HOME > 組織 >

HBES−J



●●●第2回 HBES−J 公開パネルシンポジウムのお知らせ●●●

すでに事務局から通知がありましたように、きたる12月9日(土)、10日(日)
に人間行動進化学会の第2回研究発表会が開催されます。その10日の午後に、公開
パネルシンポジウム『人間への生物学的アプローチと社会・倫理』を開催いたしま
す。
ふるってご参加下さい。パネルのみの参加は無料です。

進化理論に限らず生命科学の立場と道具で人間についての研究を推進することは、過
去何度か、大きな悲劇を生んできました。ナチによるユダヤ人の大虐殺はその典型で
すが、これらの優生学的運動は過去のものではなく、その一部は現在も脈々と続いて
います。さらに、昨今の遺伝子配列の解読は、より科学的な根拠に基づいた新たな優
生学的運動を可能にする潜在的な威力を秘めています。生物学と優生学を結びつけて
はいけないということは生物学者の側からも繰り返し強調されていますが、では具体
的な方途として私たちはどうすればいいのかということになると、途方に暮れるばか
りです。「遺伝」という概念ひとつをとっても、コンセンサスが得られていないのが
現状です。

そこで私たちは、このような悲劇を繰り返さないためにも、また健全な生物学的人間
論を発展させるためにも、優生学的動向についてさまざまな分野からの展望と総括を
おこなうことが議論の出発点として急務であると考えました。議論と対話の場づくり
の第一歩として、優生学に詳しい科学史家や行動遺伝学の現場での研究者などを交
え、
この公開パネルシンポジウムを行います。お誘い合わせの上ご参加下さい。

パネリスト(五十音順):安藤寿康(行動遺伝学、慶應大)、後藤弘子(刑法学、富
士短大)、松原洋子(科学史、お茶の水大)、和田幹彦(法政大、民法学)。司会:
佐倉統(科学技術論、東
京大)

なおこの企画は政治的・宗教的な思想信条とは一切無関係であり、そのような議論を
おこなうものでもありません。

お問い合わせ:佐倉(sakura@iii.u−tokyo.ac.jp)まで。

---------------------------------------------------------
■全体スケジュール
*時間は”予定”です
*ポスターは9,10両日とも貼っておけます。

☆12月9日、午後
 13:00開始、18:??終了
 特別講演1(吉川先生)
 ポスターセッション
 特別講演2(斎藤先生)
 口頭発表1(小田・富原・内田・鎌田他)

☆12月9日、夜
 懇親会

☆12月10日、午前
 9:30開始、12:10終了
 特別講演3(亀田先生)
 総会
 口頭発表2(高橋・野澤・平石・安藤)

☆12月10日、午後
 13:00開始、16:30終了
 公開シンポジウム
---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
■懇親会
12月9日(土)18:30〜20:00
東大駒場キャンパス 3号館2階 209号室
会費:一般(含:学振特別研究員)3000円、学生1500円
---------------------------------------------------------



学会/研究会
TOP HOME (http://www.arsvi.com)