HOME > 組織 > JIL >

障害者情報クラブ

http://saka-ue.cside.com/j/sjc/



■障害者情報クラブ

665-0816
兵庫県宝塚市平井 2-1-10-205
0797-82-2233
0797-82-2233

[旧]
〒665 兵庫県宝塚市平井 2-15-1
Tel 0797-88-4329
Fax 0797-88-0779

×http://www.butaman.ne.jp/~sakaue/sjc/
×http://www.butaman.ne.jp:8000/~sakaue/sjc/

全国自立生活センター協議会未来会員

『障害者情報クラブニュース』09号(1970427)〜立岩研究室所蔵

◆アテンダント養成講座!

アテンダント養成講座受講生を募集しています。

※ 日時 
 7月20日(木)〜22日(土) 3日間 10時〜15時前後

※ 場所 

 障害者情報クラブILセンター(阪急山本駅東へ徒歩2〜3分)
 宝塚東公民館(阪急山本駅西へ徒歩10分)

募集人数 15名

参加費 2000円

目的

アテンダントは有料介助者です。
障害者が自立するには介助者が必要です外出の時や家事介助など、
あなたの協力がほしいのです。
アテンダントになって障害者が自立出来るようお手伝い下さい。

※ 講座内容 ※

7月20日(木) 於:宝塚東公民館
10時〜11時30分
  アテンダントの説明
  障害者の介助の講演
(視覚・聴覚)
12時30分〜15時30分
  於:東消防所(会場に隣接)
  救急救命法実技指導

7月21日(金) 於:ILセンター
10時〜12時
  頚椎損傷の講演 坂上正司
12時〜13時
  障害者の食事介助の実践
障害者と食事をとっていただきます。
13時〜15時
  障害者からの10分間スピーチ
(なやみ聞いてね)
  先輩アテンダントから楽しく有意義な体験談

 7月22日(土) 於:ILセンター
10時〜10時30分
外出の際の介助ビデオを見学
10時30分〜15時
 サア障害者と出かけよう
  電車に乗って買い物など外出介助の実践、障害者の方と
  一緒にお出かけしていただきます。
15時〜16時
  楽しく交流会
於:ILセンター

◇  ◇  ◇
詳しいお問い合わせ先

障害者情報クラブ
ILセンター
宝塚市平井2−1−10−205
п彦ax 0797−82−2233
月〜金10:00〜16:00
http://www.butaman.ne.jp/~sakaue/sjc/

 

◆20000115

☆新年定例会のご案内

 障害者情報クラブ西暦2000年最初の定例会は、アテン
ダント交流会と講演会を組み合わせて行ないます。

 まず、アテンダント交流会ではILセンターに登録して
いるアテンダントの方に集まっていただき、今までアテ
ンダントをやってきた上での体験談やよかったこと不満
などを話し合っていただきます。その後で、アテンダン
トを利用したことのない障害者の方や利用しようかどう
か悩んでいる方に加わっていただいて交流を深めたいと
思います。

 今まで、一般会員の方とアテンダントの方の接点がな
かなか持てなかったので、これを機会に利用を広めよう
と思っています。アテンダントをやってみたいなあと
思っている健常者の方も歓迎します。

 また、講演会では会員の井上郁子さんを講師として迎
え、無年金障害者の問題を語ってもらいます。無年金障
害者ってなんのことかわからない人、歓迎します。井上
さんには、その中でより深刻な状況におかれている学生
無年金障害者のことを中心にはなしてもらいます。公的
扶助を謳いながら制度の狭間に落ち込んだ当事者に目を
向けない日本政府が、それでも強権で導入した介護保険
制度の欠点と対比してもらおうと思います。

 当日は軽食を用意しますので、アテンダントの方を中
心に奮ってご参加ください。会員以外の方も歓迎します。
(代表幹事)

  日時:1月15日(土)13時00分〜16時00分
  場所:宝塚市総合福祉センター
       宝塚市安倉西2−1−1
       0797−86−5000
       阪急逆瀬川駅から阪急バス「総合福祉センター前」
          ノンステップバスは11:24発 12:22発
       阪急・JR宝塚駅から阪神バス「宝塚市総合福祉センター前」
  内容:1300講演会:「学生無年金障害者って何?
             〜それでも介護保険を導入するの?〜」 井上郁子
     1330市政報告:井上きよし市議会議員
     1400アテンダント交流会
     1530幹事会
     1600終了予定

 

◆1999 第3回アテンダント養成講座

                    障害者情報クラブ・ILセンター

第3回アテンダント養成講座参加申込書

 私たち障害者情報クラブ・ILセンターは障害をもった方の自立生活を支援することを目的に、98年の2月から有料介助者(アテンダント)の育成と派遣を行なってます。
障害者が自立するためには皆様方のお力が必要です。一人でも多くのご参加をお待ちしております。

※ 日程
@ 7月25日(日)10時〜12時
開講式、アテンダントについて、視覚障害者について  (中山君江)
A 8月8日(日)10時〜15時
外出介助、食事介助実践、トイレ介助(ビデオ上映など)
先輩アテンダントの体験談
B 8月21日(土)13時〜16時
救急救命法  (宝塚市東消防署員)
C 8月22日(日)10時〜15時
頚椎損傷について  (坂上正司)
障害者利用者の体験談
D 8月29日(日)10時〜16時
外出介助(電車、バスに乗る、食堂での食事介助、買物など)
反省会、閉講式

※ 場所
@〜Cについては宝塚市総合福祉センター機能訓練室です。
Dについては障害者情報クラブ・ILセンターに集合です。
受付は15分前からです。

※ 持ち物等
上履き、筆記用具をご持参下さい。

※ 参加費  一律3,000円 

※ 申し込み用紙に必要事項を記入の上ファックスか郵送でILセンターまで

 お申し込みください。  (お申込先 障害者情報クラブ・ILセンター)

〒665−0816
宝塚市平井2−1−10−205(ハイツエフオー)
障害者情報クラブ・ILセンター
電話・ファックス 0797−82−2233

宝塚市総合福祉センター
〒665−0825宝塚市安倉西2−1‐1
電話 0797−86−5000
     

……………………… キ リ ト リ セ ン ………………………

参加申込書

参加者名   (            )
   男・女      年齢   才

住所  〒 

電話
ファックス(あれば)

参加予定の講座に○をつけて下さい。 
 7月25日  8月8日   21日   22日   29日
  (  )   (  )  (  )  (  )  (  )

当日の昼食は参加費に含んでおりません。
必要な方は、○をつけて下さい
 8月8日  (  )     22日  (  )
 (費用は自己負担ですが、こちらで準備致します。)

お問い合わせ先 障害者情報クラブ・ILセンター
当日は公共交通機関をご利用ください。  
尚、ご不明な点が御座いましたらご連絡下さい。

 

◆1997
障害者自立生活フォーラム in 宝塚

Date: Mon, 10 Nov 1997 16:59:44 +0900
From: Tadashi Saka-ue
To: BXG06526@niftyserve.or.jp

                              1997年11月10日
関係団体
  各  位
                          障害者情報クラブ
                           代表 井上 聖

「障害者自立生活フォーラム in Takarazuka」の参加及び広報のお願い

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 貴台におかれましては、平素より障害者の地域での自立生活に関わる施策および当
クラブの活動にご理解をいただきありがとうございます。
 さて、今年に入り、当クラブでは宝塚市福祉課、宝塚市社会福祉協議会等と共に市
町村障害者生活支援事業の勉強会を重ねてきました。同事業は、日本で初めての計画
的な長期障害者福祉施策である「障害者プラン」のモデル事業として既に十数都市で
実施されてきていますが、利用者として障害当事者が運営に深く関わっているのは八
王子市、町田市、立川市のわずか3市だけで、他の自治体では社会福祉法人の補助金
増額に利用されているのが現状です。宝塚では、このような状況に陥らないよう「障
害当事者主体」の運営体制が整うように取り組んでいます。その一貫として別紙要綱
の企画「障害者自立生活フォーラム in 宝塚」を計画しております。どうか企画の趣
旨をご理解の上、できるだけご参加または広報に御協力いただきますようお願い申し
あげます。
 尚、ご不明な点がございましたら下記事務局へご連絡下さい。




障害者情報クラブ事務局
665宝塚市平井2-1-10-205
電話0797-88-4329
FAX0797-88-0779
e-mail : sakaue@butaman.ne.jp



障害者自立生活フォーラム in 宝塚
テーマ:障害者自身がつくる未来

シンポジウム
- 衛星都市の市町村障害者生活支援事業のあるべき姿 -
日時:1997年11月22日(土)
場所:宝塚市立東公民館

 市町村生活支援事業が各地で実施され2年が経とうとしていますが、八王子市や町
田市立川市の民間委託事業を除けばまともに事業が行われているところは皆無といっ
ていい状況です。本来、重度身体障害者の自立促進のために作られたこの事業が、重
度身体障害者どころか障害者全般にも殆ど利用されず、施設や社会福祉法人の補助枠
拡大に利用されているだけという悲しい状況が全国各地で生み出されています。この
ことは、とりもかくさず当事者、即ち消費者となりうる障害者自身の声が、事業自体
に全く反映されていなかった今までの状況を踏襲したものであるからに他なりません

 宝塚ではこの状況を打破すべく、実効ある障害者生活支援事業の実施を目指して、
当クラブをはじめとする障害当事者、家族のの会等の関係者が、宝塚市、宝塚市社会
福祉協議会とともに勉強会、作業部会を重ねています。そして、その延長として、市
民全体にこの事業の重要性と解決しなければならない課題を知っていただこうと考え
、このフォーラムを開催いたします。(文責:障害者情報クラブ事務局)
【主  催】障害者情報クラブ         【協  賛】財団法人 日本財団
【後  援】宝塚市
      宝塚市教育委員会
      宝塚市社会福祉協議会
      全国自立生活センター協議会
      清荒神清澄寺
      バリアフリー社会を実現する会
      被災地障害者センター
      自治労兵庫県本部障害労働者評議会
      メインストリーム協会
      大阪中部障害者解放センター

【印刷協力】あさひ高速印刷   
【ポスター作成協力】河原美和
【支援団体・個人】宝塚中途難聴者の会、岸裕子
【協力団体・個人】宝塚外出介助の会
      宝塚YMCA
      宝塚ワイズメンズクラブ
      神戸医療福祉専門学校有志
      宝塚市保健福祉サービス公社
      自治労宝塚市職員労働組合
      バンビ
      大西雅裕
      竹内
      山本麗子
      多胡葉子
【賛同団体・個人】宝塚市身体不自由児父母の会
      宝塚市手をつなぐ育成会
      宝塚市肢体障害者協会
      宝塚視力障害者協会
      宝塚ろうあ協会
      宝塚内部障害者の会
      障害者問題を考える兵庫連絡会議
      「障害者」とともにバリアフリーを考える伊丹市民の会
      深町正樹
      宝塚市身体障害者福祉団体連合会
【広報協力】てくてく
      暮らしの新聞社
      産経新聞大阪本社(順不同)




シンポジウム
- 衛星都市の市町村障害者生活支援事業のあるべき姿 -
日時:1997年11月22日(土)午後1時30分〜4時30分
場所:宝塚市立東公民館 2階ホール
内容:
 シンポジウム              コーディネータ:坂上正司
              (関西学院大学非常勤講師、障害者情報クラブ事務局
長)
  ・自立生活センターの課題と展望           北野誠一氏
            (桃山学院大学教授、全国自立生活センター協議会常任委
員)
  ・自立生活センター・メインストリーム協会の活動   井内ちひろ氏
           (メインストリーム協会副代表・自立生活プログラム担当)
  ・自治体から見た市町村障害者生活支援事業      松藤聖一氏
                          (宝塚市福祉部福祉推進課
長)
  ・市町村障害者生活支援事業の現状と課題       尾上浩二氏
      (障害者総合情報ネットワーク世話人、大阪中部障害者解放センター代
表)

 ディスカッション     北野誠一氏、尾上浩二氏、井内ちひろ氏、松藤聖一氏
              井上聖(障碍者情報クラブ代表)、坂上正司


プレ企画・学習会(既に済ませた事業)
- 自立生活プログラムの現在 -
日時:1997年9月6日(土)午後1時30分〜4時
場所:宝塚市役所 3階大会議室
内容  司会:坂上正司
    課題:自立生活プログラム(ILP)
    講師:井内ちひろ氏(メインストリーム協会副代表)
       玉木幸則氏(メインストリーム協会副代表)


*1998年3月に報告集を作成する予定です。
来賓名簿(出席確認澄み)
阪上 善秀  衆議院議員
小池 百合子 衆議院議員
中川 智子  衆議院議員
渡辺 完   兵庫県議会議員
練木 洋子  兵庫県議会議員
古谷 仁   宝塚市議会議員
柴  拓哉  宝塚市議会議員
曽我部英機  宝塚市福祉部次長

招待者名簿(出席確認澄み)
       清荒神清澄寺
凪  裕之  バリアフリー社会を実現する会・事務局長
  〃    被災地障害者センター
佐藤 聡   メインストリーム協会・事務局長
大上 清   宝塚中途難聴者の会(ささやきの会)・会長
岸  裕子  宝塚市身体不自由児父母の会・会長
安本 素娥  宝塚外出介助の会・会長
安本     宝塚ワイズメンズクラブ・会長
大西 雅裕  佛教大学・講師、桃山学院大学・講師
山本 麗子  兵庫県阪神県民局
       宝塚市手をつなぐ育成会
藤原 隆文  宝塚市肢体障碍者協会・会長代行
松本 茂雄  宝塚市視力障害者協会・会長
田中 花桜理 宝塚ろうあ協会
土屋 幸義  宝塚内部障害者の会・会長
石橋 宏昭  障碍者問題を考える兵庫連絡会議
深町 正樹
萱原 慎二  宝塚市身体障害者福祉団体連合会・事務局長
坂元 和美  「障害者」とともにバリアフリーを考える伊丹市民の会

お問い合せ先
障害者情報クラブ 事務局
電話:0797-88-4329
FAX:0797-88-0779
e-mail: sakaue@butaman.ne.jp

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  O^_^D     うめ吉(坂上正司)    e-mail : sakaue@butaman.ne.jp
 o(b d  'Umekichi' Tadashi Saka'ue_ FirstClass : Saka-ue SJC,ACH
URL http://www4.justnet.ne.jp/~seike/01writer/sakaue/wr23saka.htm
植木生産 作兵衛/ 賃貸マンション AZUR宝塚/ le CIEL/ 関西学院大学非常勤講師
    連絡先 Phone +81-797-88-4329 Fax +81-797-88-0779
           障害者情報クラブ/ ILセンター
 Phone & Fax +81-797-82-2233 宝塚市平井2-1-10-205(〒665-0816)
障害者情報クラブML(SJC-ML)/ アクセス関西ML(Access-KANSAI)/ Simなにわ
     大阪頚随損傷者連絡会/ 重度四肢麻痺者ML(SQuadsML)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

…以下8月23日付の案内…

■障害者自立生活フォーラム in 宝塚
テーマ:障害者自身がつくる未来

シンポジウム
- 衛星都市の市町村障害者生活支援事業のあるべき姿 -
日時:1997年11月22日(土)
場所:宝塚市立東公民館

 市町村生活支援事業が各地で実施され2年が経とうとしていますが、八王子市や町
田市立川市の民間委託事業を除けばまともに事業が行われているところは皆無といっ
ていい状況です。本来、重度身体障害者の自立促進のために作られたこの事業が、重
度身体障害者どころか障害者全般にも殆ど利用されず、施設や社会福祉法人の補助枠
拡大に利用されているだけという悲しい状況が全国各地で生み出されています。この
ことは、とりもかくさず当事者、即ち消費者となりうる障害者自身の声が、事業自体
に全く反映されていなかった今までの状況を踏襲したものであるからに他なりません

 宝塚ではこの状況を打破すべく、実効ある障害者生活支援事業を実施を目指して、
当クラブをはじめとする障害当事者、家族の会等の関係者が、宝塚市、宝塚市社会福
祉協議会とともに勉強会、作業部会を重ねています。そして、その延長として、市民
全体にこの事業の重要性と解決しなければならない課題を知っていただこうと考え、
このフォーラムを開催いたします。(文責:障害者情報クラブ事務局)
【主催】障害者情報クラブ
【後援】宝塚市
    宝塚市教育委員会
    宝塚市社会福祉協議会
    全国自立生活センター協議会
【支援団体】自治労障労評
      宝塚YMCA
      被災地障害者センター
      バリアフリー社会を実現する会

プレ企画・学習会
- 自立生活プログラムの現在 -
日時:1997年9月6日(土)
場所:宝塚市役所・大会議室


問い合わせ
障害者情報クラブ
 665宝塚市平井2-1-10-205
事務局 tel.0797-88-4329 fax.0797-88-0779
ILセンター tel.&fax.0797-82-2233(9月2日〜)
e-mail : sakaue@butaman.ne.jp
FirstClass : Saka-ue SJC,ACH

vvvvvvvvvvv 以下詳細 vvvvvvvvvvvvvvvvv

シンポジウム
- 衛星都市の市町村障害者生活支援事業のあるべき姿 -
日時:1997年11月22日(土)午後1時30分〜4時30分
場所:宝塚市立東公民館 2階ホール
参加費:無料(できるだけ1000円以上のカンパをお願いします)
内容:
 シンポジウム    コーディネータ:坂上正司氏(関西学院大学非常勤講師、
                         障害者情報クラブ事務局長)
  ・アメリカ型自立生活センターの歴史と現状
              北野誠一氏(桃山学院大学教授、
                    全国自立生活センター協議会常任委員)
  ・民間自立生活センターの現状
              井内ちひろ氏(メインストリーム協会副代表)
  ・自治体から見た市町村障害者生活支援事業
              松藤聖一氏(宝塚市福祉推進課長)
  ・市町村障害者生活支援事業の現状と課題
              尾上浩二氏(障害者総合情報ネットワーク世話人、
                    中部障害者解放センター代表    )
 ディスカッション     シンポジスト4名、コーディネータ
              井上聖(障害者情報クラブ代表)



プレ企画・学習会
- 自立生活プログラムの現在 -
日時:1997年9月6日(土)午後1時30分〜4時
場所:宝塚市役所 3階大会議室
参加費:無料
内容  司会:坂上正司氏(関西学院大学非常勤講師、障害者情報クラブ事務局長)
    課題:自立生活プログラム(ILP)
    講師:井内ちひろ氏(メインストリーム協会副代表)
       玉木幸則氏(メインストリーム協会副代表)

*1998年3月に報告集を作成する予定です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
         O^_^D     うめ吉(坂上正司)
        o(b d  'Umekichi' Tadashi Saka'ue_
     e-mail : sakaue@butaman.ne.jp saka-ue@prop.or.jp
  間借りURL http://www.justnet.or.jp/home/seike/wr23saka.htm
植木生産販売 作兵衛/ 住宅金融公庫融資賃貸マンション AZUR宝塚/ le CIEL宝塚
   連絡先 Phone +81-797-88-4329 Fax +81-797-88-0779
PropStation/ 障害者情報クラブ事務局/ ILセンター/ 大阪頚随損傷者連絡会
関西学院大学非常勤講師/ 重度四肢麻痺者ML/ 関西学院かわりものML/ Simなにわ
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

…以上,以下より…

1 〇坂上正司INET GATE INE00102 97/08/23 16:28
題名:障害者自立生活フォーラムin 宝塚

Date: Sat, 23 Aug 1997 15:23:01 +0900
From: Tadashi Saka-ue