HOME > 組織 >

阿波グローカルネット

http://ww8.tiki.ne.jp/~mayuho/index.htm


*打樋さんより

◎「阿波グローカルネット9月フォーラム」
テーマ<共生型住まいの可能性を探る>第二弾
共生型すまい全国ネット企画のVTR視聴とフリーディスカッション
「未来の長屋〜住まいと暮らし7つの実例集〜」(32分)
内容:「グループハウスさくら弐番館」「COCO湘南台」など、
「グループリビング」や「コーポラティブハウス」といわれる
新しい住まい方・暮らし方を実践している7つの実例を紹介する。
日時:平成15年9月3日(水)18:30〜21:00
場所:「とくしま県民活動プラザ」第二会議室
どなたでも参加可能。
お問い合わせと詳細は「阿波グローカルネット」の
ホームページをご参照下さい。
http://ww8.tiki.ne.jp/~mayuho/

 

*打樋さんより

Date: Sat, 28 Jun 2003 12:41:06 +0900
Subject: はじめまして。

こんにちは。

徳島で神経難病の一つ「パーキンソン病」の患者家族として、
同病のセルフヘルプグループの事務局をしております打樋(うてび)と申します。

さて、こちら徳島においても同じ難病の「多発性硬化症」と「もやもや病」の患者当
事者の方が
地元でのSHG発足に向けて頑張っておられます。
私は「阿波グローカルネット」(NPO法人申請中)という団体でも活動していますが、
今度の7/2の例会で「セルフヘルプグループ」について取り上げることになりましたので、
ご案内させて頂きますとともに今後情報交換などを通して連携をお願いできれば幸甚です。
宜しくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------
下記のとおり、来月の阿波グローカルネット(略称:AGN)例会では「セルフヘルプ
(自助)グループ」について取り上げます。
セルフヘルプ(自助)グループは、同じ障害や病気、家庭の状況や生き方において、
共通の体験をもっている人たちが、
自発的に自分の気持ちや思っている事、役に立つ情報などを定期的に集まって「わか
ちあう」機会をもち、
自分自身の生き方を選び、尊敬を取り戻していくことを目的として活動している当事
者の自主運営グループです。

私自身も神経難病の一つ「パーキンソン病」の患者家族として「パーキンソン病友の
会」という、
同病の患者とその家族当事者のセルフヘルプ(自助)グループの立ち上げに関わり、
現在も事務局をさせて頂いております。
その体験を踏まえ、専門職のサポートとは異なる役割を果たしている「セルフヘルプ
(自助)グループ」について、
参加者の皆様とともに考え、情報交換を交えながら、「セルフヘルプ(自助)グルー
プ」への理解が深まる機会になればと存じます。
つきましては、当日ご都合がよろしければ是非ともご参加頂ければ幸甚です。
何卒宜しくお願い申し上げます。
**************************************記
****************************************
■阿波グローカルネット7月交流会
■日時:7月2日(水) 18:30〜21:00
■会場:身体障害者通所授産施設「かもな」 
住所:徳島市南庄町5丁目77-2 電話(088)632−0510
国道192号線の鮎喰町と庄町の境にある、キョーエイと徳島銀行の間を南へ200m。
■テーマ:「セルフヘルプグループについて」
■目的・主旨
・難病や心身の障害など、共通の問題を抱えた当事者が自発的に運営する「セルフヘ
ルプグループ」は、
生き方の再構築を迫られた当事者個々が「自分らしさ」を取り戻し、「ありのままの
自分」を受け入れ、
自立を目指す過程において、専門職のサポートとは異なる役割を果たしています。
今回の交流会では様々な分野の「セルフヘルプグループ」の活動をみながら、「セル
フヘルプグループ」とは何か、
自立していくために当事者が果たすべき役割や専門職の関わりと支援のあり方、相互
連携などについて、
参加者全員で理解を深めながら情報共有する機会にできればと思います。
■進め方:
・参加者全員が気軽な雰囲気で話し合うことができるよう、座談会のような形式で、
進行役が流れを作りながら議論を進めます。
・記録役がポストイットに意見を要約し、張り出した模造紙の上に貼り付けていき、
後で意見の整理をします。
■プログラム
・セルフヘルプグループの活動体験から
◇徳島大学医学部保健学科:橋本文子さん(全国心臓病の子供を持つ親の会)
◇全国パーキンソン病友の会徳島県支部事務局:打樋茂之
・県内のセルフヘルプグループの活動紹介(各グループ)
・セルフヘルプな生き方とは・・・河村武明さん
・ディスカッション(参加者全員)
■参加予定者
・ゲスト:橋本文子さん、各セルフヘルプグループの皆さん。
・医療・保健・福祉専門職、ボランティアなどの皆さん。
・その他どなたでも興味のある方はご参加下さい。
※県内で活動しているセルフヘルプグループへは次のところに参加依頼をしておりま
す。
・不登校の子供を持つ親の会(まゆの会)
・ひきこもりの家族の会
日本ALS協会徳島県支部
・E.D.LABO徳島(摂食障害の当事者の会)
・徳島生と死を考える会
・あしなが育英会
・難聴児を持つ親の会
・失語症友の会
・全国心臓病を持つ親の会
・多発性硬化症の会(結成準備中)
・もやもや病の会(結成準備中)
他にも断酒会、呆け老人を抱える家族の会、人工内耳友の会にも声をかけてみようと
思っております。
難聴児を持つ親の会、多発性硬化症の会、もやもや病の会からは参加されるとレス頂
きました。
心臓病を持つ親の会の橋本さんは当日体験発表してくれます。
■参加費:無料

※河村武明さんは、現在36歳で京都市に在住されている阿南市出身の画家です。
一昨年、脳梗塞を発症し、右手マヒや失語症の後遺症で現在も月1回リハビリに通っ
ています。
マヒの残る利き腕と反対の左手でアクリル画を描いています。
http://uunet.asahi.com/osaka/021214e.html(朝日新聞に掲載された記事)
http://www.nhk.or.jp/kira/04program/04_160.html(NHKきらっと生きる)
http://hyougensya-take.com/(彼のホームページ)

****************************************************************************
今後とも宜しくお願い申し上げます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
お問い合わせは↓
打樋 茂之(utebi@mb.tcn.ne.jp)
携帯:***
阿波グローカルネット事務局:細束 真由美
〒770-0865
徳島市南末広5-70-406
TEL&FAX(088)652-8019
http://ww8.tiki.ne.jp/~mayuho/index.htm
E-MAIL:awa_g@hotmail.com
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


UP:20030701 REV:0826
NPO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)