HOME > 斉藤 龍一郎 >

「NGO、市民社会、公共」

斉藤 龍一郎(さいとう りょういちろう) 20150222 .
[English] / [Korean]
アフリカ日本協議会(AJF)
「NGO、市民社会、公共」
(再録元ページURL:http://www.asahi-net.or.jp/~ls9r-situ/about_me20150321.html)
*この頁は故斉藤龍一郎さんが遺されたホームページを再録させていただいているものです。

Tweet
last update: 20201222


1.アフリカへの関わりと障害者運動への関わり

【経歴など】


【3つのターニングポイント】

  1. 5歳:肋膜炎で瀕死の状態から復活。その過程で発見が遅れた中耳炎で難聴に
    農家の長男だが、農家の跡継ぎは無理?
  2. 18歳:親の家を離れ、大学に入学
    大学で、識字学級、夜間中学を知り、ことばが発せられる場・背景の重みを知ったことで人生大きく変わった
  3. 45歳:AJF事務局長になって、活動領域が大きく変わった
    それまでは、日本における反差別運動、障害者運動の中でつかみ取られたことば・考えに依拠し、学ぶことが中心となる活動に従事していた
    事務局で作業にあたっているごく限られた人しかしらなかったAJFの活動を事務局として担うことになり、それまで接点のなかった人たちと出会う機会を追求し始めた

【アフリカ日本協議会(AJF)】

以上



トップペ−ジへ

僕のお薦めリンクはこちらです。

僕がこれまで書いてきたことは
近況(2020年11月13日更新)
近況2019年
近況2018年
近況2017年
近況2016年
近況2015年
近況2014年
近況2013年
近況2012年
近況2011年
近況2010年
近況2009年
近況2008年
近況2007年
近況2006年
近況2005年
近況2004年
近況2003年
日々のすぎる中で 2002年
日々のすぎる中で 2001年
日々のすぎる中で 2000年
日々のすぎる中で
グギとエメチェタのこと
あれこれ
よろしく。

読書ノ−ト です。



昨年、亡くなったスティ−ブン・J・グ−ルドの本を買ってもらいたいと思っています。
紹介文をボチボチ書いていくつもりです。まずは机の側にころがっていた「THE MISMEASURE of MAN」のことを書きました。


by 斉藤 龍一郎




*作成:斉藤 龍一郎(さいとう りょういちろう)/保存用ページ作成:岩ア 弘泰
UP: 20201222 REV:
アフリカ日本協議会(AJF) 斉藤 龍一郎 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)