HOME > 組織 >

図書館問題研究会


last update: 20160629


◆中山さんより

皆さんこんにちは。
東京八王子の中山ともうします。
さて、ICFと決まったそうですが、いわゆる「国際障害分類」と、図書館サー
ビスに関わる学習会を下記の日程で開催します。
図書館の方だけではなく、国際障害分類に関心のある方、特に情報サービスとの
関わりにおいて関心のある方にはおすすめの学習会となる予定です。
なお、この案内文の転載を歓迎します。
皆様のご参加をお待ちしております。

以下学習会のご案内です。

連続学習会「障害について考える―国際障害分類(改訂版)を手がかりに‐」

 「図書館利用に障害のある人へのサービス」「障害者サービス」などの言葉か
らもわかるように、私たち図書館員は日常的に「障害」という言葉を使用してい
ます。それでは、「障害とは何か?」と問われた時、私たちは明確な答えができ
るでしょうか?
 今回の3回シリーズの学習会では、そんな「障害」という言葉を、現在改訂作
業が進んでいる国際障害分類を手がかりに掘り下げます。そして、「図書館利用
の障害」について、さらに幅広い目を育てていきましょう。多数の皆様のご参加
をお待ちしております。

1 2001年11月3日(土)午後6時30分〜8時30分
  国際障害分類(改訂版)の内容と障害者への情報保障との関わりについて
  ・深谷順子氏(日本社会事業大学大学院)

2 2001年11月10日(土)午後6時30分〜8時30分
  障害者、介助者の立場から国際障害分類(改訂版)を考える
  ・瀬山紀子氏(障害者欠格条項をなくす会
  ・金政玉氏(DPI障害者権利擁護センター
  ・後藤桃子氏(東京都老人医療センターソーシャルワーカー)

3 2001年11月17日(土)午後6時30分〜8時30分
  図書館利用の障害を考える
  ・山内薫氏(墨田区立緑図書館)
  ・中山玲子氏(日野市立図書館)
  ・他(未定)

会場:東京都障害者福祉会館
   (JR田町駅徒歩5分・地下鉄都営三田線三田駅A8出口前)
   11月3日 :A1会議室 
   11月10日:B1会議室
   11月17日:A1会議室
参加費:各回500円、全回参加の方は1000円(資料代)
主催:図書館問題研究会・
   図書館利用に障害のある人へのサービス委員会

 ※1 手話通訳・要約筆記・点字資料等の必要な方は、参加する学習会当日の
2週間前までに下記の申し込み先へご連絡下さい。
 ※2 会場の広さの都合上、参加申し込みは先着順とさせていただきます。

申し込み・問い合わせ先:図書館問題研究会・
            図書館利用に障害のある人へのサービス委員会
  中山玲子
      電話    :042−581−7354(日野市立中央図書館)
      E−MAIL:more@mvj.biglobe.ne.jp
  微笑正凡
      FAX   :0429−44−6584


REV: 20160629
情報・コミュニケーション/と障害者  ◇障害〜ICIDH  ◇学会/研究会  ◇研究・教育機関のホームページ
TOP HOME (http://www.arsvi.com)