HOME > 組織 > 医療社会学研究会 >

「医療社会学研究会定例研究会」2018

主催:医療社会学研究会
http://square.umin.ac.jp/sociomed/

Tweet
last update: 20181216


■基本情報

1.開催時間(基本)

木曜日 18:00〜21:00
土曜日 17:00〜20:00

2.場所

セミナールーム、または研修室
龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

3.連絡先

leo.newmao@スパム対策gmail.com(永山博美)
研究についての計画・途中経過・成果・報告などの発表を募集しております。
発表を希望される方は上記のアドレスへメールをお願いします。

研究会にはどなたでもご参加いただけます。
参加に際して参加費・事前連絡は不要です。
たくさんの参加と発表をお待ちしております。

4.今後の予定

2018年

22日(土)

2019年

1月10日(木)、19日(土)
2月7日(木)、23日(土)
3月7日(木)、23日(土)

★予定は変更することがあります




■7/19 定例研究会

日時:7月19日(木曜日) 18:00〜21:00
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)研修室
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:美馬達哉氏(立命館大学大学院・先端総合学術研究科)
タイトル:リスクの名の下に(「科学技術社会論研究」に掲載予定)

概要:フーコーの言うバイオポリティクス論を援用して, ベックらのリスク社会論を批判的に検討し, 現代社会における個人化されたリスクのマネジメントが「方針・説明責任・監査」の三角形による自己統治であることを示した. こうした状況は, リスクそれ自身の変容の結果ではなく, よりよい未来を夢見るユートピア的な構想力の衰退の帰結と考えられる.


■10/04 定例研究会

日時:10月04日(木曜日) 18:00〜21:00
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)セミナールーム
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

@提題者:岡田裕子氏(京都大学大学院人間環境学研究科)
テーマ:「代替医療と人々の関わり―現在の鍼灸術で使用される療法を例にして―」

概要:中国医書の影響を受けてきた日本は、正統的医療が出現するまでは人々の間で病気観は共有されているものであった。その後正統的医療の出現により、病気観は正統的医療と非正統的医療をまたいで使用されていく。代替医療の一つである鍼灸は、現在でも治療理論や療術が様々に変化され使用されている。鍼灸術として使用されている療法を軸にして、多様な病気観が人々の中でどのように受け入れられていくのかをインタビュー調査から考察する。

A提題者:上野加代子氏(東京女子大学)
タイトル:Intimacy Seekers: Retired Japanese in Chiang Mai

概要:Based on interviews and participant observation in Chiang Mai, this paper highlights how “purchase of intimacy” (Zelizer) has been transnationally conducted between Japanese retired male residents and local women. Japanese retired males have pensions enabling them to seek intimacy in their latter stage of life, whereas local females have youth, language capital and social networks to negotiate with Japanese partners whose physical and mental condition is declining away from home. The paper concludes by placing study findings in the context of global negotiation of economy and intimacy.


■10/20 定例研究会

日時:10月20日(土曜日) 18:00〜21:00 ※時刻変更
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)セミナールーム
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:杉本隆氏(岡山大学大学院社会科学研究科)
テーマ:セルフヘルプ・グループにおける「専門的サービス」提供のあり方

概要:発表者が調査対象とするセルフヘルプ・グループA会は咽喉頭がんの患者会である。代用音声をマスターした患者が指導員となり、手術で失声した患者に代用音声の習得のための訓練を行っている。その訓練は専門家が行うリハビリテーションとかわるところのない「専門的サービス」の提供である。「専門家でない」A会の指導員からは指導することによる葛藤が語られており、ここからセルフヘルプ・グループにおける経験知と専門知との関係を考察し、セルフヘルプ・グループによる「専門的サービス」の提供のあり方についての課題を明らかにしたい。


■11/01 定例研究会

日時:11月01日(木曜日) 18:00〜21:00
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)セミナールーム
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:美馬達哉氏(立命館大学先端総合学術研究科)
テーマ:ゲーム障害再考

概要:発表者が以前にゲーム障害についてウェブ記事を書いてから、メディアからいろいろ問い合わせもあり、ゲーム障害専門外来が神戸大でできるなどいくつかの動きもあった。「医療化」を踏まえつつ、ギャンブル障害との重なり、eスポーツなどによるノーマリゼーション、消費社会(批判)論など、話題提供して議論したい


■12/13 定例研究会

日時:12月13日(木曜日) 18:00〜21:00
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)セミナールーム
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:高橋涼子氏(金沢大学)
テーマ:脱施設化の課題:津久井やまゆり園の「再生」をめぐって

概要:相模原障害者施設殺傷事件後に神奈川県が設置した「津久井やまゆり園再生基本構想策定に関する部会」の設置経緯と議事録の分析をもとに、「地域生活移行」をめぐる言説とその背景要因から日本における脱施設化の課題を考察する。なお本報告は8月の29th Nordic Sociological Association Conferenceでの報告内容の紹介である。(英語のパワーポイント資料を用い日本語で行う。)


■12/22 定例研究会

日時:12月22日(土曜日) 17:00〜19:00(忘年会19:30〜)
場所:龍谷大学大阪キャンパス(梅田ヒルトンプラザウェスト14階)研修室
TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261
http://career.ryukoku.ac.jp/osakaoffice/access/index.html

プログラム

提題者:本郷正武氏(和歌山県立医科大学)
タイトル:HIV/AIDSをめぐるスティグマ払拭をめざした社会運動――「薬害被害者」による社会運動の固有性

概要:HIV/AIDSをめぐっては、医学の進展のみならず、世界各国でさまざまな社会運動/集合行為による問題提起やスティグマ払拭のための試みがなされてきた。特に日本は「薬害(DISs:Drug-Induced Sufferings)」をめぐる被害者運動が、現在の治療体制を形作った点で、他国とは大きく様相を異にしている。本稿では、HIV/AIDSをめぐる問題の表象の相違を整理した上で、日本の運動の固有性を描くことを目的とする。なお本報告は、来年刊行予定の『社会運動の現在――市民社会の声』(有斐閣)所収予定論考の草々稿である。


*作成:小川 浩史
UP: 20180721 REV: 20181013, 1015, 1102, 1129, 1216
美馬達哉 医療社会学研究会  ◇医療社会学  ◇医療社会学・生存学創成拠点関係者の本,論文,学会・シンポジウム報告等  ◇組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)