HOME > 組織 > HANDS世田谷 >

「HANDS世田谷『規約』」

(全文収録)



■HANDS世田谷「規約」(全文収録)

 1行ごとの改行コードやタグのないテキストファイル版もあります。

第一章 総  則

第1条(名称)
本会は、「HANDS世田谷」と称する。

第2条(事務所の所在地)
本会の事務所は、世田谷区中町5−35−5におく。

第3条(目的)
本会は、障害者が地域で自立生活を送るために必要なあらゆる援助を行うことを目
的とする。

第4条(事業)
本会は、第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1) 具体的に生活面での独立の希望をもつ利用会員から相談を受けた場合、そ
の状況に応じて出来る限りの援助を行う。
(2) 世田谷区在住で日常生活に介助を必要とする障害者に介助者を有料で派遣
する。
(3) その他目的達成に必要な事業を行う。

第二章 会  員
第5条(会員の種別)
本会の会員は、次のとおりとする。
(1) 利用会員
世田谷区在住で日常生活に介助を必要とする障害者で、本会に入会した個人。
(2) 介助会員
本会の公募に応じ、一定の面接・研修を経て、本会契約書に署名・捺印した後、本
会に入会した個人。
(3) 賛助会員
本会の事業維持のために協力する個人または団体。

第6条(入会)
会員になろうとする者は、本会所定の入会申込所に必要事項を記入し、事務局に提
出する。

第7条(退会)
本会は以下の理由にあてはまる場合、会員の退会を認める。
(1) 本人が区外に転居(利用会員のみ)、または死亡した時。
(2) 本会の規約に著しく反する行為をした時。
(3) その他やむを得ない理由がある時。

第8条(会員の権利)
(1) 会員は、本会の機関誌「HANDS通信」を受け取ることが出来る。
(2) 会員は総会に出席することが出来る。
(3) 利用会員は利用者会に出席することが出来る。
(4) 利用会員は介助会員の派遣を受けることが出来る。
(5) 介助会員はその介助時間に応じて介助料を受け取ることが出来る。
(6) 利用会員はその他自立のために必要と思われる援助を受けることが出来る。

第9条(会員の義務)
(1) 利用会員は登録料及び利用料を、賛助会員は賛助金を納めなければならな
   い。
(2) 会員は本会の規約その他の規則を守らなければならない。
(3) 利用会員は介助者派遣を受けた後、定められた介助料を本会に納めなけれ
   ばならない。


第三章 組  織

第10条(種別)
本会の組織は、総会・運営委員会・利用者会・事務局とする。

第11条(構成)
各組織の構成は次のとおりとする。
(1) 総会
総会は、すべての会員及び運営委員、事務局員をもって構成する。
(2) 運営委員会
運営委員は、1・2名の利用者会からの代表と事務局の代表1・2名を含むものと
し、その構成員の半数以上を障害者が占めるものとする。また、委員長は互選とす
る。
(3) 利用者会
利用者会は、利用会員をもって構成する。
(4) 事務局
事務局は、事務局員をもって構成する。

第12条(機能)
(1) 総会は、本会の承認機関であり、次の事項を承認する。
@事業計画及び予算
 A事業報告及び決算
 B会計監査
 C規約の変更
 D解散
 Eその他、本会の運営に関する重要な事項
(2) 運営委員会は、会務の執行を決定する。
(3) 利用者会は、次の事項を行う。
 @会員の意見や要望の本会への提出
 Aその他
(4) 事務局は、総会の承認に基づき、本会のあらゆる事務を執行する。

第13条(開催・招集)
(1) 定期総会は、年一回開催される。また、臨時総会は、過半数の会員の要望、
もしくは事務局の判断により、事務局の招集によって開催される。
(2) 運営委員会は、運営委員長の招集によって年一回開催される。
(3) 利用者会は、利用会員の招集によって随時開催される。
(4) 事務局会議は随時開催される。

第14条(定足数)
各会議は、構成員の過半数の出席をもって開会される。

第15条(議決)
各会議の議事は、出席者の過半数の同意をもって決定する。
但し、規約の改訂は、運営委員会の3分の2の同意をもって決定する。

第16条(委任)
会議に出席できない構成員は、書面をもって他の構成員に代理人として委任するこ
とが出来る。この場合、会議に出席したものとみなす。

第四章 資産及び会計

第17条(資産の構成)
本会の資産は、次の各号をもって構成する。
(1) 登録料及び利用料
(2) 賛助金
(3) 寄付金品等
(4) 各種助成金
(5) 借入金
(6) 資産から生ずる収入
(7) 事業収入
(8) その他の収入

第18条(資産の運用管理)
本会の資産の運用及び管理は運営委員会が決定する。

第19条(会計年度)
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月1日に終わる。

第20条(会計監査)
会計監査は本会の会計を監査し、運営委員会に報告する。

〇規約の変更箇所について

[旧規約] [新規約]
1.総則・会員について
@第1条 名称の変更     →  第1条参照
A第3条 目的        →  文言上、旧規約の要約(第3条参照)
B第8条 会員の権利 → 第8条6項を追加

2.組織・機関について
@委員会・・・削除      →  運営委員会・事務局の新設
 (第14、15条)           (第10、11条参照)
A総会=最高決定機関(第16条)→  総会=承認機関(第12条)
B第16条2項 利用者会       C第12条2項・4項の追加
 委員の選出・解任・・・削除
D第17条
 臨時総会につき、委員会の判断→  事務局の判断(第13条参照)
                  E第13条4項追加
F第19条 議決
 規約改訂につき、総会出席者 →  運営委員会の3分の2の同意
 3分の2の同意           (第15条但書)
G第22条 資産の運用・管理  →  運営委員会の決定(第18条)
 につき委員会の決定
H会計監査(第24条)        会計監査の運営委員に対する
 賛助会員から選出、任期      報告義務の新設(第20条)
 1年・・削除


REV: 20160622
自立生活センターHANDS世田谷  ◇組織
TOP HOME (http://www.arsvi.com)