HOME > eMAILS > 先端総合学術研究科院生宛(2013年) >

先端総合学術研究科院生宛・2013年11月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年 

last update: 20131204

立命館大学大学院先端総合学術研究科


*近況については,[外部リンク]立岩真也ツイッターもご覧ください



◆◆2013/11/30 10:45
   [mlst-ars-vive:014524] 転送:明石市 障害者対象に施策専門職、事務職を募集
◆◆2013/11/30 09:28
   [mlst-ars-vive:014522] 特定秘密保護法案関連:明日京都での集会等
◆◆2013/11/29 18:54
   [mlst-ars-vive:014521] 西阪仰他『共感の技法――福島県における足湯ボランティアの会話分析』
◆◆2013/11/29 16:44
   [mlst-ars-vive:014519] 佐藤雅浩2013『精神疾患言説の歴史社会学――「心の病」はなぜ流行するのか』
◆◆2013/11/28 22:06
   [mlst-ars-vive:014516] 渡邉琢さんのツィッター
◆◆2013/11/28 21:57
   [mlst-ars-vive:014515] 深田耕一郎『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』
◆◆2013/11/27 16:47
   [mlst-ars-vive:014511] Fw: CALL FOR PAPERS: Performance & Disability Working Group FIRT/IFTR 2014, University of Warwick, UK
◆◆2013/11/24 21:29
   [mlst-ars-vive:014499] 転送+: Adrienne Asch, Bioethicist and Pioneer in Disability Studies, Dies at 67
◆◆2013/11/20 18:09
   [mlst-ars-vive:014493] 更生医療、難病対策他
◆◆2013/11/20 11:45
   [mlst-ars-vive:014492] 『図説 わが国の慢性透析療法の現況 2012 年12 月31 日現在』
◆◆2013/11/20 00:01
   [mlst-ars-vive:014491] 御礼各種
◆◆2013/11/19 23:31
   [mlst-ars-vive:014490] リーズ大学の催
◆◆2013/11/18 10:00
   [mlst-ars-vive:014482] Kim Byungcheol氏→長瀬さん/メールマガジン配信担当の方
◆◆2013/11/16 19:10
   [mlst-ars-vive:014477] 韓国障害人開発院/二国間交流事業共同研究
◆◆2013/11/13 22:05
   [mlst-ars-vive:014468] 和中勝三氏逝去
◆◆2013/11/13 16:28
   [mlst-ars-vive:014467] 紙をおいたのをスキャンできるスキャンスナップ
◆◆2013/11/06 09:20
   [mlst-ars-vive:014441] アフィリエイト報告
◆◆2013/11/01 12:00
   [mlst-ars-vive:014430] 訂正:→長夫( 西川長尾先生御逝去
◆◆2013/11/01 11:50
   [mlst-ars-vive:014429] 西川長尾先生御逝去


 
 
>TOP

◆◆2013/11/01 11:50
  [mlst-ars-vive:014429] 西川長尾先生御逝去

*以下先端研のMLに配信したものですがこちらにも。
https://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
でもお知らせしました。立岩

――以下――

http://www.arsvi.com/w/nn03.htm

昨日、博士論文の審査のことで片山さんと西川先生の話をしました。
今日、京都新聞報道

最後の本となった『植民地主義の時代を生きて』
「あとがきに代えて」(pp.578-581)より

 「私はどちらかと言えば強健な体格にめぐまれていたのであるが、大学入学時に結核を患い、在学中に左肺上葉の半ばを切除するなどのことがあって、就職は断念せざるをえなかった。反アカデミズム、反大学を唱えながら、結局は大学や大学の友人たちの世話になり、大学の周辺でしか生きることができなかった。忸怩たるものがある。私はこれまで自分の文章の原動力は不正や理不尽なものに対する怒りではないかと思っていた。最後の段階に至っても、悪化の一途をたどる世の中に対して抗議したい気持ちがあり、せめて何か私の存在を記す引っ掻き傷くらいは残したいという気持ちがある。しかし私は同時に、自分の文章がある種の楽天性と幸福感に満ちていることも発見した。それは昔、桑原武夫先生が私の河上肇論を評して言って下さった「左翼的エピキュリアン」に通じるものかもしれない。ここで一人ひとりお名前をあげることはできないが、これまでに私にかかわってくれたすべての方々に感謝したいと思う。[…]
                    ニ〇一二年一一月二六日夜
                    北山を望む八階の病床にて」(p.581)

 
 
>TOP

◆◆2013/11/01 12:00
  [mlst-ars-vive:014430] 訂正:→長夫( 西川長尾先生御逝去

すみません。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/11/06 09:20
  [mlst-ars-vive:014441] アフィリエイト報告

斉藤さん配信のメール
http://www.arsvi.com/w/sr01.htm
の転送です。

どうせアマゾンで買うときには
http://www.arsvi.com/b/a.htm
のご利用よろしくお願いします。

立岩

――以下――

斉藤@AJF事務局です。

生存学創成拠点が、アマゾン・アフィリエイトを利用してAJFに寄付する仕組みを作ってくれています。
http://www.arsvi.com/b/a.htm

今年3月〜10月の報告です。

2011年は34万円超、2012年は25万円ほどの寄付につながりました。
アマゾンを利用される方は、ぜひこの仕組みを活用して、AJFへの寄付につなげてください。

2013年
 3月 216点 382,488円 紹介料15,374円
 4月 255点 462,335円 紹介料20,358円
 5月 276点 475,435円 紹介料20,907円
 6月 267点 413,459円 紹介料14,047円
 7月 245点 411,162円 紹介料12,803円
 8月 230点 298,418円 紹介料9,890円
 9月 234点 337,578円 紹介料10,234円
 10月 189点 342,159円 紹介料11,415円
  * 6月から書籍紹介料が一律3.0%になりました
2013年累計  158,995円
* 上記から、振り込みの都度300円の手数料が差し引かれます。

今後も、使っているプリンターのトナーやインク、USBメモリー、またコピー用紙などが必要な際にも、以下の利用法を参照して、アフィリエイトにつながる購入をしてもらえるとうれしいです。

アマゾンを利用する際に、以下のいずれかの手順を踏んでもらえると、上記の寄付につがなります。

1)GCOE生存学創成拠点ウェブサイト、もしくは僕のウェブサイトにある本のリストから本を選びアマゾンを利用する。
 GCOE生存学創成拠点ウェブサイト http://www.arsvi.com
 僕のサイト http://www.asahi-net.or.jp/~ls9r-situ

 ※上記いずれかを「お気に入り」もしくは「ブックマーク」登録されると、アフィリエイト利用が簡単になります。

2)GCOE生存学創成拠点ウェブサイト内上記のアフィリエイト説明ページ、僕のウェブサイトの各ページにあるアマゾンへのリンクからアマゾンへ入って、本、DVD、CD、PCおよび周辺機器、日用品などを購入する

3)メーリングリスト、mixi、Facebookなどで僕が本と一緒に紹介するアマゾンへのリンクを利用する


 
 
>TOP

◆◆2013/11/13 16:28
  [mlst-ars-vive:014467] 紙をおいたのをスキャンできるスキャンスナップ

知ってる人はすでに知ってるみたいですが
http://azby.fmworld.net/usage/closeup/20131113/?mail=MHPC14013065017469

本を置いてスキャンできるかは?です(が
広告をみるかぎりだめなのも)立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/13 22:05
  [mlst-ars-vive:014468] 和中勝三氏逝去

こちらの企画にも幾度も参加・協力いただいた
和中勝三氏(日本ALS協会近畿ブロック会長)
http://www.arsvi.com/w/wk01.htm
今夜19時すぎ、御逝去とのことです。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/16 19:10
  [mlst-ars-vive:014477] 韓国障害人開発院/二国間交流事業共同研究

昨日、韓国障害人開発院
http://www.koddi.or.kr/jpn/greeting.jhtml
の(2番目に偉い人だという)イ・クァンオンさん※にその
オフィス(韓国での研究交流で多くの
人が訪れたイルムセンター内)でお会いしました。
今度の催
http://www.arsvi.com/a/20131122.htm
にもいらっしゃる方です。

組織として研究協力協定を望まれていました。
この機関は予算の全額が国から出ているようです。
とした場合、下記のものは(日本なら学振とか文科省への)
応募を前提しているようですが
どうなるのか。たぶん学振が判断することになるのではないかと。

組織としては、総予算が年30億円ほど
調査研究がかなりの部分を占めていて
そういう部門のスタッフは半分が博士号取得者だとおっしゃってました。

※ご本人的には、いまの成年後見制度がだめだということで
どういうふうにしたらよいかが関心事であるとおっしゃっていて
それは大切なテーマだと私も思うというようなことを申し上げました。立岩

――以下――

日本学術振興会 国際交流事業 二国間交流事業共同研究・セミナー
  
A.対応機関との合意に基づく共同研究・セミナー
  B.オープンパートナーシップ共同研究・セミナー

  (分野)人文・社会科学及び自然科学にわたる全分野
  (対象)大学及び大学共同利用機関、文部科学省の施設等機関のうち学術研究を
      行うもの、高等専門学校、文部科学大臣が指定する機関

     ※本事業の申請にあたっては、相手国側の共同研究/セミナー代表者は本会の
      相手国側対応機関への申請が必要となります
      (ただし、「B.オープンパートナーシップ共同研究・セミナー」を除く)。
      相手国側共同研究/セミナー代表者は、「15.国別の注意事項」に記載の対応
      機関の本事業担当者に手続きを確認の上、申請するようにしてください。
  
  (学内締切)2013年1月24日(金)
  (学振締切)2013年2月 7日(金)

  詳しくはホームページまたは募集要項にて
  http://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/shinsei_bosyu.html
  ※個人申請ではなく、機関申請ですのでご注意下さい※

 
 
>TOP

◆◆2013/11/18 10:00
  [mlst-ars-vive:014482] Kim Byungcheol氏→長瀬さん/メールマガジン配信担当の方

長瀬さん言及の

>中国については、人民大学が中心となって
>進めたようです。人民大学にいる韓国の
>キム・ビョンイル先生が日中韓の架け橋としての
>大きな役割を果たしてくださっています。

Kim Byungcheol氏
中国人民大学
http://slhr.ruc.edu.cn/en/showstaff.asp?id=226
と同じ方でよいでしょうか?

同じ建物で学会中とのことで時間は限られていましたが
イさんが会わせたい
ということでお会いしてきました。長瀬さんの
話もでました。

英語メールマガジン、韓国語メールマガジン担当の方
彼のアドレスは(同じ人ならですが)
上記HPにある@以降を
hotmail.com
に変えて送付先に登録していただければと。

立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/19 23:31
  [mlst-ars-vive:014490] リーズ大学の催

明日英国に行く人はいないでしょうがいちおう。立岩

――以下――

At the University of Leeds (co-organised by the Centre for Disability
Studies and LUU Disability Action Group) we have a programme of events
starting TOMORROW (Wednesday 20th November) for the UK Disability
History Month 2013.

All events are free and all event venues are wheelchair accessible.

Please forward widely!

Wednesday 20th November
Disability History Month launch event featuring Anne Rae (disabled
activist, chair of Greater Manchester Coalition of Disabled People and
former chair of British Council of Organisations of Disabled People):
"From the Origins of the Disabled People's Movement to Now" - plus
introductions to the Centre for Disability Studies (and its Disability
Archive project) and LUU Disability Action Group
3-5pm, Beech Grove House Seminar Room (33 on Leeds campus map:
http://www.leeds.ac.uk/site/custom_scripts/campus_map.php )

Wednesday 27th November
SSP Film Club: Frida (Julie Taymor, 2002)
The Sociology & Social Policy Film Club presents a biography of the
disabled revolutionary Mexican artist Frida Kahlo (played by Salma
Hayek), followed by a discussion about the importance and continued
relevance of her work. In partnership with Disability Action Group and
FemSoc.
4.30-7pm, Michael Sadler LG19 (78 on Leeds campus map:
http://www.leeds.ac.uk/site/custom_scripts/campus_map.php )


Thursday 28th November
Disabookability - A Book and Poetry Open Floor Event
Part book share and part poetry performance - bring books about
disability or with disabled characters to share or read from, and
perform and/or listen to live and/or recorded poems about disability
(if you would like to perform contact Cath Nichols
c.s.nichols@leeds.ac.uk). Free tea, coffee and biscuits!
4-6pm, Marjorie and Arnold Ziff Building 12.06 (77 on Leeds campus
map: http://www.leeds.ac.uk/site/custom_scripts/campus_map.php )

Wednesday 4th December
Reflections on Doing Disability Research: An audience with Colin Barnes
Colin Barnes, Professor of Disability Studies and founder of the
Centre for Disability Studies at Leeds is retiring this year. At this
celebration of his work he will speak about his involvement with the
Disabled People's Movement, the development of Disability Studies here
at Leeds and his thoughts regarding its future.
5-7pm, Western Lecture Theatre (18 on Leeds campus map:
http://www.leeds.ac.uk/site/custom_scripts/campus_map.php ) (with
drinks reception from 4pm in Liberty Building atrium (16 on Leeds
campus map: http://www.leeds.ac.uk/site/custom_scripts/campus_map.php
))

Wednesday 11th December
We Wish You a Merry Cripmas!
A festive end-of-term event about the disability issues associated
with the "season of giving" - featuring Christine Chettle (PhD
student, Leeds University School of English) speaking about disability
and agency in Charles Dickens’s A Christmas Carol (1843), and disabled
activists and Disability Equality Trainers Gemma Nash and Gill
Crawshaw speaking about why charity is not always a good thing for
disabled people. Free mince pies!
3-5pm, Union Common Room/Hidden Cafe (32 on Leeds campus map:
http://www.leeds.ac.uk/site/custom_scripts/campus_map.php )
(time and location for this event still subject to confirmation, but
hopefully will be as above - contact Steve sgraby@googlemail.com if
you want to be updated.)

________________End of message________________

This Disability-Research Discussion list is managed by the Centre for Disability Studies at the University of Leeds (www.leeds.ac.uk/disability-studies).

Enquiries about list administration should be sent to disability-research-request@jiscmail.ac.uk

Archives and tools are located at: www.jiscmail.ac.uk/lists/disability-research.html

You can VIEW, POST, JOIN and LEAVE the list by logging in to this web page.

 
 
>TOP

◆◆2013/11/20 00:01
  [mlst-ars-vive:014491] 御礼各種

長瀬さん
http://www.arsvi.com/w/no01.htm
中国のキムさんは
中国語・コリア語・英語おできになって
日本語はご本人的にはまだちょっとということでした。
このかたふくめ3人との話、
立教大学院生で韓国からの留学生で
TIL(東京都自立生活センター協議会)スタッフのキムさんに
通訳してもらいました。
修了生のヒギョンさん
http://www.arsvi.com/w/jh01.htm
にも、今回もたいへんお世話になりました。
ありがとうございます。

イさん
http://www.arsvi.com/w/lw01.htm
韓国語メールマガジンのお知らせありがとうございました。
今後も刊行のお知らせをいただけるとおもいます。
メールマガジン読んでますという話
を(こまかな事実関係の間違いとともに)聞いてきました。

22日の韓日企画
http://www.arsvi.com/a/20131122.htm
報告とその翻訳、掲載してもらってます。
ありかとうございます。
どなたも参加できます。

立岩 真也

近刊:『造反有理――精神医療現代史へ』
http://www.arsvi.com/ts/2013b2.htm
新刊
http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm
http://www.arsvi.com/ts/2012b3.htm
http://www.arsvi.com/ts/2012b2.htm
http://www.arsvi.com/ts/2012b1.htm
HP
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
twitter
https://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa

 
 
>TOP

◆◆2013/11/20 11:45
  [mlst-ars-vive:014492] 『図説 わが国の慢性透析療法の現況 2012 年12 月31 日現在』

所謂難病政策ががたがたしていますがその関連の話の流れで
透析のことが話題になり(というかして)、そしたら
伊藤道哉さん(東北大学)
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70221083.ja.html
から『図説 わが国の慢性透析療法の現況 2012 年12 月31 日現在』
お送りいただきました。
そのうちHPからみられるようにしますが
6メガバイトほどあるので
とりあえず希望者にお送りします。
(あと血友病関係のも。別便で知らせます。)

タイミングよく、というかなんというか、
有吉さん
http://www.arsvi.com/w/ar01.htm
の御本があと数日ででます。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/20 18:09
  [mlst-ars-vive:014493] 更生医療、難病対策他

『図説 わが国の慢性透析療法の現況 2012 年12 月31 日現在』
透析医学会のサイトにあると有吉さんに教えていただきました。
ありました。
http://docs.jsdt.or.jp/overview/

あと有吉さんから質問いただいたのですが
とくにこういう件についてのMLとかあるわけでなく
WAMというところから金が出ている研究班があって
そこに伊藤さんもいらして情報を提供してくださったのです。

医療費の自己負担をおさえる策として
透析の場合は(当時の)身体障害者福祉法に規定される
政策側が「更生医療」を使ったのですが(現在は「自立支援医療」)
他方で、「難病対策」として対応されてきた部分があり

http://www.arsvi.com/d/n02.htm
それが現在ばたばたとよからぬ方向に行きつつあります。
http://www.arsvi.com/d/n022013.htm
こういうその場しのぎというかの対応が幾種類かあって
血友病、そして現在では精神疾患への対応がそういう
ことであるそうで、かつ
厚労省は例えば精神疾患の医療費の内実について
のデータを公表していないといったことがあって
ひじょうにわかりにくいややこしい
状況になっているようです。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/24 21:29
  [mlst-ars-vive:014499] 転送+: Adrienne Asch, Bioethicist and Pioneer in Disability Studies, Dies at 67

以下障害学のML
http://www.arsvi.com/ds/ml.htm
(はいるべき人ははいってください)
に配信したメールです。立岩

――以下――

児玉さん
http://www.arsvi.com/w/km02.htm
のお知らせにより

http://www.arsvi.com/w/aa06.htm
すこし増補しましした。

「人」ページにかぎらずほとんどあらゆる情報蓄積・提供が
はなはだしく不十分であることは十分に自覚しております。
ともかく非力ゆえ
ご協力・ご助力をいただければさいわいです。

立岩 真也

新刊:『造反有理――精神医療現代史へ』
http://www.arsvi.com/ts/2013b2.htm
http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm
http://www.arsvi.com/ts/2012b3.htm
http://www.arsvi.com/ts/2012b2.htm
http://www.arsvi.com/ts/2012b1.htm
HP
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
twitter
https://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa

 
 
>TOP

◆◆2013/11/27 16:47
  [mlst-ars-vive:014511] Fw: CALL FOR PAPERS: Performance & Disability Working Group FIRT/IFTR 2014, University of Warwick, UK

関係した仕事している人いなくはないので
お知らせしておきます。立岩

-----Original Message-----
From: Yvonne Schmidt
Sent: Wednesday, November 27, 2013 4:01 PM
To: DISABILITY-RESEARCH@JISCMAIL.AC.UK
Subject: CALL FOR PAPERS: Performance & Disability Working Group FIRT/IFTR
2014, University of Warwick, UK

[Apologies for cross posting.]


CALL FOR PAPERS:

Performance & Disability Working Group

FIRT/IFTR 2014, University of Warwick, UK

July 28th to 1st August 2014



Deadline for proposals: 15 January 2014

Deadline for bursaries: 1 December 2013



The Performance and Disability Working Group of the International Federation
of Theatre Research is soliciting paper proposals for our Working Group from
any area of performance studies that intersects with disability studies.



We welcome perspectives from practice, history or theory in any field or
discipline. The goal of this group is to have an international dialogue
regarding disability and performance and to share scholarly work and best
practices from around the world ? traditions, conventions and demonstrations
of how diverse physical, sensorial, developmental and psychological
abilities manifest in all areas of performance. We are also interested in
the impact of performance on policy practice in relation to disability or
deafness. We are open to any definition of disability or performance.



In 2014, participants are invited to orient their 20-minute presentations in
any format towards the conference theme of ‘stratification’
[http://iftr2014warwick.org/?page_id=235]:




Cultural stratification: How is disability culture stratified in
theatre, dance, and performance in different geographical locations? To what
extent is disability culture challenged or reconsidered by local performing
arts practices? We especially encourage perspectives from uninvestigated
territories.



Historical stratification: How has disability performance emerged in
different cultures from the past to the present? How might we (re)consider
contemporary dance, theatre, or performance practice from a historiographic
perspective?



Stratification inside the theatre: How is disability theatre, dance and
performance stratified inside the theatre system? How (and what) are the
prospects for performing artists who identity as disabled, particularly in a
time when performance work with people with disabilities may be considered
in some locations as "fashionable"?



Social Stratification: How does social stratification manifest in
disability theatre, dance, and performance?



Additionally, we welcome submissions that engage with a Practice as Research
approach:



Practice as research: How is disability & performance explored through
a dialogue between theory and practice? We invite any contributions with a
Practice as Research (PaR) approach to performance and disability.



Please submit an abstract of 300 words (max) along with a short bio of 50
words (max) by 15 January 2014. If we have an exceptionally large number of
submissions, we may ask for shorter presentations and circulate the papers
or presentations in advance.



Abstract submission and IFTR membership must be completed through the CJO
website: http://journals.cambridge.org/iftr. Abstract submission and
IFTR/FIRT membership renewal are already open; you must be an IFTR member
for 2014 in order to see the option to submit a paper to the 2014
conference.



You must submit your proposals through the IFTR website; please do not send
abstracts to the Working Group conveners. Please note that there are three
options for submitting an abstract:

1. Submit to the Performance and Disability Working Group (following the
guidelines above).

2. Submit to the general congress (following the guidelines on the IFTR
site; please note the conference theme is distinct from the CFP for our
Working Group).

3. Submit to the New Scholars forum (following their guidelines).



You can only submit one proposal and must elect from the three options
above.



For information about the general conference, fees, and accommodation, check
the IFTR website - www.iftr2014warwick.org



We would also strongly encourage anyone who is qualified to submit work for
the New Scholars' or Helsinki Prizes. Please note that the application
deadline for both the New Scholars' Prize and the Helsinki Prize is fast
approaching on 1 December 2013. Full details are available on the Prizes
webpage: http://www.firt-iftr.org/prizes.



PLEASE NOTE: The deadline to apply for conference bursaries is 1 December
2013: http://iftr2014warwick.org/?page_id=258. This is the only funding
available from IFTR.



If you have any questions about the Working Group, please contact the
conveners:

- Yvonne Schmidt: yvonne.schmidt@zhdk.ch

- Mark Swetz: mark.swetz@humboldt.edu



Join the mailing list of the IFTR-FIRT Working
Group:https://listserv.unibe.ch/mailman/listinfo/performance-disability.itw



Facebook: https://www.facebook.com/groups/390883004312783/ [search for: IFTR
Performance and Disability WG]

Blog: http://performancedisability.tumblr.com/

________________End of message________________

This Disability-Research Discussion list is managed by the Centre for
Disability Studies at the University of Leeds
(www.leeds.ac.uk/disability-studies).

Enquiries about list administration should be sent to
disability-research-request@jiscmail.ac.uk

Archives and tools are located at:
www.jiscmail.ac.uk/lists/disability-research.html

You can VIEW, POST, JOIN and LEAVE the list by logging in to this web page.

 
 
>TOP

◆◆2013/11/28 21:57
  [mlst-ars-vive:014515] 深田耕一郎『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』

深田 耕一郎 20131013 『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』
生活書院,674p.
http://www.arsvi.com/b2010/1310fk.htm
cf.
http://www.arsvi.com/w/ni02.htm
立教大学に出した博士論文がもとになっています。力作です。
とくにその方面に関心ある人どうぞ。
書庫の2013年のところに2冊あります。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/28 22:06
  [mlst-ars-vive:014516] 渡邉琢さんのツィッター

『介助者たちは、どう生きていくのか――障害者の地域自立生活と介助という営み』
http://www.arsvi.com/b2010/1102wt.htm
の著者渡邉琢さんに連絡とりたい辻さんに。
ツィッターのアドレスは
https://twitter.com/takutchan
でした。(メールのアドレスはいま現在わかりません。)
ツィッターで連絡とりたいむね知らせると答えてくるのではないかと。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/29 16:44
  [mlst-ars-vive:014519] 佐藤雅浩2013『精神疾患言説の歴史社会学――「心の病」はなぜ流行するのか』

こないだの共同演習で上野さんが言及されていた本。
http://www.arsvi.com/b2010/1303sm.htm
東京大学に提出された博士論文がもとになってます。
田中(慶)さんの仕事に関係なくないですが
http://www.arsvi.com/w/tk11.htm
きほん田中さん扱ってる手前までの話なんで、文献の
一つにあげるぐらいかと。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/29 18:54
  [mlst-ars-vive:014521] 西阪仰他『共感の技法――福島県における足湯ボランティアの会話分析』

http://www.arsvi.com/b2010/1307na.htm
書庫の私がいるテーブルの上にあるんではと。こんど配架します。
いただきものです。

昨日、藤原さん
http://www.arsvi.com/w/fn01.htm
と山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
とほんのすこし話したおり、会話分析、エスノメソドロジーーといった
ほんのすこしなり、西坂さんの名前も。
たぶん20年ほど会ってませんが、その前はときどき
研究会などで――意外に思われたようですが&それもそうかなと
思いますが※――お会いしていました。

※会話分析…がなんたるものであるか、わかってないわけで
→こんどだれか教えてください。

立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/30 09:28
  [mlst-ars-vive:014522] 特定秘密保護法案関連:明日京都での集会等

山田さんよりいただいた情報他により、以下
https://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
に。「学者の会」のよびかけ人に栗原さんと上野さんいらっしゃいました。

◇2013/11/29
「特定秘密保護法案に反対する学者の会」「12月3日に予定している第二次記者会見に向けて、さらに賛同者を募っていきます」、そうです。→
http://www.arsvi.com/d/spb.htm

◇2013/11/29
2013/12/01 ヒミツの怖さ大公開〜特定秘密保護法反対・京都集会 於:京都大学
15:30〜
18:00
http://www.arsvi.com/d/spb.htm
拡散依頼あり遅れました掲載。

立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/11/30 10:45
  [mlst-ars-vive:014524] 転送:明石市 障害者対象に施策専門職、事務職を募集

臼井さん
http://www.arsvi.com/w/uk05.htm
より。立岩

-----Original Message-----
From: 障害者欠格条項をなくす会事務局 臼井
Sent: Saturday, November 30, 2013 9:57 AM
To: CCED-ML
Subject: [ccedcd 2467] 明石市 障害者対象に施策専門職、事務職を募集

臼井です。
兵庫県明石市で障害者を対象に次のような職員募集を開始しています。
申込み受付は12月10日から来年2014年1月10日までです。
募集の一つは条例制定を担う専門職で、もう一つは一般職の採用です。

条例担当の専門職として障害者職員を採用するのは、日本の地方公共団体
ではおそらく初めてのことです。
また、一般職の採用においても、「自力通勤・介助無し勤務」といった欠格条
項を設けていません。
5名という人数は「重度障害者ダブルカウント」を使わずにカウントした数」との
ことです。
受験資格の欠格条項、ダブルカウント、いずれも、障害者関係者が長年、
問題提起して各地から取り組んできた課題です。
受験者調査票で、点字、拡大文字、拡大回答用紙、音声パソコン、
ワープロやパソコン、手話や筆記の通訳などを申し込めるようになっています。
地方公共団体がこのように積極的に取り組まれていることは今後にむけて
大きな意味があります。

明石市公式ウェブサイト上
試験案内、受験申込書、受験者調査票(受験時の必要な配慮を記入)などのページ
・任期付職員(障害者施策担当) http://bit.ly/1imeeXH
・事務職(障害者対象) http://bit.ly/IxOdVD

関連する報道
11月28日
<朝日新聞>障害者自身で立案を 明石市、専門職を公募
<読売新聞>明石市 障害者対象に職員採用へ 任期付き企画専門職など
<神戸新聞>身障者対象に採用試験 任期付き専門職と一般職 (明石)市が初実施
<毎日新聞>身障者対象に採用試験 明石市初 専門職含む5人程度
<産経新聞>明石市職員採用 障害者枠を設置 来月10日から受付


*作成:小川 浩史
UP: 20131204 REV:
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)