HOME > Tateiwa >

あればいいってものではない

―知ってることは力になる・8―

立岩真也 1999 『こちら”ちくま”』13
発行:自立支援センター・ちくま


 3月27日に高橋修さんが亡くなりました。享年50歳。新潟県長岡市生まれ。学校に行かず(行けず)。20歳を過ぎて初めて家の外へ。それが伊豆のリハビリテーション・センター。その後東京へ。立川市で活動。特に1990年代、介護保障(全国障害者介護保障協議会)、権利擁護(障害者インターナショナル=DPI・日本会議)、そして「ちくま」もその一つである自立生活センターの活動(自立生活センター・立川、全国自立生活センター協議会=JIL)、さまざまな重要な運動を率いた人でした。集会等ではもっぱら裏方に徹していましたが。彼のことを書くときりがありません。ホームページ(http://itass01.shinshu-u.ac.jp/tateiwa/1.htm)の「高橋修氏を追悼する」のコーナーに少し載っています。(ホームページの住所が少し変わっています。これで今までつながらなかった人もつながるようになったと思います。)
 立川に来て、彼が始め、そして続けたのがJR立川駅にエレベーターを設置させる運動でした。実現には時間がかかりました。もちろんR東日本の対応の問題なのですが、ただこれには、なにかとりあえずの手を打たせるというところで妥協しなかったという事情もあったのです。高橋さんたちは、一般の改札に入って改札を通ってそしてホームに降りるというその経路にエレベーターがあるべきだと主張し続け実現させた。一部の駅では、改札の通路とは別にホームの端の方にエレベーターをつけたりするのですが、そのため通常は鍵がかけられ、インターホンかなにかで連絡し、駅員がやってきて、鍵をあけ、ということになる。連絡の不手際で車椅子の人が半日エレベーターにとじ込められたといった事故も起きています。誰もが使うエレベーターだったらありえないことです。また、このごろよくあるのは車椅子用の階段昇降機ですが、これも使い勝手がわるいし時間もかかる。そしてこれらはいずれも車椅子だけに対応しようという発想です。しかし、誰でも使えるところにあるエレベーターなら、上がったり下ったりがつらいどんな人でも使えます。設置のためのお金はかかるけれど、利用者が多いから一人あたりのコストを考えれば結局これが一番経済的でもあります。
 バスにしても同じです。「リフト付バス」が松本市でも走っていることは走っています。しかしあれはすっと乗ってすっと降りることができない。ああいうのでなく、「ノンステップ・バス」と呼ばれるバスがあります。バスの床を低くする。今までも低床式バスはありましたが、これより低くする。それでも車の腹が道路をこすったりしないようなバスが、実際走っているのですから、あるのです。手こぎでも電動でも車椅子でなんなく乗れる。杖をついたり、足腰が弱くなってきた人にも便利なところもよい。これはたしか熊本の障害者のグループがヨーロッパに行った時にこれを見て感心し、日本でもこれにしようということで、紹介と導入の運動が始まったものです。そして実際、熊本市――松本市と似たような規模の地方都市です――をはじめいくつかの自治体で導入が始まっています。
 だから、できるだけ、特別のものをおまけに付けるのでなく、そもそも誰もが使えるものにする。「ユニヴァーサル・デザイン」などという言葉もこのごろは使われます。その上で、それでカバーできない部分についてそれぞれの人にあった方法を考える。「ちくま」が昨年からやっている「移動サービス」は後者ということになるでしょう。その「ちくま」が、他の一般的な交通機関や道路が使いよくなってそれでこのサービスのお客が減るなら減ってよい、いや歓迎、という構えでやっているのはいさぎよくて、正しい、のです。
 そのためには、一つには情報が必要です。どういうものが広い世の中にはあるのかという情報。そういう意味で、知ってることは力になる、のです。そして何がどんなものであるか(ほんとによいものかどうか…)を利用者自身が評価し、発信し、働きかけること。この紙面でも何回か掲載された「ジョイ(スティック・コントロール)カー」にしてもそうでした。これを使いたいという人たち自身が動いて、はじめて日本で走るようになったのです。
 そして、最善=当然の選択肢が実現されるまでは、引かないこと。5月1日に高橋さんの追悼集会があって、 500人あまりの人が全国から集まりました。その後、飲み屋に流れたのですが、その時、ここ10年ほど一緒に高橋さんとやってきた男性(頚損で車椅子を使っています)が、「駅なんかの対応について、我慢しようと思えば我慢できることもある。いちいち文句を言うのは正直疲れるときがある。けれど高橋さんが生きていてここにいたらどうするか、ここでは引かないはずだ。今そう思ってやっている、これからもやっていく。」と言っていました。高橋さんには〇〇駅での深夜までの篭城、〇〇都庁舎での徹夜の座り込み、等々、武勇伝がいくつもあって、…という話を始めると長くなります。今回はここまで。

 ※石川准・長瀬修編『障害学への招待――社会、文化、ディスアビリティ』発行。
  明石書店,1999年3月、2800円。「ろう文化」を論じた章とか、「劇団態変」や
  「ドッグレッグス」(知ってます?、いわゆる?「障害者プロレス」やってると
  ころです)を論じる「異形のパラドックス」という章があったり。かなり濃くて、
  おもしろいです。私も1つの章を書いています。(著者割引=2割引きで送付可
  ですが、送料入れると定価とほとんど同じですね…。)


UP:20040913
高橋修  ◇まちづくり,アクセス  ◇自立支援センター・ちくま  ◇立岩 真也
TOP HOME (http://www.arsvi.com)