしろこのことを考えた方がよい。」
"The maldistribution of resources is itself unjust, and if a certain state of affairs is not realized even though its realization is possible this is unjust. The question of who created the current state of affairs is not of great importance. Fundamentally this is all that must be said. Why do we nevertheless bring up theories of cause and effect and related theories of responsibility? We would be better off examining this question [than that of who is responsible for the current state of affairs].


 その私の立場はごく簡単なのものだ。
This perspective of mine is very simple.

 (1)平等は追求され達成されていよいことの一つである。それはきわめて強い要請というほどではなく、まず実現されるべきこととしては「基本線」の確保が優先されるべきであることには同意する。しかし考えてみると、生産者による生産物の取得を正当とし、そこに生じる差異を是認するロック的な図式に原理的な正当性はない(立岩[1997]等)。そして、人々の労働の労苦には応分に報いることはよしとして、人の生活における可能で妥当な範囲において、「人並み」に暮らせるための、人の心身の状況にも応じた生活のための手段・財が得られることことを否定する理由もない(立岩[2004][2010]等)。そして「最低限」の達成のためにも、また実際本書に記されるように数少ない人たちが世界の富全体のずいぶん多くを有しているのでもあるから、この社会において多くあるところからより多くを拠出させるという方法は有効である(立岩[2009]等)。
(1) the pursuit and attainment of equality must be carried out. This is meant not as a very strong request but as a statement of what must be done in the same sense that the guarantee of a "basic line" must be given priority. But when we consider the Lockean scheme in which the acquisition of what is produced by those who have produced it is seen as just and the disparity thus created is accepted we see that in principle there is no justification for this approach (see Tateiwa 1997). There is no reason to view compensation paid in correspondence to the effort of an individual's labor as good and to reject the provision of techniques/resources according to an individual's physical and mental circumstances in order to allow everyone to have a "normal" standard of living within the scope of what is possible and valid (see Tateiwa [2004] [2010]). And since as this book itself states a small number of people possess a large amount of the world's total wealth, within this society the method of having those with a lot of resources give to the large number of people who have less would also be a valid and effective method of attaining the "minimum" [standard of living] (see Tateiwa [2009]).

 そして、(2)それに際して、国家という単位別に考える理由はない。住む場所によって生活の条件が大きく変わってよいことを正当化できないからである。人々の心性としてより近くの人を優遇しようという傾向が事実いくらかは存在することを否定することはしないが、そのことは、原理的には、その差異を正当とすることではない。基本的には、どこでも同じように達成されてよい。この「距離」を巡る問題は大きな問題ではあるが、ここではこれだけにしておく。
(2) In this case there is no particular reason to think in terms of the unit of independent states. This follows from the fact that large differences in living conditions caused by the place an individual happens to live cannot be justified. I do not deny that in fact there are many ways in which people tend to favor those closer to them as a matter of instinct, but this does not in principle justify disparity. Fundamentally, what is attained should be the same everywhere. This problem regarding "distance" is indeed a serious issue, but this is all I will say about it here.

 加えれば、国家単位で分配策がなされることによって、むしろ適切な分配(1)が阻害されることもある。税の安いところに逃れること、分配がなされるところに流入すること、これらを恐れて——それは杞憂のような部分もあるのだが、かといってまったく非現実的なことでもない——分配が困難になる(立岩[2009]etc.)。ゆえに、より積極的に、分配は一国主義的でなくなされる必要がある。ただそのために単一の政治体が必ずしも要されるわけてではない。こうしたことを考える上で、本書第7章では興味深い考察がなされている。)基本的には以上である。
In addition, distribution policies enacted at the level of the state or country can in fact impede appropriate distribution (1). People will escape to places with low taxes, there will be an influx of people to places where distribution is carried out, and fears regarding these adverse consequences - some of which are groundless but not all of which are completely unrealistic - make distribution difficult (see Tateiwa [2009]). As a result there is a need to carry out distribution more actively in a non-unilateral manner. This does not necessarily mean that there is a need for a single political body. There is a very interesting discussion relavent to this issue in chapter seven of this book. This is basically all that needs to be said here.

 もちろんそんなことを認めたら、現在多くを得ている人たちにとって大きな負担になることが懸念されるだろう。取り分が減らされること自体は望ましいことではない。それに対しては、すぐに、そして直接的な分配がなされるべきであるとは言わない。もはやこれ以上の生産は不可能であるというのであれば、その総量を分けるしかないが、現実はそうではない。自然の資源が——そのすべてについてではないとしても——ないわけではない。そして働ける(が今の状況下でうまく働けていない)人たちはとてもたくさんいる。生産財が適切に配分されれば、生産に従事できる人はたくさんいる。そうして状況を変えることができる。様々を調整すれば、人々が生活に足るための生産は可能であるはずだ。そのことが可能になるためのことをする。そのようにして義務を果たすべきであるということになる。
Of course there may be some who worry that if this kind of thing is accepted a large burden will be placed on those who are currently receiving more. A reduction in what is obtained itself is something which is not desirable. Regarding this concern, I am not saying that distribution must be carried out immediately and directly. If any increase in production were impossible then there would be no alternative to dividing up the current total, but in reality this is not the case. It is not as though there are no more natural resources - although in some instances this may be the case. And there are many more people who could work (but are not able to work very well under the current circumstances). There are many people who could engage in production if the resources needed for production were distributed appropriately. Carrying out this kind of distribution would allow us to change the current state of affairs. With various adjustments production sufficient to provide everyone with a satisfactory lifestyle should be possible. Actions can be taken to make this possible. Carrying out these actions thus becomes an obligation which must be fulfilled.

 ここで、多くを有する人はより大きなしかしそう強くはない義務を有している。他方、社会の仕組みを動かす立場におり、そしてそれを積極的に妨げている人たちがいる。その人たちはより多く責められてよい。その際、賠償としての財の供出も求められてよいが、その人たちを職から解く等、悪は悪として別途問題にするべきであるということになる。
Here people who have more have a larger but not very strong obligation. On the other hand there are some people who are in a position to change social systems and actively avoid doing so. These people should be assigned greater blame. Here it is fine to demand provision of resources as reparations, but wrongdoing must be dealt with as a separate issue by, for example, removing the people in question from their jobs or positions.

■5 比較
□5 Comparisons

 日本語版序文でも明言されているように、本書の主題は不平等ではなく貧困である(p.9)。だからその主題と違う方角を向いたことを言うことに意味はないか。そうでもないと私は考える。
As is explicitly stated in the preface to the Japanese language edition, the subject of this book is poverty not inequality (p.9). Is it therefore meaningless to say things which point in a direction other than towards this stated subject? I do not think this is the case.

 ①基本的な「構え」について。著者の場合には、生産者による取得という立場を維持しつながら、現状を批判する。それはかなりの程度可能である。実際、その種の議論は、この図式を「逆手に取る」もの(Van Parijs[1995=2009]、cf.立岩[2010:chap.1])等、様々に存在している。そしてこうした立場は、とくに米国のような国において、理解を得られやすいのかもしれない。その上で、悪いことするのはよくない、その悪いことに私たちが加担しているという認識は、正当性を得やすいということはある。自分にはなにも悪いことはないと思うことに最初から決めている人たちは相手にしないかもしれないが、さほどではない多くの人にとっては訴えるものがある。さらに、さほどの負担でないことを言い、また結局は自分たちにとっても得であることを言う。
①Regarding fundamental "structures". The author criticizes the current state of affairs while maintaining the perspective of acquisition by producers. This can be done to quite a large extent. Various forms of this kind of argument have in fact been made, including some which "take advantage of" this [ownership] structure or "turn it back on itself" (see Van Parijs [1995], cf. Tateiwa [2010: chapter one]). And it may be that, particularly in countries like America, this perspective is one that is easy to get people to understand. It is also easy to obtain [endorsements of] the validity of an awareness that doing bad things is wrong and that we are currently involved in doing bad things. Those who have decided from the start that they themselves are not doing anything wrong may reject this kind of discussion outright, but people of this sort are not so numerous and there are things which can be said in this vein to appeal to the majority of the population. It can furthermore be pointed out that the burden to be born is not that great and that we ourselves will also benefit in the end.

 それに比して私の案は、たしかに広く信じられているものを信じている人からは理解を得られにくいかもしれないし、この社会で得をしている人には受け入れがたいものではある。ただ、まず、すくなくとも論理としては、広く信じられていることと別のことを言いうる。別の道筋の議論がそう間違ってはいないことを示すことはできる。そして、基本的に社会が違ってよいのだと大きなことを言ってから、それを基点とした上で、現実に妥協していくことになる。
Regarding what I propose, in contrast, it may indeed be difficult to obtain the understanding of those who believe what is widely believed and the acceptance of those who enjoy advantages in this society as it is now. To begin with, however, it is possible, at least in theory, to assert something which differs from what is widely believed. It is possible to show that arguments which follow a different path are not so terribly mistaken. And once the drastic step of asserting that society should be fundamentally different has been taken practical compromises can then be pursued on this basis.

 最低限の獲得のために悪はなしてならないという人の心に訴えることと、本来はもっと基本的に違ってよいのだと言うことと、その部分で両者は両立しないわけではない。問題なく、また有効に、両立する。ただ、何を基本におくかというところでは、かなり違う。そんなところで争っても仕方がないのであれば——私はそうは思わない——、うまく現実を動かせる方を選べばよいだろうか。すると、やはりこの著書のような論じ方の方がよいのだろうか。たしかに——すくなくともある社会の——支持を集められそうではある。ただ、後者にしても、どうやら本当はもっと拠出するべきなのだが、この程度で済むならよしとしようという感慨を導くこともあるかもしれない。10を出せと言われてその通りに出すよりも、50が当然だと言われてしかし10で済んだという方が、負担に対する同意は得やすいかもしれない。
In this respect it is not the case that appealing to people's sense that we must not do wrong in order to obtain a "minimum" standard of living and asserting that in fact more fundamental changes are required cannot be compatible with each other. The two approaches can coexist without difficulty and indeed to good effect. Where they differ significantly is over what constitutes their basis. If arguments over this point are unavoidable - and I do not think they are - is it right to choose between them based on which would be easier to realize? If so the manner of argument employed by the author may indeed be better. It does seem likely - in certain societies at least - to attract support. The latter approach may also give the impression that, while we really ought to contribute more, if we can get by with this level we do not really need to do anything further. Rather then tell people to pay ten and have them do as requested, getting them to accept their burden may be easier if they are told they really ought to pay fifty but need only pay ten.

 ②「最低限」について。この世界には悲惨があり、そのことに対して私たちには罪がある。それは説得的ではある。しかしそれは、そのことに対する不信を呼びおこすこともある。本書が対象にしているような事象についてはそんなことはないだろうし、ないとよいと思う。しかし他ではしばしば、悲惨を過度に強調しているといったことが言われてしまう。言われる側もそのことを気にしてしまう。そして他方、実際にその生の全体としては、人々は悲惨ではなかったりもする。もちろん飢えや寒さが生の全体を覆いその十分に暗くすることもあるのだが、そんなことばかりではない。貧しい人を美化する必要もないが、全面的に暗く描く必要もない。
② Regarding the "minimum". There is misery in this world, and we bear some responsibility for this suffering. This is a persuasive argument. It is also, however, something which incites distrust regarding this suffering. There are presumably no such doubts about the facts addressed in this book, nor should there be. But in other cases it is often claimed that this suffering is being disproportionately emphasized. And those against whom this claim is made also end up having to concern themselves with it. At the same time, in reality the lives of the people in question taken as a whole are not miserable. Of course hunger and cold affect an individual's life as a whole and make it less pleasant, but they are not all there is to the life in question. There is no need to beautify the lives of the poor but neither is there any need to depict these lives as being completely awful.

 そこそこに幸福であったとしても、必要なものは得られるのがよいとした方がよい。するとその訴求力は、たしかに悲惨なものに感応してしまう私たちに対していくらか弱くなってしまうのではある。だが、悲惨を見出したり、悲惨を演じたり、演じていると疑われたりすることはいくらか減る。その方が、基本的には、好ましい。私たちに悲惨に対する感性があるのは事実であり、とすればそれを「利用」するのも、望ましい結果につながるのであれば、いたしかたないのかもしれない。しかしそれでも、同時にそれは、あまり望ましいことではないこともわかっていた方がよいということである。
Even when people are reasonably happy, we should still assert that they ought to be able to receive what they need. When this position is taken the appeal to our sympathy for people who are suffering is indeed somewhat weakened. But doubts about suffering being dug up, faked or exaggerated are also diminished. This state of affairs is fundamentally preferable. It is a fact that we have sympathy for suffering, and if the "use" of this sympathy leads to a good outcome it may be that we have no choice but to engage in this kind of manipulation. Even when this is the case, however, we should at the same time be aware that this is not a very desirable practice.

 ③「犯人」について。加害は加害として取り出され、糾されるべきである。とりわけ意図的な加害の場合、もたらされる効果を十分に承知した上での行ないの場合、より大きく責任が問われるのは当然のことである。そしてすぐには気がつかない加害への加担について気づかせることも、なされてよいことである。ただ、それはそれとしてなされるべきであり、生活のための資源の供給は、仮に、どこに誰と悪い人がいないとしても、なされるべきだとされた方がよくはないか。
③ Regarding "criminals". The doing of harm must be identified and corrected. It is natural that greater responsibility be looked for in cases where harm is done intentionally and cases where actions are carried out with full knowledge of the effects they will cause. And people should be informed immediately when they are complicit in causing harm of which they are not aware. Is it not better to see this itself as something which needs to be done and view the distribution of resources to accomodate basic needs as something which must be carried out even if there is no bad person or people at fault?

 責任の所在を明らかにすることによって補償を得る、その補償によって暮らすといったことがあるのだが、その場合には、因果帰属を巡る争い、そして責任帰属を巡る争いに巻き込まれることになる。一方は責任から逃げようとし、他方はそれを追及する。そして後者はときに、自らの利得のために責任を追及しているのだなどと言われてしまうことになる。
It has been said that by making clear where responsibility lies compensation can be obtained and this compensation then used to support those who have been affected, but in this case we become entangled in disputes surrounding cause and effect and the attribution of responsibility. One side tries to escape responsibility and the other side pursues them. And sometimes those on the latter side are accused of seeking to attribute responsibility in order to serve their own interests.

 繰り返しになるが、以上は加害者の特定や責任の追及がよいことではないということを言っていない。逆である。それはそれとしてなされるべきである。ただそれをきちんとするためにも、補償なしでも、生活は生活として可能であることの方が望ましい。であれば、補償を得るために、被害を大きく見せようとしているとか(→②)、犯人探しをしている、その人を極悪人に仕立てあげようとしているといったあらぬ嫌疑をかけられることはない。また、実際に損害賠償を求める裁判などではよくあることだが、責任追及を全面的にあるいは部分的に断念する代わりに、賠償を得る、そうしないと暮らしが成り立たないから仕方なくそうするといったことをしなくてすむことになる——以上②③について立岩[2008-(5)(6)]。
To repeat what I have already stated, here I am not trying to say that determining who has caused harm and holding those who cause harm responsible are not good things. Quite the opposite. These activities in themselves are necessary undertakings. But in part to be able to do this properly it is preferable that those affected be able to live full lives even without any compensation. If this is the case victims will not be subject to accusations that they are exaggerating their injuries (→②), hunting for criminals [where they may not exist], and portraying those responsible in as villainous a light as possible in order to receive compensation. Also, in cases where compensation is sought through the courts those bringing suit often accept compensation in exchange for forgoing in whole or in part the pursuit of a determination of responsibility. They do this because they cannot live without compensation, and if this need did not constrain them responsibility for causing harm could be more properly determined (for more on ② and ③ above see Tateiwa [2008-(5)(6)]).

 ④「割合」について。第8章で提案されたのはGRDという案である。よいアイディアであると思う。そしてたいして個々の負担が大きくないということであれば、さらによいかもしれない。そして公平のために再度記しておけば、著者がこれが唯一の解決策であるなどとはまったく述べていない。様々なされるべきことの一つとしてこの案を示している。そしてもちろん、実際に採用できる策は、実現できる方法でなければならない。仮に諸主体における責任・義務の度合いがわかったとしても、各自が支払うものがそれに正確には対応しないのはある程度仕方のないことだろう。石油にかけられることが想定されているGRDは、最終的に消費者に転嫁されるのだとして(p.316)、多く負担する人は多くを消費する人たちということになる。消費・所得比例的な税に近い。わるくはない。けれど、政治・経済的な様々な制度・仕組みをもっとましなものにしつつ、より多くを有する人や組織からより多くの割合での拠出を求めることは、ここまで述べてきたことからは、より望ましい方法であるということになる。
④ Regarding "proportion". In chapter eight the author proposes a "Global Resources Dividend (GRD)". I think this is a good idea. And it will even better if the burden on each individual is not very large. To be fair I should state once again that the author does not claim this is the only policy solution. This proposal is put forward as one of many things which must done. And of course any policy which can be employed in practice must involve methods which can actually be implemented. Even if the degree of responsibility/obligation of each individual is well understood, it may be unavoidable that what they actually pay does not accurately correspond to this requirement. The [payment of the] imagined GRD related to oil would ultimately be shifted to consumers (p.316), with those who consume the most becoming those who bear the greatest burden. This is similar to a proportional consumption/income tax. It is not a bad thing. But from what has been stated so far, a preferable method would be to demand a greater proportion be paid by individuals and organizations while at the same time working to improve various political/economic systems/structures.

 ⑤「対象」について。私たちの考えでは、その人の状態そのものの直接的な原因が、自然的な要因であろうが人為的な原因であろうが、その如何とは基本的に関係なく、保障されるべきだけが保障されてよい。そしてそれは、さきに述べたように、「消極的義務」という考え方と矛盾するものでもない。実際には、疾病のことだけを考えてみても、その要因は様々に複合的であり、それを実際にどう仕分けるのかということもある。また、ここでも、人為的な原因による被害であることの証明が必要となり、その原因の帰属を巡って面倒なことが起こるということもある。そしてなにより、まずは自然的な要因が影響している心身の状態に関わって困窮している人たちがたくさんいる。加害者としての人や組織は加害者として責められるべきであり、他方自然に第一次的な原因があるのであれば責めようもない。この差異を認めた上で、私たちは、どちらの要因が第一次的なものだとしても、暮らせるだけのことをするのは社会的な義務であるとした。
⑤ Regarding the "target [of distribution]". In our conception what must be guaranteed should be guaranteed without any fundamental connection to the direct causes of the state of affairs of the individual in question and the extent to which they are natural or artificial. And this conception, as I stated earlier, is not something which contradicts the idea of "negative obligation". Even looking only at illness we see that in reality causes are varied and combined with each other, and it is not clear how in practice these causes are to be separated out and distinguished from each other. Here it also becomes necessary to prove that the damage in question resulted from artificial causes and various difficulties and burdens then arise regarding this attribution of causation. Furthermore, and most importantly, there are many people who suffer poverty or hardship related to a physical/mental condition brought about or affected by natural causes. Individuals or organizations which have done harm must be held accountable for what they have done, but when the primary cause of an illness is natural there is no one to blame. While acknowledging this difference [between natural and artificial causes] we hold that regardless of which causal factors are primary the provision of what is needed to live is a social obligation.

 ⑥国の「内外」について。このように述べてくると、これらは、先進国における国内における分配についてはいくらか留意するべきことであるかもしれないが、現在の世界における極度の貧困を見れば、まずはそれに手をつけるべきであると言われるかもしれない。
⑥ Regarding the "outside/inside" of countries. When assertions like these are made it may be said that while we must pay attention to the distribution of resources within developed countries, if we look at the most extreme poverty that exists in the world today we ought to begin by taking action in the places most afflicted.

 まず私は優先順位をつけることには反対しない。その上で、様々になされることを同時に行なうことはまったく可能であるとも考えている。⑤にも関わることなのだが、「世界の貧困」の話は、ときに「先進国の病人」に対する脅迫めいた話につながる。世界では、しかじかも得られてなくて死んで行く人もいるというのに、あなたが得ているものはまったく贅沢なものである(から、早めに死んだらよいのではないか)という具合である。こうしたもの言いについては幾つかのことが言えるはずだが、その中には、両方が同時に生きていくことが同時に可能であること、そのためにはどんな仕組みかあると無理なく実現できるのかを言うことがあるだろう。ここでは、すこし別のことを述べる。
To begin with, I do not oppose creating an order of priority. Furthermore, I think that it is clearly possible to simultaneously carry out the various different things which must be done. This also relates to ⑤, but discussions of "global poverty" are sometimes connected to arguments which threaten "ill people in developed countries". These arguments go something like this: "there are people around the world dying because they don't have such and such, and what you are receiving right now is in comparison quite extravagant (so wouldn't it be best if you died quickly?)". There are several different things which can be said in response to this kind of assertion, one of which is that it is possible to have both parties in question get what they need to survive at the same time and that therefore the question to be asked is what kind of systems would allow this to be achieved most easily.

 この論理は、どこでも、つまり国内でも維持されることになるのではないか。国内と国外の差について、著者はその分配の主張を国境を越える場面では認めないというロールズの議論を批判して、「地球的正義」を主張した(本書ではpp.171-176、cf.森村[2007])。まずこのことによって著者はこの国の研究者たちにも知られたと思う。ただ著者は対応の差をまったく認めないという「極端な」立場をとるのではなく、その差はあってよいともしている。その上で、国外のことについてより義務はないと言う人たちに対し、そんなことはない、やはり義務はあるのだと言うのである。より遠い人たちに対して義務は小さくなるという主張を認めながら、しかし「消極的義務」については区別はなく同じだけあるというのである。悪をなしてはならないという点においては、距離の遠い近いとは別であるということ、また、諸主体が競争・競合しあう関係であるとしても、その競争は公平なものでなければならないという点では理解が得られるだろうというのである(p.228 etc.)。
Should this logic not hold everywhere? In other words, should it not hold inside countries as well? Regarding the difference between inside and outside the country in question the author advocates for "global justice" and criticizes Rawls' position that assertions of [the necessity of] this kind of distribution should not be accepted in situations where the distribution in question would cross national borders (pp. 171-176 of the Japanese text, cf. Morimura [2007]). It is regarding this issue that I think the author is most well known to scholars in Japan. He asserts that some disparity in treatment can exist and does not take the "extreme" position that there are no disparities which are acceptable. He disagrees with those who say we have less obligation to address what occurs outside our own country, asserting that this is not the case and that we do indeed have obligations regarding those who live outside our borders. While he accepts the proposition that we have a smaller ["positive"] obligation to those farther away from us he maintains that no such distinction based on proximity should be made when it comes to our "negative obligation". His assertion that our obligation not to do bad things does not have anything to do with proximity, and that even when a relationship is adversarial or competitive this competition must be fair, is presumably one which can be widely accepted (p. 228 etc.).

 とすると、消極的義務は国内でも国外でも基本的には同じく履行されねばならないということになる。それはよしとしよう。だがこのことは同時に、国内な場においても、消極的義務として遂行せねばならない「最低限」以上のことは、その関係の濃淡に応じて、なされてもよいが、しかしどうしてもなされねばならないことではないことになる。同胞としての連帯があるから、実際にはおそらくより多くのことがなされるのではあろうし、それに著者も賛同するだろう。しかしそこには強い義務はない。となると、以上すべてについて、とくに②⑤⑥について、つまり、かなり低い水準の「最低限」以外についてはそのままにされ、その保障については消費税的な徴収方法による消費・所得比例的な割合の徴収でまかなわれ、そして、自然的な要因によって生活の困難を抱える人もまた取り残されるという状態が、強く否定されることはないということになる。
If so we must fulfill our negative obligations in basically the same way whether inside or outside of our own country. Let us accept this for the moment. But at the same time this perspective also asserts that, even within the country, beyond the "minimum" which must be maintained as part of our negative obligations, there are things which ought to be done but are not seen as being absolutely necessary or obligatory and will be determined by the strength of various relationships between the people involved. In practice our solidarity with our compatriots will no doubt lead to our doing more for them than for people in other countries, and the author would presumably agree with this [kind of disparity]. But there is no strong obligation to carry out these actions. If this is the case then regarding all of the above, and in particular regarding ②, ⑤, and ⑥, anything beyond the fairly low "minimum" standard is left untouched, this "minimum" standard is secured through a consumption tax-style levy collected in proportion to consumption/income, and a state of affairs in which those who suffer hardship in their daily lives as a result of natural causes are neglected is not strongly rejected.

 私は、著者と同じく、急いだ方がよいことは急いだ方がよいと考えている。ただ、そのことを理解してもらうためには、本書、本書の序論、本書の日本語版序文を読んでもらえばよい。それと同時に、人によってはなんと呑気なと思うかもしれぬ「議論」をすること、しておくことの意味もいくらかはあると私は思う。それで以上で幾つかのことを述べてみた。
Like the author, I too think that what should be done quickly should be done quickly. Having people read this book, its introduction and its Japanese edition introduction is a good way to get them to understand this. At the same time I think it is also meaningful to sketch out several "arguments" which some people may find insufficiently thorough. This is what I have to tried to do in my discussion of various issues above.

■6 関連情報・訳語について
□6 Regarding related information/terms used in translation.

 英語版には人名と事項とを合わせた索引があったが、日本語版では省いた。代わりに、その中からいくらかを取り出したものをこちらのウェブサイト(http://www.arsvi.com/b2000/0800pt.htm)に掲載している(本書の書名で検索すれば出てくる)。そこには関連事項・人へのリンクもある。また文献表も同様にに掲載しており、各文献のページがあるものについてはそこにリンクされている。ご覧いただきたい。また本書は世界中のウェブサイトから情報を得て書かれており、そのURLが注に記されている。こちらのサイトに注を掲載し、そこにあるURLから直接にご覧になれるようにもした。合わせて利用いただければと思う。
The English edition includes an index combining names and topics/terms but this has been omitted from the Japanese edition. In place of this index several of these entries have been posted on our website (http://www.arsvi.com/b2000/0800pt.htm - this page can be found by doing a search on the [Japanese] title of this book). This page also has links to other related topics/people. The bibliography is also posted along with links to pages on some of the works cited. Please visit this website and make use of these resources. The book itself was written using data from websites from around the the world and the links to these sites can be found in the endnotes. We have also posted these notes on our website allowing readers to follow the links directly online. We intend this page to be used in conjunction with the text.

 そして、訳者たちはせいぜいがんばって翻訳を行ない修正を行ない校正を行なったが、誤りも改善すべきところもまだ多くあるだろう。こちらで気づいたもの、またご指摘いただいたものを掲載し、お詫びしたり釈明したりしていこうと思う。
Regarding the Japanese translation, while the translators worked very hard and conducted thorough rounds of correcting and proofreading there no doubt remain many mistakes and things which could be improved. Problems we ourselves have noticed and which have been pointed out to us are posted on this site, and I would like to take this opportunity to offer some apologies and explanations.

 本書の翻訳は最後に記す陣容で、つまりかなりの人数で、行なわれた。監訳者もいくらかはその過程に参与した。ときに有益な、しかしそれよりは消耗なことの多い、やりとりがあった。多くの場合によい訳語が存在しない。これは私たちの非力のせいとばかりはいえない。ないものはないのである。それでも訳さざるをえない。いくらかでも翻訳したことのある人は誰もが経験することだが、答もないし、そしてそうたいしたことでもないと思えることに時間を要する。そしてやはり満足のゆくものにはならない。それは十分に面倒なことでもあって、それは、無能力・多忙以外に、翻訳の仕事を避けたい理由になる。さらに自分で勝手に悩む分にはよいとしても、人が多くなると、ことはさらにやっかいになることがある。これは監訳の仕事などとんでもないという理由の一部でもある。
The translations included in this book ultimately included the work of many different translators. As translation supervisor I also participated in the process of translation on several occasions. Exchanges between those working on the project were sometimes helpful but more often exhausting. In many cases a good Japanese equivalent for the word in question did not exist. This was not only because of our lack of ability; what does not exist does not exist. We nonetheless had to come up with some kind of translation. As anyone who has ever done any translating knows, there is no right answer and a lot of time is spent on things that do not seem very important. In the end you are never satisfied with the result. The laboriousness of this process is one reason, in addition to a lack of ability and time, that I seek to avoid doing translation. And while I may struggle on my own, as the number of people increases things become even more difficult. This is one reason the job of translation supervisor is so onerous.

  とくにこんな場面では、民主主義はすくなくとも効率的ではない。結局、こちらで、決めてしまったものがいくつかある。監訳者は、その悪文によって評判がわるいのだが、このたびは、相対的には、日本語に対する普通の感覚を有しているように思えたといった感慨を述べた上で、いくつか説明・釈明をしておく。
 第1章に頻出する「human flourishing」については「人間的豊かさ」とした。この語が哲学史の中にどのように使われてきたかについて、そして「flourishing」が「開花繁栄」「繁栄」などと訳されたことがあることは、この章の訳者による訳注に説明がある(p.99)。その含意・経緯に注意を向けるという意味では「人間的繁栄」といった訳もありうるとも考えたが、日本語では普通はこのようにこの2つの言葉を並べることはない。またここで含意されているものはもちろん経済的富裕に限られないのだが、それを示す言葉としては、「繁栄」よりもむしろ「豊かさ」の方がよいだろうと考えた。
 哲学・倫理学や経済学で慣用的に使用される訳語は使用したものも多いが、一般にもよく使われる語等については、必ずしもそれに従う必要がないと判断した。例えば「benefit」は「便益」と訳されることがあるはずだが、例えば序論の記述を必ずしも経済学的な用語系で読む必要はないだろう。「利得」にした。他方「経済」が扱われている第8章・第9章ではむしろ「便益」が適しているようにも思えたが、結局、「恩恵」「便益」「利得」と3つあったものは「利得」になった。積極的な根拠と言えるほどのものはない。「恩恵」はいくら誤解を与えうる表現でもあり、「便益」よりは「利得」の方が一般的な語彙だろうと考えたぐらいのことである。

 「explanatory nationalism」(p.41 etc.)は「説明仕方に依拠するナショナリズム」などとなっていたが「弁明的ナショナリズム」と訳すことにした。意味は、記されているように、(ここでは貧困の)説明要因として各国の国内的要因をあげることを言う。「説明的ナショナリズム」とするしかないとも思った。また他の日本語訳でもそのように訳されている場合がある。ただ例えば「説明的文書」はなにかを説明する文書であり、なにかを説明するにあたりその文書を持ち出すこととは違う。またナショナリズムは普通は「主義」であり仮に「説明的国家主義」としてみるとやはりうまく収まらない。ここでは、(貧困国の)ナショナルなものによって(貧困を)説明し、(富裕国の)自分たちには責任がないことの弁明に当てる、そのように機能しているナショナリズムという意味で「弁明的ナショナリズム」という語を当ててみた。よい訳であるとは思わない。すなおに「説明的」に戻そうかと最後まで悩んだが、結局「弁明的」のままにした。
 第3章に何度も出てくる「regrettable」は当初「リグレットな」となっていたかと思うが、それではやはりわからない。普通は「遺憾な」「残念な」といったところだろうが、「望ましくない」ことが実際に起こってしまうと「後悔される」というつながりで、また日本語を当ててみた場合に「望ましくない」で文章になるようだったので、「望ましくない」とした。また、第5章に出てくる「slant level playing field」といった表現は、「公正競争フィールドを傾ける」とされていたが「公正な競技の場を歪める」等とした。「incentive」は「インセンティブ」としてもよいかとも思ったが、「誘因」に統一されているはずである。カタカナの多用は経済学等の領域ではむしろ自然なことかもしれないが、やはり読みやすくはないと考え、なんらかの日本語を当てた場合が多い。他方、例えば「commit(ment)」は「コミット(メント)」になっているところも「参与」「同調」となっているところもある。これらについては統一する必要は必ずしもなく、場合によっては訳し分けた方が(いくらか)よいとも考えた。他にも「メンバー」「成員」等両方あるはずだが、これらはとくに気にすることはないだろうとした。「share」といった語も同様である。他に「human rights deficits」を「人権赤字」でなく「人権の欠損」に、「human being」を他の語と区別するために「人間存在」とした気持ちを了解しつも「人間」に、等々。

 基本的には、各章の担当者以外の訳者と監訳者による点検は、訳文を読んでいって、文意が通じないとか、間違っているかもしれないというところについて原文に当たった。初校でも再校でも、誤訳、不適切な訳はたくさん発見された。それでも誤りは、残念ながら、あるだろうと思う。ご指摘いただければありがたい。
Our basic method involved each of the chapters being checked by all of the translators not working on it as well as the translation supervisor. We looked for places where the translation did not make sense or seemed to be in error and checked them against the original text. Many mistranslations or awkward sentences were found in both the first draft and later revisions. Unfortunately I think the presence of some errors in this kind of translation is inevitable. We would appreciate your letting us know if you find any.

■7 企画の一部でもあること
□7 The role of this project in our Global COE program.

 さて、私たちは、2007年度から立命館大学グローバルCOEプログラム「「生存学」創成拠点——障老病異と共に暮らす世界の創造」という名の付いた研究活動を行なっている。ありがちなことだがそこに3つがある。Ⅰ「集積と考究」、Ⅱ「学問の組換」、Ⅲ「連帯と構築」。全体としてはよくやっていると思うが、さらになすべきことはたくさんある。
Since 2007 we have been involved in a Global COE Program entitled "Ars Vivendi - Forms of Human Life and Survival" at Ritsumeikan University. There are three main components of this program. I "Accumulation and Thinking", II "Reorganization of Studies" and III "Cooperation and Construction". On the whole I think this program is going well but there are still many things which need to be done.

 この翻訳は、Ⅰの一部とそしてⅢに関わるその成果の一つでもある。他にⅢに関わり公刊され市販されている著作・訳書として、2009年以降について、松田編[2009]、立岩・村上・橋口[2009]、Gotoh & Dumouchel[2009]、立岩・齊藤[2010]がある。
This translation is a part of I and is one of the results produced by III. Other works/translations published and sold as part of III include Matsuda ed. [2009], Tateiwa, Murakami and Hashiguchi [2009], Gotoh and Dumouchel [2009] and Tateiwa and Saito [2010].

 また地域としては、アフリカはやはり一つの大きな場所である。いくらかの偶然的な経緯もありながら、私たちは、特別招聘教授としてアフリカ日本協議会(AJF)代表の林達雄にこの企画に参加してもらい、大学院の教員や院生だけでは非力な部分をNGOの協力によって補い、進めて行こうとしている。そのスタッフの一人である稲場雅紀に行なったCOE企画のインタビューを収録した本として、この書の出版社である生活書院から『流儀』(稲場・山田・立岩[2009])を出版してもらっている。本書と合わせて読まれるといろいろと考えることがあるだろう。様々に知っておくべきことも記されている。手に取っていただければと願っている。またアフリカにおけるHIV・エイズを巡っては2010年内の書籍出版も計画している。そして本書第9章の一部は、『現代思想』2010年3月号(特集:医療現場への問——医療・福祉の転換で)に掲載されてもいるのだが、それを解説し補うものとして、AJF事務局長の斉藤龍一郎の文章(斉藤[2010])が付されている。そこでは私たちが、COEプログラムが始まる前から行なってきた企画・出版物の紹介もなされている。また斉藤によって、アフリカに関して、きわめて充実した報道等の集積・掲載が私たちのHP上でなされている。2010年3月3日に217ファイル、計25メガバイト程。単行本50冊ほどの分量になっている。これらもまたぜひご覧いただきたい(「生存学」HP表紙→「Africa」)。
As a region Africa is indeed a big place. Through several serendipitous circumstances we have been able to have Hayashi Tatsuo from the Africa Japan Foundation (AJF) participate in our program as a special guest lecturer. This has allowed us to supplement what can be done by university educators and graduate students alone through collaboration with his NGO. "Ryugi" (Inaba, Yamada and Tateiwa [2009]), a book of interviews about the plans for this COE conducted by 稲場雅紀, a member of this organization's staff, has been published by Seikatsushoin (the publisher of this text). Reading "Ryugi" alongside this text should stimulate thought on a variety of issues. It includes a wide variety of things those interested in this topic ought to know and understand and I hope readers will get their hands on a copy. In 2010 we are also planning to publish a book on HIV/AIDS in Africa. Part of chapter nine of this book was published in the March 2010 issue of "Gendaishisou" along with a supplementary essay by AJF executive director Ryuichiro Saito (Saito [2010]). This essay also introduces initiatives/publications we had been involved in before the COE program began. We have also posted on our website a very thorough collection of reports and documents concerning Africa assembled by Mr. Saito. As of March 3rd 2010 this collection totalled two hundred and fifteen files and twenty-five megabytes of data. This amounts to roughly fifty books worth of text. Readers are encouraged to make use of this resource (to access this material click on the "Africa" link on the main page of the Arsvi website).

■8 経緯
□8 How this Japanese edition came about.

 本書の出版は、二宮◆◆さん(当時生活書院)から翻訳の提案を私が受けたことから始まった。私自身は、余裕もなくまた能力もなく、翻訳に関わることはしないでおこうと思っているし、それはその時もそうだった。ただ、私の勤め先(立命館大学大学院先端総合学術研究科、以下先端研)の大学院生たちがこの仕事をしたいかもしれないと思い、そのことを伝えたら、それでよいという返事をいただいた。そこでメーリングリストで募集した。わりあい短期間で多くの応募があった。そんな仕事をするよりは、自分の論文を書くことの方が先ではないかという思いがあったから、その反応はそううれしいものではなかったのだが、それでもともかく始まることにはなった。それから様々があって、相当の時間が経ってしまった。2009年度には立命館大学の出版助成に応募し採択されて、助成金を得ることができた。そのためにこの本は1冊約600円安くすることができている。この助成は、かたちの上では教員による出版に対してなされるものであるる。私が監訳者になっているのはそういう理由からである。
The process of publishing this Japanese edition began when Ninomiya , who at the time worked for Seikatsushoin, suggested to me that I translate the English text. Having neither the free time nor the ability required I myself am not interested in taking part in translation, and this was also the case at the time I received this suggestion. But I thought that some of the graduate students in my faculty, Ritsumeikan University Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences, might want to take on this task, and when I mentioned this to Ninomiya he said that would be fine. I then put up a post on the faculty mailing list looking for people interested in taking part. In a relatively short amount of time I received a large number of responses. I was not very happy about this because I was more interested in working on my own writings than in taking on this project, but in any case the translation began. Many things have since transpired and a lot of time has past. We applied for publication funding from Ritsumeikan University in fiscal year 2009 and were selected to receive support. As a result we have been able to reduce the price of this book by ?600. This funding is supposed to be for the publication of works by faculty members and it was for this reason that I became the translation supervisor.

 結局時間はかかった。ただ、当初翻訳の提案をいただいた時にはまだ出ていなかった2008年の第2版を翻訳することができた。さらに今度の日本語版には、注などに英語版よりも新しい情報が掲載されてもいる。
In the end it took a long time to complete this translation. We translated the second addition (released in 2008) which had not yet been published when this Japanese edition was first proposed. In the notes and a few other places this Japanese edition also includes even newer information than the latest English edition.

 各章は訳者紹介に記されている訳者各自によっていったん訳された後、齊藤拓(訳者については所属等略)が全体を点検した。さらにたいへんきつい時間的制約のもとで、安部彰が訂正・校正の全体を統括し、膨大な時間・労力を費やしてくれた。また村上慎司も第9章の訳の訂正、著者とのやりとり等を担当してくれた。その指示・助言のもと、訳者達が修正・校正を行なった。とくに石田智恵はたいへん細かな長時間の校正の作業を担ってくれた。さらに翻訳について平賀緑(先端研英語論文指導スタッフ)、有馬斉(2008年度生存学COEのPD、2009年度〜東京大学大学院医学系研究科特任助教)の助言をいただいた。さらに、ゲラの整理・発送などたいへん慌ただしい作業の一部について、岡田清鷹(先端研院生)、大谷通高(同)、堀田義太郎(日本学術振興会特別研究員PD・立命館大学)が協力してくれた。これらの人々のおかげで、そう晴れ晴れとした感もしないのではあるが、翻訳の作業はようやく終わった。これらの人々に感謝する。
After each chapter was translated by the translators introduced elsewhere in this book, Taku Saito (here I have omitted reference to the organizations to which each translator belongs) looked over the text as a whole. Under severe time constraints Akira Abe gave generously of his time and expertise in proofreading and checking the entire text for consistency. Shinji Murakami oversaw correction of the translation of chapter nine and our interactions with the author of the book. The translators undertook their own proofreading/correction of the translation based on the explanations/advice he provided. Chie Ishida in particular devoted a great deal of time to a thorough proofreading of the text. Regarding the translation we also received advice from Midori Hiraga (English publication support staff at the Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences) and Hitoshi Arima (PD at the Ars Vivendi COE in 2008, provisional assistant professor at the University of Tokyo Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine beginning in 2009). Kiyotaka Okada and Michitaka Otani (Graduate students at the Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences) and Yoshitaro Hotta(PD Japan Society for the Promotion of Science Research Fellowship for Young Scientists/Ritsumeikan University)also helped with various frantic tasks such as putting in order/sending off the galleys. While it was not easy and I am not sure about the results with the help of all these individuals the work of translation was finally completed. I would like to thank all of them for their cooperation.

 そして出版助成を与えてくれた立命館大学に感謝する。そして、大庭健先生(専修大学)には、院生たちによる翻訳という不安材料を抱えた本書の翻訳にあたり、著者との間をとりもってくださるなどたいへんお世話になった。お礼申し上げる。そして、私の監督が行き届かったためもあり、とくに序論にはおそるべく膨大な数の修正箇所のある、たいへん面倒な校正等の作業をきわめて短期間の間に処理し、年度内に本を物体としてこの世に存在させないと出版助成金が召し上げられるというその3月のあと数日を残すのみの日に、本書を刊行してくださった生活書院の高橋淳さんに感謝する。いくらかでも休むことができるのであれば休んでいただきたいと思うのだが、それは、次から次と面倒で金にならない仕事をお願いする私が、本気で思っていても口にしてはならないことであるのかもしれない。
I would also like to thank Ritsumeikan University for providing publication funding. We are also indebted to Prof. Take10:54 2010/05/13shi Ooba (Senshu University) for communicating with the author and assisting in the creation of this translation which relied on the work of graduate students. We extend to him our deepest thanks. We would also like to thank our publisher Seikatsushoin's Jun Takahashifor carrying out the necessary proofing and other tasks in a very short period of time as a result of my supervision being delayed and the large number of corrections that needed to be made (particularly in the preface) and helping us to get the book to press with only a few days remaining before the fiscal year ended and our publication funding ran out.

2010年3月 立岩真也
Shinya Tateiwa
March 2010

■ポッゲに言及している文献

*部分的に言及しているものも含め、とりあえず気がついた日本語文献をあげた。今後HP上で増補していく。現在既にその頁はある(http://www.arsvi.com/w/pt02.htm)。「ポッゲ」で検索すると出てくる。引用や全文へのリンクがある。

有賀 誠・伊藤 恭彦・松井 暁 編 2007 『ポスト・リベラリズムの対抗軸』,ナカニシヤ出版
後藤 玲子 2002 『正義の経済哲学——ロールズとセン』,東洋経済新報社
伊藤 恭彦 2002 『多元的世界の政治哲学——ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権』,有斐閣
————— 2004 「リベラリズムとグローバリゼーション—リベラルなコスモポリタンは可能か」,『思想』965(2004-9): 158-175
神島 裕子,2002,「国際的社会正義の一試論——ジョン・ロールズとトマス・ポッゲ」『法学政治学論究』(慶應義塾大学大学院法学研究科)54
————— 2007a 「解題:現実的な世界の正義」,『思想』993(2007-1):97-99
————— 2007b 「グローバルな正義をめぐる対抗——センとポッゲ」,有賀他編[2007:144-163]
川本 隆史 編 2005 『応用倫理学講義4 経済』,岩波書店
森村 進 2007 「最後期ロールズの国際的正義論——ジョン・ロールズ『万民の法』を読む」,『政治思想学会会報』(JCSPT Newsletter)No.24 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jcspt/publications/nl/024_200707.pdf
岡野 八代 2003 『シティズンシップの政治学——国民・国家主義批判』,白澤社
押村 高 2008 『国際正義の論理』,講談社現代新書
田中 宏明 2008 「ロールズの国際正義論批判とコスモポリタン正義論(1)——-ベイツ、ポッゲ、ヌスバウムを中心に」,『宮崎公立大学人文学部紀要 』15-1:145-167 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006782236
————— 2009 「ロールズの国際正義論批判とコスモポリタン正義論(2)——ベイツ、ポッゲ、ヌスバウムを中心に」,『宮崎公立大学人文学部紀要』16-1:147-173 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007126123/
宇佐美 誠 2005 「グローバルな正義」,『法の理論』24: 67-93
————— 2008 「グローバルな正義・再訪」,『法の理論』27: 97-123
山森 亮・神島 裕子 2005 「社会政策/倫理の境界を編み直す——世界税と基本所得構想」,川本編[2005:166-187]

■思ったこと+あとがきに出てきた文献

Gotoh, Reiko ; Dumouchel, Paul 2009 Against Injustice: The New Economics of Amartya Sen, Cambridge University Press
稲場 雅紀・山田 真・立岩 真也 2008 『流儀——アフリカと世界に向かい我が邦の来し方を振り返り今後を考える二つの対話』,生活書院
松田 亮三 編 2009 『健康と医療の公平に挑む——国際的展開と英米の比較政策分析』,勁草書房
斉藤 龍一郎 2010 「南の国々から広がる地球規模疾病負荷(GBD)との闘い」,『現代思想』38-2(2010-3):210-214
Tateiwa, Shin'ya立岩 真也) 1997 On Private Property『私的所有論』),勁草書房
————— 2004 Equality of Freedom: An Another Simple World『自由の平等——簡単で別な姿の世界』),岩波書店
————— 2008- 「身体の現代」,『みすず』2008-7(562)より連載
————— 2009 「軸を速く直す——分配のために税を使う」,立岩・村上・橋口[2009:11-218]
————— 2010 「BIは行けているか?」,立岩・齊藤[2010]
立岩 真也・村上 慎司・橋口 昌治 20090910 Repairing the Tax『税を直す』),青土社
立岩 真也・齊藤 拓 2010 Basic Income: Possibility of the Minimal State that Distributes『ベーシックインカム——分配する最小国家の可能性』),青土社
Van Parijs, Philippe 1995 Real Freedom for All-What (if Anything) Can Justify Capitalism ?, Oxford University Press=2009 後藤 玲子・齊藤 拓 訳,『ベーシック・インカムの哲学——すべての人にリアルな自由を』,勁草書房


UP:20100428 REV:20100513, 0918
Pogge, Thomas W.  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME (http://www.arsvi.com)