HOME > 組織 >

介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット

[外部リンク]事務局公式ホームページ
[外部リンク]公式ブログ(*更新停止中)

Tweet



更新情報:
NEW◇「7周年シンポジウム」の様子を掲載しました。2020/3/21
書籍の紹介:
◆介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット 編 2016/10/15 『支援を得てわたしらしく生きる!――24時間ヘルパー介護を実現させる障害者・難病者・弁護士たち』,山吹書店,発売:JRC
◆藤岡 毅・長岡 健太郎 2013/12/01 『障害者の介護保障訴訟とは何か!――支援を得て当たり前に生きるために』,医学書院

■このページの目次

arsvi.com内の関連項目 関連団体
「ヘルパー時間数が足りない方へ情報を伝えていただきたいお願い」ー「介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット」立ち上げに際しー
7周年シンポジウムの様子
書籍のご案内
過去のシンポジウムと資料集
会の基本情報・連絡先など
過去のお知らせ

■arsvi.com内の関連項目

重度訪問介護(重訪) 介助・介護
障害者と政策
 障害者と政策・2012年
難病
ケア
障害学

■関連団体

全国障害者介護制度情報(全国障害者介護保障協議会)
一人暮らし支援会
介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット
(NPO)「ある」
自薦ヘルパー(支援費支給方式)推進協会※たいへん古い情報だけです。

■「ヘルパー時間数が足りない方へ情報を伝えていただきたいお願い」

介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット 事務局, 20121201, 「ヘルパー時間数が足りない方へ情報を伝えていただきたいお願い」

■7周年シンポジウムの様子

7周年シンポジウム(福岡) 2019年12月18日(水)16:00〜19:30 
於:アクロス福岡7F大会議室




合わせてご覧ください:7周年シンポジウム当日冊子PDF[外部リンク]
※過去のシンポジウム資料はこちら

■書籍のご案内

藤岡 毅・長岡 健太郎 2013/12/1 『障害者の介護保障訴訟とは何か!――支援を得て当たり前に生きるために』,医学書院,164ページ. ISBN:978-4-7684-3526-7 1600円+税  [現代書館][amazon] ※

藤岡 毅, 秋野 達彦, 野 亜紀, 國府 朋江, 浅井 亮, 大江 智子, 中山 和貴, 河野 正, 平野 由梨, 木村 絵美, 鳥居 夏貴, 介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット (編集) 2016/10/15 『支援を得てわたしらしく生きる!-24時間ヘルパー介護を実現させる障害者・難病者・弁護士たち』,生活書院・文庫版,101p. ISBN-10: 486538054X ISBN-13: 978-4865380545 [amazon][kinokuniya] ※

『障害者の介護保障訴訟とは何か!―支援を得て当たり前に生きるために』表紙 『支援を得てわたしらしく生きる!-24時間ヘルパー介護を実現させる障害者・難病者・弁護士たち 』表紙

■過去のシンポジウムと資料集 *最新情報は最新年のシンポジウムの当日資料をご覧ください

7周年シンポジウム

2019年12月18日(水)16:00〜19:30 於:アクロス福岡7F大会議室
チラシ[PDF(外部リンク)]/当日冊子[PDF(外部リンク)]

6周年シンポジウム

2018年11月16日(金)13:00〜16:30 於:川崎市産業振興会館一階ホール
チラシ[PDF(外部リンク)]/当日冊子[PDF(外部リンク)]/動画はこちら

障害と人権全国弁護士ネット シンポジウムinかなざわ

2018年3月17,18
当会金沢弁護団が交渉支援した筋ジス当事者(石川県で初の24時間介護支給実現)と弁護団主任弁護士が登壇
チラシ[PDF(外部リンク)]

5周年シンポジウム

2017年10月28日(土)午後 於:三宮勤労センター大ホール(神戸)
チラシ[PDF(外部リンク)]/当日冊子前半[PDF(外部リンク)]/当日冊子後半[PDF(外部リンク)]/動画はこちら

仙台シンポジウム

2017年9月14日(木)午後1時〜4時 於:仙台市福祉プラザホール
チラシと登壇者プロフィール[PDF(外部リンク)]

4周年シンポジウム

2016年10月15日(土)13:00〜17:00 於:川崎市産業振興会館4F展示場
当日資料冊子[PDF(外部リンク)]

3周年シンポジウム

2015年11月7日(土)13:25〜16:50 於:大阪弁護士会館
チラシ[PDF(外部リンク)] /当日資料冊子[PDF(外部リンク)][WORD(外部リンク)]

2周年シンポジウム

2014年10月25日(土)13:25〜16:45 於:東京都大田区産業プラザ PIO4Fコンベンションホール
チラシ[PDF(外部リンク)]
この1年、弁護団を作った交渉で、九州・近畿・中部・関東で6箇所の毎日24時間または24時間に近い重度訪問介護の支給決定が出ました。

1周年シンポジウム

2013年11月30日(土)13:30〜16:30 於:川崎市産業振興会館4F展示場
 チラシ[PDF(外部リンク)]

群馬シンポジウム

2013年10月19日(土)13:30〜16:30 於:ビエント高崎
チラシ[PDF(外部リンク)]

大阪シンポジウム

2013年6月22日(土)13時〜16時 於:大阪弁護士会館2Fホール
チラシ[PDF(外部リンク)]

熊本講演会

2013年4月27日(土)13:30〜15:30 於:国際交流会館第3会議室

高知シンポジウム

2013年2月16日(土)
チラシ [PDF(外部リンク)]

発足集会

2012年11月30日




その他の資料 *最新情報は最新年のシンポジウムの当日資料をご覧ください

団体パンフレット
表紙[1・4p]/表紙[2・3p]/内紙[2・3p]/内紙[1・4p] *全てPDF(外部リンク)
全国の障害ヘルパー支給量に関する裁判事例と解説/日弁連会長談話など資料
[外部リンク]
大阪シンポジウム藤岡弁護士の資料から
[PDF(外部リンク)][パワーポイント(外部リンク)][WORD(外部リンク)]
集会の様子が新聞に掲載されました
「東京新聞」(発足時)/「福祉新聞」(2周年シンポ)*掲載許可頂いています
2017年11月に石川県でも24時間介護保障に
「北陸中日新聞」 これで、47都道府県すべてで24時間事例が出ました。
学習会を全国各地の弁護団合同で行いました
[写真]
 2016年3月 *毎年数回、全国または地域ごとの弁護団合同で学習会を行っています

■会の基本情報・連絡先など

介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット
共同代表 野口俊彦・藤岡毅
東京都立川市錦町3-1-29 サンハイム立川1F

ホームページ [外部リンク]http://kaigohosho.info/
ブログ [外部リンク]http://d.hatena.ne.jp/kaigohoshou/(*更新停止中)

フリーダイヤル 0120-979-197
メール kaigohoshou[at]gmail.com ([at]→@)

*詳細は上記ホームページ・ブログでご確認ください


■過去のお知らせ

[リンク切れ]介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット事務局を紹介する新聞記事(jpgファイル)

[リンク切れ]団体パンフレット(PDFファイル)

[リンク切れ]全国の障害ヘルパー支給量に関する裁判事例と解説・日弁連会長談話など資料


2015/07/10 「「24時間介護」ほぼ認定 「生活に不可欠」 筋ジストロフィーの林さん」
 朝日新聞デジタル 2015年7月10日・静岡
 http://apital.asahi.com/article/news/2015071000020.html
 「筋ジストロフィーを患い、人工呼吸器を装着している男性が「生活には24時間介護が欠かせない」として、住んでいる自治体と交渉した結果、介護サービスを1日23時間半まで受けられることになった。患者を支援する「介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット静岡弁護団」が8日、明らかにした。
 長時間介護を必要とする人のための「重度訪問介護サービス」は、障害者総合支援法による制度で利用者の自己負担(所得に応じて減免)以外の費用は国や自治体が負担する。支給時間は自治体で決める。弁護団によると、全国で、裁判で争われているが、交渉で24時間に近いサービスが認められたのは珍しいという。
 サービスの支給量が増えたのは、県内で一人暮らしをしている林宏隆さん(40)。弁護団によると、林さんは子どものころに筋ジストロフィーと診断され、徐々に全身の筋力が低下。今は眼球や唇、指先などのほかは自力で動かすことが難しい。1999年からは人工呼吸器を使っている。」
…「続きはログイン・ご購入後に読めます」

→◇筋ジストロフィー

ページ更新:中井 良平
UP: 20121215 REV: 20160928, 20200321
重度訪問介護(重訪)  ◇組織  ◇障害者と政策 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)