HOME > eMAILS > 先端総合学術研究科院生宛(2014年) >

先端総合学術研究科院生宛・2014年11月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  2014年 

last update: 20150420
Tweet

立命館大学大学院先端総合学術研究科


*近況については,[外部リンク]立岩真也ツイッターもご覧ください



◆◆2014/11/29 20:29
  [mlst-ars-vive:015442] わかること〜なのること
◆◆2014/11/28 11:59
  [mlst-ars-vive:015440] 『現代の経済思想』
◆◆2014/11/28 10:42
  [mlst-ars-vive:015438] 本日・「<当事者宣言>の社会学――カムアウトからカテゴリー構築まで」公開報告会
◆◆2014/11/28 10:27
  [mlst-ars-vive:015437] 韓国とのこと/フェイスブックよろしく
◆◆2014/11/27 09:31
  [mlst-ars-vive:015433] 『精神神経学雑誌』
◆◆2014/11/26 12:30
  [mlst-ars-vive:015430] 公式見解のこと/堀本
◆◆2014/11/24 11:44
  [mlst-ars-vive:015428] In Korea, the struggle of persons with disabilities is on going
◆◆2014/11/23 16:14
  [mlst-ars-vive:015427] 『談 100号記念選集』/公共性による公共の剥奪
◆◆2014/11/20 07:48
  [mlst-ars-vive:015419] なおすことについて・続
◆◆2014/11/20 07:44
  [mlst-ars-vive:015418] なおすことについて
◆◆2014/11/17 17:30
  [mlst-ars-vive:015415] クァクさん明日ライスボールセミナー
◆◆2014/11/13 12:13
  [mlst-ars-vive:015408] 介護療養型医療施設
◆◆2014/11/10 18:01
  [mlst-ars-vive:015398] 関西
◆◆2014/11/08 10:43
  [mlst-ars-vive:015396] 関西・大阪を讃える:定藤邦子『関西障害者運動の現代史』刊行に
◆◆2014/11/07 23:19
  [mlst-ars-vive:015393] 聞き取りのこと/『社会と調査』
◆◆2014/11/07 15:10
  [mlst-ars-vive:015391] 北村本/大野本・他
◆◆2014/11/07 12:04
  [mlst-ars-vive:015389] 2015国際企画テーマにアイディアを
◆◆2014/11/07 10:19
  [mlst-ars-vive:015388] 『助産婦の戦後』
◆◆2014/11/06 12:33
  [mlst-ars-vive:015383] ダイレクト・ペイメント
◆◆2014/11/06 11:18
  [mlst-ars-vive:015382] 本日サイモン・プリドー氏
◆◆2014/11/05 10:25
  [mlst-ars-vive:015381] 明日サイモン・プリドー氏


 
 
>TOP

◆◆2014/11/05 10:25
  [mlst-ars-vive:015381] 明日サイモン・プリドー氏

以下障害学のMLに出したメールそのまま。
ML(700人〜加入者います)に参加希望の方は
立岩まで連絡をください。
16時20分からの授業は別にありますので
それまでの時間ということになります。通訳つきます。

――以下――

2009年7月に来日されて
早稲田で講義、立命館で研究会
あったサイモン・プリドー氏
http://www.arsvi.com/w/ps01.htm
が再来日。11月6日(木)
13時半に衣笠キャンパス創思館416に
来訪。とくに講演というかたちはとらず
リーズ大障害学センターのことや
氏の専門分野にかかわることなど
話していただこうと。自由に質問できます。
たいへんこじんまりした会になると思いますが
東京から参加される方もいるようです。
参加希望の方は立岩まで連絡をください。

立岩 真也

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
603-8577 京都市北区等持院北町56-1
立命館大学大学院先端総合学術研究科
TAE01303@nifty.ne.jp
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
https://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
★電子書籍含む本、買えます
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm

 
 
>TOP

◆◆2014/11/06 11:18
  [mlst-ars-vive:015382] 本日サイモン・プリドー氏

東京からの方は用事でこれなくなりましたが
修了者+客員研究員の定藤さん
http://www.arsvi.com/w/sk01.htm
もひさしぶりにいらっしゃるとのことで
そこそこの(ちょうどよい)数になるのではと。
片岡さん
http://www.arsvi.com/w/km18.htm
が頁つくってくれました。
http://www.arsvi.com/a/20141106.htm
http://www.arsvi.com/a/20141106-e.htm
英語フェイスブックでも知らせています。
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.en/posts/1484813441806303
「反応」よろしく。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/06 12:33
  [mlst-ars-vive:015383] ダイレクト・ペイメント

プリドーさんは件名のことについての研究(も)
されているのですが
もとは本日の企画の5年前の企画のために
作った文章
http://www.arsvi.com/ts/20100094.htm
http://www.arsvi.com/ts/20100094-e.htm
これから研究会にという方にはもう遅いでしょうが
いちおう。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/07 10:19
  [mlst-ars-vive:015388] 『助産婦の戦後』

昨日の授業で言及した本
http://www.arsvi.com/b1900/8904om.htm
私の紹介(2001年)
http://www.arsvi.com/ts/2001008.htm

歴史っぽいことで書こうとしている人読んでみてください&
「社会人院生」の研究成果でもあります。

頁の形式こういうことするたびに新しいものに変えています
(ときに中身も追加) そういうことこういう業務に
関わる人よろしく。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/07 12:04
  [mlst-ars-vive:015389] 2015国際企画テーマにアイディアを

今年ソウルで開催される第4回の障害学国際セミナー
http://www.arsvi.com/a/20141120.htm
村上(潔)さんとクァクさん
韓国から留学されている方々の多大の貢献あり
日本側からの報告、翻訳を含め上記の頁からご覧になれます。
今年は長瀬さんがとりもってくれている中国の方々の
参加もあります。

その今年のテーマは「障害と治療」なのですが
(これは韓国側からの提案です)
韓国側から来年のテーマの提案を依頼されています。
13日までです。
昨年韓国で話したときにはある方から
所謂「後見」もひとつのテーマとして
出されたことはありました。私も考えてみますが
なにか思いついたら知らせてください。

 
 
>TOP

◆◆2014/11/07 15:10
  [mlst-ars-vive:015391] 北村本/大野本・他

昨日来
https://twitter.com/ShinyaTateiwa
でツィートとかリツィートとかしています
(フェイスブックに自動転送)。
拡散などよろしくお願い。

他の(出てからそこそこたつものも含め)
本の告知・宣言引き続きよろしくお願い。

KARAIMO BOOKSは(勧められつつ行ったことないですが)
拙著も安く買えるみたいです。立岩

-----Original Message-----
From: kiyoshi murakami
Sent: Friday, November 07, 2014 2:50 PM
To: mlst-ars-vive
Subject: [mlst-ars-vive:015390] 2014/11/29:「『沖縄闘争の時代1960/70――分断を乗り越える思想と実践』を、書いた大野光明さんと一緒に話す会」

生存学研究センターの村上潔です。

以下、企画のご案内です。
大野光明さんは先端研の修了生で本センターの客員研究員です。
http://www.arsvi.com/w/om14.htm
会場の〈KARAIMO BOOKS〉は、生存学の関係者のみなさまにはぜひ足を運んでいただきたい古書店です。

■『沖縄闘争の時代1960/70――分断を乗り越える思想と実践』を、書いた大野光明さんと一緒に話す会
◆日時:2014年11月29日(土)14:00〜18:00
◆会場:KARAIMO BOOKS[カライモブックス](京都市上京区大宮通芦山寺上ル西入ル社横町301)
http://www.karaimobooks.com/
◆企画趣旨
「11月29日(土)14時から18時ごろまで『沖縄闘争の時代1960/70
分断を乗り越える思想と実践』を人文書院より先月出された大野光明さんを囲んで出版記念会をします。
大野さんにまず少し話していただいて、そして応答の時間。そのあとはノンアルコールやアルコールを飲みながら、ゆったりとした会の予定です。本のこと沖縄のこと宇川の米軍基地のこと美しいもののこと、などをみなさんで話しましょう。言葉をかわしましょう。」
◆詳細→http://karaimo.exblog.jp/22986497/

 
 
>TOP

◆◆2014/11/07 23:19
  [mlst-ars-vive:015393] 聞き取りのこと/『社会と調査』

岸田さん
http://www.arsvi.com/w/kn03.htm
が小林さんcf.
http://www.arsvi.com/2010/1103kt.htm
に聞き取りをするというのでメールのやりとり。

むかしのことは忘れていること前後関係がわからなくなっている等
ことが(多くの人は)多いので、わかっていることの
年表的なものを作って、見てもらいながら
(岸田さんの場合だけでなくて、紙にしたものを
聞き取りする方にじかに見てもらいながらというのもありです)
話してもらうのもひとつか、と言っただけですが
そういうのも一つ工夫ではあります。

あと聞きたいことをいちおう考えてみて
話してもらう順番は相手にまかせつつ
チェックしていって
聞き漏らしたことがないか確認するとか。

岸田さんは故・楠さん
http://www.arsvi.com/w/kt11.htm
のことを調べておられます。
上記の頁にある文章それからうえに記した小林さんの
文章にも楠さんのことはすこしだけ出てくるので
読んでおいた方がよかろうとは→岸田様。

『社会と調査』という私にはふさわしくない雑誌に依頼された拙文に
http://www.arsvi.com/ts/20130030.htm
ほんとに同じようなことをほうぼうで書いていますが
まあよかろうと。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/08 10:43
  [mlst-ars-vive:015396] 関西・大阪を讃える:定藤邦子『関西障害者運動の現代史』刊行に

岸田さんどうも。検索したら出てきた拙文
http://www.arsvi.com/ts/20110015.htm
のリンクを増やしたり書式をこのごろのに変えたりして更新しました。
こないだの演習の岸田さんの報告やそれへのコメントに出てきた諸事・人々
なんのことやらという方々が多いの当然なので
それを補うということでもあるのでご覧いただければと。
&なんで関西はおもしろいかについては別にすこし書いたものが
ないではないはずなので、またお知らせします。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/10 18:01
  [mlst-ars-vive:015398] 関西

のことについて。
センターのフェイスブックに載せた
2014/10/12 「これからの課題としての障害者運動と在日・被差別部落…解放運動との関わりに関わる研究――「身体の現代」計画補足・11」
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1502938869973095
にすこし。
(いまセンターのフェイスブック「いいね」450です。よろしう。)

これは
http://www.arsvi.com/ts/20140013.htm
の「椎木さん・関西」のところのただの転載です。
ただ種々の人々にとってなんらかの意味において
まったく無益ではなかろうと思って(そう思うときにこのMLを
使わせてもらっています)お知らせします。立岩]

 
 
>TOP

◆◆2014/11/13 12:13
  [mlst-ars-vive:015408] 介護療養型医療施設

関心もっている人複数いると思うので以下
(この国に、ということに当然なりますが)
誰か本格的に研究している人いるのでしょうか。
楽しくないとは思いますが大切は大切かと

幾度か紹介した『市民福祉情報』より
http://www.arsvi.com/m/sfj.htm
(このごろ掲載できていませんが、ハスカップのHPにはあるので
まあよいかと。)立岩

――以下――

介護療養病床
 …………………………………
 ○社会保障審議会介護給付費分科会
  第113回(2014.11.06)資料
  資料2.介護療養型医療施設の報酬・基準について(案)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000064257.pdf

 [関連記事]
 □[主張]介護病床の存続 「在宅」支援の充実を急げ
  (2014.11.12産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141112/lif1411120005-n1.html
 □厚労省 療養病床、一部存続 「医療強化」に限り
  (2014.11.07毎日新聞)
http://mainichi.jp/shimen/news/20141107ddm002010162000c.html
 □介護病床 一転存続へ 終末期ケアなどに重点
  (2014.11.07東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014110702000140.html
 □介護療養病床、一部存続へ 重症者に重点化 厚労省
  (2014.11.06時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2014110600843
 □介護療養病床への5要件って何?
  (2014.11.08朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/nagao/2014110800004.html

 [参考資料]
 ○会計検査院
  2013年度決算検査報告の概要
http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary25/index.html
  病床転換助成事業の実施に当たり社会保険診療報酬支払基金に
  余剰金として保有されている病床転換支援金について
  (厚生労働大臣宛て)
http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary25/pdf/fy25_3436_200.pdf
   病床転換支援金 67億294万円
   余剰金 55億3,614万円(約83%)

 
 
>TOP

◆◆2014/11/17 17:30
  [mlst-ars-vive:015415] クァクさん明日ライスボールセミナー

センター研究員のクァクさんが
明日ライスボールセミナーで研究紹介します。
私も挨拶せねばならないのですが
明日からひとあしさきに韓国なので代読してもらうことに
それを掲載
http://www.arsvi.com/ts/20141118.htm
ここのみなさんはよく知ってると思いますが
https://twitter.com/ShinyaTateiwa
で知らせたのでお知らせ。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/20 07:44
  [mlst-ars-vive:015418] なおすことについて

本日5回めの障害学国際フォーラム
於:ソウル
http://www.arsvi.com/a/20141120.htm
テーマは「障害と治療」です。

関係したものがあるはずと探したらありました。
http://www.arsvi.com/d/t04.htm
今回の参加者にもっと前に知らせるべきでした。
がともかくご参考まで。

私はこんかい

 
 
>TOP

◆◆2014/11/20 07:48
  [mlst-ars-vive:015419] なおすことについて・続

途中送信すみません。
「私はこんかい」
の続きは

http://www.arsvi.com/ts/20141120-k.htm
をイムさんに訳していただいて資料として
みていただくようコリア語のフェイスブック
メールマガジンでお知らせしました。
この日本語版はありません。というのは
これは田島編の本
http://www.arsvi.com/b2010/1406ta.htm
に収録されている文章の一部で
上記の本は買っていただきたいので
日本語版を(いま)載せるということは
できない(しない)のです。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/23 16:14
  [mlst-ars-vive:015427] 『談 100号記念選集』/公共性による公共の剥奪

http://www.arsvi.com/b2010/1411tasc.htm
というのが出ました。書庫に一冊あります。もう一冊手元にあるので
そのうちもっていきます。
(私の方で登録したのでこれはとばしてください。→安田様)

こちらの関係では
小泉義之 福祉社会の桎梏――病苦がなくなることを普通に欲望できる社会へ
立岩真也 公共性による公共の剥奪
私の(2004年インタビュー、2005年『談』掲載)については
http://www.arsvi.com/ts/2004035.htm

https://twitter.com/ShinyaTateiwa
で知らせています。同じような話を
http://www.arsvi.com/ts/2011b1.htm
収録の
http://www.arsvi.com/ts/2005070.htm
でしています。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/24 11:44
  [mlst-ars-vive:015428] In Korea, the struggle of persons with disabilities is on going

2010年、コリン・バーンズ氏他来日にあわせて作った文章
のなかの韓国関連のもの
http://www.arsvi.com/ts/20100097.htm
の下にいくらかをくわえました。もっと整備して
たぶんそのうち別文書にします。
ご参考まで。その下にひぎょんさん(光州大学)
が教えてくれた件名の動画にリンクさせました。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/26 12:30
  [mlst-ars-vive:015430] 公式見解のこと/堀本

種々の原稿をみる毎日ですが
種々の組織が出している機関紙
だとかそういう組織の役職やっている人が
書いたものがあってそれを使う人がいます。
それはそれでよいのですが
まあそれは「大本営発表」的でもあるわけです。

それでも(例えば言ってることとやっているが違っていても)
言っていること自体がおもしろいから紹介する
価値があるという場合もあります。
(あるいは組織の中で大喧嘩が起こっていてそれが
記録されているといった場合もまれにあります。cf.
http://www.arsvi.com/ts/2001051.htm


がそういうことでもなくて
かつ、実際には表や裏でいろいろ言われたりとか
いうこともあり
言っていることやっていることが違うとか
さらに言っていることがおかしいとも思われるという
こともけっこうあります。
こういう場合に「複眼的」な見方で見ることは大切です。
今書いているものについて時間的に無理であっても
それを課題として残すというやり方はあります。

このところ出たものでは堀さんの本
http://www.arsvi.com/b2010/1403ht.htm
の第3章などみてください。ここでは親の会の主張に
あった(あるいはあらざるをえなかった)限界といったものが
指摘されているわけです。
そういう業績が既に私たちの前にあるわけですから
本来はそれをふまえて次の仕事がなされるべきではあるのです。

立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/27 09:31
  [mlst-ars-vive:015433] 『精神神経学雑誌』

以前にも知らせましたが広田蔵書の
http://www.arsvi.com/d/m01bh.htm
『精神神経学雑誌』
のデータベー、さらに増補されました。
http://www.arsvi.com/a/r.htm
(のまんなかあたり)をみてください
雑誌現物そのうち書庫に移動させます。

ただリンクのされ方がうまくないので
(なので今のところ
http://www.arsvi.com/a/r.htm
から一つひとつしていくしかありません)
そのへん、適宜助言を得ながらよろしく
お願いします→担当者様

 
 
>TOP

◆◆2014/11/28 10:27
  [mlst-ars-vive:015437] 韓国とのこと/フェイスブックよろしく

日本語フェイスブックに
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1522712254662423
書きました。続きを書きます。

コリア語・英語のにもなかみはすこし違いますが
書いています。
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
にあります。

各国語フェイブックに「いいね」等よろしく。
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.en
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.ko
コリア語については自動翻訳でもある程度は
わかります。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/28 10:42
  [mlst-ars-vive:015438] 本日・「<当事者宣言>の社会学――カムアウトからカテゴリー構築まで」公開報告会

本日11月28日(金)16:20〜19:30、立命館大学衣笠キャンパス創思館405・406で
第87回日本社会学会大会のシンポジウム
「<当事者宣言>の社会学――カムアウトからカテゴリー構築まで」公開報告会→
http://www.r-gscefs.jp/?p=5376
私も出ます。

https://twitter.com/ShinyaTateiwa
で知らせました。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/28 11:59
  [mlst-ars-vive:015440] 『現代の経済思想』

お送りいただいた本、橋本努編『現代の経済思想』(勁草書房)
http://www.arsvi.com/b2010/1410ht.htm
井上さんの「平等――なぜ平等は基底的な価値といえるのか」
がはいっています。今日配架予定。立岩

 
 
>TOP

◆◆2014/11/29 20:29
  [mlst-ars-vive:015442] わかること〜なのること

昨日出ていたわかることをめぐり「原因/帰属」という頁
http://www.arsvi.com/d/c11.htm

名前出した人として
片山
http://www.arsvi.com/w/kt24.htm
山口
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
『現代思想』掲載
http://www.arsvi.com/m/gs2014.htm#09
のものとしては
「「傷」への処方――帰属をめぐる見取り図作成のために」

立岩


*更新:小川 浩史 
UP: 20150103 REV: 20150416, 0420
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)