HOME > Tateiwa >

共同連のやろうとしていることはなぜ難しいのか、をすこし含む広告

立岩 真也 200508 『共同連』100(100号記念号特集) /center>
Tweet

*この文章は『希望について』(2006,青土社)に収録されました。お買い求めください。

立岩真也『希望について』表紙

 共同連のことは、おもしろい――おもしろいという言い方を私はよくするのだが、失礼な言い方かもしれない――ところだと思っていて、気になりながらも、そして機関誌などはかなり以前から送っていただいているのだが、よく知りません。すみません。以下、学者ふぜいの文章を書かせてもらいます。
 安積純子(いまは安積遊歩で通している)他と書いた『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学』という本が1990年に出た(藤原書店、1995年に増補改訂版)。そこで、いくつかの主題は私らには難しすぎてまだわからないのでここでは書けない、と書いた。一つは「優生思想」のことで、これは1997年に出た『私的所有論』(勁草書房)で少し考えることになった。もう一つは、関連するが「障害を肯定する」というものの言い方をどう考えるかだった。このことについては石川准・倉本智明編『障害学の主張』(2002年、明石書店)に入っている「ないにこしたことはない、か・1」で考えてみた(話は終わっていないのだが、「2」が出る気配はない)。
 そしてもう一つが労働のことだった。障害者の就労という主題に限らず労働について考えることはこれからしばらくの大きな主題だと、私はかなりにまじめに思っている。最近出た拙著『自由の平等――簡単で別な姿の世界』(2004年、岩波書店)でも、「労働の分配・労働の分割もおもしろい主題としてある。しばらく私たちは消費社会を語ってきたのだが、とくにこれから何十年かは労働がもっとも大きな主題の一つとなるだろう。」と書いた(p.24)。この主題を考える本格的な仕事はこれからになる。まずおおまかに思っていることを書いた短い本を1つ出すかもしれない。それから、他の人たちともいっしょに仕事をして、数年か後には何か言えればと思う。そんな悠長なと叱られるのはたいへんもっともなことなことではある。しかし、そのぐらいの大きな問題ではあると思う。
 とりあえず考えていることは上記『自由の平等』にごく短くだが書いた。また、ホームページhttp://www.arsvi.com「50順索引」→「労働」と行くと他に書いたものも読んでいただける。そしてそこからもリンクされているし、またホームページ→「立岩」からも行けるが、「できない・と・はたらけない――障害者の労働と雇用の基本問題」(2001年、『季刊社会保障研究』37-3:208-217、国立社会保障・人口問題研究所)という文章を書いたことがあって、その全文を読んでいただける。
 ただそこでは、共同連に参加しているような組織・仕事場のことについては考えられていない。これも今後の課題である。私がいる大学院(立命館大学・先端総合学術研究科)にこんど入院してくる院生で、「障害者と労働」のことを調べるという人がいて、その人が共同連のことも知りたいと言っている。その人に、そして共同連のみなさんにも、よろしくお願い、とおまかせなのだが、その院生は政策とか理論とかというタイプの研究の方向には今のところ行かなそうな気もするので、私から一つだけ。
 作業所で作業する人の給料は作業所の指導員という名で呼ばれる人の10分の1に満たないといったことがよくあって、共同連は、基本的に、そういうのはおかしいのじゃないかと言ってきたと思う。そしてそう言ったのは基本的に正しいはずだ。だがやっかいなのは、世の中のほとんどにそのような格差が存在する場合、ある場・組織だけが平等原則を維持することが難しいということだ。それは、簡単に言えば、そうすると、より仕事ができる人が流出していき、仕事ができない人が流入してくることによる。(じつはこれは、障害者の仕事場とその外の世界との関係にだけでなく、ある国とその外の世界との関係にも言える。例えば金持ちに高い税をかけるとその金持ちは逃げていくかもしれず、福祉サービスの水準を上げるとそのサービスが欲しい人たちが入ってくるかもしれない。だから作業所の問題とグローバリゼーションの問題とは、基本的には同じなのだ。このことは、ごく短くだが『自由の平等』序章第3節7「国境が制約する」に書いた。)さてどうするか。決定的なただ一つの答というのでなく、そう効かないがある程度は効くいくつかの手段を考え、組み合わせてみるということになるだろう。あまり勇ましいことは言えなさそうだ。しかしそれでも一度はやってみて整理してみる価値はあるだろうと思う。そんなことも、これから「もっとも大きな主題の一つ」になる(ことに私が勝手に決めた)労働という主題を考えることの一部になる。

 原稿送付:2004.01

UP:20040121 REV:0122,0201(リンク追加), 20121111
共同連  ◇労働  ◇立岩 真也 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)