HOME > BOOK >

「臨床社会学」

医療と社会ブックガイド・17)

立岩 真也 2002/06/25 『看護教育』43-06(2002-06):494-495
http://www.igaku-shoin.co.jp
http://www.igaku-shoin.co.jp/mag/kyouiku/

Tweet


※全文は以下の本に収録されました。
立岩 真也 201510 『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』,青土社 ISBN-10: 4791768884 ISBN-13: 978-4791768882 [amazon][kinokuniya] ※ m.


■表紙写真を載せた2冊

◆野口 裕二・大村 英昭 編 2001 『臨床社会学の実践』、有斐閣、318+ivp.、2000円+税
樫村 愛子 19980623 『ラカン派社会学入門――現代社会の危機における臨床社会学』、窓社、340p.,2900 ISBN-10: 4906388698 ISBN-13: 978-4906388691 ※ [amazon][kinokuniya] ※

まず御挨拶。職場が変わり引越して、ホームページを変更しました。http://www.arsvi.comです。ラテン語でars vivendiは「生の技法」といった意味で、それがいわれです。

さて今回と次回は「臨床社会学」の本。最初取り上げようと思った本がまだ段ボール箱に埋もれているという事情もあるけれど、もう一つ、前回大熊一夫が学問が役に立たないことを嘆いていたのだが、臨床社会学は(臨床に)役に立つことを目指すものでもあるらしい、それをどう捉えるかというつながりもある。

有斐閣から2000年に『臨床社会学のすすめ』、2001年に『臨床社会学の実践』が出た。編者は大村英昭と野口裕二の二人、後者は野口・大村の順番になっている。他に、もうしわけなくも執筆時未見だが、大村英昭編『臨床社会学を学ぶ人のために』(世界思想社、2000年)、畠中宗一編『臨床社会学の展開』(現代のエスプリ、至文堂、2000年)。短い間にずいぶんたくさん出ているとも感じる。『すすめ』の序章「臨床社会学とは何か」で編者の大村もふれているが、「臨床社会学」という領域はアメリカにも以前からあるにはあって、ただ近年はそう活発でもなくおもしろいものではない、だからそれはそれとして、こちらで始めていこうというところのようだ。

目次などは例によってホームページに掲載した。いずれにも多くの文章が収録されていて、一つ一つについて紹介し検討したら散漫になるし、また分量が多くなってしまう。私なりに思うことを書こうと思う。『すすめ』の第1章「サイコセラピーの臨床社会学」で編者の一人の野口は、臨床社会学には二つの側面があって、一つは臨床と呼ばれる現象を対象とする「対象としての臨床」という側面で、もう一つは臨床現場・実践への貢献を直接追求するという「方法としての臨床」という側面だと言う。このことを下敷にして考えてみたい。

[…]

樫村のセミナーの解読の妥当性はどうなのか、私は納得できたが、その評価は分かれるかもしれない。ただ一つ言いたいのは、私たちは、臨床について考えるとき、場合によっては、あくまで場合によってはだが、めんどくさくてもなんでも、こんなことも、こんなところまで考えないとならないのだということである。

そしてそういうかまえは臨床社会学の主唱者・首謀者の一人である野口の論考にもある。その著書『アルコホリズムの社会学』(日本評論社、1995年)については次回とりあげることにしようと思う。



REV: 20171128
医療と社会ブックガイド  ◇医学書院の本より  ◇身体×世界:関連書籍  ◇書評・本の紹介 by 立岩  ◇立岩 真也
TOP HOME (http://www.arsvi.com)