HOME > 組織 >

障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)

Liaison Council for Guaranteed Livelihood of Disabled People
http://www9.plala.or.jp/shogairen/

Tweet
last update: 20180806


■概要

1975.11 22団体加盟で発足(しののめ会)
事務局長:二日市安 76秋〜宮尾修 今岡秀蔵 (82) ,太田修平(87)
議長:宮尾修,顧問:二日市安(85〜86)
……国際障害者年日本推進協議会に加盟
・ 機関紙:『SSKP障害連ニュース』(福祉情報資料室に一部あり・月刊)
……
(1990年代〜データ入力していません)

■『障害連事務局FAXレター』

◇2003〜2010
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
◇2011〜2018
2011 2012 2014 2015 2016 2017 2018

■人

二日市 安(1929〜2008)
宮尾 修
◇太田 修平(1957〜)

■催し

2018年

過去の催し

◇2013/07/27 障害連シンポジウム2013  (土)午後1時〜
 しゃべり場「どうする!障害者差別解消法」(定員80名)
 http://www9.plala.or.jp/shogairen/newpage10.html#130613
 を、東京都障害者福祉会館(最寄駅 三田駅、田町駅)で行います。
 大野更紗さん(作家)や臼井久実子さん(欠格条項をなくす会)を
 お迎えします。
 多くの参加者をお待ちしています。
◇2011/07/30 障害連シンポジウム「真の安心・安全の暮らしとは何か――全身性障害者の立場から」(別頁)
 主催:障害連(障害者の生活保障を要求する連絡会議) 於:東京

■文献

機関紙

 障害者の生活保障を要求する連絡会議 『障害連ニュース』 SSKP  ¥100
 『障害連ニュース』034 19900319 新事務所/ADA/施設/雇用・年金  100
 『障害連ニュース』038 19920130 交通:JR東日本/雇用/予算/…  100

言及

◇二日市 安 19790625 「戦後障害者運動史への試み――障害連を中心として」
 『季刊福祉労働』03:021-033
◇『障害の地平』053 19880428
  /障害連…総評解散に伴う申し入れ/実態調査の紹介
◇障害者の生活保障を要求する連絡会議(文責:太田 修平) 19901225
 「障害連,総評より独立,再スタートする――運動のキーステーションをめざして」
 『季刊福祉労働』49:100-103


 
>TOP

手話通訳・パソコン通訳あり

ニーズに応じたサービスを!障害連シンポジウム2018

自立生活を実現するために//

/〜65歳問題・支給量を巡る運動と訴訟から考える〜/

日時:2018年8月5日(日)13:00(開場)〜16:30(終了)
会場:東京都障害者福祉会館 B1・B2会議室
   住所:東京都港区芝5丁目-18-2(都営地下鉄三田線 三田駅下車徒歩1分、JR田町駅下車徒歩5分)
電話:03-3455-6321 FAX:03-3453-6550

内容:
【介助保障の裁判でみえてくるもの】
長岡健太郎(弁護士)

【各地の状況】
尾上裕亮(障害者の生活保障を要求する連絡会議)

【コーディネータ】
〇太田修平(障害連参与)

自立生活のための支援サービスが受けられない。そんなことが、全国各地で起きている。65歳になると、障害福祉サービスが利用しづらくなったり、国がめざしている「我がごと・丸ごと政策」では、公助の後退が懸念されていて、不安になる。

本シンポジウムでは、介助支給の実態を障害者当事者と弁護士の立場から話してもらい、全身性障害者の自立生活をどう進めていくかを考えていく。

後援:日本障害フォーラム(JDF)(申請中) 日本障害者協議会(JD) DPI(障害者インターナショナル)日本会議、「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会(申請中)


REV:.....20030507, 29, 0606, 08, 14, 27, 0706 20090718, 20101107, 20110307, 20120103.. 20170201, 20180806
組織  ◇障害者の権利  ◇病者障害者運動史研究 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)