HOME > 組織 >

台湾障害学会

臺灣障礙研究學會/Taiwan Society for Disability Studies (TSDS)

[Chinese(繁體中文)]

Tweet
last update: 20190426


『臺灣障礙研究學會』(台湾障害学会)は2018年6月3日に成立した。
・公式HP https://sdstaiwan.com/
・Blog   https://ds543.home.blog/
・Facebook https://www.facebook.com/SDSTaiwan/

■発足のきっかけ

2016年に、台湾にて障害にかかわる研究をしている大学教員が中心となって、また、大学院生や障害のある当事者など十数人が集まって、従来の医療的・福祉的な視点と違い、社会的・文化的な視点から『障害』を見直す読書会を行った。月に1回の読書会で読んだ本は英国の障害学者マイケル・オリバー(Michael Oliver)とコリン・バーンズ(Colin Barnes)が2012年に共著した『The New Politics of Disablement』だった。ちなみに、その本の初版は1990年マイケル・オリバーの単著だった。参加者の背景は社会学者、政治学者、特別教育学者、文学者、社会福祉学者、芸術学者、神学者など多様だった。そして、民間のNPO、福祉現場や政府機関で勤めていた大学院生もいた。参加者は各章を分担し報告し、読書会の際に、みんなで討論した。その本を繁体中文に訳し、出版する意図もあった。2016年9月に立命館大学大阪茨木キャンパス(OIC)にて行われた『国際障害学セミナー(East Asia Disability Studies Forum)』に初回参加した。

2017年、月に1回の読書会が続いた。参加メンバーや専門の多様性が増えてきた。例えば、倫理学者や人類学者などが加入した。障害当事者の障害種類も増えてきた。この年度の読書会には、論文の購読を行った。話題提供者が購読論文を選び、参加メンバーに共有して、読書会のとき話し合った。更に、障害学会の取り組みも段々と進んでいた。同年、韓国の順天郷大学(Soonchunhyang University)にて開催された『国際障害学セミナー』にも参加した。

2018年、読書会が継続したと同時に、中華民国(台湾)政府から人民社会団体(法人)として設立批准の公文書をもらい、6月3日に成立総会及び第1期第1回会員大会を台北にて行った。当年度の5月27日現在まで、個人会員は59名、団体会員は2つ。その後、早速当年度の『国際障害学セミナー』を10月に臺灣大學のメインキャンパスにて障害者連盟と共催し、台湾、日本・韓国・中国の参加者以外に、イギリス、またはアイルランドの障害学者も招待し基調講演を行った。そして、『国際障害学セミナー』が2010年始まってから、初めて4つの言語(中国語、日本語、韓国語、英語)を同時通訳の例になった。その同時通訳の規模は、台湾でも珍しい、初めての例になった。


■主張


■役員・委員

第1期 理事・監事(任期:2018年6月―2020年5月)
理事:
張恒豪 / 國立臺北大學社會學系 教授
周怡君 / 東吳大學社會學系 教授
林聰吉 / 淡江大學公共行政學系 教授
邱大昕 / 高雄醫學大學醫學社會學與社會工作學系 教授
邱春瑜 / 國立臺灣師範大學特殊教育系 助理教授
陳美智 / 亞洲大學社會工作學系 副教授
紀大偉 / 國立政治大學台灣文學研究所 副教授
周倩如 / 台灣障礙女性平權連線 理事長
周月清 / 國立陽明大學衛生福利研究所 教授

監事:
林昭吟 / 國立臺北大學社會工作學系 副教授
許朝富 / 臺北市行無礙資源推廣協會 総幹事
蘇峰山 / 南華大學應用社會學系 副教授

常務理事:張恒豪、周怡君、林聰吉
会計監査:許朝富
会  長:張恒豪

事務局長:陳伯偉 / 東吳大學社會學系 副教授
副事務局長: 易君珊 / 美國伊利諾利大學芝加哥分校 身心障礙研究所博士候選人
郭惠瑜 / 東海大學社會工作學系 助理教授

※註1:台湾では、大学教員にはおおまかに、教授、副教授、助理教授、講師の肩書を区分している。
註2:「総幹事」は事務局長の意味で、「博士候選人」はPh. D. Candidateに相当。
註3:台湾では、法人の理事・監事・常務理事・会計監査・会長などは無給職である。


■大会情報

第1回:2019臺灣障礙研究年會
主 題:「定位障礙研究:理論、政策、行動」
日 程:2019年5月5日(日)08:50~18:00
会 場:國立臺灣師範大學 博愛樓114、115教室

ハンドブック(プログラムを含む)(繁体中文のみ) [PDF]


*作成:高 雅郁
UP: 20190426 REV:
障害学(Disability Studies) 組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)