HOME > Tateiwa >

書評:萱野稔人『カネと暴力の系譜学』

立岩 真也 20070301 『論座』2007-3:308-309
http://opendoors.asahi.com/ronza/



  力の強い人たちが、その力によって、人々にいうことをきけという。それとひきかえに、他人たち(の暴力)からは護ってやると言う。(自分たちが支配することは、自分たち以外の支配を排することだから両者はつながっている。)すると、人々は、否応なく、あるいはしぶしぶ同意して、支配され、税を払う。それとともになにがしかは得る。国家とはそんなものだ。それはヤクザに似ている。まずざっと、このことが言われる。
  たしかに、歴史的にもきっとそんなことだったのだろうと思う。徳川なにがしにしても誰にしても、そんなふうに「天下統一」を果たしたということなのだろうと思う。よくわかる。そして、国家(政府)の、その時々のヤクザ、「非公式エージェント」の使い方だとか、そんな部分がとてもおもしろい。
  さて、それで国家の謎はとけたのかである。一つの論点は、法化の問題、合法性の問題なのだが、これはこれですこし入り組んだ話になるはずなので、略そう。ここではもう一つ、すこし恥ずかしくもあるのだが、とても当たり前の話、「国民主権」というのはどうなるのだろうという問いから。
  もちろん、民主制であろうがなんであろうが、依然として国家が他の暴力を排する暴力装置であることはたしかである。ここまではよい。(このことにも気がつかない人がいるとしたら、この本はその人たちには効能があるということだ。)
  その上で、以上の当然のことの確認に終わらないとしたら、何が加わっているのか。国家はヤクザみたいなものだと思う時、ようするにそれは暴力装置だという理解と、もう一つ、そうしてやつらは利益を得ているのだという理解と、二つある。前者はその通りとしてここでは後者。 たとえば商店街の人たちが寄り集まり用心棒を雇うという状況がある。そうした場合には用心棒は支配者のようではなくなる。そしてこれは虚構ではない。たかだか多数決程度のものであるとしても、民主制は、国家のそもそもの歴史的な成立とは別に、政治的決定と決定の機構とを否定したり改変したりすることができるという意味では現実に存在する仕組みである。
  しかし、実際にはやはり支配し利を得る主体としての国家があるように思い、だから、この本も共感をもって読まれる。とすると、合意があって維持されているはずであることと、自らの利益を保持し拡大しようとする支配者がいるという感覚・現実とがどうつながるのか。
  と考えてくると、これはまったく国家論の古典的な問いになってくる。つまり、特殊な利害が貫徹されているにもかかわらず、全体の(そこそこの)同意<0308<が得られているようなものとして存在してしまっているのはなぜか、どんな仕組みでそうなっているのかが問題になる。
  決定と執行に関わる人たちが様々な利益を供する部分とつながっているのも事実だろう。行政機構が複雑化する隙間で好きなことを云々、といった話もある。政治学の本道の話になる。
  あるいは、幻想とかイデオロギーとかそんなことも言えそうだ。すると、マテリアルなところから国家を捉えようというこの本の話は、国民という神話云々という話とも接合する。(筆者の第一作『国家とはなにか』では第六章が関係するのだが、やはり、ここでは略。)
  さて、それでよかったのだろうか、と思う。よいのかもしれない。そこが私には判断がつきかねるところだ。まずは国家の暴力性をきちんと見ようということでよいのかもしれない。ただ、私自身は、それはその通りだと思った上で、そして特殊な利害が合意を要する体制のもとで通ってしまう具体的な因果を調べて書き出すのは別の人にやってもらうことにして、別のことを考えようと思ってきた。。
  つまり暴力は要るのかと考えた。むろん条件によるのだが、要ると思う。では、そのことは合意によって正当化された暴力である場合に言えるのか。そうとも考えない。(みなの納得ずくでないとものごとを決めないという決め方であっても、あるいはそういう決め方があるからこそ、十分に抑圧的であることがあるはずである。)以上から、同意に基づかない強制があってもよいという――人によったら危ないと思うかもしれない――話に、私の場合は、なる。
  さてそういう話とこの本の話とは接合するのだろうか。ヤクザもヤクザを使う国家も出てくるし、暴力は悪役的である。ただ、著者自身はそのように断じてはいない。暴力は正でも邪でもないと言うかもしれない。ただそうすると、誰かが人々の目を誤魔化して暴力を悪用しているという、それは誰かというさきの古典的な問いに戻ることになる。(これはとても大切な問いである。誤解なきよう。)
  また著者は、国家と資本とを「人々が働いた成果をみずからのものとして吸いあげる」ものと規定する。私は、吸い上げること全般がわるいことだと思わないのだが、著者はどう思うのだろう。あるいは(たぶん言わないと思うのだが)ことの是非は問題ではないと言うのかもしれない。しかしだとしたら何を言っていることになるのか。
  著者はあとがきで、新しさとかで思想のよしあしを言ってもらいたくない、カネと暴力のことを考えねばならないと言う。まったく賛成だ。カネと暴力の問題は大切だ。流行りすたりは関係ない。当たり前な話でも正しい話はある。ただ、この本については、意外に穏当な枠の中に収まっているように思えた。著者は正面から理論を組み立てていくことを志向するのだが、ならば、もっともとのところから、ときにはもっと暴力的に、考えてもよいのではないか。そう思った。

◆萱野 稔人 20061130 『カネと暴力の系譜学』,河出書房新社,224p. ISBN-13: 978-4309243955 ASIN: 4309243959 [amazon] ※


UP:20070214[了:20070122] REV:
国家  ◇書評・本の紹介 by 立岩  ◇立岩 真也
TOP HOME (http://www.arsvi.com)