HOME > Tateiwa >

『社会福祉学の「科学」性』・2

医療と社会ブックガイド・86)

立岩 真也 2008/09/25 『看護教育』49-(2008-):
http://www.igaku-shoin.co.jp
http://www.igaku-shoin.co.jp/mag/kyouiku/


  前回から、次のようなことが書かれる、三島亜紀子の本を紹介している。
  「よりよいソーシャルワーク理論を追い求め社会福祉実践の「科学」化を進めることによってソーシャルワーカーは専門家になるといった考え方は、この学問の草創期から約半世紀もの間、専門職化を語るうえで前提とされていた。しかしながらこれに対し、突然異議が唱えられた。一九六〇年代からの反専門職の思想である。専門家として、あるいは学問として社会的に承認されないまま、ソーシャルワーカーそして社会福祉学は批判されることとなった。そこでは社会福祉学の「科学性」を高める客観主義的な学問のあり方が、パターナリズムの温床となると指摘された。マルクス主義者たちは資本主義体制を基盤に福祉国家が成立している点を非難したが、その彼らさえ否定しなかった、知そのものが標的とされたのである。これまで骨身を削って重ねてきた「科学」化への努力が無意味とされただけでなく、「科学」化によってソーシャルワーカーの専門性が高まるという考え方こそが危険であると指摘された。
  反省的学問は、本来おのれに向けられていた批判的言説を内面化することによって正当性を保つ学問理論である。この奇妙な学問理論は、批判を真摯に受け止め、自虐的なまでに内省しているようにみえる。またそれは自戒的緊張を保ちつつ、より「おだやか」にことを進めるために、ある時期以降、急速に普及していったと指摘することもできる。」(pp.iv-v)
  基本的に科学化の道を行き、専門性の確立が目指されたとまとめられる前半の部分もおもしろく、もっと書いてもらった方がよいのだが、紹介等略し、ここでは「批判」以後について。
  ソーシャルワークが人を規律化し規格化する装置・行ないだと批判され、それを行なう専門家が批判される。そして、その批判はもっともだと批判された人たちも思ったようであり――そう思ってしまう理由があることは前回に述べた――その批判が受け入れられる。
  ではソーシャルワークはなくなったかというと、そんなことはない。
  一つに、これまでを反省して、より本人の主体性を重んじたものになろうとし、対等な関係を作ろうということになったという。
  そしてそこに、もう一つが加わるとされる。本の後半で論じられるのは、基本的に対等な関係がよいとされつつ、危機に対する介入は必要とされ、そしてそこではデータが大切にされるという。
  「反省的学問理論の登場によって、専門家は〈社会の周辺部にいる弱者=福祉サービスの利用者〉の場までおりてきた。利用者は専門家と対等な関係にあり、両者が紡ぎ出すナラティヴも同等に意味があることが確認され、利用者の自己決定は尊重されるようになった。しかしながらハートマンが危惧するように、そこにリスクがある場合、「適切」に処遇するための力は執行される。こうしたパワーの行使の「客観」的な信頼性を高めるためにも、社会福祉実践のデータベース化は、より精緻化されることが望まれるのだ。」(三島[2007:203])
◇◇◇
  つまり著者は、専門家がクライエントより上に立つ「医学モデル」が、批判を経て、一つに、専門家と利用者の関係が対等な「反省的学問理論モデル」、一つに、「データベース化による介入モデル」の二つが併存するかたちで、専門家は両手に一つずつをもつような具合に、いったんことが収まったとまとめる。p.191、202に図がある。だから、ナラティブ・ベイスド○×(NB○×)と、エビデンス・ベイスド○×(EB○×)とは対立せず併存するものだといういうことになる。それらが合わさって、現在が成り立っているというのである。
  なるほど、と思う。ただ、たしかにそんなふうに捉えることができると思うが、加えて幾つかみておくことがあると思う。
  まず一つ、言われることと行われることのずれ。
  学問というものは間違っていないことを、実践的な学問であればよいこと正しいことを語らねばならないということになる。そして、批判にもっともなところがあるとなればそれを取り入れねばならないということにはなる。
  しかし、実際にはなかなかそうはならないことがある。本に書いてあること学校で教わることと現場でなされていることと違うということだ。そして批判は、ただ理論に向けられたのでなく、むしろ現実に向けられたのだとすれば、「現場」で何が起こっているか、「ずれ」がどのように処理されているか、それともただ放置されているのか。そのことを見ておく必要はある。すると書かれているものを読むだけでは足りないということになるのだから、調べて書くのに苦労することにはなる。
  ただそれはこの本が行なう仕事ではない。理論、「建て前」の方の理解、整理はどうか。もっと考えてみてよいだろうと思う。批判を受け入れつつ、しかし自分たちの仕事もまた肯定しようとするものになるだろうことは予想できるのだが、その仕組みはそこそこに複雑かもしれないということだ。
◇◇◇
  「反省」の後によいこととされたのは、本人の言うことを「聞く」「語らせる」ことだった。
  「エンパワーメントやストレングス視点、ナラティヴ理論といった社会福祉領域の反省的学問理論を唱える論者たちは、こぞって理論的基盤をフーコーに求めた。フーコーが考察の対象とした社会福祉学を含む学問にとって、彼の思想は本来、脅威である。しかしながら、一九九〇年代の英米の社会福祉学領域において、反省的学問理論を唱える多くの者は先を競うようにしてフーコーを論拠としていった。」(三島[2007:iv-v])
  起こった事実はその通りだろう。しかしフーコーが言ったことはそんなことだったのだろうか。以前、その著作をとりあげた時にもこのことは述べたのだが、彼が確認した大切なことの一つは、人は自らを語ることによって従属してしまうことがあるということだった。もちろん、社会福祉の人たちもそのことは知っているのではあろう。そして、抑圧に転じるような語りはむろんよくないなどと言うのであろう。しかし、よい語りとよくない語りとは、どこでどのように分かれるのか。そのような議論はなされてきたのか。なされたなら何が言われたか。なされていないならなぜか。そんなことを知りたいと思う。
  そしてこのことに関わり、「エンパワーメント」にも「ストレングス」にも関わって、「本人の尊重」という理念をどう解することにするのか。
  批判されたので、言われたとおりのことだけをし、他のことはしないという道筋はある。専門家主義に対置されるものは消費者主義というわけだ。しかし、それでは仕事にならないということもある。そして、それではまずいとも思われる。何がまずいのか。
  まず、本人が蒙る害があげられる。他人から害を与えられており、そしてそれを十分に本人が伝えられないといった場合に、介入が正当化される。これが、現在を構成する二つの二つ目だった。
  そして、害を避けるための介入は、やはり否定しがたいことであるようにも思われる。暴力を振るう親からの子の隔離といった場合には、介入が正当化されるのではないか。とすると、それはそれとして認めるしかないではないかということになり、それで話が終わってしまわないか。
  三島自身は、もうすこし話を先に進めようとはしている。介入しなかったために被害者が出ることについてソーシャルワーカーが批難されること、他方では、親から引き離すことが家族に対する過度の介入だとして批判されること、両方があることを述べる。また、三島が、子どもや動物に、そしてその「愛護」に――前著『児童虐待と動物虐待』(青弓社、2005年)においても――注目するのも、このことに関係がある。
  注目すべきだと思う。ただ、その記述は途中までで止まっている。被害を避けるための(本人にとってよいことをもたらすための)介入――パターナリズムとは定義的にはそのようなものであって、そう簡単に否定できるようなものではない――についてどう考えるのかである。
  そしてこのことと、証拠を集めること、それをもとに仕事を行なう(べき)こと(EB○×)とは関係があるが、ひとまずは独立のことのはずであり、両者をまずは分けて、各々について考える必要があるはずだ。
  そんなこんなで知りたいこと、考えてほしいこと、考えたいことは多々残る。しかし、これからはしかじかの時代だ、とか、パラダイム・チェンジがどうしたといった話がただ反復される中で、この本が出された意義はある。

■表紙写真を載せた本

三島 亜紀子 20071130 『社会福祉学の「科学」性――ソーシャルワーカーは専門職か?』,勁草書房,211+36p. ISBN-10: 4326602066 ISBN-13: 9784326602063 3150 [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 2008/08/25 「『社会福祉学の「科学」性』」(医療と社会ブックガイド・85),『看護教育』48-(2008-8):-(医学書院)


UP:20080729 REV:20080804(誤字訂正)
医療と社会ブックガイド  ◇医学書院の本より  ◇書評・本の紹介 by 立岩立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa
TOP HOME (http://www.arsvi.com)