HOME > 組織 >

つばさグループ「フレンズ」




企画名 災害・緊急時の障害者福祉を考える〜震災から5年・神戸からの提言〜
主 催 つばさグループ「フレンズ」
後 援 東大阪市、東大阪市教育委員会、自立支援センター
    『ぱあとなぁ』
講 師 福永年久
    (被災地障害者センター代表、阪神障害者解放センター代表)
日 時 2000年1月22日(土) 午後1時〜4時
      ※4時〜5時 交流会
会 場 東大阪市総合福祉センター1F集会室
     東大阪市高井田元町1−2−13、TEL 06-6789-0131
     近鉄奈良線永和駅下車徒歩2分
内 容 第一部 福永さん講演「障害者による復活・救援活動、その後」
    第二部 シンポジウム「災害・緊急時の障害者支援システムを考える」
        パネリスト 福永年久(被災地障害者センター代表)
              佐藤賢一(自立支援センター「ぱあとなぁ」)
              梯信勝(東大阪市会議員)
参加費 500円
連絡先 〒578-0935東大阪市若江東町2−3−26
     つばさグループ「フレンズ」
     TEL/FAX 0729−61−5922

以下、ビラより抜粋
 阪神淡路大震災からすでに5年が経とうとしています。あのとき障害者は、
バリアだらけの避難所生活もままならず、救援情報からも取り残されるなど、
様々な場面で排除・放置の憂き目に合わされました。
 その後、様々な自治体で防災対策の見直しがなされましたが、東大阪市に
おいては、いまだに災害時・緊急時の障害者市民への対応があいまいなまま
です。一昨年、台風による警報発令の際に、一人暮らしの重度障害者に対し
て一方的にヘルパー派遣を中止し、何のフォロー策も講じないという事態が
起きました。幸い、しばらくして警報解除となり派遣は行われましたが、い
つ同じ状況が訪れるか分かりません。
 今回の企画では、自ら被災しながらも、震災直後から障害者自身による救
援・復興活動を中心的に担ってこられた福永年久さんとともに、地域での自
立生活運動・障害者福祉の現場において、あの震災の教訓をいかに生かして
いけるのかについて考えていきたいと思います



TOP HOME (http://www.arsvi.com)