HOME > Tateiwa >

武満徹『音、沈黙と測りあえるほどに』

立岩 真也 2008/05/20
『UNITAS PLUS』404:27(「私のオススメこの一冊」、立命館大学広報部)


■武満徹 1971 『音、沈黙と測りあえるほどに』,新潮社,241p. ISBN-10: 4103129018 ISBN-13: 978-4103129011 [amazon] ※

 たしか高校2年の夏、たまたま、高校の図書館で借りて読んだはずです。そのときに私はまだその人の音を聴いたことがなかった。LPを買いました。で、しょっちょうその中の「ガーデン・レイン」という曲なんかを聞いてました(今はCDで聞けます)。そしてその後「地平線のドーリア」とか。ロック系とか、音聞きながら読んだ(見た)本もあるけど、まだ音として聞いていない音を聴きたくなる。ときどき本にはそんな力があります。(200字)


 *次数の制約のため削除した部分

ジョン・ケージについて。「いかなる特許ともかかずらわない彼の音楽的な発明は、世界に匿名の申請をしている。不毛な〈音楽の土地〉をジョン・ケージは肥沃なものにしたいと願っている。彼は、音楽にたいして農民のように謙譲な魂をもっている。」

UP:20080402
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME (http://www.arsvi.com)