HOME > 組織 >

聴覚障害児と共に歩む会・トライアングル



Date: Tue, 13 Jan 2004 11:42:19 +0900
Subject: [DEAF-NEWS:02860] トライアングル勉強会のお知らせ

「医学の進歩と子どもの聴覚障害」

講師*加我君孝先生(東京大学医学部耳鼻咽喉科教授)

医学の進歩から聴覚に関わる神経系の研究が進み、人工内耳の技術と適応範囲の
考え方も変わってきました。子どもの成長期の聴覚の発達について、その重要な
時期についても注目されています。今回は、最近の医学から見た小児の聴覚障害
の診断、治療の最先端についてのお話です。

加我先生は日本の耳鼻科をリードされている東京大学の代表的研究者であるとと
もに、聴覚障害児の診療においても日本の第一人者です。
また、東京大学の中で、障害を持った学生の支援を進める「バリアフリー支援準
備室」の初代室長を務められ、高等教育のバリアフリー化にも尽力されています。

この貴重なお話をぜひ多くの皆様にお聞きいただき、お役に立てていただけたら
と思います。また、前もってお子さまについての質問もお受けいたします。希望
者は下記にお送りください。

------------------------------------------------------------------------

日時:2004年1月17日(土)午後3時〜4時半(2時半開場)

場所:全国心身障害児福祉財団ビル4F会議室
   (東京都新宿区西早稲田2−2−3)

情報保障:手話通訳とパソコン文字通訳

申込み先:前もって参加者のお名前・住所・電話・FAX・お立場(親・専門家な
ど)又は所属(勤務先など)をトライアングル事務局までお知らせください。
場所がわからない方はそこに「地図FAX希望」とご記入ください。

TEL/FAX:03−3203−9938
E-mail:aq2t-ueym@asahi-net.or.jp

質問受付:E-mail:kodamam@fs.catv.ne.jp
     FAX:03−3203−0491
     1月15日(木)まで質問を受け付けます。
     (トライアングル教育部児玉宛)

------------------------------------------------------------------------

*聴覚障害児をお持ちの親御さん、聴覚障害関係の先生方、その他関心のある方
はぜひご参加ください。
トライアングル会員に限らずどなたでも参加できます。

 

         〜聴覚障害児と共に歩む会・トライアングル勉強会〜

            『しょうがいってなあに』

  〜”耳の不自由な人の生活を知る本【音を見たこと ありますか?】”
      の写真家が語る、障害を持つ子と親へのメッセージ〜

講  師:星川ひろ子さん(写真家)

日  時:平成12年10月28日(土) 午後2時〜4時

場  所:全国心身障害児福祉財団ビル 4F会議室
       東京都新宿区西早稲田2−2−8

地図のURL:
http://www.mapfan.com/link.cgi?MAP=E139.43.9.1N35.42.14.1&ZM=11

最寄り駅:地下鉄東西線「早稲田」駅徒歩約5分

情報保障:パソコン文字通訳と手話通訳が付きます。

参加費:無料(事前のお申し込みは必要ありません)

講師紹介と内容:
 星川さんは、現在写真家として活躍される傍ら、障害をテーマにした写真絵本
も出版し、日本絵本賞を受賞されています。
 最近『耳に障害のあることいっしょに(偕成社)』を出版されました。
また、ご自身も知的障害をお持ちのお母様で、そのお子様の姿を六歳年下の
次男の視点で描いた「ぼくのおにいちゃん」(小学館)を出版されています。
 身近なものを顔に見立てた写真をテーマに96年には朝日新聞に連載をされました。
今回の講演では、ご自身の体験や、障害を持つ子供と接した中で培われた経験を
踏まえ、子供とのコミュニケーションを取る上での“心のもち方
(心のバリアフリー)”そして、“ちょっと視点を変えるだけで、
どのように親子関係が変わってくるのか”などについて、お話をいただきます。

お問合せ先:聴覚障害児と共に歩む会・トライアングル
       TEL&FAX:03−3203−9938
       E-mail:aq2t-ueym@asahi-net.or.jp


 
 
>TOP

Date: Mon, 19 Apr 2004 08:50:09 +0900
Subject: [DEAF-NEWS:03130] 【案内】4 /24大沼 直紀先生勉強会

トライアングル勉強会のご案内
------------------------------------------------------------------------

「聞こえない子どもの高等教育のために」
講師 大沼 直紀先生 (筑波技術短期大学学長)

 聴覚障害をもった子供の将来にとって、高等教育はとても大切なことです。
筑波技術短期大学は、聴覚障害と視覚障害の学生のために設置された全国で唯一
の3年制の国立大学です。そこでは専門性をもった高等教育と技術指導を進め、
学生の就職率は高く、社会的にも評価されています。
 学長でいらっしゃる大沼先生は、永年トライアングルの補聴指導に携わってい
ただいています。また、筑波技短は3年制の短期大学として設立されたため、予
算や定員が抑えられて体制がまだ充分ではありません。
先生はより良い教育の場にしていくことを願って、4年制大学にすることを目指
しています。
 今回は、高等教育の実情や大学における手話や要約筆記による情報保障の大切
さなどについて、幼稚部から大学まで聴覚障害児の永い教育経験の中から、お話
いただきます。小さいお子さんをお持ちのご両親、高等教育に関心をお持ちの親
御さん、中高生の本人たち、聴覚障害の教育関係や福祉関係の方々、ぜひご参加
ください。

日時:平成16年4月24日(土)午後3時〜4時半

場所:全国心身障害児福祉財団ビル4階会議室
   (東京都新宿区西早稲田2−2−8)

参加費:500円(資料代)

情報保障:手話通訳とパソコン文字通訳

申込み先:前もって参加者のお名前・住所・電話・FAX・立場(親・専門家な
ど)をトライアングル事務局までお知らせください。
懇親会の出欠もご記入ください。
☆終了後、大沼先生を交えて懇親会(軽食を用意)を行いますので、ぜひご参加
ください。(会費1000円)

聴覚障害児と共に歩む会・トライアングル事務局
TEL/FAX:03−3203−9938
メールアドレス:aq2t-ueym@asahi-net.ne.jp

※トライアングル会員に限らずどなたでも参加できます。


REV:..20040404,27
障害者団体  ◇聴覚障害

TOP HOME (http://www.arsvi.com)