HOME > eMAILS > 生存学研究センターML宛メール(立岩真也・2015年) >

生存学研究センターML宛メール(立岩真也・2015年3月)

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年 

last update: 20150423
Tweet

立命館大学大学院先端総合学術研究科


*近況については,[外部リンク]立岩真也ツイッターもご覧ください


◆◆2015/03/31 14:34
  [mlst-ars-vive:015772] 『神奈川新聞』に(Re: [mlst-ars-vive:015742] 中国の知的障害者家族会から感謝状を頂きました。
◆◆2015/03/28 10:35
  [mlst-ars-vive:015766] 『生存学』1号は売り切れ
◆◆2015/03/25 15:43
  [mlst-ars-vive:015762] 斉藤さん『毎日新聞』に
◆◆2015/03/23 20:12
  [mlst-ars-vive:015758] 「難病」関係
◆◆2015/03/23 14:53
  [mlst-ars-vive:015757] 反アパルトヘイト運動機関紙、1973〜91年の全号PDF公開
◆◆2015/03/23 12:26
  [mlst-ars-vive:015755] 追加情報(Re:集会のご案内「原発と優生思想」
◆◆2015/03/22 09:06
  [mlst-ars-vive:015754] 0430締切:全国老人福祉施設協議会助成
◆◆2015/03/13 11:32
  [mlst-ars-vive:015738] 各種学会
◆◆2015/03/12 18:12
  [mlst-ars-vive:015736] 女性障害者への複合差別・他
◆◆2015/03/06 14:26
  [mlst-ars-vive:015718] 『精神科医共闘ニュース』


 
 
>TOP


◆◆2015/03/06 14:26
  [mlst-ars-vive:015718] 『精神科医共闘ニュース』

※差出アドレスの関係で不達になった可能性がありますので再送します。
同じものが2度ついたらご容赦ください。

 いろいろと滞っておりますが教員としての「本務」で他に手がまわらないとのだとい
うふうに御理解ください。
 &加えて昨日よりメール送信(だけ)できないという事態になっており、あらゆる手
をつくしましたがだめで、今はあきらめてウェブメールを使っています。そのせいもあ
り返信なども滞っておりすみません。
 本日(→昨日)先端研事務のほうに星のクリニック院長星野征光さん
http://towa-med.or.jp/first_hospital/medical/interview.php?no=MTU=
 から『精神科医共闘ニュース』(そろいではないようです)をセンターに寄贈したい
(ついでに会いたい)旨連絡いただきました。感謝しおうけする方向で返答するつもり
ですが、その筋の人でなにか御存じのことあれば私信でかまわないのでお知らせくださ
い。立岩
tae01303@nifty.ne.jp

立岩 真也
☆新刊
http://arsvicom/0w/ts02/2006b1.htm

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
603-8577 京都市北区等持院北町56-1
立命館大学大学院先端総合学術研究科
http://arsvicom/0u/0.htm
phone 075-466-3298[自室]
TAE01303@nifty.ne.jp
..

 
 
>TOP


◆◆2015/03/12 18:12
  [mlst-ars-vive:015736] 女性障害者への複合差別・他

そういう方面の研究を、という方いますのでお知らせ。

『賃金と社会保障』の新しい号
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/988
雑誌は知ってましたがここのところそういう方面に力入れているらしいことは
さっきたまたま別件でやりとりあって初めて知りました。
そう仲よくなかった人たちが今はあまりそういうこと気にしていない
ようで、まずはわるいことではないのだろうと。
cf.
http://arsvicom/ts/20110006.htm
立岩

 
 
>TOP


◆◆2015/03/13 11:32
  [mlst-ars-vive:015738] 各種学会

幾人かと話していて教えてもらったもの。
これまで紹介してきた私(たち)が関係している学会ではなく
まったく知らないところですが、検討してみてもよいかも。
また情報いただければと。

日本医療福祉学会
http://www.welfare-ac.or.jp/
日本臨床医療福祉学会
http://www.cs-oto.com/acjchw13/
日本看護福祉学会
http://kangofukushi.sakura.ne.jp/

ついでに「縁」のある学会として
対人援助学会
http://arsvicom/o/ashs.htm

立岩

 
 
>TOP


◆◆2015/03/22 09:06
  [mlst-ars-vive:015754] 0430締切:全国老人福祉施設協議会助成

「胃ろう」に関わる研究されている方とかいますし、送します。
大学院生が申請というのはだめみたいですが、
教育研究職かねている人いますし。立岩

――以下――


<募集団体>
 公益財団法人 全国老人福祉施設協議会

[募集]
  平成27年度 調査研究助成事業
 
 1.課題研究テーマ:サービス類型ごとの機能強化とケアの質の可視化に向けた取り組み
  ・認知症ケアの質向上と医療介護の連携ツールの開発
  ・看取り介護のPDCAサイクルの推進
  ・「食べる楽しみ」推進のための多職種協働モデル
  ・高齢者福祉施設における終末期医療のあり方と医療ニーズへの対応
  ・居室形態と個別ケアのあり方
  ・サービス連携拠点としての施設の昨日と在宅生活継続モデル

 2.自由研究テーマ:高齢者福祉に関する先駆的な研究
 
  ・助成金額:1件あたり上限100万円
  ・助成件数:3件(予定)
  ・助成期間:1年間

 [対象]
  ・大学・短期大学、社会福祉士・介護福祉士養成校等の教職員や研究者、
   または研究機関の研究員、研究グループ。
  (個人、団体のいずれでも申請可。但し大学院生は除く。協働研究については、
   代表研究者を決めること)

 ※詳細はホームページをご確認ください。
 (問い合わせ・URL)
  http://www.roushikyo.or.jp/contents/research/promotion_services/detail/9
  
  財団締切:2015年4月30日(木)消印有効

 
 
>TOP


◆◆2015/03/23 12:26
  [mlst-ars-vive:015755] 追加情報(Re:集会のご案内「原発と優生思想」

利光さんよりお知らせあった企画
とその前日の姫路での企画
古井正代より知らせてくれとの連絡私にもあり
http://arsvicom/2010/20150328.htm
http://arsvicom/2010/20150329.htm
つくってビラのPDFにリンクさせました。

「催」
../a/e.htm#03
からリンクさせてもあります。
https://twitter.com/ShinyaTateiwa
でも知らせています。

古井さんについては
http://arsvicom/w/fm09.htm
http://arsvicom/ts/20110007.htm
にすこし。立岩

-----Original Message-----
From: Toshimitsu Keiko
Sent: Thursday, March 19, 2015 11:21 PM
To: 'mlst-ars-vive'
Subject: [mlst-ars-vive:015752] 集会のご案内「原発と優生思想」

みなさま
客員研究員の利光です。

以下の集会が大阪で開かれます。
お知らせいたします。

=====================(拡散歓迎)
〈いっしょにかんがえませんか?原発と優生思想!〉

今は「障害者」「福島」のこと
いつかはあなた「自身」の街のことに
(ほんとは、今もみんなのこと・・・・)

―「安楽のへ全体主義」に抗う―
東北大震災から4年。私たちの社会は、傷ついたいのちを受け止め、癒し、育む「や
わらかさ」の圧倒的な欠乏を突きつけた。「福島原発事故の被災者」である木田節子
さんと、「健全者社会の告発者」である古井正代さんが出会った。二人の見てきた社
会の質から、斉藤日出治さんの言う「安楽の全体主義」が浮き上がる。誰もがそれを
作り出し、自ら「被災者」になるような、この社会の質は何なのか。私たちのあり様
を知り、私たち自身を深め、これから私たちがどのような生き方を紡いでいくのか、
ともに考えませんか?
https://www.facebook.com/kazuko.matuo.35?ref=tn_tnmn#!/events/85096622161592
7/?ref_dashboard_filter=upcoming

日時 2015年3月29日(日)
13時30分〜16時30分

場所 マイドームおおさか 8F第3会議室
大阪市営地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」駅の12番出口から 徒歩6
分...
大阪市営地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅の4番出口から 徒歩7分
内容 3人のトークと対談、全体での話し合い。
参加費 1000円(避難者と介護者は無料。経済的な事情のおありのかたは受付で
ご相談下さい)

主催「いつかはあなたの」実行委員会
連絡先 090-5040-6343 松尾和子

木田節子(きだせつこ)さん 1954年、岩手県釜石市生まれ。福島原発立地富岡町か
らの避難者。被爆労働者の母。1992年に双葉郡富岡町に家を建て、バスガイド等を仕
事として家族4人で19年間暮らす。2011年の福島原発事故で自宅が警戒区域に指定
されたため、茨城県水戸市で避難生活中。家と故郷を失ったショックで引き籠りに。
2012年2月、茨城県東海村村長の村上達也氏の講演会で「福島県の人々の現状を思う
と、この国は原発を持つ資格はない」という言葉を聞き、原発反対運動に加わる。首
相官邸前や経産省前でも福島の現状を訴え、2013年には緑の党から参議員選に立候補
し、東京の街頭で福島の現実を伝えた。身を通して、実際に起きた様々な事実を率直
に話し、問題提起できる場で発言を続けている。

斉藤日出治(さいとうひではる)さん
1945年生まれ、奈良市在住。 元・大阪産業大学経済学部教員 現代資本主義論、現
代社会論専攻 日本の戦争責任・植民地責任を問う社会運動に従事(紀州鉱山の真実を
明らかにする会、海南島近現代史研究会、」会員)

古井正代(ふるいまさよ)さん
1952年姫路市生まれ。大阪市在住。日本脳性麻痺者協会大阪青い芝の会等結成、川
崎バス闘争など、障害者解放運動等を通じ、優生思想の問題性を社会に訴え続け、現
在脳性まひ者の生活と健康を考える会主幹。福島原発事故後は4月から福島へ行き、
被災地障害者支援センターにて支援活動。福島で起きていることを知り、経産省前、
大阪関電本社前などの原発再稼働抗議行動に参加し続けている。母体血検査が合法化
されてより、原発と優生思想の関係等、鋭く深い視点からの発言を続ける。地中海小
児神経学会、環太平洋障害学学会等で震災後の福島の要援護者等の現実を世界へ伝え
た。

 
 
>TOP


◆◆2015/03/23 14:53
  [mlst-ars-vive:015757] 反アパルトヘイト運動機関紙、1973〜91年の全号PDF公開

大阪「こむらどアフリカ委員会」の反アパルトヘイト運動機関紙、1973〜91年の全号PDF公開→
http://arsvicom/aa/cac.htm
牧野久美子「反アパルトヘイト運動」→
http://arsvicom/i/aajp_top.htm
楠原彰作年表→
http://arsvicom/i/2antiapartheid.htm

斉藤さんがアップの仕事やってくださいました。
3ギガぐらいになってます。3ギガぐらいあって
今までの全部より分量多いだろうと。こういう仕事が
研究センターの存在意義の重要な一つだと
私は考えています。

アジ研の牧野さんのご提案で
ここに資料を収録・掲載させていただくという
話はだいぶ前に決まっていて
http://arsvicom/i/aajp_top.htm
はかなり前からありましたが
上記の機関紙の掲載は今月です。

「雑誌」
http://arsvicom/m/index.htm
にもいちおう掲載

「全文収録」
のところにもそのうち。

https://twitter.com/ShinyaTateiwa
で知らせました。拡散歓迎です。立岩

 
 
>TOP


◆◆2015/03/23 20:12
  [mlst-ars-vive:015758] 「難病」関係

作業に協力してくださっている方※いるので
だぶらないようにと。以下
https://twitter.com/ShinyaTateiwa
でお知らせ。

※協力者いつも歓迎。
なんぼでも論文が書ける領域でもあります。立岩

――以下――

03/20「難病の医療費助成306疾患に…7月から開始」(読売新聞)
03/19「指定難病、196疾患追加=助成対象確定、患者150万人に」(時事通信社)

03/19 疾病対策部会指定難病検討委員会資料 筋ジストロフィー・骨形成不全症・等→
http://arsvicom/d/n022015.htm

「京都大と国立精神・神経医療研究センターは、ヒトのiPS細胞を使って筋肉の難病である筋ジストロフィーを治療する技術を相次ぎ開発した。[…]」(03/19日本経済新聞電子版)
「難病」2015:
http://arsvicom/d/n022015.htm
/筋ジス:
http://arsvicom/d/md.htm

 
 
>TOP


◆◆2015/03/25 15:43
  [mlst-ars-vive:015762] 斉藤さん『毎日新聞』に

めちゃくちゃ情報量多いアフリカ関連
データベース
http://arsvicom/i/2.htm
つくってくれている斉藤さん
http://arsvicom/w/sr01.htm
の話についての記事

以下、アフリカ日本協議会のMLより

――以下――

城島さんが、先週末のAJF・20周年企画に参加して感じたことを記事にしたと連絡くれました。

幸せの学び:<その123> グローバル化とは何か=城島徹
http://mainichi.jp/feature/news/20150325org00m070012000c.html

 
 
>TOP


◆◆2015/03/28 10:35
  [mlst-ars-vive:015766] 『生存学』1号は売り切れ

最新号販売用買い取りについての
やりとりしている中で
出版社在庫0とのことです(前聞いたときは4)。
書庫に1〜2冊あるかも。(私が買い取ったものを
販売しているものです。)

本の在庫はときに「断裁」という悲しいことをして
数減らしていったりするのですが
この号
http://arsvicom/m/sz001.htm
はそのめにはあわなかったのではないかと。

といって増刷というのもありえないので
この号に載ったもの、なにか別のかたちで
残せればと思います。立岩

 
 
>TOP


◆◆2015/03/31 14:34
  [mlst-ars-vive:015772] 『神奈川新聞』に(Re: [mlst-ars-vive:015742] 中国の知的障害者家族会から感謝状を頂きました。

「障害者支援で日中友好 横浜の長瀬さんに感謝状」
神奈川新聞 2015.03.30 03:00:00
http://www.kanaloco.jp/article/86119/cms_id/133659
まだ読めます。

※新聞名に『』つけるかどういつもまよいます。紙媒体の新聞に出てないものとか
ディジタル版とかいろいろあって… 立岩


*更新:小川 浩史
UP: 20150423 REV:
立岩発eMAIL  ◇立命館大学大学院先端総合学術研究科 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)