HOME > 組織 >

ネットワーク<医療と人権>MERS(マーズ)




◆200103 勝村さんより

シンポジウム
『医療現場は薬害を防げるか』
〜被害者から見た、患者・医師関係の問題について〜

難病の血友病患者を襲ったHIV感染。
患者に知らされないまま乱用される陣痛促進剤。
多くの真実が隠され、被害が拡大していく薬害の悲劇。
製薬企業が利益追求を優先し、国は患者不在の行政を推し進める。
今、薬害防止のために医療現場は何ができるのか。

日 時 : 2001年3月24日(土)午後1時〜5時

場 所 : 大阪府立労働センター(エル大阪)709号室
   (大阪市営地下鉄谷町線または京阪電鉄「天満橋駅」下車、西へ徒歩5分。電
話06−6942−0001)

【第一部 講演】

小林アキラ氏
(大阪HIV薬害訴訟原告団。輸入血液製剤でエイズ発症にまで追い込まれ、病と闘
いながら医療の矛盾に対して積極的な発言を続けている。)

勝村久司氏
(陣痛促進剤による被害を考える会会員。「ぼくの星の王子さまへ〜医療裁判10年
の記録〜」著者。)

【第二部 討論(約90分)】

<司会進行>
花井十伍氏
(大阪HIV薬害訴訟原告団団長。全国薬害被害者団体連絡協議会代表世話人)
<パネラー>
小林アキラ氏、勝村久司氏、他、医療従事者などを交えて。


入場無料、どなたでもご参加いただけます。

問い合わせ先 : 06−6364−7677(MERS事務局)

主 催 : ネットワーク<医療と人権>MERS(マーズ)
(ネットワーク<医療と人権>MERSは、大阪HIV薬害訴訟原告団の呼びかけの
もと、患者、遺族、弁護士、医療従事者が発起して、2000年秋に設立した団体で
す。医療と人権にかかわる様々な問題点を改善し、再び薬害の起こらない社会、感染
症に対する差別や偏見のない社会、そして患者の人権が保障され、より良い医療・福
祉を享受できる社会の実現を目指しています。)



患者の権利  ◇医療…に関係するNPO  ◇NPO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)