HOME > 組織 >

KENWA





Date: Mon, 27 Oct 2003 08:32:06 +0900
From: SAITO Ryoichiro
Subject: [viva_hiv_aids] 今朝のNHKニュース、KENWAの活動を紹介

斉藤@足立区です。

今朝のNHKニュース「おはよう日本」(午前7時40分開始)で5分ほどKENWAの活動が紹介されました。
ビデオにも収録しました。
世界で4200万人、アフリカに2900万人というHIV感染者・エイズ患者の数を、世界で3000万人と言ったり、アスンタさんがHIV感染がわかったのは25年前(実際は15年前)と伝えたりと誤りがありましたし、GFATMの名前を出さずに、「スイスに拠点を置く援助機関」の資金で活動を拡大している、といった紹介の仕方にも不満を覚えましたが、KENWAの行っている人形劇や踊りを活用した啓発活動、エイズによる孤児支援の取り組み、ホームベイスド・ケア活動の映像として貴重なものだと思います。

斉藤 龍一郎


◆2002/11/22 「<ひと>アスンタ・ワグラさん HIV感染女性支援組織を運営」
 毎日新聞ニュース速報
◆2003/03/28 世界基金、KENWAに22万ドルの資金供与を決定
 Date: Fri, 11 Apr 2003 16:36:47 +0900


Date: Tue, 26 Nov 2002 18:32:04 +0900
From: SAITO Ryoichiro
Subject: [jsds:7311] ニュース:アスンタ・ワグラさん HIV感染女性支援組織を運営

斉藤@足立区です。

先週、オックスファムの事務所で懇談会を行った際に撮影された写真が組み合わされた記事でした。

◆2002/11/22 「<ひと>アスンタ・ワグラさん HIV感染女性支援組織を運営」
 毎日新聞ニュース速報

 22歳の時、通っていた看護学校の一斉検査でHIV(エイズウイルス)感染が判明した。学校を追われ、家族からは「外で死んでくれ」と言われた。路上で死を待ち、半年して考えた。
 「この病気と、どう生きるか。他の人に感染を広げるか、それとも社会を感染から守るか」
 後者を選んだ。感染を「多くの人と協力するよい機会」と受け止め、93年、感染女性5人で「エイズとともに生きる女性達のネットワーク(KENWA)」を設立。感染者や孤児の支援を始めた。会員は1873人に上る。
 対象は読み書きが不自由な貧しい女性。多くが性労働に生計を頼る。感染すると食料を得られず、死ぬ。国連によると、ケニアでは年間19万人がエイズで死に、エイズ孤児が90万人いる。
 感染者が、人として尊厳が守られて死を迎えられるよう、食料や水を与え、精神的に支える。HIVの正しい知識を歌や踊りで地域に広める。
 自身も厳しい偏見と差別に直面した。「洗濯干し場も流しも、すべて別にされた。仕事にも就けない。息子も仲間はずれにされた」。息子が7歳の時に描いた絵には、紙いっぱいの「AIDS」の文字が恐ろしいものに囲まれていた。12歳になった今は「研究者になり、お母さんを治すこと」が夢だという。話しながら涙があふれた。
 HIV禍を「第三次世界大戦」と位置付ける。「当事者不在の高尚な会議でなく、市民社会と連携し、地に足のついた感染者支援をしてほしい」。日本政府に呼びかけた。
 1965年生まれ。22日神戸で国際シンポ「市民が変えるエイズ政策」に参加。連絡はアフリカ日本協議会(03・3834・6902)

 

◆2003/03/28 世界基金、KENWAに22万ドルの資金供与を決定
 Date: Fri, 11 Apr 2003 16:36:47 +0900
皆さん こんにちは。

 今度はうれしいニュースです。
 世界基金のホームページ(http://www.globalfundatm.org)を見たら、トップ
ページに、昨年招聘したKENWAのアスンタさんの写真が載っており、GFATMが22万
ドルの資金をKENWAに供与することを決定したとのニュースがありました。
 世界基金は、もともとKENWAに対して資金供与を約束していましたが、AJFが、
昨年11月に神戸でリチャード・フィーチャム事務局長と彼女らとの会合を組織し
たことも、ある程度の言い効果をもたらしたとしたら、私たちとしても、大変う
れしいことかな、と思っています。

稲場 雅紀

****************

Friday, 28 March 2003

GLOBAL FUND SIGNS AGREEMENTS WORTH US$2.8 MILLION WITH KENYA NGOS TO FUND HIV PROGRAMS

Geneva, Switzerland ? At the end of 2001, Kenya had an estimated 2.5 million adults and children infected with HIV, and an estimated 890,000 orphans who had lost one or both parents to the disease. Today, the Global Fund signed grant agreements with two remarkable Kenyan NGOs who are committed to turning the tide of the pandemic: KENWA and Sanaa Art Promotions.

For KENWA, the Kenya Network for Women with AIDS, the US$221,000 two-year Global Fund grant will stretch far. Started in 1993 by five HIV positive Kenyan women, the grassroots self-help community organization is currently reaching about 470,000 people through a country-wide membership of 2,430 women living with the disease. The organization, whose motto is “We repair broken hearts” is staffed entirely by volunteers and has 704 orphans in its care. Its main mission is to improve the quality of life for women living with HIV/AIDS and that of their affected children. “Most of the women are poor and cannot even afford drinking water, let alone food and drugs,” says Asunta Wagura, KENWA’s Executive Director and co-founder.

The program’s specific objectives include training for advocacy, production of educational materials and the establishment of three new drop-in centres at Thika, Mathare and Kikuyu. The existing three KENWA centres in Nairobi’s slum areas of Pangani, Soweto and Korogocho are overburdened and too far for many members to make the journey, either because they are too sick or cannot afford the bus journey.

Sanaa Art Promotions was established in 1985 and uses art, both visual and performing to promote social development within East African communities. SAP now works with a network of over 300 community youth groups throughout Kenya. Adolescents and youth constitute more than 50 per cent of the population of Kenya, and Sanaa Art Promotions designs and implements innovative, participatory intervention programs that specifically targets this audience. The US$2.6 million SAP proposal expands on their ongoing programs in schools in Nairobi, Central, Eastern and Coast Province and will train approximately 9,375 peer educators to work with teachers and in- and out-of-school youth.

These signings bring the Global Fund’s signed grant agreements to date to nearly US$395 million over the first two years of 49 different agreements in 27 countries.

Read a fact sheet on the Kenya proposal.

For further information on the Kenya grant contact Junaid Seedat +27 82 435 1321, mobile +27 82 435 1321, jseedat@massiveeffort.org; or contact Robert Bourgoing, Global Fund Communications Officer, +41 22 791 1714, robert.bourgoing@theglobalfund.org