HOME > 組織 >

世田谷まちづくりセンター


last update: 20160629


■世田谷まちづくりセンター

※足立貴史 19960229 「住民主体のまちづくり──世田谷区を事例に」(千葉大学文学部社会学研究室『NPOが変える!? ─非営利組織の社会学』,第13章)より

 その前史,設立までの経緯を含め,センター,ファンド,助成対象グループの活動について,世田谷まちづくりセンター編[1994]。卯月(センター所長)[1990][1993][1994],柴崎(センター主任研究員)[1993],宮内[1992]等活動を紹介した文章や新聞記事等も再録されている。なお,公益信託とは企業や個人が資金を提供し,受託した信託銀行が運用金を公益と認められる事業に拠出する制度。奨学金などに活用されることが多かった。

◆浅海 義治 1991 「ワークショップ──その手法とまちづくりへの活用」,
 『建築ジャーナル』(発行:企業組合建築ジャーナル)1991-6
 →世田谷まちづくりセンター編[1994:132-135] [13]
◆───── 1994
 「『参加のデザイン道具箱』」(自治資料紹介),
 『地方自治研修』(発行:公職研)1994-1
 →世田谷まちづくりセンター編[1994:122-123] [13]
◆卯月 盛夫 1990 「世田谷のまちづくりにおける住民参加の方法」,
 『公共建築』1990-6→世田谷まちづくりセンター編[1994:150-155] [13]
◆───── 1993 「満1歳迎えた世田谷まちづくりファンド」,
 『日経アーキテクチャー』1993-12-20
 →世田谷まちづくりセンター編[1994:2-7] [13]
◆───── 1994 「住民参加のまちづくりを考える」,
 『国づくりと研修』1994-4-20
 →世田谷まちづくりセンター編[1994:14-16] [13]
◆柴崎 后  1993 「世田谷まちづくりセンター」,
 『建築東京』(発行:東京建築士会)1993-2
 →世田谷まちづくりセンター編[1994:23-26] [13]
◆世田谷まちづくりセンター 編 1993 『参加のデザイン道具箱』,
 世田谷まちづくりセンター,114p.,3500円 [13]
◆───── 1994
 『世田谷まちづくりセンター 世田谷まちづくりファンド資料集 1994年版』,
 世田谷まちづくりセンター,180p.,1500円 [13]
◆世田谷まちづくりフォーラム/世田谷まちづくりセンター 1994
 『アメリカの都市における市民主体のまちづくり』,
 世田谷まちづくりセンター,63p.,1500円 [13]
◆宮内 禎一 1992 「世田谷まちづくりセンター」,
 『日経地域情報』155(1992-9-7)→
 世田谷まちづくりセンター編[1994:27-30] [13]


REV: 20160629
NPO  ◇組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)