HOME > 組織 >

「お産を考える」研究グループ


last update: 20160627


■「お産を考える」研究グループ

 連絡先 390 松本市旭3-1-1 信州大学医療技術短期大学部専攻科 湯本敦子
     0263-32-4600(内3580) fax0263-32-6023

〇「お産を考える」研究グループ学習会
 講演会

豊かなお産のために 〜自然分娩の立場から〜

日時 :1996年2月4日(日) 13:30〜16:00

場所 :なんなん広場(南松本駅前) 3階 大会議室

対象者:お産にかかわる仕事をしている人,しようと思っている人
    これからお産をする人,お産をした人,そのご家族

講師 :吉村正先生(吉村病院院長)

   「古屋」での妊婦の古典的労働や,自宅風分娩を実践しながら,お産の自然性
   を歪めず,生かしながら,安全を確保する望ましい分娩のあり方を追求してい
   る先生です。
   著書:『お産って楽しいね』 農文協 1987
      『お産って自然でなくっちゃね』 農文協 1992

内容 :よいお産,楽しいお産とはどんなものか,先生の考え,実践の中からお話し
    してもらいます。

参加費:2000円

                     主催:「お産を考える」研究グループ
                        松塩筑支部助産婦職能委員

 申込先 390 松本市旭3-1-1 信州大学医療技術短期大学部専攻科 湯本敦子まで
     0263-32-4600(内3580) fax0263-32-6023


REV: 20160627
助産/助産婦  ◇NPO  ◇組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)