HOME > 組織 > DPI日本会議 >

DPI日本会議メールマガジン・2020

1月〜4月/5月〜8月/9月〜12月

DPI日本会議

Tweet
last update: 20200907






■DPI日本会議メールマガジン(20.07.01)第676号

☆──────「われら自身の声」を届けます!──────
   DPI日本会議メールマガジン(20.07.01)第676号
        DPI-JAPAN Mail Magazine
    --DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!--
      https://goo.gl/E3LJoV
    ※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
     募金・寄付は控除の対象になります。
☆───────────────────────────
こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

現在の国の動き、障害者運動に何が起きようとしているのか、
情勢を追いかけるためにもってこいの新コーナー「ここに注目!メールマガジン」を開始します!
これは毎月第一営業日の発行予定です。

今月の注目すべき検討会・パブリックコメント・裁判・イベント・動きなど各分野でまとめてお届けします。
これをみれば一目瞭然です!

■───今、ここに注目してください!!─────■
今月の検討会・パブリックコメント募集など
   今月の注目すべきポイント・情報をまとめました!
■───────────────────────■

凡例:◎=大注目! 〇=注目! △=よかったら見て

──────────────────────────
【地域生活】
○注目!
障害福祉サービス等事業所における新型コロナウイルス感染症への対応等について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00097.html
<ワンポイント解説>
 厚労省より新型コロナウイルス感染症に関する自治体・関係団体向け事務連絡等が出されています。
量が膨大にありますので、詳細につきましては一覧が掲載されている厚労省HPの上記URLリンクよりご確認ください。

【バリアフリー】
◎大注目!
新幹線のバリアフリー対策検討会 実証実験  7月上旬(詳細未定)
<ワンポイント解説>
昨年末から新幹線のバリアフリー対策検討会が始まり、
DPIも委員として積極的に働きかけています。
今月は具体的なレイアウトをテストする実証実験を行う見込みです。
赤羽大臣も同席される予定ですので、ご注目下さい。
https://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk7_000018.html

◎大注目!
第2回「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準の改正に関する検討会」及び
「小規模店舗WG」 6月29日(月)(※終わっていますが重要なので掲載します)
https://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000820.html
<ワンポイント解説>
日本のバリアフリー分野の最大の課題である小規模店舗のバリアフリーが動き出しました!
DPIが長年求めてきた小規模店舗のバリアフリーの検討会が1月に立ち上がり、
2回目が開催されました。これまで店舗内のバリアフリー整備基準はなかったのですが、この検討会で策定します。
4回程度開催し、今年度中にガイドラインが策定される予定です。

◯注目!
7月19日(日)JR新宿駅 東西自由通路開通
https://www.jreast.co.jp/press/2020/tokyo/20200602_to01.pdf
<ワンポイント解説>
地下の東口改札と西口改札を結ぶ北通路が改修されて東西自由通路となります。
新たに24人乗りエレベーターも西改札に全ホームに設置されます(7・8番線だけ中央通路にあり)。
南口のエレベーターと合わせて各ホーム2基体制となり、複数ルート化が実現します。
ぜひ、見に行ってみて下さい。

△よかったら見て
7月12日(日)JR飯田橋駅 列車とホームの”隙間”解消 ホーム大幅移設&新駅舎
https://www.kensetsunews.com/web-kan/465319?fbclid=IwAR0_Mu1VyDUDZPtZaiX__BoXaepLphGUuFiYFUTbOcc7xlzGkgnewGTRxYc
<ワンポイント解説>
飯田橋駅はホームが曲がっており、隙間と段差が非常に大きな駅でした。
このたび新宿寄りにホームを約200m移設し、西口駅舎も建て替えてリニューアルします。
段差と隙間も解消するということですので、ぜひ見に行って下さい。

△よかったら見て
7月2日(木)JR高輪ゲートウェイ駅赤羽大臣視察同行
<ワンポイント解説>
これまでバリアフリールートはワンルート、エレベーターは11人乗りが基本でした。
しかし、ガイドラインが改定され、駅の規模に応じて複数ルート化・エレベーター大型化が盛り込まれました。
3月に開業した高輪ゲートウェイ駅は、この新しいガイドラインに沿ってエレベーターが2基(24人乗り+18人乗り)、
ホームと車両の段差と隙間も(ある程度)解消されています。
赤羽大臣の視察に佐藤事務局長が同行します。

【権利擁護】
◎大注目!
障害者差別解消法改正に向けた第52回障害者政策委員会 
※6月22日(月)実施済。7月以降の日程は未定。
<ワンポイント解説>
障害者差別解消法の改正に向け、「障害者差別解消法の施行3年後見直しに関する意見」が採択されました。
昨年2月から議論を積み重ね、最終的に
(1)民間事業者に対する合理的配慮の義務化
(2)ワンストップ相談窓口の設置
(3)障害者基本法改正の必要性等
以上が盛り込まれたことは大きな成果です。
他方、差別の定義、各則の必要性、障害女性の複合差別等、委員会で議論があったにも関わらず
今回の意見には反映されなかった積み残し課題もあります。
権利条約の国内完全履行をめざし、今後も差別解消法のバージョンアップをしていきましょう! ※上記の意見書・当日の様子は以下の内閣府HPからご覧いただけます。
当日資料 
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/k_52/index.html
当日の動画 
https://www.youtube.com/watch?v=eK6uiEhXeVs

【インクルーシブ教育】
◎大注目!
新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第8回) 
※6月30日(火)実施済み。
<ワンポイント解説>
新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第8回)が開催されました。
インクルーシブ教育システムにおける障害のある子供の学びの場の在り方についてなど、これまでの議論の論点整理が行われました。
※上記の検討会資料は以下の文科省のHPからご覧いただけます。
当日資料
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2020/03/1422997_00001.htm

◎大注目!
川崎就学訴訟「ゆるせない!」横浜地裁判決問題点とこれからの取り組み 報告集会
[日時]7月12日(日)17:00〜19:00 
[場所]ダイニング 街なか (東京都北区十条仲原1-11-1) 
JR埼京線十条駅西口出口よりおよそ徒歩4分
[プログラム]
1.主催者挨拶   
2.和希君の現状報告  
3.判決の問題点と控訴審について  
4.質問応答、意見交換  
5.質疑応答  
6.終わりの挨拶
※コロナ感染予防のため、会場参加人数は30人までとさせていただきます。
参加希望の方は、下記のFAX・メールでお知らせください。ズーム参加も受け付けます。
※ズームで参加希望の方は、下記メールアドレスに件名「ズーム参加希望」と、ご連絡ください。
主催:和希君を支える会
問い合わせ先:アリエ法律事務所気付 大谷恭子
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-6 弓矢四国ビル4F
[TEL] 03-6869-3230   [FAX] 03-6869-3231
[Mail] kazukikun.sasaeru@arsvivendi.commail.com
<ワンポイント解説>
判決から約4か月。
原告からは、世田谷の小学校に転校した和希君の様子を、弁護団からは判決文の問題点と控訴審について報告いたします。
情報を共有し、これからの控訴審に向けての取り組みについて話し合っていきます。

【国際協力】
◎大注目!
BLMは私たちの問題です
<ワンポイント解説>
BLMは、アメリカのミネアポリスでアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが
白人警官から首を圧迫され死亡した事件の抗議行動のスローガンです。
今は人種差別の撤廃を訴える国際的な運動に発展しました。
車いすのデモ参加者や演説での手話通訳から、アメリカの障害者も共闘しているのがわかります。
最初のBLMの訳「黒人の命も大切だ」は、「黒人の命は大切だ」にかわりました。
彼らの主張にもっと注目すべきです。

〇注目!
国際的障害分野の活動各集会への参加を。
<ワンポイント解説>
今まで「障害の歴史」、「障害と開発の現状」についてzoomを使って学んできました。
7月は「DPIの誕生と軌跡」を7月8、15、22日の3回に分けて取り上げます。
毎回19:30-20:30の開催です。

※「Black Lives Matter」は人種差別の撤廃を訴える、国際的な積極行動主義の運動です

【障害女性】
◎大注目!
各地で優生保護法裁判が再開されています!!
1高裁8地裁での裁判に、今後もご注目ください!
<ワンポイント解説>
昨年の仙台地裁判決では、障害のある女性のリプロダクティブ権は個人の基本的人権であり、
かつ個人の幸福追求権として認め、この法律が憲法違反であったことが明記された画期的なものでしたが、
除斥期間を理由に原告側敗訴という不当判決がなされました。
その後初となる判決が6月30日(火)東京地裁で行われましたが、
またも不当判決と言わざるを得ない判決となってしまいました。

▽東京地裁、旧優生保護法裁判に不当判決
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/advocacy/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9c%b0%e8%a3%81%e3%80%81%e6%97%a7%e5%84%aa%e7%94%9f%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e6%b3%95%e8%a3%81%e5%88%a4%e3%81%ab%e4%b8%8d%e5%bd%93%e5%88%a4%e6%b1%ba/

延期になっていた札幌・大阪での裁判も近々結審が予定されています。

<7月に予定されている裁判>
・10日(金)13:30〜 参考人弁論予定 匿名夫妻 札幌地裁
・16日(木)14:00〜15:00 第1回口頭弁論  朝倉さん(仮名)聴覚障害夫妻 福岡地裁
・17日(金)10:00〜 結審 空さん(仮名)知的障害女性、野村さん(聴覚障害夫妻)大阪地裁
・30日(木)14:30〜 第5回口頭弁論 宮川さん(仮名)聴覚障害女性 静岡地裁 
・30日(木)13:30〜 17時原告尋問 高尾さん(仮名)聴覚障害夫妻 神戸地裁

<今後の裁判期日予定>
・8月19日(水)14:00〜 第9回口頭弁論 熊本地裁
・9月 4日(金)16:00〜17:00 仙台訴訟控訴審第2回期日 仙台高裁
・9月24日(木)10:30〜17:00 兵庫訴訟第9回口頭弁論期日 神戸地裁
・9月25日(金)10:00〜 小島さん結審予定  札幌地裁
・11月12日(木)13:30〜17:00 兵庫訴訟第10回口頭弁論期日 神戸地裁

【雇用・労働・生保・所得】
◎大注目!
3月26日〜30日 第96回労働政策審議会障害者雇用分科会(持ち回り審議による)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10756.html
<ワンポイント解説>
障害者雇用率の0.1%引上げの時期については来年1月1日となる予定
https://www.mhlw.go.jp/content/11704000/000620302.pdf
障害者介助等助成金及び重度障害者等通勤対策助成金の拡充案については、
重度訪問介護、同行援護、行動援護の利用者で障害者雇用率制度上の対象障害者の範囲とされる予定です。
https://www.mhlw.go.jp/content/11704000/000620304.pdf

◯注目!
障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟(インクルーシブ雇用議連)議連総会
(日時:6月15日15:00〜16:00 場所:参議院議員会館1階101会議)
<ワンポイント解説>
「障害者と障害のない者との比較」を可能とする統計データの整備をするために実施された
「令和元年度障害者統計の充実の係る調査報告書」がまとまりました。
本編 
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/tyosa/r01toukei/index.html
概要 
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/tyosa/r01toukei/outline.html

新型コロナウイルスの影響による障害者への就労支援策として、
2次補正予算案に新型コロナウイルスの影響で生産活動収入が相当程度減った
障害者就労継続支援事業A型、B型事業所への一時金が、十分とは言えませんが
1事業所当たり最大50万円が盛り込まれました。

△よかったら見て
5/13 厚生労働省事務連絡 新型コロナウイルスへの対応に伴う就労継続支援事業の取扱い等について(第5報)
https://www.mhlw.go.jp/content/000630599.pdf#search=%27%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%B0%B1%E5%8A%B4%E6%94%AF%E6%8F%B4%E7%AD%96%27

<ワンポイント解説>
・就労継続支援事業等における在宅でのサービス提供の支援事例が示されました。
・新型コロナウイルス感染症への対応に伴う就労系障害福祉サービスにおける柔軟な取扱いが示されました。

***

▽「ここに注目!メールマガジン」はこちらからダウンロードいただけます。(ワード)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2020/07/27c9ff802eb1cdd0d2a87d58fabc90b9.docx


。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
今月のひとこと

今月から毎月第一営業日に、
この「ここに注目!メールマガジン」を
発行することになりました。
DPI日本会議が果たすべき役割の一つに、
今、障害者運動の世界で何が起きているのかを
多くの人にお届けするというものがあります。
たくさんの方と情勢を共有することで、
運動の機運がさらに高まることを願っています。
これから月初は「ここに注目!メールマガジン」にぜひご注目ください!

(ゆ)
。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°

【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=406
▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.03)第677号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.3)第677号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
「DPI活動日記」Vol.30をお送りします。

◆◇───DPI活動日記 ヘッドライン─◇◆

1.赤羽国土交通大臣の高輪ゲートウェイ駅視察に同行しました
2.【インクルーシブな子ども時代づくりプロジェクト】
 埼玉県戸田市の佐藤太信(たかのぶ)市議会議員、やざわ青河(はるか)市議会議員を訪問しました
3.津久井やまゆり園の検証作業を求め、神奈川県の黒岩知事に要望書をお渡ししました
4.東京地裁、旧優生保護法裁判に不当判決
5.「雇用保険法改正による新たな個人給付制度創設に関する要望」を提出しました

────────────────────

各報告の詳細は、各URLをクリックしてご覧ください。

--------------------------------------
1.赤羽国土交通大臣の高輪ゲートウェイ駅視察に同行しました
--------------------------------------
これまではどんなに大きな駅でもバリアフリールートは1ルートしかなく大回りしなければならない、エレベーターは11人乗りで何回も待たないと乗れない、ホームと車両に段差と隙間があり降車駅に駅員配置が整わないと電車に乗れない(20分位待たされる)、といった問題がありました。

国交省は東京2020オリンピック・パラリンピックを契機として、更なるバリアフリー化を進めるために、バリアフリー整備ガイドラインを2019年に見直しました。

DPIもこの検討会のメンバーとして上記の問題を提起した結果、駅の規模に応じてバリアフリールートの複数ルート化・エレベーターの大型化、単独乗降可能な目安値(段差3cm、隙間7cm)が新たに盛り込まれました。

高輪ゲートウェイ駅ではこの新しいガイドラインを踏まえてバリアフリー整備されており、非常に快適に利用できました。

▽詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e8%b5%a4%e7%be%bd%e5%9b%bd%e5%9c%9f%e4%ba%a4%e9%80%9a%e5%a4%a7%e8%87%a3%e3%81%ae%e9%ab%98%e8%bc%aa%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e9%a7%85%e8%a6%96%e5%af%9f%e3%81%ab%e5%90%8c/


--------------------------------------
2.【インクルーシブな子ども時代づくりプロジェクト】
埼玉県戸田市の佐藤太信(たかのぶ)市議会議員、やざわ青河(はるか)市議会議員を訪問しました
--------------------------------------
佐藤太信さんは聴覚障害当事者で、戸田市議会議員としては初の障害をある議員です。戸田市身体障害者福祉会の会長もされています。昨年のDPI障害者政策討論集会にもご登壇頂きました。

訪問の目的は、2018年から(公財)キリン福祉財団から助成を受けて行っている「インクルーシブな子ども時代づくり」プロジェクトのアンケート調査の協力依頼と佐藤太信さんが議会でどのような合理的配慮を受けて活動をされているかというお話を伺うため、訪問をしました。

▽詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/education/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%96%e3%81%aa%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af/


--------------------------------------
3.津久井やまゆり園の検証作業を求め、神奈川県の黒岩知事に要望書をお渡ししました
--------------------------------------
6月25日に行ったDPI日本会議、全国手をつなぐ育成会連合会、全国地域生活支援ネットワーク、「ともに生きる社会」を考える神奈川集会・実行委員会の4団体による神奈川県への要請行動に引き続き、今回は黒岩知事との面会が実現し、6月30日13時より前回提出した要望書の手交が行われました。

▽詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/community/%e6%b4%a5%e4%b9%85%e4%ba%95%e3%82%84%e3%81%be%e3%82%86%e3%82%8a%e5%9c%92%e3%81%ae%e6%a4%9c%e8%a8%bc%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e3%82%92%e6%b1%82%e3%82%81%e3%80%81%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9c%8c%e3%81%ae/


--------------------------------------
4.東京地裁、旧優生保護法裁判に不当判決
--------------------------------------
旧優生保護法下で強制不妊の被害にあった男性(北三郎さん、仮名)が国の責任を問い賠償請求を行っている裁判で、6月30日、東京地方裁判所は被害除斥期間を理由として原告の訴えを退ける判決を出しました。

▽詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/advocacy/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9c%b0%e8%a3%81%e3%80%81%e6%97%a7%e5%84%aa%e7%94%9f%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e6%b3%95%e8%a3%81%e5%88%a4%e3%81%ab%e4%b8%8d%e5%bd%93%e5%88%a4%e6%b1%ba/


--------------------------------------
5.「雇用保険法改正による新たな個人給付制度創設に関する要望」を提出しました
--------------------------------------
本日、厚生労働大臣宛てに「雇用保険法改正による新たな個人給付制度創設に関する要望」を提出しました。

難病等、新型コロナウイルスへの感染リスクが高い基礎疾患をもっているにもかかわらず、テレワークへの移行などが難しい職場で働いているため、やむなく自主都合による休職をせざるを得ず休業手当が支給されないという問題があります。

これに対して改正された雇用保険法によって新たに創設される新型コロナ対応休業支援金(仮称)制度の給付対象とすることを求める要望です。

▽詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/demand/%e3%80%8c%e9%9b%87%e7%94%a8%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%b3%95%e6%94%b9%e6%ad%a3%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e6%96%b0%e3%81%9f%e3%81%aa%e5%80%8b%e4%ba%ba%e7%b5%a6%e4%bb%98%e5%88%b6%e5%ba%a6%e5%89%b5%e8%a8%ad/


。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
ぶつぶつ

上記2の記事、戸田市の佐藤市議会議員、
やざわ市議会議員を訪問させて頂いた際に、
フェイスシールドを付けて打合せをしていたのですが、
顔面に空気がこもるから、暑い暑い。。

打合せが終わったころには、汗だくになってました。

最近は口元だけプラスチックで覆う形のマスクも出てきましたね、
これなら確かに暑くはないけど、実際使ってみたらどうなんだろう。。

最近、歯医者に行ったら、歯医者はマスクとグラスを付けて治療をしていて、
フェイスシールドだと細かい所は見えづらいから、付けられないんだなーと思ったり。

訪問後からフェイスシールドについて、よく考えるようになりました(笑)
早くすごいの開発されないかなー。
(笠)

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.07)第678号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.7)第678号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

 7月3日に神奈川県内のJRの10駅で、電車の運行時間内にもかかわらず、多機能トイレの使用を制限しているという報道がありました。

▽多機能トイレに使用制限、神奈川 JR、運行時間内に10駅で施錠(外部リンク:地方紙と共同通信のよんななニュース)
https://www.47news.jp/4974612.html

 これは正当な理由なく利用を制限しているため、障害者差別解消法の不当な差別的取扱いに当たると考え、法の相談窓口である国土交通省の安心生活政策課に改善を申し出ました。

7月6日に下記の回答がありました。

「(鉄道局は)報道のあった先週金曜日の時点でJR東日本に事実確認並びに対応改善を指示したとのことです。これを受けて、JRからは、本日(6日)より横浜支社の10駅(石川町、衣笠、久里浜、矢向、宿河原、中野島、小机、寒川、上溝、南橋本)について、多機能トイレの施錠をしないこととした旨、報告を受けております。」

 国土交通省には迅速に対応してくださり、改善されました。感謝申し上げます。

このような事例は、以前は各地であったのですが、現在は障害者差別解消法の不当な差別的取扱いにあたり、上記のように国土交通省がしっかりと対応してくださいます。

みなさんの地域でもしこのような事例があれば、ぜひともDPIにご連絡ください。

▽多機能トイレに使用制限、神奈川 JR、運行時間内に10駅で施錠。改善されました(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e5%a4%9a%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%81%ab%e4%bd%bf%e7%94%a8%e5%88%b6%e9%99%90%e3%80%81%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d-jr%e3%80%81%e9%81%8b%e8%a1%8c%e6%99%82%e9%96%93%e5%86%85/


。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.07)第679号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.7)第679号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

 DPI日本会議、全国手をつなぐ育成会連合会、全国地域生活支援ネットワーク、「ともに生きる社会」を考える神奈川集会・実行委員会の4団体による一連の神奈川県への要請行動に引き続き、検証委員会の中間報告やこの間の報道で津久井やまゆり園や県立の中井やまゆり園で明らかとなった障害者虐待が色濃く疑われる事象について、適切な対応を求める要望書を7月3日、神奈川県に提出しました。

 この日は全国手をつなぐ育成会連合、DPI日本会議の2団体が参加し、育成会からは又村さん、神奈川手をつなぐ育成会会長の依田さん、副会長で新しく設置される障害者支援施設における利用者目線の支援推進検討部会(以下、検討部会)の委員でもある野口さん、DPIからは崔、白井など6名が同席しました。

神奈川県からは障害福祉課の佐藤課長、障害サービス課の高橋課長など5名にご対応いただきました。

 検討部会については、検証委員会の3名の委員の他に当事者、家族、学識経験者など合計10名を選任予定であること、検討部会の中で引き続き検証作業を進める方針であること等が示されました。

 一方で検討部会では新たに設ける指定管理要件のとりまとめと検証作業をどのようなスケジュール感で進めていくのかなどの詳細については、検討中であるという回答でした。

これを受け、やまゆり園等の検証作業に際しては「旧検証委員会の3名の意見をしっかり反映してほしい」、検討部会への当事者本人の参加の在り方について、「ただ当事者をいれればいいということではなく、しっかりと意見を言えるように環境整備や合理的配慮など工夫してほしい」など、検討部会の進め方に関してあらためてこちらの意見を伝えました。

県側からは「いただいた意見すべてを取り入れることは難しいかもしれないが、できる限り反映していきたい」という前向きなコメントがありました。

 このほか、DPIからは障害者虐待をなくしていくためにも、「国の政策に反映できるような地域移行の取り組みを神奈川県が率先して進めてほしい」、といった意見や神奈川の育成会のメンバーから川崎市の就学裁判の件についても触れながら「小さい頃から一緒に育たなければ理解など無い」、「子どもの頃からの共生が必要でインクルーシブ教育を進めてほしい」といった意見を伝え、県としても知事のコメントを踏まえた見解が示されました。

 詳細は今後決まっていくとされた検討部会の動向とともに、神奈川県発と言われるような新しい障害福祉のあり方として具体的な地域移行に向けた取り組みや教育も含めたインクルーシブな神奈川県に向けた取り組みについても注視していきたいと思います。

報告:白井(事務局次長)

▽要望書の詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/demand/%e6%b4%a5%e4%b9%85%e4%ba%95%e3%82%84%e3%81%be%e3%82%86%e3%82%8a%e5%9c%92%e7%ad%89%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e8%99%90%e5%be%85%e3%81%8c%e8%89%b2%e6%bf%83%e3%81%8f%e7%96%91%e3%82%8f%e3%82%8c/

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.13)第680号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.13)第680号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

 今回はDPIバリアフリー部会からお願いです。バスの車いす固定に反対するご意見があれば、理由を教えて頂きたいのです。

 国交省は6月に「路線バスに係る車いす事故対策検討会」を立ち上げました。

2017-19年の3年間に車椅子に関連するバス車内事故が12件あり、このうち車椅子を固定しなかったことが要因と考えられる事故が9数件あったそうです。

さらに、今年5月のバリアフリー法改正で、公共交通事業者のソフト基準適合義務が新たに設けられました。こういったことを受けて、検討会が立ち上がったのです。

この検討会のポイントは、車椅子の固定です。バス車内での車椅子固定については車椅子ユーザーでも意見が分かれるところですので、ぜひ、ご意見をお寄せいただきたいと思います。

・車椅子固定に反対する車椅子ユーザーの主な意見はだいたい下記のようなものだと考えています。
・運転手さんが固定方法を知らない
・固定するのに時間がかかる。
・固定するのに時間がかかるので、他の乗客に申し訳ない(クレームを言われたことがある)。
・横の横転ベルト、輪止めだけで充分だと思っている。
・車椅子のフレームに傷がつく。

これ以外にも反対する意見があれば、その理由とともにぜひとも教えていただきたいのです。

 私は、運転手さんが迅速・的確に車椅子を固定できるようしてくれるなら、固定をしてもかまわないと考えています。

私は手動車椅子なので、実際に発進時、カーブ時、停車時に車椅子が揺れて危ない思いをしたことが何度かあります。

バスの場合は電車等と違い揺れが大きいので、他の乗客にぶつかって怪我をさせる恐れもありますので、車椅子固定はしたほうが良いのではないかと思うのです。

いやいやこういう事情があるから固定はだめですよ、というご意見があれば、ぜひ、教えていただきたいのです。

バス乗車時の車椅子固定について、反対する意見があれば理由を教えて下さい。

■送付方法:
1.オンラインフォームから送る(グーグルフォーム)
▽オンラインフォームはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8WGCByNpTwM8_ONOxXnouaE0OXRjRaCgMbCvqjKPbiZ2VlQ/viewform

2.メールにて送付
・件名を「バス固定」、本文に「1.お名前、2.メールアドレス、3.団体名(あればお答えください、無ければ無しで結構です)4.バスの車いす固定に反対する理由」を書いてお送りください

・送付先:office※dpi-japan.org(※を@に変えてお送りください。)

■募集期間:2020年7月13日(月)〜31日(金)
※アンケートでご回答いただいた内容については、お名前、団体名、メールアドレスは伏せた上で、参考意見として使用させて頂く場合もございます。また詳しい内容を伺いたい場合、頂いたメールアドレスへご連絡させて頂くこともございます。頂いた情報は、上記以外の目的では使用いたしません。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

佐藤 聡(事務局長)

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
ぶつぶつ

私は手動車いすに乗っているのですが、
バスに乗るとき、運転手の方によって
固定をしてくれる方とそうじゃない方がいらっしゃいます。

また固定をしてくれても、前輪の一部だけしか固定してくれなかったり、
固定が緩かったりして、何度も後ろに転倒しそうになったことがあります。

それに加えて混雑しているときは、運転手の方も怪訝そうな顔をされるので、
ちゃんと固定して!って言えない時もあり。。

私はバス乗車時は固定をしてほしいのですが、
そうではない方の意見も是非お聞きしたいです。

バスの固定なんか嫌だ!と思っている方、
是非アンケートへのご協力よろしくお願いします。

(笠)

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.20)第681号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.20)第681号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
「DPI活動日記」、Vol.31をお送りします。

◆◇───DPI活動日記 ヘッドライン──◇◆
1) JR新宿駅 2つ目のバリアフリールートが出来ました!
2) 7月12日(日)新幹線車椅子用フリースペース実証実験 参加報告
3) 川崎就学訴訟「ゆるせない!」横浜地裁判決 問題点とこれからの取り組み 報告集会
────────────────────

--------------------------------------
1)JR新宿駅 2つ目のバリアフリールートが出来ました!
〜2019年からのバリアフリー整備ガイドラインに沿った改修〜
--------------------------------------
 JR新宿駅に、2020年7月19日に東西自由通路が開通しました。東口と西口が地下一階の北通路で結ばれて便利になったのですが、注目して欲しいのは、各ホームに2基目のエレベーターが設置され、バリアフリールートが2ルートになったことです。

 従来は、各ホームに降りるエレベーターは南口しかなく、東口や西口から入っても必ず構内を移動して南口を経由しないとホームに行けませんでした。

しかし、今回の改修で西改札付近(駅の北側)に2つ目のエレベーターがついたので、大回りせずにホームに行けるようになりました。さらに、エレベーターは24人乗りと非常に大きく快適です。

▽写真付きの報告続きはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/jr%e6%96%b0%e5%ae%bf%e9%a7%85%e3%80%802%e3%81%a4%e7%9b%ae%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%81%be%e3%81%97/


--------------------------------------
2)7月12日(日)新幹線車椅子用フリースペース実証実験 参加報告
--------------------------------------
 7月12日に新幹線の実証実験を行いました。昨年末から国交省の呼びかけで、新幹線を運用しているJR5社と障害者団体で新幹線のバリアフリー化のワーキンググループ(WG)を実施しております。

このWGはこれまでに5回開催され、車いす用フリースペースのレイアウトや車内設備、切符購入・予約方法などソフトとハードの改善について話し合いを続けております。

 今回はJR東海のご協力を得て、N700Sの車両を用いて車いす用のフリースペースを4席分設け、通路幅やスペース、移動の導線等について検証が行われました。

新型コロナウィルスの感染予防の観点から感染防止策を施して、人数を絞っての開催となりましたが、DPI日本会議をはじめとする障害者団体から、手動車いす、電動車いす、ハンドル型電動車いすの使用者が参加しました。

▽写真付きの報告続きはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/7%e6%9c%8812%e6%97%a5%ef%bc%88%e6%97%a5%ef%bc%89%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e8%bb%8a%e6%a4%85%e5%ad%90%e7%94%a8%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%ae%9f%e8%a8%bc/



--------------------------------------
3)川崎就学訴訟「ゆるせない!」横浜地裁判決
問題点とこれからの取り組み 報告集会
--------------------------------------
 2020年7月12日、川崎就学訴訟の判決に対して、問題点とこれからの取り組みに関する報告会が開催されました。Zoomを使用したことで全国からの参加があり、自宅にいる和希くんの参加もありました。

 判決後、和希くんご家族は住み慣れた川崎市から世田谷区へ引っ越しをし、通常学級籍を得ました。和希くんにとって、貴重な小学校生活を一日でも早くスタートさせるための決断であったと思います。

学校は新型コロナウイルス感染拡大対策として1か月以上休校措置となっていましたが、現在は週に4日程通えているとのことでした。

学校では、同じ教室で共に学び、給食の時間に同じものを食べ(嚥下はできないので味見をする)、休み時間も同じ時間を過ごしています。

ソーシャルディスタンス確保のため、近い距離で遊んだり学習したりする機会は減っているようですが、教室に入ると自然と声をかけてくれるようになってきたそうです。

▽報告続きはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/education/%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b0%b1%e5%ad%a6%e8%a8%b4%e8%a8%9f%e3%80%8c%e3%82%86%e3%82%8b%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%e3%80%8d%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%9c%b0%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%b1%ba%e5%95%8f%e9%a1%8c/


以上です、気になる報告詳細は各リンクからご覧ください。
また次回お楽しみに☆
。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.26)第682号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.26)第682号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
「相模原障害者殺傷事件」から4年が経過し、コロナ禍の中で迎える7.26声明を
本日出しましたのでご覧ください。

----------------------------------------
「相模原障害者殺傷事件」から4年 コロナ禍の中で迎える7.26声明
----------------------------------------

 4年前の今日、2016年7月26日、神奈川県相模原市にある津久井やまゆり園に入所していた方々が襲われ、19人もの尊い生命が奪われ、26人が重軽症を負わされた「相模原障害者殺傷事件」が起きた。

事件から4年を迎える今年3月31日、事件の犯人である植松被告に対して死刑が確定した。

私たち障害当事者や家族、支援者らは、事件直後からこの事件の背景や原因は、死刑囚となった植松個人だけの問題ではなく、差別や偏見を払拭できず優性思想を生み出している社会(過去の過ちからの教訓を活かしきれず人権意識の低い福祉・教育等の制度・施策・環境・報道の歪み等)の側にこそあると考え、裁判を通じてそれが究明されることを期待した。

判決文では、「犯行動機の中核である被告人の重度障害者に関する考えは、被告人自身の本件施設での勤務経験を基礎」として、津久井やまゆり園における入所者への対応状況が背景にあったことは明言されたものの、裁判では植松個人の責任能力の有無に焦点が当たり、彼の「重度障害者は不幸しか作れない」、「殺した方が社会の役に立つ」という主張の背景や原因を深く掘り下げることはできずに結審した。

 他方、本件とは別に津久井やまゆり園での他の職員による利用者への虐待案件、不適切対応等があったことが明らかになった。量刑が確定したとはいえ、史上最悪となった障害者殺傷事件の舞台となった津久井やまゆり園における虐待事例の検証を曖昧にしたままでは、本事件の本質的な解明にはつながらない。

判決で明らかになったとはいいがたい植松死刑囚の直接的犯行動機の形成過程が、職場での環境等と関係があったのかなかったのか、今後丁寧に検証される必要があることは明らかである。

 裁判の行方はそれなりに世間に注目はされたが、全世界的な新型コロナウィルス感染症のパンデミックの中、死刑確定と共に急速に世間の関心度が低下している。

事件を風化させず「共に生きる社会とは何か」を考え続けるために毎年開催してきた追悼集会は、コロナ禍で今年の開催は見送らざるを得なかった。

いま、過去の事例から植松死刑囚の早期執行を予測する報道も出始めているが、刑の執行では事件の本当の解決は望めない。世界中のコロナ禍で、人権意識の高いと思われていた国々でも障害や高齢を理由とした命の選別が行われたり、検討されはじめている。いわば生産性の有無や高低を基準としたものであり、「優生思想の復活あるいは容認」が再び広がりかねない。

他方、ロックダウンにより自由な行動や判断を他人に制限される不自由を世界中の人々が経験し、そうした自由を剥奪された環境では、虐待事例が増えることも実証された。また障害のある人の感染リスクは、在宅より入所施設の方が高いことも国内外の事例から判明しつつある。

第二、第三の植松の誕生を招くことなく、優生思想を根絶し、差別や虐待を防ぐための方策の必要性を、このコロナ禍は指し示している。「新しい日常生活」という、「これまでの日常生活」の中での権利性を奪う時代状況の中で、事件を風化させてはならない。

 また、神奈川県は、これまでの「津久井やまゆり園利用者支援検証委員会」を発展改組した「障害者支援施設における利用者目線の支援推進検討部会」(以下、検討部会)を設置し、津久井やまゆり園を含む6つの施設における支援の在り方などの検証を行うとしている。

ここでは津久井やまゆり園事件の背景やその一つとされる虐待についてもきちんと検証されなければならない。私たちはこの検討部会の動きに注視していく。

 さらに、直前の7月23日に京都でALS患者の安楽死事件が発覚し、2人の医師が逮捕された。7月24日の京都新聞の報道によれば、『医師2人のうち大久保容疑者は「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していた。』という。

今後より詳しい真相の解明がなされると思うが、植松死刑囚の考え方との共通性に強い危機感を抱く。この事件を契機に「尊厳死の法制化」を議論する必要性に言及する声も出始めているようだが、私たちは、かねてから現状での尊厳死法制化に反対しており、今回の事件においても、ご自身がALSの当事者である舩後参議院議員が発信された『「死ぬ権利」よりも、「生きる権利」を守る社会にしていくことが、何よりも大切です。

どんなに障害が重くても、重篤な病でも、自らの人生を生きたいと思える社会をつくること』をはじめ、他の「生きる」選択をされた多くの当事者の方々が発信されている声を重く受け止めるべきと考える。

 事件から満4年の今日、私たちは、改めて事件の風化を阻止し、障害によって分け隔てられないインクルーシブ社会の実現を目指して行動していくこと事を誓う。そして、社会のあらゆる人々に、ともに考え行動していくことを強く期待する。

2020年7月26日

認定NPO法人DPI本会議
全国自立生活センター協議会(JIL)
「ともに生きる社会」を考える神奈川集会・実行委員会
(順不同)


▽DPIホームページの記事はこちら
http://dpi-japan.org/blog/demand/%e3%80%8c%e7%9b%b8%e6%a8%a1%e5%8e%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e8%80%85%e6%ae%ba%e5%82%b7%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%80%8d%e3%81%8b%e3%82%894%e5%b9%b4-%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e7%a6%8d%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7/

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.07.27)第683号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.07.27)第683号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
「DPI活動日記」、Vol.32をお送りします。

◆◇───DPI活動日記 ヘッドライン──◇◆
1) 高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準の改正に関する検討会及び小規模店舗WG 2) 砧公園 ユニバーサルデザイン遊具がすごい!〜東京都 障がいの有無に関わらず、子ども達が安全に遊ぶことができる遊び場の整備〜
3) 第1回ユニバーサル社会における「MaaS」の活用方策についての研究会
────────────────────

--------------------------------------
1)高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準の改正に関する検討会及び小規模店舗WG(第2回)報告
--------------------------------------
6月29日、高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準の改正に関する検討会及び小規模店舗WG(第2回)が開催され、DPIから佐藤事務局長が出席してきました。

この検討会は、従来店舗内のバリアフリー整備基準がなかったため、建築設計標準を見直し、小規模店舗のバリアフリー化を図るために設置されました。

昨年度に第一回検討会及び小規模店舗WGが合同開催され、本年度は検討会を2〜3回程度、WGを3〜4回程度開催し、建築設計標準改正(案)のとりまとめを作成し、2020年度内を目途に、建築設計標準の改正を行う予定です。

▽話し合われた内容の詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e3%80%81%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e8%80%85%e7%ad%89%e3%81%ae%e5%86%86%e6%bb%91%e3%81%aa%e7%a7%bb%e5%8b%95%e7%ad%89%e3%81%ab%e9%85%8d%e6%85%ae%e3%81%97%e3%81%9f%e5%bb%ba%e7%af%89/

--------------------------------------
2)砧公園 ユニバーサルデザイン遊具がすごい!〜東京都 障がいの有無に関わらず、子ども達が安全に遊ぶことができる遊び場の整備〜
--------------------------------------
 都立砧(きぬた)公園(世田谷)に、障害の有無にかかわらず一緒に遊べる遊具が整備されたということで、7月19日に見に行ってきました。

私は結構なおっさんなので、遊具をしっかり見たのは、子ども時代以来の45年振りでした。インクルーシブな進化に驚きました。

 きっかけは、2018年の都議会で、龍円愛梨都議がインクルーシブ公園の必要性を訴えたことだそうです。そこから、東京都は障害児の保護者、支援団体、有識者の意見を聞いて、設計をおこなったそうです。

▽図表などの載った報告続きはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e7%a0%a7%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%80%80%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%81%8a%e5%85%b7%e3%81%8c%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bd%9e/


--------------------------------------
3)第1回ユニバーサル社会における「MaaS」の活用方策についての研究会
--------------------------------------
 「MaaS(Mobility as a Service)」って聞いたことありますか?

 新しい移動の概念なのですが、ICT を活用して、マイカー以外のすべての交通手段による移動を1つのサービスとしてシームレスにつなぐというものです。

例えば、車いすの私はどこかへ行く時に、いくつかの鉄道会社やバス等を使って移動しています。鉄道会社ごとに切符を予約・購入したり、スロープ板を持ってきてもらえるように頼んだりしていますが、1つ1つやらないといけないので結構大変なのです。

それが、スマホのアプリ等を使って一括して各公共交通事業者に連絡し、運賃の決済もできるようになる、というものです。近い将来、MaaSの時代がやってくるのです。

▽報告続きはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%ab%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e3%80%8cmaas%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%b4%bb%e7%94%a8%e6%96%b9/


以上です、気になる報告詳細は各リンクからご覧ください。
また次回お楽しみに☆

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.08.03)第684号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
   DPI日本会議メールマガジン(20.08.03)第684号
        DPI-JAPAN Mail Magazine
    --DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!--
      https://goo.gl/E3LJoV
    ※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
     募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

現在の国の動き、障害者運動に何が起きようとしているのか、
情勢を追いかけるためにもってこいの「ここに注目!メールマガジン」8月号をお届けします。

今月の注目すべき検討会・パブリックコメント・裁判・イベント・動きなど各分野でまとめてお届けします。
これをみれば一目瞭然!

■───今、ここに注目してください!!─────■
今月の検討会・パブリックコメント募集など
   今月の注目すべきポイント・情報をまとめました!
■────────────────────■

凡例:◎=大注目! 〇=注目! △=よかったら見て

──────────────────────
【地域生活】
○注目!
2021年度障害福祉サービス等報酬改定検討チームで、団体ヒアリングが始まっています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai_446935_00001.html
<ワンポイント解説>
報酬改定は3年ごとに行われます。前回は平成30年度(2018年度)でしたので、つぎは来年です。DPIのヒアリングは7月30日(木)でした。
ヒアリング団体からの提出資料は上記のURLで見られます。「限りある財源をどう分配するか?」という障害福祉予算内での分捕り合戦に持ち込まれないように、総額自体の低さ、発想の転換、地域移行・地域生活のためのサービスと報酬の充実を求めています。


【バリアフリー】
◎大注目!
8月上旬(詳細未定) 新幹線のバリアフリー対策検討会 実証実験  
<ワンポイント解説>
新型コロナウイルス感染防止策として密を避けるために、7月12日に続き、2回目の実証実験が予定されています。次回は、ストレッチャー型等の車いす、呼吸器搭載の車いすのテスト等を行う予定です。

▽7月12日(日)新幹線車椅子用フリースペース実証実験 参加報告(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/7%e6%9c%8812%e6%97%a5%ef%bc%88%e6%97%a5%ef%bc%89%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e8%bb%8a%e6%a4%85%e5%ad%90%e7%94%a8%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%ae%9f%e8%a8%bc/

◎大注目!
公立小中学校のバリアフリー化検討会(詳細未定)
<ワンポイント解説>
5月のバリアフリー法改正で、新たに公立小中学校のバリアフリー化が義務化されました。文科省では、これをうけて検討会を立ち上げました。7月31日(金)に第一回が開かれました。詳細については続報します。


【権利擁護】
○注目!
募集期間:7月29日(水)から年8月28日(金)まで
パブコメ:「大阪府障害を理由とする差別の解消の推進に関する条例の改正(案)」に対する府民意見等の募集について
http://www.pref.osaka.lg.jp/keikakusuishin/syougai-plan/sabekai_jyoreikaisei.html
<ワンポイント解説>
大阪府条例の改正のポイントは、民間事業者への合理的配慮の義務づけ、あっせんに合理的配慮に関する案件も対象にする(これまでは差別的取り扱いのみ)というものです。障害者差別解消法では、民間事業者は合理的配慮の提供が義務ではありません。次の法改正でぜひとも義務化してほしいのですが、大阪府のように条例で義務化するところが増えると、国に法改正に良い影響を与えます。ぜひ、全国のみなさん、大阪府条例パブコメにご意見をお送り下さい。


【国際協力】
△よかったら見て
<ADA(障害をもつアメリカ人法)成立30年>
1990年7月26日に成立したADAは今年30年を迎えます。記念のウエビナーやマーチなどさまざまなことが企画されています。ADAに関してはよく英日通訳でお世話になる斉藤明子さんの著書「アメリカ障害者法─全訳・原文」(現代書館)を読んでください。
また、権利擁護運動を発展させ、遂にADA成立に至ったアメリカの障害者のパワーを知るには、是非Netflix で『ハンディキャップ・キャンプ: 障害者運動の夜明け』(Crip Camp) をみてください。日本語の字幕がついています。「1971年にウッドストック近くで行われた障害をもつティーン向けサマーキャンプの参加者は何かに目覚めたように動き出し、ついには歴史に刻まれる長い人権運動&改革へと発展!」との解説もついています。参加者の中にはジュディ・ヒューマンさんもいます。
<ワンポイント解説>
ADAはその後改定も行われているので、ネットでいくつかのADAに基づく裁判などと一緒に内容を見ていくと面白いです。

▽アメリカ障害者法─全訳・原文 (日本語) 単行本(外部リンク:Amazon)
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%B3%95%E2%80%95%E5%85%A8%E8%A8%B3%E3%83%BB%E5%8E%9F%E6%96%87-%E6%96%8E%E8%97%A4-%E6%98%8E%E5%AD%90/dp/4768433766

▽「Crip Camp」現在Youtubeで無料公開中です(外部リンク:Youtube)。※こちらは英語のみになります。日本語字幕が必要な方は有料になりますが、下記Netflixからどうぞ)。
https://www.youtube.com/watch?v=OFS8SpwioZ4&feature=emb_title

▽「Crip Camp」 日本語字幕有り(外部リンク:Netflix)
https://www.netflix.com/jp/title/81001496


【障害女性】
◎大注目!
各地で優生保護法裁判が再開されています!!
2高裁7地裁での裁判に、今後もご注目ください!
<ワンポイント解説>
 6月30日東京地裁判決は、この法律が憲法違反であったかどうかも明確にはされず、昨年の仙台判決より後退したものとなりました。1996年の母体保護法改正によって、社会に差別はなくなり、それからすでに20年以上経っていること(除斥期間)を理由に原告側敗訴という不当判決がなされました。原告の北三郎さん(仮名)は7月10日に控訴されたので、これからも応援していきましょう。また7月3日には全国初の視覚障害女性が、静岡地裁に提訴しました。これで原告は全国で25名となりました。

<8月に予定されている裁判>
8月19日 (水)14:00〜 第9回口頭弁論 渡辺さん・川中さん(仮名) 熊本地裁 

<今後予定されている裁判>
9月4日(金) 16:00〜17:00 仙台訴訟控訴審第2回期日 仙台高裁
9月24日(木) 10:30〜17:00 兵庫訴訟第9回口頭弁論期日 神戸地裁
9月25日(金) 10:00〜 小島さん結審予定  札幌地裁
10月29日(木) 11:00〜 匿名夫婦結審予定 札幌地裁
11月12日(木) 13:30〜17:00 兵庫訴訟第10回口頭弁論期日 神戸地裁
11月30日(月) 14:00〜 大阪地裁判決


。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
今月のひとこと
「暑い!」と汗を流しながら空を仰ぎ見ようとすると、
一軒家の塀の奥の、私の背よりずっと高いひまわりたちと目が合いました。
この前まで曇天続きだったのに、気がつけばあっという間に盛夏。
季節の巡りに振り落とされないようにと相変わらずいっぱいいっぱいですが、
ひまわりの泰然さから何かを学びとった気がした今日この頃です。
                    
                     (ゆ)
。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°

【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=406
▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページをご覧ください
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.08.06)第685号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.08.06)第685号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

■お知らせ■
新型コロナウイルス感染者増加という状況を鑑みて、8月は月曜日・水曜日・金曜日のみ、DPI日本会議の事務所を開所します。
火曜日・木曜日は、スタッフは基本的にテレワークとなります。電話、メールはこれまで通り対応しております。
ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------
「DPI活動日記」、Vol.33をお送りします。

◆◇───DPI活動日記 ヘッドライン──◇◆
1) 京都ALS女性殺害事件に対する声明
2) 報酬改定検討チームの関係団体ヒアリングに出席しました
3) 8月3日(月)第2回「新幹線実証実験」報告
4) みんなで楽しもう!映画上映文化祭」精神障害当事者会ポルケの皆さんにお話を伺ってきました
────────────────────

--------------------------------------
1)京都ALS女性殺害事件に対する声明
--------------------------------------
DPI日本会議では全国自立生活センター協議会、NPO法人 ALS/MNDサポートセンターさくら会、NPO 法人 境を越えて、呼ネット(人工呼吸器ユーザーネットワーク)、バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~、神経筋疾患ネットワーク(以上敬称略)とともに、京都で起きたALSの女性殺害事件に対して7月30日に声明を出しました。

▽声明全文はこちらからご覧ください(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/demand/%e4%ba%ac%e9%83%bdals%e5%a5%b3%e6%80%a7%e6%ae%ba%e5%ae%b3%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a3%b0%e6%98%8e/


--------------------------------------
2)報酬改定検討チームの関係団体ヒアリングに出席しました
--------------------------------------
 7月30日に開催された第11回障害福祉サービス等報酬改定検討チームの関係団体ヒアリングにDPIから今村事務局次長と白井事務局次長が出席しました。

 この検討会はおよそ3年ごとに見直しが行われている障害福祉サービス等の報酬改定の検討を行うために設置された常設の検討会で、現在、令和3年度に予定されている障害福祉サービス等報酬改定に向けた関係団体ヒアリングが行われています。

今回のヒアリングでは、

・より質の高いサービスを提供していく上での課題及び対処方策・評価方法
・地域において、利用者が個々のニーズに応じたサービスの提供を受けられるようにするための、サービス提供体制の確保に向けた課題及び対処方策
・障害福祉サービス等に係る予算額が、障害者自立支援法施行時から3倍以上に増加し、毎年10%弱の伸びを示している中で、持続可能な制度としていくための課題及び対処方策
・新型コロナウイルス感染症による影響
の4つの視点について、各団体からの意見聴取が行われています。

▽DPIからの提出意見など詳細はこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/community/%e5%a0%b1%e9%85%ac%e6%94%b9%e5%ae%9a%e6%a4%9c%e8%a8%8e%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e5%9b%a3%e4%bd%93%e3%83%92%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e5%87%ba%e5%b8%ad/


--------------------------------------
3)8月3日(月)第2回「新幹線実証実験」報告
--------------------------------------
8月3日(月)に2回目の新幹線実証実験を行いました。新型コロナウイルス感染防止策として、三密を避けるために参加者を2回に分けて行ったものです。前回は4席レイアウトでしたが、今回はJR東海様のご協力で6席レイアウトの検証を行いました。

▽報告続きはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e7%ac%ac2%e5%9b%9e%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e5%ae%9f%e8%a8%bc%e5%ae%9f%e9%a8%93%e5%a0%b1%e5%91%8a/



--------------------------------------
4) みんなで楽しもう!映画上映文化祭」精神障害当事者会ポルケの皆さんにお話を伺ってきました
--------------------------------------
2018年度から3年間、DPIではどんな障害を持っていても楽しめる「バリアフリー映画上映会」を企画検討し、開催してきました。(キリン福祉財団助成事業 インクルーシブまるごと実現プロジェクト)

今年度も「みんなで楽しもう! 映画上映会」開催に向け、障害当事者の方に映画館で困っていること、改善してほしいことを伺うアンケート調査を行っています。

7月19日(日)には「精神障害当事者会ポルケ」のみなさんに、映画館で困っていること、改善してほしいことを伺う事が出来ました。

▽いただいたご意見の紹介などはこちら(DPIホームページ)
http://dpi-japan.org/blog/workinggroup/art/%e3%80%8c%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%a7%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%86%ef%bc%81%e6%98%a0%e7%94%bb%e4%b8%8a%e6%98%a0%e6%96%87%e5%8c%96%e7%a5%ad%e3%80%8d%e3%80%80%e7%b2%be%e7%a5%9e%e9%9a%9c/


以上です、気になる報告詳細は各リンクからご覧ください。
また次回お楽しみに☆

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.08.20)第686号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.08.20)第686号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
「DPI活動日記」、Vol.34をお送りします。

◆◇───DPI活動日記 ヘッドライン──◇◆
1) 【募集】「みんなで楽しもう!映画上映文化祭」第二弾 アンケートご協力のお願い
2) スマホやパソコンがあれば受講できる「バリアフリー障害当事者ステップアップ研修 -私たちが地域を変えていく-」
3)【DPI後援イベント】改正バリアフリー法の”理念と実践”
4) 【報告】第二回路線バスに係る車いす事故対策検討委員会 事前意見交換会
────────────────────

--------------------------------------
1)【募集】「みんなで楽しもう!映画上映文化祭」第二弾 アンケートご協力のお願い
--------------------------------------
DPIが(公財)キリン福祉財団から助成をいただき実施している、「インクルーシブまるごと実現プロジェクト」の一環である「ソーシャルインクルージョンの視点に基づく障害者文化芸術」事業のイベントとして、今年1月に「みんなで楽しもう! 映画上映文化祭」を開催しました。

「みんなで楽しもう!映画上映文化祭」とは、あらゆる社会的障壁を超えて障害の有無にとらわれず、インクルーシブでみんなが「楽しい」時間と空間をともに過ごすために企画されているイベントです。

私たちDPIは、映画鑑賞とは本来、誰もが楽しめるものであってほしいという願いを持っています。しかしながら、「上映中にしゃべってはいけない」「大きな声を出さないでください」などの注意喚起のアナウンスがしばしば映画館では流れます。

今の映画館のありようが、様々な障害を持つ人たちにとって社会的障壁になっているということが、2018年度からの取り組みでより鮮明になってきました。

「誰もが」「障害の有無に関係なく」「ともに」同じ時間と空間を楽しむには何が必要なのか。それを私たちは引き続き追求していきます。

映画館での映画鑑賞で困っていること、改善してほしいことがあれば、ぜひ私たちに教えてください。

▽アンケートフォームはこちらです(外部リンク:Googleフォーム)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf9DkUez35tZKw9QW1EdBl_w4AFUa2jsbBOCfu0bqjfvpZS5Q/viewform

▽企画の詳細はこちら(DPIホームページ)
https://www.dpi-japan.org/blog/workinggroup/art/%e3%80%90%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%80%91%e3%80%8c%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%a7%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%86%ef%bc%81%e6%98%a0%e7%94%bb%e4%b8%8a%e6%98%a0%e6%96%87%e5%8c%96%e7%a5%ad%e3%80%8d/



--------------------------------------
2)スマホやパソコンがあれば受講できる「バリアフリー障害当事者ステップアップ研修 -私たちが地域を変えていく-」
--------------------------------------
毎年各地で開催している『バリアフリー障害当事者リーダー養成研修』。今年は新型コロナの影響により形を変え、オンラインにてステップアップ研修として開催することになりました。

地域のバリアフリー化を進めるためには当事者の声が必要です。本研修は「研修は受けたけどもっと具体的に勉強したい!」「当事者講師として呼ばれたけどまだ不安…。」

そのような声にお応えした内容となっております。

また今回の研修には移動等円滑化評価会議に参加している方と意見交換できる時間があります。当事者が参画する様々な場面では、何をアピールしどう提案できるかがポイントの一つです。

今回の研修では、そのヒントも盛りだくさん。既に活動している方も是非この機会を利用し、ご自身の自信に繋げてください。

■日時:
 第1回:10月29日(木)10:30〜14:40
 第2回:11月5日(木) 10:30〜14:30
 第3回:11月12日(木)10:30〜13:00

▽場所や対象者などの詳細はこちら(DPIホームページ)
https://www.dpi-japan.org/blog/events/%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%84%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8c%e3%81%b0%e5%8f%97%e8%ac%9b%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%95/



--------------------------------------
3)【DPI後援イベント】改正バリアフリー法の”理念と実践”
--------------------------------------
2018年に高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(通称:バリアフリー法)が改正されました。改正法には新たに基本理念が掲げられ、社会的障壁の除去に資すること、誰もが分け隔てられることない共生社会の実現を位置づけました。具体的な施策としては、マスタープラン制度の創設、情報提供の充実、心のバリアフリーの推進などが強化されています。

特にマスタープランの策定にあたっては、従来の基本構想の枠組みを超えて、総合的、長期的な視点で市町村全体の包括的なバリアフリー化指針として策定することが望まれます。策定にあたっては、障害当事者をはじめ多様な市民と事業者、行政の協働による共創知が求められます。

本講習会では、第1部において法律制定の歴史的経緯から最新の取り組み状況を踏まえ、共生社会の実現に向けて、国のガイドラインには書いていない改正バリアフリー法の活用方法について解説します。そして第2部では、さまざまな障害当事者の声を聴く場を設け、共に考え、創っていく知について考えます。

日時:2020年10月9日(金)13:00〜17:00

▽お申し込みフォーム(外部リンク:Googleフォーム)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeR-emidjP5RRUY2LenPK37z1yQ7HqvtEHJoC-BLlb5SEhqVg/viewform

▽会場等イベントの詳細はこちら(DPIホームページ)
https://www.dpi-japan.org/blog/events/%e3%80%90dpi%e5%be%8c%e6%8f%b4%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%91%e6%94%b9%e6%ad%a3%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%90%86%e5%bf%b5/



--------------------------------------
4)【報告】第二回路線バスに係る車いす事故対策検討委員会 事前意見交換会
--------------------------------------
8月18日、西武バス株式会社の本社にて第二回路線バスに係る車いす事故対策検討委員会の事前意見交換会が開かれ、バリアフリー部会の山嵜副部長と部会メンバーの工藤が出席してきました。この意見交換会には、西武バスの乗務員やお客さまサービス課、運輸安全課、日本バス協会、国土交通省自動車局、交通エコロジー・モビリティ財団の方々も出席しました。

▽報告の詳細はこちら(DPIホームページ)
https://www.dpi-japan.org/blog/workinggroup/traffic/%e3%80%90%e5%a0%b1%e5%91%8a%e3%80%91%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e8%b7%af%e7%b7%9a%e3%83%90%e3%82%b9%e3%81%ab%e4%bf%82%e3%82%8b%e8%bb%8a%e3%81%84%e3%81%99%e4%ba%8b%e6%95%85%e5%af%be%e7%ad%96%e6%a4%9c/


以上です、気になる報告詳細は各リンクからご覧ください。
また次回お楽しみに☆

。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.08.31)第687号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
DPI日本会議メールマガジン(20.08.31)第687号

DPI日本会議の活動へご支援をお願いします!
https://goo.gl/E3LJoV

※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、
募金・寄付は控除の対象になります。
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
本日は、DPIの加盟団体である「全国障害学生支援センター」から
アンケート回答へのご協力のお願いです。

◆◇──────────────────◇◆
新型コロナウイルス感染症(Covid19)に伴う
障害者に関するアンケート回答のご協力のお願い
◆◇──────────────────◇◆
2019年の終わりから全世界で新型コロナウイルス感染症(Covid19)が大流行して、各国で外出禁止令等の市民の日常生活を制限されました。それは日本も例外なく影響され、学校の休校や仕事を自宅で行うオンライン化が進み、外出自粛という事態になりました。

こうした中でこれまで行われてきた学びのスタイルや日常生活における合理的配慮とは全く違う状況になり、困っていることが多くあるのでないかと思いました。そのような思いから今回はアンケートを行い、障害当事者の現状を知りたいと思います。

皆さんから回答していただいたアンケートは集計した後に、当センターが発行する『大学案内2021障害者版』の付録、機関誌「情報誌・障害をもつ人々の現在」に掲載して、情報を公開させていただきます。

下記の通りにアンケートを実施いたします。是非ご協力いただけますよう、お願いいたします。また、お知り合いの方にもこのアンケートをご紹介頂けたら幸いです。
▽アンケート概要はこちらからご覧ください。
https://www.nscsd.jp/Topics/Covid19/

▽アンケートはこちらからご回答ください(ウェブフォーム)
▽ウェブアンケート生活編
https://docs.google.com/forms/d/1CB4A1PrOsnbYdRHp15FB-_Dm5awY2dR2_LHSZcaKdOU/edit
▽ウェブアンケート学校編
https://docs.google.com/forms/d/1_ZXNd2CHTZpngsDJfGKHD5l9jdQPv9aul4IYjXBshfs/edit

▽テキストファイル生活編
https://www.nscsd.jp/Topics/Covid19/txt/Seikatsu.txt
▽テキストファイル学校編
https://www.nscsd.jp/Topics/Covid19/txt/Gakko.txt
※ウェブアンケート、テキストファイル以外の回答をご希望の方は下記のアドレスまでに連絡をいただけますよう、お願いいたします。

■問い合わせ先
全国障害学生支援センター 学生交流事業
担当:雪、川合
メール:gakuseikoryu.nscsd@@arsvivendi.commail.com
※全国障害学生支援センターの事務局と窓口が異なります。ご注意ください。




。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
http://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
https://giveone.net/supporter/project_owner.html?owner_id=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
http://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
http://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


>TOP

■DPI日本会議メールマガジン(20.09.01)第688号

☆----「われら自身の声」を届けます!----☆
   DPI日本会議メールマガジン(20.09.01)第688号
        DPI-JAPAN Mail Magazine
☆--------------------------------------☆

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。

現在の国の動き、障害者運動に何が起きようとしているのか、
情勢を追いかけるためにもってこいの「ここに注目!メールマガジン」9月号をお届けします。

今月の注目すべき検討会・パブリックコメント・裁判・イベント・動きなど各分野でまとめてお届けします。
これをみれば一目瞭然!

■───今、ここに注目してください!!─────■
検討会・パブリックコメント募集など
今月の注目すべきポイント・情報をまとめました!
■────────────────────■

凡例:◎=大注目! 〇=注目! △=よかったら見て

──────────────────────────
【地域生活】
〇注目!
8月27日(木)に社保審障害者部会が開かれました。ちなみにこの回で第100回だそうです。
▽社会保障審議会のページはこちら(外部リンク:厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000195428_00020.html

<ワンポイント解説>
資料が1〜9までありますが、DPI地域生活部会としては特に次の4つの資料は要チェックです。
チェクページは( )で表示しています。
・資料1   障害福祉サービス等報酬改定検討チームの議論の状況について
     (P2:令和3年度障害福祉サービス等報酬改定に向けた検討の進め方)
・資料2   障害者就労に係る最近の動向について
     (P9:重度障害者等に対する通勤や職場等における支援について)
・資料3   精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築について
     (P5:精神科救急医療体制整備に係るワーキンググループの開催について)
・資料9   障害福祉計画及び障害児福祉計画に係る基本指針の見直しについて
     (P2:第6期障害福祉計画及び?第2期障害児福祉計画に係る基本指針の見直しについて)


〇注目!
報酬改定検討チームの会議が次回、次々回と日程決まっていますので、こちらにも注目してください。
次回:9/11(金)15:00〜17:00
次々回:9/24(木)15:00〜17:00

▽詳細はこちらからご覧いただけます(外部リンク:厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai_446935_00001.html


【交通バリアフリー】
◎大注目!
9月1日(火) 第2回「公共交通機関のバリアフリー基準等に関する検討会」 
<ワンポイント解説>
 8月28日(金)に第2回新幹線のバリアフリー対策検討会が開かれ、最終とりまとめが公表されました。この検討会でまとめた新幹線の車いす用席等の基準について、バリアフリー法の基準である移動等円滑化基準・ガイドラインに反映させるべく、検討会が開かれます。これまでの基準を大幅に改善します。この検討会を経てパブコメもありますので、始まりましたらこのコーナーでご連絡します。

▽とりまとめはこちらからご覧いただけます(外部リンク:国土交通省)
【新幹線のバリアフリー対策検討会 8 月 28 日(金)】
▽とりまとめ「新幹線の新たなバリアフリー対策について〜真の共生社会の象徴として〜」
https://www.mlit.go.jp/tetudo/content/001361005.pdf
▽概要
https://www.mlit.go.jp/tetudo/content/001361006.pdf


◎大注目!
9月10日(木)第2回学校施設のバリアフリー化等の推進に関する調査研究協力者会議
(公立小中学校のバリアフリー化)
<ワンポイント解説>
 5月のバリアフリー法改正で公立小中学校のバリアフリー化が義務化されました。文科省では表記の調査研究協力者会議を立ち上げ、7月31日(金)に第一回が開かれました。第2回では、推進方策(緊急提言)とりまとめが発表されます。新築時と大規模改修時しかバリアフリー整備義務がない公立小中学校のバリアフリー化を、計画的に進められるような政策ができるかがポイントです。大注目です。

▽詳細はこちらからご覧いただけます(外部リンク:文部科学省)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/059/index.html


◯注目!
9月3日(木):第2回路線バスに係る車いす事故対策検討会
<ワンポイント解説>
 バス乗車時に車いすを固定すべきかどうか、どのような固定方法が良いのかといったことを議論しています。7月にDPIでアンケートを実施し、約40名以上の方からご意見をいただきました。固定を義務化すると、固定できない車いすがあり、乗車拒否につながる、ヨーロッパのように背当て板に後ろ向きに乗車する方式が迅速・安全というご意見を多数いただきました。このアンケート結果を踏まえて意見提起していきます。

▽第一回の資料はこちらからご覧いただけます(外部リンク:国土交通省)
https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr2_000037.html


◯注目!
9月8日(火):移動等円滑化評価会議 特性に応じたテーマ別意見交換会「肢体不自由」
9月28日(月):移動等円滑化評価会議
<ワンポイント解説>
 2018年バリアフリー法改正で、障害当事者がバリアフリー整備を評価する仕組み「移動等円滑化評価会議」が設けられました。親会の下に、テーマ別に「知的障害、発達障害、精神障害及び認知症」「肢体不自由」「妊産婦及び乳幼児連れ」「視覚障害・聴覚障害等」の4つの部会が設けられています。「肢体不自由」では、昨年度はUDタクシーの試乗などを行いました。評価会議、テーマ別肢体不自由共に今年度初開催となります。
▽評価会議と地域分科会についてはこちらに資料がございます(外部リンク:国土交通省)
https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000160.html


◯注目!
9月15日(火):第1回 道路空間のユニバーサルデザインを考える懇談会
<ワンポイント解説>
バリアフリー法及び道路法の改正に伴い、道路移動等円滑化基準の改正について検討するとともに、道路空間のユニバーサルデザインの推進のために、本基準のガイドライン策定について検討します。今年度末まで4回開催予定です。


◯注目!
募集期間:8月18日(火)から9月16日(水)まで
パブコメ:高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令案に関する意見募集について
<ワンポイント解説>
 このパブリックコメントは、今年5月に改正されたバリアフリー法改正の施行令のパブコメです。公立小中学校が特別特定建築物へ追加されてバリアフリー整備義務化となります。それについての意見募集となります。

▽ご意見はこちらからお送り下さい(外部リンク:e-Gov)
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155200718&Mode=0


【権利擁護】
〇注目!
【傍聴ご支援・ご協力のお願い】
9/4(金)日本盲導犬協会に対し提訴をしている視覚障害女性へのご支援を!

公益財団法人日本盲導犬協会に勤務していた視覚障害のある女性Xさんが、同協会での勤務において、およそ3年間に渡り会議への出席の拒否、固定された位置のデスクを与えられないなどの精神的な苦痛を受け、尊厳を傷つけられたとして東京地裁に提訴しました。
DPI日本会議では2019年2月6日(水)、提訴後に開かれたXさんの記者会見に視覚障害当事者のメンバーが同席し、裁判の支援をする姿勢を表明しました。次回口頭弁論が予定されていますので、ここにお知らせいたします。

第9回口頭弁論 
■日時:9月4日(金)11:00〜
■場所:東京地方裁判所517法廷(〒100-8920 東京都千代田区霞が関1丁目1-4)

※皆さまには傍聴のご支援をいただきたいのですが、コロナ禍のため傍聴人数が制限され法廷に入室できない可能性がありますことを、どうぞご了承ください。


【インクルーシブ教育】
◎大注目!
川崎就学訴訟 「控訴審が始まります 勝訴に向けて集まろう!」
〇日時:9月6日(日)15:00〜17:00 
〇場所:ダイニング 街なか (〒114-0031東京都北区十条仲原1-11-1) 
JR埼京線十条駅西口出口よりおよそ徒歩4分
■プログラム
1.はじめの挨拶 
2.和希君の現状報告  
3.控訴理由書の要旨  弁護団より
4.意見書等の証拠関係について  弁護団より
5.質疑応答・意見交換  
6.終わりの挨拶
※コロナ感染予防のため、会場参加人数は20人までとさせていただきます。
参加希望の方は、下記のFAX・メールでお知らせください。ZOOM参加も受け付けます。
※ズームで参加希望の方は、下記メールアドレスに件名「ZOOM参加希望」と、ご連絡ください。

主催:和希君を支える会
問い合わせ先:アリエ法律事務所気付 大谷恭子
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-6 弓矢四国ビル4F
電話:03-6869-3230   ファックス:03-6869-3231
メール: kazukikun.sasaeru@@arsvivendi.commail.com
<ワンポイント解説>
 普通学級に通学することを求めたこの裁判。転居という苦渋の選択により、和希君は普通学級での学校生活を送っています。そのため、訴えの変更を申請していましたが、高裁より、損害賠償請求への訴え変更を許可する決定が出ました。いよいよ控訴審が始まります。原告からは、世田谷の小学校に転校した和希君の様子を、弁護団からは控訴理由書や各方面から出された意見等について報告いたします。

▽チラシはこちらからダウンロードいただけます。
https://www.dpi-japan.org/wp-content/uploads/2020/08/6541f2a3ff67d56dc583ce52ccf82c90.pdf


【国際協力】
△よかったら見て
国連障害者権利条約委員会作成の37秒のショート・ビデオ。
条約9条のアクセシビリティ「締約国は、障害者のためにアクセシビリティに対する障壁を除去しなければならない」についてです。スマートに表現されています。
▽こちらからご覧いただけます(外部リンク:youtube)
https://www.youtube.com/embed/dX2zmMSLkj4?feature=oembed


△よかったら見て
「障害者白書」
内閣府は毎年「障害者白書」を作成し、令和2年版は7月に刊行され、その英語版ももうじき発表されると思います。昨年度までの英語版は以下で見られます。
▽こちらからご覧いただけます(外部リンク:内閣府ホームページ)
https://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/index-w.html


【障害女性】
◎大注目!
各地で優生保護法裁判が行われています!!
2高裁7地裁での裁判に、今後もご注目ください!
<ワンポイント解説>
 8月19日熊本地裁で行われた渡辺数美さんの裁判では、ハンセン病国賠訴訟で有名な徳田靖弁護士が参考人として意見陳述。感動と勇気を与えてくれました!
▽徳田弁護士の書面は、以下からダウンロードできます(PDF)
https://www.dpi-japan.org/wp-content/uploads/2020/08/d76f1819cbf7b6f7a053488075d42d2b.pdf

▽平野DPI日本会議議長による熊本地裁第9回口頭弁論報告(8月19日)(ワード)
https://www.dpi-japan.org/wp-content/uploads/2020/08/c86e72eee79653ae99e20ee5bdf02485.docx

■9月に予定されている裁判
9月4日(金) 16:00〜17:00 仙台訴訟控訴審第2回期日 仙台高裁
佐藤由美さん(仮名)・飯塚淳子さん(仮名)
9月24日(木)10:30〜17:00 兵庫訴訟第9回口頭弁論期日 神戸地裁
                 小林夫妻・鈴木由美さん
9月25日(金)10:00〜 結審予定  札幌地裁 小島喜久夫さん
 
(今後予定されている裁判)
10月29日(木)11:00〜 匿名夫婦結審予定 札幌地裁
11月12日(木)13:30〜17:00 兵庫訴訟第10回口頭弁論期日 神戸地裁
11月30日(月)14:00〜 大阪地裁判決

【雇用・労働・生活保護・所得保障】
◎大注目!
9月29日(火)10時〜12時 障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟(インクルーシブ雇用議連)市民側打ち合わせ(Zoom)
<ワンポイント解説>
・今後、障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟(インクルーシブ雇用議連)市民側打ち合わせ(Zoom)は、DPIの意見を受け、第4水曜日13時〜15時で当面は、開催の方向です。


◯注目!
8月31日(月)10時〜12時 障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟(インクルーシブ雇用議連)市民側打ち合わせ(Zoom)
<ワンポイント解説>
・臨時国会に向け、特に「雇用施策と福祉施策の一体的展開について」、付帯決議の実現を目指すためDPIの意見を提出しました。
・就労支援体系(将来施策)案については、DPIの意見を提出しました。

平成31年4月に文部科学省が公表した「教育委員会における障害者雇用推進プラン」に基づき、以下の調査が実施されその結果を取りまとめました。

▽取りまとめは以下からご覧いただけます(外部リンク:文部科学省)
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20200710-mxt_kyoikujinzai01-000008625-6.pdf#search=%27%E6%96%87%E9%83%A8%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9C%81+%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E9%9B%87%E7%94%A8%27

・「教育委員会における障害者雇用に関する実態調査」
都道府県 ・ 指定都市教育委員会における障害者雇用に関する実態調査を実施 。
<調査内容>
・令和元年6月1日現在の職種別 ・ 学校 種等別の障害者雇用状況 等
・令和元年6月1日現在の
1.障害のある教育職員に対する入職後の合理的 配慮の例
2.障害のある教育職員に対する合理的配慮を行うための施設 整備等の例
3.障害のある事務職員に対する入職後の合理的 配慮の例 等

・「国立教員養成大学 ・ 学部における障害のある学生の支援に関する実態調査」
国立教員養成大学 ・ 学部における障害のある学生への支援に関する実態調査を実施 。
<調査内容>
・令和元年5月1日現在 の障害のある学生の在籍状況 等
・平成28,30年度の障害の ある学生の教員免許状取得状況
・令和元年5月1日現在の障害のある学生への支援に関する取組の例 等



。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°
今月のひとこと

まだまだ残暑が厳しいですね。
とはいえ、あっという間に秋の雰囲気が漂ってきました。

夕方から夜にかけて、虫の声がどこか物悲しく聞こえてきます。

心をからっぽにして自然の声に耳を澄ませてみるのも、
日々の中では大切なことかもしれませんね。

(ゆ)
。°+°。°+ °。°。°+°。°+。°+°。°+ °。°

【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議も協力している、特定非営利活動法人 ゆめ風基金の障害者救援活動にご協力ください。
■障害者救援金 送り先郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
▽ゆめ風基金 ブログ(被災障害者救援に関する随時情報が更新されます)
https://yumekazek.com/blog/

●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちらからお願いします。
https://dpi-japan.org/join/donate/
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円〜)
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=406

▽寄付金控除についての詳細はこちら
https://dpi-japan.org/join/donate/kifukojo/

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中です。
詳細はホームページまで
https://dpi-japan.org/join/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎DPI日本会議メールマガジン
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000070263.html?l=dfs07c8c10


*更新: 小川 浩史
UP: 20200701 REV:随時
DPI日本会議関連イベント情報  ◇障害者と政策・2020  ◇介助・介護   ◇病者障害者運動史研究 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)