HOME > Tateiwa

国境の越え方

―西川長夫先生に聞く―

立岩 真也 2005/07/05
立命館大学大学院先端総合学術研究科・リレー講義


 *以下は当日配付用資料。2005/06/03送付

 私の仕事については著書とホームページhttp://www.arsvi.comをご覧ください。この日、私は西川先生に質問してみたいと思っています。題は以下より。

西川 長夫 1992 『国境の越え方――比較文化論序説』
 筑摩書房
◇西川 長夫 2001 『増補 国境の越え方――国民国家論序説』

 平凡社ライブラリー,477p. 1300

 以下、先生の文章から引用。

 「第二は、国民国家にかわるもの、代案つまりオルタナティヴを示さないで、国民国家批判をやるのは無責任だ、というものです。責任の名においてオルタナティヴのイデオロギーが保守派にも革新派にも蔓延しているようです。だが、またしても、安易なユートピアを示せというのでしょうか。今一般に言われているオルタナティヴは、ある大きな枠組みのなかでの選択肢です。だが、その大きな枠組み自体が崩れようとしている。問題となっているのは誰にも予見できない未来ではないでしょうか。混沌とした現実の歴史の進行のなかで、その場その場の選択を行いながら、試行錯誤の末に、私たちの視野が徐々にひらけていく。真のオルタナティヴは、長い考察と批判の間に、おのずと形成されるものだと思います。」(西川『戦争の世紀を越えて――グローバル化時代の国家・歴史・民衆』,平凡社,2002,p.112)
 「私はこれまで、意図的に代案を出すことを拒否してきたのですが、それには主として三つの理由があります。一つは、すでに述べたように、代案というのは二大政党制が理想とされるような代議制の、したがって国民国家の枠内での選択を示す、いわば体制内イデオロギーであるということ。第二は、歴史の考え方にかかわってきますが、歴史にはつねに意外性があって、とりわけ現在のような五〇〇年来の大転換期にあっては、未来の予測は困難である。ウォーラーステインはそのことを、プリゴジンの理論を借りてバイファーケーションという用語で説明しています。そういう時代にあっては、一歩一歩、視野を切り開いて、その度ごとに道を選んで進むしかないのであって、もし一挙に代案を出せる(p.138)人がいたら、多分それはいんちきだと思います。第三は、ほぼ第二と同じことですが真の代案を出すためには、その人が感性においても思想においても、根底から変わらなければならないだろう。
 代案と言うときに、われわれは手持ちの材料で考えてすぐ代案が出せるような錯覚をいだいています。しかし国民国家の歴史のなかでは、その代案を考える思考力を抑圧する力がずっと働いていて――それが国家イデオロギーというものでしょう――、それはわれわれの感性や思考力を左右している。」(同、pp.138-139)

 こういうのを読んで、「われらは問題解決の道を選ばない」とか言ったとかいう人たちのことを思い出す人もいるかもしれない。ところで私は、にもかかわらず、「解決志向」で行こうと思っている。ちなみに、以下は拙著『自由の平等』第3章注1(p.319)

 「しばらく前に終止してしまったかのような諸思想について、それらが何だったのか、どんな論理の構造になっていたのか、何を巡って対立したのか、再検討する必要があると思う(序章注15)。(疎外論/物象化論という対立については廣松[1972][1981]等、田上[2000]、他。なお本節と本書の何箇所かは[1997]を論じた三村[2003]への応答でもある。)また、本文に記したのは現実が変わると意識が変わるという一つの線だが、むろんそれだけが想定されたのではない。両者の間の幾度もの往復が、希望とともに、描かれたのだった。それはたしかに空想的だと思える。しかし、人もまた変わっていくはずであると考えるのは、人はこんなものだろうというところから議論しそこに留まってしまうのと比べて、少なくとも論理的に誤っているということはない。人はどのように変わっていくかわからないのだと、だから「代替案」を示せという脅迫に「誰にも予見できない未来」(西川[2002:112,138-139])を対置することは正しいのだし、論と現実を先の方まで進めていこうとする力に対してリベラリズムが反動として作用することに苛立つ人がいる(Zizek[2001=2002])のも当然なのである。」

 他に引用したい箇所は幾らもあるのだが、例えば。(前掲載のホームページ:「人」「西川長夫」のところにもう少し引用があります。)

 「文化はあいまいな概念であるから、多文化主義を唱えることは容易である。それはたいして我身にかかってこない。だがひとたび多文化主義の必然的な帰結である多言語主義が導入されれば、事態は急変する。多文化主義を受けいれながら多言語主義を拒否する理由の説明は、いままで私の知りえた限りでは、経済的効率のみである。それは妥協によって成立つ現実政治の観点からは説得的な理由である。では、文化的多様性を認め、それぞれの文化的自立と共存を積極的に推し進めようとする多文化主義は、経済的な効率によって左右されるような性質のものであろうか。そこには論理的あいまいさが残されており、その理論的なあいまいさにあえて立ち入ろうとしない姿勢がうかがわれるのである。」(西川「多文化主義・多言語主義の現在」、1997、西川長夫・渡辺公三・McCormack, Gavan編『多文化主義・多言語主義の現在――カナダ・オーストラリア・そして日本』、人文書院,p.17)

 「テイラーとハーバーマスという、世界的な名声を得ている第一級の哲学者たちの、多文化主義をめぐる言説のあいだに見え隠れするあいまいさや矛盾あるいは言い落としの部分のなかに、今後展開し深めなければならない多文化主義の重要な理論的課題、むしろ彼の性といったものが示されているのではないかと思う。次の四点を指摘しておきたい。
 (1)先住民問題[…][…]
 (2)新しいタイプの自由主義の提案にせよ、民主的立憲国家の成熟にせよ、ここでの議論は既成の国民国家の存続を前提して、国民国家の枠の中で、統合形態の再編、デモクラシーやシティズンシップの新たな形態を問うという形で進められている。[…]
 (3)[…]彼らが用いる文明、文化、エスニシティ、民族、アイデンティティ等々の主要な概念が、基本的には国民国家時代に形成された古い概念のままであって、そうした概念に対する根本的な懐疑や批判が、いくつかの興味深い提案はあるものの、いまだ十分に行なわれていないところ[…]
 (4)二人の哲学者の緻密な論理が時にあいまいで欺瞞的に思われるのは、エスニシティや民族問題の背後にあってつねにその根本的な原因になっている、差別(あるいは搾取と被搾取)のシステム、形を変えた新しいタイプの植民地主義、といったものに対する指摘や考察の欠如、あるいはそうした差別のシステムと多文化主義がいかなる関係にあるかについての考察の欠如が感じられるからではないかと思う。」(同、pp.19-21)


UP:20050603 REV:
西川 長夫  ◇立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩 真也
TOP HOME (http://www.arsvi.com)