pe" content="text/html; charset=Shift_JIS"> 立岩真也「二〇〇五年の収穫」
HOME > BOOK >

二〇〇五年の収穫

立岩 真也 2005/12/ 『週刊読書人』2567:3
http://www.dokushojin.co.jp



T・フィッツパトリック『自由と保障――ベーシック・インカム論争』(勁草書房)すべての人に無条件に一定の――どの程度の?――所得を保障してしまおうというアイディアがある。検討に値すると思う。批判や反批判がわかりやすくまとめられている。

G・A・コーエン『自己所有権・自由・平等』(青木書店)。「分析的マルクス主義の中心的存在」による「マルクス学派の規範理論を体現する作品」(訳者)。リバタリアニズムを批判すると搾取概念も批判することになる、等。私もそう思い、そう書いてきた。とすると何か違いがあるのか。それはこれから考える。

林達雄『エイズとの闘い――世界を変えた人々の声』(岩波ブックレット)。アフリカのエイズの人たちの苦境だけが書かれているのではない。この小さな本に書かれているのは、この世界の中の、世界に対する闘いでありその戦略である。著者の属する組織といっしょに作った資料集もある。私のホームページから入手できる。

このHP経由で購入していただけたら感謝

◇Fitzpatrick, Tony 1999 Freedom and Security: An Introduction to the Basic Income Debate, Macmillan Press=20050525 武川 正吾・菊地 英明訳,『自由と保障――ベーシック・インカム論争』,勁草書房,265p.,ISBN: 432660185X 3600+ [kinokuniya][amazon] ※,
◇Cohen, Gerald Allan 1995 Self-Ownership, Freedom, and Equality, Cambridge University Press=20050121 松井 暁・中村 宗之 訳『自己所有権・自由・平等』,青木書店,405p. ISBN: 4250205010 6000+ [kinokuniya] ※,
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/cohen.htm
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コーエン,G.A. 1941年生まれ。オックスフォード大学教授(社会政治理論)
松井 暁 1960年生まれ。立命館大学教授
中村 宗之 1969年生まれ。埼玉大学経済学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
◇林 達夫 20050603 『エイズとの闘い――世界を変えた人々の声』,岩波ブックレットNo.654,ISBN: 4000093541 504 [kinokuniya] ※


  ■2005/12/ 『東京新聞』/『中日新聞』

1林達雄『エイズとの闘い――世界を変えた人々の声』(岩波ブックレット)。
2T・フィッツパトリック『自由と保障――ベーシック・インカム論争』(勁草書房)
3G・A・コーエン『自己所有権・自由・平等』(青木書店)。
 1薬があれば死なない病で年に三〇〇万といった人が死んでいる。だがこの小さな本に書かれるのは、人々の苦境だけではない。実際に、人々、とりわけアフリカの人々が、絶望的な状況に挑戦し、この世界を変えてきた経緯、戦略が描かれる。
 2すべての人に無条件に一定の所得を保障してしまおうというアイディアがある。検討に値する。批判や反批判がわかりやすくまとめられている。
 3「分析的マルクス主義」も「規範理論」もあまり知られた言葉ではないが、とにかく、この世に批判的でありつつ、わかったようなわからない話をしないで、きちんと論を積んでいこうという流れの中にある一冊。

 cf.
◆2006/02/01「二〇〇五年読書アンケート」,『みすず』48-1(2006-1・2):


UP:20051201 REV:20070713
『週刊読書人』  ◇立岩 真也
TOP HOME (http://www.arsvi.com)