HOME > 組織 >

JIMON




7月20日 JIMON主催 ブラジル光のプロジェクト報告会
助産にこだわる―PROJETO LUZの経験より―

プログラム

13:30 〜 13:40
  オープニング スライドショー「CEARA」
13:40 〜 13:50
  参加者の紹介
    各国のあいさつ
    プロジェクトメンバーの紹介
    主催JIMONのメンバー紹介
    参加者の紹介
13:50 〜14:00
  あいさつとブラジル紹介  羽根田 潔リーダー
               (真壁病院副院長)
14:00 〜14:20
  なぜ助産にこだわったか? 三砂 ちづる疫学専門家
               (公衆衛生院疫学部 主任研究員)
14:20 〜14:30
  ビデオ 根をもつことにもどる
14:30 〜14:40 休憩
14:40 〜15:40 

日本の助産の何が生かされたのか?
    助産の本質の共有    毛利 多恵子 母子保健助産長期専門家
                         (毛利助産所助産婦)
トレーニングの体験       左古 かずこ 助産短期専門家
                     (あゆみ助産院院長)
                赤山 美智代 助産短期専門家
                    (日赤医療センター分娩部婦長)
どんな変化が起こったのか    藤原 美幸  助産短期専門家
これからの国際保健協力と助産  梅内 拓生 プロジェクト国内委員長
                         (岡山吉備国際大学学長)

15:40 〜16:10
  ディスカッション
16:10 〜16:20
  NGO設立について これからも続く光のプロジェクトのこころ
   セアラの人間的な出産・出生と手をつなぐ会(セアラの会)
16:20 〜16:30
  クロージングセレモニー


REV: 20160626
組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)