HOME > 組織 > 障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連) >

障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)・2009

Liaison Council for Guaranteed Livelihood of Disabled People
http://www9.plala.or.jp/shogairen/

障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)


2009年7月13日
抗議声明
―臓器移植法改正A案参議院可決成立に対して―
優生思想に基づく「産科医療補償制度」に
抗議する障害当事者全国連合

 2009年7月13日(月)、私たちが生存をかけて反対し続けてきた臓器移植法「改正A案」は、予想外の差をもって参議院本会議で可決成立してしまった。この改正法は一年後に施行される。
 この改正法A案の大きな問題点は、脳死を一律に人の死と法的に定義してしまうこと、そしてそれに加えて、家族の同意さえあれば脳死からの移植手術を可能とさせてしまうことである。
 私たちの仲間には遷延性意識障害で人工呼吸器を付けて生活している人も多くいる。アメリカの一部では、臓器が足りず、脳死という定義をさらに変更し、脳不全の段階で臓器移植を可能とさせようとする動きがある。
 今後日本においても、脳死を人の死としたことによって、脳死段階での尊厳死を法制化させようとする動きがますます強まることが予想される。この動きの背景には、医療費抑制という、「弱者」切り捨ての発想があることは言うまでもない。合理主義が「いのち」のレベルにまで貫かれようとしている。
 私たちは移植医療を否定する立場ではない。このような合理主義的な動きに対して強い危機感を持つのである。
 今後法の施行において、知的障害や精神障害などによる意思表明困難な人たちの権利が守られるように、きちんと監視をし続けていく。
 改めて改正A案の参議院での可決成立に対して抗議の意思を表明するとともに、今後も優生思想との闘いをさらに強めていく決意である。

UP:20090822 REV:随時
臓器移植・脳死 2009  ◇障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連) 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)