HOME > Tateiwa >

私が選んだ3冊・2007年の収穫本

立岩 真也 200801 『論座』2008-1
http://opendoors.asahi.com/ronza/


  たくさんの本が出たのだろうが、わずかしか知らない。そしてその中によい本はあったけれど、ここでは一冊だけにする。横塚晃一『母よ!殺すな』。1975年に出て、増補版が1981年に出た本の再刊、新版。増補版の三倍の厚さになって刊行された。以下は、2006年に生活書院なる出版社を立ち上げ、この出したかった本を出した高橋淳さんの宣伝文から。
 「日本における障害者解放運動、自立生活運動の内実と方向性を大きく転換した「青い芝の会」、その実践と理論の支柱だった脳性マヒ者、横塚晃一が残した不朽の名著。1981年すずさわ書店版を底本とし、未収録だった横塚の書き物や発言、映画『さようならCP』シナリオ、追悼文、年表などを大幅に補遺、[…]決定版として、ここに待望の復刊!
 「泣きながらでも、親の偏愛をけっ飛ばす」と言い切って自立生活へと向かい、「あってはならない存在」とされることの不合理を身をもって糾し続けて、人々に大きな影響を与えたその思想は、自立の意味が改竄され、市場経済優先主義の中に掠め取られようとする危機にある今こそ、オルタナティブな価値意識組み替えを目指すテキストとして、読まれなければならない!」
  本はどんどん消えていく。それはわるいことではない。残すことは不可能だし、可能であっても、うっとおしい。それでも残ってほしいものはある。私はこの本は残ればよいと思うけれど、むろん別の人はそうは思わない。ただ、この本はあってほしいと思う人がいくらかいて、なんとか再刊して、いくらか売れれば、しばらくはなんとか、といったところだ。高橋さんはそう思って再刊して、行商して売っている。私はこの本の「解説」を書かせてもらった。何を言ったものか、ずいぶん難儀して書いた。
  なにか気の利いたことが書いてあるという本ではない。論理や修辞が駆使されているというのでもない。しかし論理的ではあり、また文章は切れているとも思う。ずいぶんと単純なことしか書いてないようにも思える。しかしその後、ごく基本的なこととしては、なにか他に言うべきことがあったのだろうか、とも思う。私は、その上で、私が、あるいは学者が書くこととしてはどんなことがあるだろうと思ってものを書いてきたかもしれない。「この本は、この本がいらなくなるまで、読まれるだろう。そしてその時は来ないだろう。しかしそれを悲観することはない。」解説の終わりに、そんなことも書いた。


 *『論座』(http://opendoors.asahi.com/ronza/)に掲載された文章
◇2007/03/01「書評:萱野稔人『カネと暴力の系譜学』」,『論座』2007-3:308-309 [了:20070122]
◇2007/09/01「書評:小畑清剛『近代日本とマイノリティの<生−政治学>――シュミット・フーコー・アガンベンを中心に読む』」,『論座』2007-9:310-311


UP:20071113 REV:1116(誤字訂正)
身体×世界:関連書籍  ◇書評・本の紹介 by 立岩  ◇BOOK  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME (http://www.arsvi.com)