HOME > 組織 >

DPI日本会議メールマガジン・2003

DPI日本会議メールマガジン・2003


DPI日本会議
http://www.dpi-japan.org

Date: Fri, 7 Nov 2003 12:40:02 +0900
From: "DPI権利擁護センター"
Subject: [jsds:8523] DPI日本会議より公開セミナーのお知らせ

障害学MLの皆様
DPI日本会議の崔と申します。
DPI日本会議より、公開セミナーのお知らせです。
ふるってのご参加、お待ちしております。


<公開セミナー> 
南部地域アフリカの障害者の社会生活・当事者活動
〜アフリカ障害者の10年(2000-2009)を迎えて〜

昨年度(2003年2月)に続き、南部アフリカ地域から10名の障害者が、JICA(国際
協力機構)の研修「南部アフリカ地域障害者の地位向上コース」に参加するため日本
にやってきます。本研修の一環として、下記の通りアフリカの障害当事者活動の現状
を報告するセミナーを開催します。アフリカを知り、現場の生の声を聞く機会であ
り、ふるってご参加ください。



●日時 : 11月24日(月・祝日) 10:00〜16:00(9:30〜受付)
●場所 : 
JICA東京国際センター(TIC)別館多目的ルーム
住所 :〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-5
   電話 : 03-3485-7051
   FAX : 03-3485-7904
≪交通機関≫
   京王線 
     幡ヶ谷駅下車(南口出口)徒歩8分(階段のみ)
     笹塚駅下車(南口出口) 徒歩10分(エレベーター、エスカレーター有
り)
    小田急線(地下鉄千代田線)
     代々木上原下車(北口出口)徒歩12分 (階段のみ)


●発表内容:各国の障害当事者団体の状況と活動
●参加費: 無料
●言語 : 英語(通訳付)
●その他: 手話通訳あり(11月17日までにお申し出ください)
●参加申し込み : DPI日本会議にメールで申し込み(先着30名)

※所属・連絡電話番号も併せてお知らせください  
      sakaguchi@dpi-japan.org(担当:阪口)
         締切日:11月17日(月)        

●プログラム:

10:00 開会  挨拶 JICA東京国際センター業務第一課 
              課長 高島 宏明
10:15〜12:30  発表・質問
12:30〜13:30 休憩
13:30〜16:00  発表・質問
16:00 閉会 挨拶 DPI日本会議  事務局長 三澤 了

●発表者の出身国:

ジンバブエ、スワジランド、ナミビア、南アフリカ、レソト、ボツ
ワナ、モザンビーク、ザンビア、マラウイ

【主催】 独立行政法人     JICA(国際協力機構)東京国際センター 
     特別非営利活動法人  DPI日本会議  

【お申し込み・お問い合わせ】
    DPI日本会議(担当:阪口) 
  東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館1階
  Tel:03-5256-5365 fax:03-5256-0414 
  E-mail:sakaguchi@dpi-japan.org

 

第6回DPI世界会議札幌大会メモリアルイベント
http://www.dpi-japan.org/hokkaido/


*DPI日本会議より

各位

いつもお世話になっています。
昨年は、第6回DPI(障害者インターナショナル)世界会議札幌大会
開催に当たりましては、多くの方々のご支援とご協力をいただき
無事、大成功のうちに終了することができました。

しかし、私たちは、この大会を単なるイベントとして終わらせるれせこと
なく、これを新たなスタートとするためにも、この大会の成果を引き継ぎ、
引き続き「札幌宣言」の実現と障害者の「完全参加と平等」の実現に
向けた取り組みを進めていきます。

つきましては、10月17日に「DPI北海道ブロック会議」を設立し
昨年の大会の最終日であった翌10月18日に「1周年記念集会」を
開催することになりました。

皆さまへ、この集会のご案内いたしますので、多くの方々のご参加を
お待ちしています。

なお、このメールをお知り合いの皆さまに転送していただければ幸いです。
また、重複して受信された方には、お詫び申し上げます。


PS 集会は、http://www.dpi-japan.org/hokkaido/
   にて内容確認及び申込が可能です。

-----------------------------------------------------------------
※上記は、主催者からの案内文です。

※下記は、ご参考までに、10月1日時点の上記サイトにある要綱の転載です。

第6回DPI(障害者インターナショナル)世界会議札幌大会
1周年記念集会開催 申込要綱
〜 すべての障壁を取り除き、違いと権利を祝おう! 〜

 1.目的
 第6回DPI世界会議札幌大会(以下、札幌大会という)の開催を記念す
るとともに札幌大会を単なるイベントで終わらせないために、DPI日本会
議の国内初の地方組織であるDPI北海道ブロック会議を設立し、併せて、
大会終了後1年間の国内外の動向と課題を知り、大会がもたらした成果を引
き続き発展させていくことを目的に、以下の内容に基づき開催する。
(1)2002年10月の札幌大会宣言で示された障害者権利条約及び障害者差別
禁止法について、障害者基本法の改正などの視点を含め、現状と課題につい
て考え、今後の取組みの方向性を模索していく。
(2)社会福祉基礎構造改革として今年4月からスタートした支援費制度の
現状と課題を考え、障害者の地域生活実現のための施策を検証する。

 2.主催
DPI日本会議・DPI北海道ブロック会議

 3.共催
北海道浅井学園大学

 4.協賛
北方圏学術情報センター

 5.後援(予定)
内閣府・厚生労働省・北海道・札幌市・北海道教育委員会
札幌市教育委員会・北海道社会福祉協議会
札幌市社会福祉協議会・北海道浅井学園大学人間福祉学部

 6.協力
北海道移動・移送サービス連絡会(STネット北海道)

 7.開催日時
2003年10月18日(土) 9:00〜16:30

 8.会場
北海道浅井学園大学北方圏学術情報センター(ポルト)
札幌市中央区南1条西22丁目1−1
      地下鉄東西線西18丁目駅下車徒歩5分

 9.参加費
(1)参加者 1,000円
(2)介助者  1人無料
  (介助を要する参加者のみとし、要介助は参加者自己申告とする。)
注意:介助者が2人以上の場合、2人目からは参加者として
    参加費を、お支払いいただきます。
    なお、お弁当が必要な場合も介助者分は、有料です。
(3)お弁当代 600円

10.募集人数
350人程度(障害のある方もない方もどなたでも参加できます。
         なお、介助者も含みます。)
11.申込締切
10月15日(水) ただし、満員になり次第、締切らせていただきます。

12.支払方法
下記の口座に10月15日(水)までに申込内容に応じて、参加費、お弁当、
交流会費を、お振込み願います。
また、移動サービスの利用料金は、当日、利用時にお支払いください。
なお、振込手数料は参加者のご負担になります。
       銀行名 北洋銀行 道庁支店
       口座   普通預金 3490697
       口座名 DPI北海道ブロック会議準備室
            事務局長 我妻 武

13.プログラム
9:00〜
受付
 9:45〜
開会式(主催者・来賓あいさつ)
10:30〜
分科会
 第1分科会「支援費制度 〜障害者の地域生活の現状を考える〜」
コーディネーター
我妻 武(DPI北海道ブロック会議準備室事務局長)
パネリスト
秋山 寛(厚生労働省障害保健福祉部障害福祉課課長補佐)
横幕 章人(北海道保健福祉部障害者保健福祉課長)
佐藤 喜美代(NPO法人自立生活センターさっぽろ理事長)
竹田 保(DPI北海道ブロック会議準備室副代表)
尾上 浩二(NPO法人DPI日本会議事務局次長)
注意)札幌市に依頼中のため、決定次第、順次更新します。

 第2分科会「障害者基本法改正と障害者差別禁止法
               〜国内外の動向などから考える〜」
コーディネーター
西村 正樹(DPI北海道ブロック会議準備室代表)
パネリスト
丸谷 佳織(公明党衆議院議員)
横路 孝弘(民主党衆議院議員)
児玉 健次(日本共産党衆議院議員)
山内 惠子(社会民主党衆議院議員)
 ※各政党に依頼中のため、決定次第、順次更新します。
西村 武彦(日本弁護士連合会)
金 政玉(NPO法人DPI日本会議事務局次長)
12:15〜
昼休み
13:30〜
各分科会報告
14:00〜
記念シンポジウム
  「障害者権利条約策定の現状とDPI世界会議札幌大会の意義」
コーディネーター
山田 眞知子(北海道浅井学園大学人間福祉学部教授)
パネリスト
三澤 了(NPO法人DPI日本会議事務局長)
東 俊裕(NPO法人DPI日本会議常任委員・
      第2回国連特別委員会政府代表団顧問・弁護士)
長瀬 修(東京大学先端科学技術研究センター特任助教授・
      元国連事務局障害者班専門職員)
16:00〜
閉会式
*支援費相談コーナー(11:00〜12:00 13:30〜16:00)を開設します。
  当日、受付に申し出ください。

14.その他
1)駐車場がありませんので、車でのご来場は、ご遠慮ください。
2)DPI北海道ブロック会議設立総会及び交流会のご案内
 (1)日時 10月17日(金)18:00〜19:00
 (2)会場 札幌市身体障害者福祉センター(3F大会議室)
                [札幌市西区二十四軒2条6丁目]
 (3)内容 設立趣意書、2003年度事業計画、予算、役員体制等
 (4)その他(設立総会終了後に交流会を同会場で開催する。)
    1)時間     19:15〜20:30
    2)交流会費  2,000円


登録(申込)はこちらから
←※この、参加申込書の転載は、ここでは省略します。
なお、情報保障を含むサポートに関しては、下記のような欄が設けられています。

介助者を同伴しますか?:はい    いいえ
車いすユーザーですか?:いいえ はい(手動) はい(電動)
介助犬を同伴しますか?:
   いいえ はい(盲動犬) はい(介助犬) はい(聴導犬)
手話通訳を必要としますか?:はい   いいえ
点字資料を希望しますか?:はい   いいえ
要約筆記を希望しますか?:はい   いいえ
移送・移動サービスを希望しますか?:
  いいえ はい(札幌市内の自宅) はい(札幌駅) はい(新千歳空港)

 

DPI日本会議メールマガジン(03.01.10)第28号
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 2(03.01.16)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 3(03.01.17)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 4(03.01.20)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 5(03.01.21)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 6(03.01.23)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 7(03.01.25)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 8(03.01.27)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO. 9(03.01.27)
DPI日本会議メールマガジン号外 NO.10(03.01.28)
DPI日本会議メールマガジン(03.02.03)第29号
 cf.支援費・ホームヘルプサービス上限問題
DPI日本会議メールマガジン(03.04.11)第30号
DPI日本会議メールマガジン(03.04.18)第31号
DPI日本会議メールマガジン(03.04.24)第32号
DPI日本会議メールマガジン(03.05.20)第33号
DPI日本会議メールマガジン(03.06.02)第34号
DPI日本会議メールマガジン(03.06.17)第35号
DPI日本会議メールマガジン(03.07.08)第36号
DPI日本会議メールマガジン(03.07.18)第37号
DPI日本会議メールマガジン(03.07.22)第38号
DPI日本会議メールマガジン(03.08.12)第39号
DPI日本会議メールマガジン(03.09.02)第41号


UP:2003 REV:随時
DPI日本会議
TOP HOME (http://www.arsvi.com)