HOME > 斉藤 龍一郎 >

「アフリカ、AJFそしてHIV/AIDS」

斉藤 龍一郎(さいとう りょういちろう) 20021130.
[English] / [Korean]
アフリカ日本協議会(AJF)
「アフリカ、AJFそしてHIV/AIDS」
(再録元ページURL:http://www.asahi-net.or.jp/~LS9R-SITU/about_me20021130.html)
トップページ
*この頁は故斉藤龍一郎さんが遺されたホームページを再録させていただいているものです。

Tweet
last update: 20201231


■アフリカ、AJFそしてHIV/AIDS



斉藤龍一郎


○経歴など

アフリカ日本協議会(AJF)

○課題の整理と問題提起 1. 国際協力について僕の感じること
手がかり1
 人類学者の松田素二さんは、「今日、開発学と呼ばれているものは、かつて植民学と呼ばれていた」と言っている。


手がかり2
 WHOが昨年末に公刊した「Macroeconomics and Health」は、途上国を市場として活用していくために保健・教育の分野への投資の重要性を強調

手がかり3
「地球的規模でエイズ問題を考える10日間 資料集」

手がかり4
飢饉と食糧援助を考える
参考
善をなさんとして悪をなすか

2. 具体的な課題の整理
上述の手がかり3・4をもとに論点を整理

3. 障害者運動への関わりから見た「国際協力」のうさんくささ



以上

トップページへ

僕のお薦めリンクはこちらです。

2005年10月障害学研究会関東部会で話した際に書いたレジュメはこちらです。




■斉藤さんの近況、リンク等

トップペ−ジへ

僕のお薦めリンクはこちらです。

僕がこれまで書いてきたことは
近況(2020年11月13日更新)
近況2019年
近況2018年
近況2017年
近況2016年
近況2015年
近況2014年
近況2013年
近況2012年
近況2011年
近況2010年
近況2009年
近況2008年
近況2007年
近況2006年
近況2005年
近況2004年
近況2003年
日々のすぎる中で 2002年
日々のすぎる中で 2001年
日々のすぎる中で 2000年
日々のすぎる中で
グギとエメチェタのこと
あれこれ
よろしく。

読書ノ−ト です。




昨年、亡くなったスティ−ブン・J・グ−ルドの本を買ってもらいたいと思っています。
紹介文をボチボチ書いていくつもりです。まずは机の側にころがっていた「THE MISMEASURE of MAN」のことを書きました。


by 斉藤 龍一郎




*作成:斉藤 龍一郎/保存用ページ作成:岩ア 弘泰
UP: 20201231 REV:
アフリカ日本協議会(AJF) 斉藤 龍一郎 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)