HOME > JIL >

全国自立生活センター協議会(JIL)・2004

全国自立生活センター協議会(JIL)
http://www.j-il.jp/


◆全国自立生活センター協議会公開シンポ

2004年5月16日(日) 10:00受付開始
会場:沖縄県自治会館(那覇市旭町116-30 TEL:098-862-8181)
 (那覇空港からモノレールで旭橋駅まで約10分下車、徒歩5分) 

第1部・報告
「アジアの障害者を取りまく状況〜草の根活動の実践から」(*調整中)
報告者
   ・朴賛五(ソウル自立生活センター) 他 
    パキスタン、バングラディシュなど各国からのレポート
第2部・シンポジウム 
「地域生活を守るために 〜どうなる!?介護保険と支援費制度〜」
シンポジスト
   ・中西正司(全国自立生活センター協議会代表)
   ・高橋紘士(立教大学コミニティ福祉学部教授)
   ・立岩真也(立命館大学大学院先端総合学術研究科助教授)
   ・長野英子(全国「精神病」者集団)
司会
   ・樋口恵子(スタジオIL文京)

5月13日(木)までに郵送、またはファックスでお申込ください。
申し込み用紙はこちらからダウンロード
http://www.j-il.jp/
申し込み先
全国自立生活センター協議会担当:西尾・二又
〒192-0046 八王子市明神町4−11−11−1F
TEL 0426−60−7747  /  FAX 0426−60−7746
FAX 0426−60−7746 (JIL事務局行)

 cf.介助・介護 2004


 
>TOP

◆2004/03/06

*日笠さんより転送

突然のお願いだったのにも関わらず
介護保険統合問題に関するアンケートに
ご協力いただきありがとうございました。

現在660人の方からご回答の内訳は、
反対85%、わからない10%、その他2%、賛成2%となっています。

反対のうち、89.5%の人が、障害者と高齢者の介護ニーズが根本的に違うと答えており
本人の介助ニーズではなく、医療関係者によりADLに基いた
時間数の決定や切り下げの不安を80.9%の人が上げていました。
詳しい報告は、後日改めてHP上などで公開させていただきます。

当初、3月6日に予定しておりましたNHKニュースの放送日ですが
鳥インフルエンザやイラク情勢などの関係で
延期されることになりました。

3月19日 18時10分〜
放送エリアは、関東甲信越エリアとなりました。
ご協力いただきましたそれ以外の地域の皆様
NHKのホームページ上でご覧頂くことが可能かどうかは
改めてご連絡させていただきます。

放送日が延長されましたので
アンケートの締め切りも3月12日までと
延長させていただきたいと思います。

皆様からいただいたご意見は、
各新聞社などにも情報提供する予定です。
ご協力ありがとうございました。

全国自立生活センター協議会 事務局

 

当事者エンパワメントネットワークシンポジウム開催要項

※中止になりました。


1.目 的
  4月より支援費制度が施行され、障害者福祉においてもこれまでの行政措置としての福祉サービスから、障害者自身が権利としてサービスを選択し利用する仕組みとなった。また、障害者はサービスの消費者のみならず、多くの当事者団体が指定事業者となりサービスの供給主体ともなっている。
  このように『地域福祉』『エンパワメント(=当事者自身が力を得ること)』が今後の福祉施策の方向性として明確に示される一方で、依然として支援費制度における地域福祉の財政的、社会的な基盤は施設福祉にくらべて弱いことが課題となっている。
  このような現状を変えていくには、世論を喚起し社会的合意形を図っていくことが必要であり、そのためには、障害者・高齢者の分野を越えて"地域福祉""当事者エンパワメント"に取り組む当事者、支援者、研究者、行政、サービス事業者のネットワークを形成することが不可欠である。そこで、日本全国でシンポジウムを開催し、"地域福祉""当事者エンパワメント"のネットワークを組織し、地域福祉を推進する社会的な合意形成を図ることを目的とする。また、介護保険見直しのテーマの一つである障害者の介護保険組み込みに関しても、障害者の望ましい介助サービスのあり方について議論する。

2.主催
  全国自立生活センター協議会

3.後援(予定)
   厚生労働省/独立行政法人福祉医療機構(長寿社会福祉基金)
   DPI日本会議/全国地域生活支援ネットワーク
   市町村障害者生活支援事業全国連絡協議会
   介護保障協議会/全国ホームヘルパー広域自薦登録協会
 
4.開催日時 平成16年2月28日(土) 13〜17時

5.開催場所 幕張セミナーハウス 3F ホール

6.内容

シンポジスト
 塩田 幸雄 氏(厚生労働省障害保健福祉部部長)
 立岩 真也 氏(立命館大学大学院助教授)
 堂本 暁子 氏(千葉県知事)
 宮尾 修  氏(船橋障害者自立生活センター相談員)
 中西 正司 氏(全国自立生活センター協議会代表)
 コーディネーター  大熊 由紀子 氏(大阪大学大学院 教授)

 [主な論点]
・介助サービスと地域支援のあり方
・地域支援を支える財政的、社会的な基盤づくりをどう進めるか
  ・地域支援で当事者が果たす役割
 ・「施設から地域へ」

7.問合せ先
  全国自立生活センター協議会(担当 西尾・二又)
  住所:東京都八王子市明神町4-11-11-1F
  TEL:0426-60-7747 FAX:0426-60-7746 E-mail: jil@d1.dion.ne.jp
  cf.介助・介護 2004介助・介護 2003


UP:20040106 REV:0415 20080619(名変更&移動)
全国自立生活センター(JIL)
TOP HOME (http://www.arsvi.com)