HOME > 組織 >

ひぐち恵子の100%バリアフリー日記 第13号 2001/7/9
「自分を好きになれる社会に」




☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ひぐち恵子の100%バリアフリー日記 第13号 2001/7/9

     「自分を好きになれる社会に」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

【速報】
女性候補者を支援する「WIN WIN」から推薦・応援候補として推薦決定
をいただきました!!詳しくはこちらから。(↓)
http://www.winwinjp.org/pages/news/news6.htm


○いよいよ7月突入です。参議院選挙の看板も街角にみられるようになりまし
たね。ますますいろんな人に広めてください!(担当E.T.)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


★1.ひぐち恵子のあっちこっち日記(6/30〜7/7)
☆2.ILピアネット事務局より


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
★1.ひぐち恵子のあっちこっち日記


----------------------------------------------------------------------
 6月29日(日)、30日(月) 名古屋で会合〜そして北海道へ
----------------------------------------------------------------------

参議院選挙まで30日をきりました。

わくわくドキドキの日々をすごしながらも、着実にゴールはやってきます。
ベストを尽くしながら、できるだけたくさんの人との出会いをしながら、
そのゴールを迎えるわけですが、見えないものに対しての、焦りのようなもの
を抱えつづけていくのでしょう。


昨日は名古屋で鳩山幸さんのお友達の会社で社員の方とお話をする機会を
いただき、素敵な時間をすごさせていただきました。


知多半島近くの寺本という駅のそばは、地方のもつゆっくりとした雰囲気が
感じられ、生き返るような気分になります。

◇             ◇

6月30日 今日は北海道です。


昨夜空港のそばにとまり、一便で札幌へ入りました。


昨日のどえりゃあ暑さ(前回DPI会議で名古屋に行ったとき、タクシーの運転
手さんから教わった名古屋弁)とうって変わった寒いようなりんとした涼しさ
です。


爆睡していて、着陸のショックで目覚めた私の目に入ってきたのは、風にたな
びく黄色いかれんな花がじゅうたんのようにしくつめられ、どこまでもどこま
でも続きそうなみどりの空間でした。つかの間の癒しの時間でした。


今日は障害者の仲間たちが、『当事者の政治参加について』候補者から聞くと
いうものでした。


障害者本人候補者輪私ともう一人、そして障害者関係の候補者3人と会場との
やり取りでした。


----------------------------------------------------------------------
 7月1日(日) 三軒茶屋でデモンストレーション
----------------------------------------------------------------------

梅雨の晴れ間、晴天のまるっきり真夏、電動車いす20台近く、
23区だけでなく全都から総勢60人近い仲間が集まっていました。


以前いっしょにバリアチェックした早稲田の学生さんも共に、
三茶駅近くの公園をスタートラインに、
『投票に行こう・投票のバリアフリーを』のテーマで行進しました。


“棄権はしない、させない。弱者が弱者でなくなるため”に、
おまわりさん7〜8人、パトカーに守られ、外気温は31度私たちの温度は
最高(?)、途中ではピースフラワーズのコーラス隊が『投票に行こう』
『バリチェがあるさ』『自分を好きになれる街に』を歌っていて、盛り上がり
ました。


そして解散後は、すずきかんさんと街宣をしました。


◇             ◇


介護保障の現状と未来について、『自立生活センターと24時間介護保障』の
パネルディスカッションが世田谷ピアネットと足立ピアネットの共催で行われ
ました。


24時間介護保障が達成できている立川、24時間介護が必要なのに
16時間しかない中で危険と隣り合わせて、地域で自立している世田谷、
いくつかの畝策を組み合わせて24時間が達成できている町田……。


全国の運動の状況など出し合いながら、誰もが自分の選んだ地域で、
障害の等級で判断される介護保障ではなく、生活の必要性で判断する、
当事者参加の保障のあり方を話し合いました。


医療的ケアを必要とする人にとっては、24時間以上、つまり生活の中で、
入浴、トイレ、買い物など複合的な介助を必要とする人の課題や、知的、
精神など障害の種別を超えて連帯していくことの意味も深められたかパネル
でした。


----------------------------------------------------------------------
 7月2日(月) 新潟で知的障害の人たちとふれあい  WINWIN記者会見
----------------------------------------------------------------------

早朝から新潟市へ。


知的障害の人たちの作業所で農作業、EM菌のぼかしを作る(エコ肥料)、
惣菜など幅広い作業科目を持っている所です。


朝礼中の皆さんと話し合ってきました。


市内のホテルで障害者の仲間とミニ集会を持ち、街宣では、皆さんが
リレートークしてくれました。


日本で初めて、議場に盲導犬のオパールと共に入り、活動している長岡市議の
藤田さんも新聞で読んで以来、お会いしたいと思っていましたが、リレートー
クしてくださいました。


◇             ◇


WINWINに参議院選挙の推薦・応援候補者として選ばれました

日比谷のプレスセンターでWINWIN推薦候補者記者会見がありました。
赤松良子WINNWIN代表から、WINWINの趣旨説明があり、
下村美津子副代表から選挙区5名、比例区7名の一人ひとりの推薦理由、
そして女性候補者一人ひとりが自己アピールする機会をもらいました。


アメリカにはエミリーズリストという組織が、政治の担い手になってほしい
女性を候補者として選び、資金的なサポートも含め、当選するまでの
さまざまな援助を行い、女性の政治家を増やす、自分たちの思いを実現して
いく手段として成功していると聞いていました。


数ヶ月前にWINWINが編集出版した本を読み、市民債のアイデアなど、
参考にさせていただいていて、わたしも推薦してほしいと当初から願って
いました。


若手新人もいますが、実力を持った新人候補の中に選んでいただけたこと、
ほんとにうれしい出来事でした。

でも、みなさん強力候補で、今回の参議院選挙の大変さを再認識する場でも
あり、気が引き締まります。

WINWINは会員を増やしながら、国政選挙や知事選で女性候補を支持してきてい
ます。


会員のユニフォームであるTシャツを着た樋口恵子さん、
湯川れい子さんと一線で活躍しているパワフルな女性役員の方と記者の方々と
素敵な時間をすごして、また現実の歩みを進めていこうと思います。


----------------------------------------------------------------------
 7月3日(火) テープ版名刺の収録  真夏日の京都へ
----------------------------------------------------------------------

午前中は町田市内でした。

生活者ネットに行ったあと、中央図書館で視覚障害者の方に送るILピアネット
のニュースなどを録音しました。

自分の声で聞いてもらおうとトライしたのですが、録音するのは息が入ったり、
なかなか難しい作業でした。


数回しか練習できなかったし、ちょっといつもよりは声がかすれていて、
聞きづらかったかもと思います。メルマガ読者の方の中で、きいてくださる
方がいたらごめんなさいね。


◇             ◇


『神話』読んで乗りすごしました。

6日に神取忍さんとのトークを企画していて、神話(かんわ)という本を
都内の本屋を6軒まわっても見つけられなかったのでお借りしました。
午後から京都に向かうのに、町田で快速に乗ったまではよかったのですが、
史上最強の女史プロレスラー・ミスター女史プロと呼ばれている神取忍さんの
本を読んでいるうち、新横浜は過ぎていました。

そうなると、快速に乗れたことは裏目に出てしまったのですが、
新幹線は間に合って京都に着きました。


京都で宝塚に行っていたスタッフと待ち合わせをし、常陽市というところで
京都の地元予定候補者の松井さんの集会に寄せていただきました。


この夏一番の暑さ、しかも京都です。

梅雨を通り越し、かんかんカンの暑さです。バリアフリー集会でご一緒した
玉置衆議院議員、いつも熱くあつく語ってくれる山井衆議院議員、前回京都で
お会いしたときと比べ、真っ黒に日焼けした松井さん、
目がとてもやさしかったですー。


----------------------------------------------------------------------
 7月4日(水) 久しぶりの休日  午後は休みを返上して埼玉へ
----------------------------------------------------------------------

この日は久しぶりの休息日、午前中は『神話(かんわ)』に没頭。

いつもの気孔の治療もしていただき、これから24日間は自分で体を整えて
いかなくてはなりません。

治療のあと、さいたま市へ。武正衆議院議員の後援会総会に出させて
いただきました。

近くですが、埼玉に入ったのは、数ヶ月ぶりです。夜9時過ぎに会場から出た
のですが、ほんとに熱い日でした。

「梅雨はまだ続くのですよね」と独り言です。


----------------------------------------------------------------------
 7月5日(木) 岡山・北九州で懐かしい面々と
----------------------------------------------------------------------

朝、のぞみで岡山へ。

駅前では自立生活センターの仲間が出迎えてくれました。

以前、市議会議員のときに視察に着たり迎えたりした、市議の方にも
久しぶりにお会いでき、うれしいひとときでした。


◇             ◇


そして、北九州へ。

末っ子のわたしをお姉さんと呼んでくれる、障害をもった仲間がここには
います。

そして、ピアカウンセリングなどでよく来ているところなので数年ぶりに
会う人、いつも顔を会わせる人に迎えられ、
『100%バリアフリー・自分を好きになれる社会に』でディスカッション
しました。

何人かで夕食をしてから博多のホテルに入ったのは11時過ぎでした。


----------------------------------------------------------------------
 7月6日(金) 神取忍さんと共に町田イベント
----------------------------------------------------------------------

一便で東京に戻り、神取忍さんとのトークとバリアフリーコンサートと、
盛りだくさんの町田イベントです。

神取さんは早くから会場に来てくださり、ゆっくり話すことができました。

トークは苦手とおっしゃっていましたが、向き合っていると次々に話題が
広がっていきます。

打ち合わせの最後には「まあ、自然体で行き当たりばったりでやりましょう」
ということを確認して街頭へ。

◇             ◇

神取さんが乗っているのがわかるとカメラを出して走ってきた女性、

高校生が握手に駆けよってくる、さすがにファンがいっぱいという感じです。
丸井前の街宣では、テレながらも、みんなに呼びかけてくれました。

スタッフの突撃インタビューにも答えてくれて、やさしい人だなと感じさせる
ことばかりです。


一時間にわたる舌戦は?

テーマである『パワーは私の中にある』あなたにとってのパワーの源とは?
どうしてその世界に入ったの?といった会場からの質問に二人で答えたり、
わたしから恋人はいますか?と聞いたりしました。

神取さんの『強い者こそやさしくなければならない』という言葉が
とても印象的でした。


格闘技の世界、障害者運動の世界と、それぞれぜんぜん違う分野で生きてきた
二人ですが、男性中心の社会や、強者中心の社会を変えたいという思いなど
共通のものを感じました。

安積遊歩(二人を結び付けてくれた人)も途中から加わり、三人トークになりました。


----------------------------------------------------------------------
 7月7日(土) 七夕バリアチェックin原宿
----------------------------------------------------------------------

原宿駅周辺のバリアチェックを視覚障害、電動車いす・手動車いす使用者、
わたしのような低肺機能の立場の人で、ごった返している竹下通りなど
おしゃれな街原宿を回りました。


なぜか点字ブロックはほとんどなく、いろいろな音声情報が乱れる街は
視覚障害の人にとっては、とても歩きづらいようでした。

また坂が多く、手動車いすの人にとっては低いほうへと流れていく車いすを
一定の方向に操作する腕力と技術を必要とします。
竹下通りで感激したのですが、禁煙通りとなっていて、まさに分煙社会の
第一歩がすでにできていました。


このまちかどでは投票に行こう勝手連の人たちが街角ライブや早慶応援団の
対戦がされたり、思わず仲間入りしてくつろいでしまいました。

                             ひぐち恵子


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆2.ILピアネット事務局より


このメルマガを読んで、ひぐち恵子を応援したい!と思ったあなた、ぜひ事務
局にメールをください。


ピアネットニュースやピアネットカード(8ページ名刺)を必要部数送付させ
ていただきます。


ピアネットニュース、ピアネットカードともに無料です。あなたの周りで配っ
てください。(送料無料)



また、カンパ・市民債も募集しています。よろしくお願いします。
http://www.ilpeer-net.com/want/index.html

◇             ◇

「ひぐち恵子応援メーリングリスト」を立ち上げました!


ひぐち恵子を応援したい!と思っているけど、「昼間は仕事などで忙しい」、
「東京からは遠い」、というあなた、インターネット上で情報交換・意見交換
しませんか?


登録はもちろん無料。どんどん登録してください!


詳しくはこちらから。(↓)
http://www.egroups.co.jp/group/keiko-higuchi



●参加したい方は、管理者(hiromu@ilpeer-net.com)まで、氏名・〒・住所・
電話・所属団体・登録するメールアドレス・一言メッセージを書いて送って下
さい。


◇             ◇


★ひぐち恵子のメールマガジン、ウェブサイト更新停止のお知らせ

ウェブ文書やメール文書は、公職選挙法142条が禁じる「法定外文書(選管が
許可していない文書)の頒布」にあたるという総務省の見解のため、公示日で
ある7月12日午前0時以降、ILピアネット事務局からはひぐち恵子さんを応援す
るメールマガジンの発行、ウェブサイト(ホームページ)の更新ができなくな
ります。
あらかじめご了解下さい。(ホームページを見ることはできます。)

※選挙期間中はひぐち恵子のお友達のメールマガジンでお楽しみください。
○「ネコさんのバリアフリー日記」に申し込み→ magazine@neko3.com
○山井和則さんのメルマガに申し込み→ kyoto@yamanoi.net


☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ILピアネット事務局
  〒194-0013 東京都町田市原町田2-1-18-501 トンボビル5階
  TEL:042-739-4778  FAX:042-710-1404
  【ひぐち恵子の情報満載】 http://www.ilpeer-net.com
  [ご意見、ご感想はこちらへ] keiko@ilpeer-net.com
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  メールマガジンの登録・解除
  http://www.ilpeer-net.com/magazine/index.html
  メールルマガジンID 0000066035
  バックナンバー http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000066035
  『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  転載を歓迎します。あなたの周りで広めてください。
  その際、よろしかったらメールにて連絡ください。
  Copyright(C)2001 Higuchi Keiko All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


……以上……



樋口恵子を応援する「自立生活ピアネット」 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)