HOME > 組織 > 医療社会学研究会 >

「医療社会学研究会定例研究会」2019

主催:医療社会学研究会
http://square.umin.ac.jp/sociomed/

Tweet
last update: 20190311


■基本情報

1.開催時間(基本)

木曜日 18:00〜21:00
土曜日 17:00〜20:00

2.場所

セミナールーム、または研修室
龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

3.連絡先

leo.newmao@スパム対策gmail.com(永山博美)
研究についての計画・途中経過・成果・報告などの発表を募集しております。
発表を希望される方は上記のアドレスへメールをお願いします。

研究会にはどなたでもご参加いただけます。
参加に際して参加費・事前連絡は不要です。
たくさんの参加と発表をお待ちしております。

4.今後の予定

2019年

3月27日(土)

★予定は変更することがあります

5.過去の開催

3月7日(木)
2月7日(木)




>TOP

■2/7 定例研究会

日時:2月7日(土曜日) 18:00〜21:00
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)研修室
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:美馬達哉氏(立命館大学大学院・先端総合学術研究科)
タイトル:パニック障害の歴史社会学

概要:ちかごろ、日本のマスメディアで芸能人の「パニック障害」について目にすることが多い。
このパニック障害の「発見」について、精神医学史と精神薬理学という面から紹介する。

>TOP

■3/7 定例研究会

日時:3月7日(木曜日) 18:30〜21:00 *開催時刻変更
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)研修室
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:塩野麻子氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
タイトル:近代日本の通俗医学における結核予防言説の検討

概要:近代日本の通俗医学における、結核予防を巡る言説の形成やその変容を検討する。
これにあたり着目するのは、結核菌を吸い込まないようにする感染予防ではない。
結核の感染はむしろ「普遍的現象」であると見做す医学的知識が大衆間に共有されていくなか、
感染状態を生き延びるために唱えられた結核の(個別的・日常的な)発病予防である。
来年度の修士論文などを見据え、見取り図を明確にすることができればと思います。

>TOP

■3/27 定例研究会

日時:3月27日(土曜日) 17:00〜20:00
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)セミナールーム
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:志水洋人氏(龍谷大学社会学研究科)
タイトル:研究セミナー「医療社会学における国際比較と協同」について

概要:本報告では、報告者が企画中の研究セミナーについて報告する。
本セミナーは「医療社会学における国際比較と協同(International comparison and collaboration in medical sociology)」
と題するもので、2019年8月にカーディフ大学にてミニシンポ形式で実施予定である(日英米の研究者が参加予定)。
本報告ではセミナーの趣旨を紹介し、助言を請いたい。


*作成:小川 浩史
UP: 20190204 REV: 20190302, 0311
美馬達哉 医療社会学研究会  ◇医療社会学  ◇医療社会学・生存学創成拠点関係者の本,論文,学会・シンポジウム報告等  ◇組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)