HOME > eMAILS > 先端総合学術研究科院生宛(2013年) >

先端総合学術研究科院生宛・2013年09月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年 

last update: 20130919

立命館大学大学院先端総合学術研究科


*近況については,[外部リンク]立岩真也ツイッターもご覧ください



◆◆2013/09/18 11:18
   [mlst-ars-vive:014312] 日本透析医学会
◆◆2013/09/11 23:56
   [mlst-ars-vive:014303] 『季刊福祉労働』
◆◆2013/09/05 21:55
   [mlst-ars-vive:014281] 精神病院病床数のこと続2(お伺い:全家連関係)
◆◆2013/09/05 10:37
   [mlst-ars-vive:014276] 募集:糸賀一雄記念賞→滋賀県内
◆◆2013/09/04 09:34
   [mlst-ars-vive:014274] 『現代思想』8月号特集:看護のチカラ
◆◆2013/09/03 23:23
   [mlst-ars-vive:014273] お礼+お伺い:市町村障害者生活支援事業→相談支援事業
◆◆2013/09/03 23:06
   [mlst-ars-vive:014272] Man with learning difficulties to be sterilised
◆◆2013/09/03 22:02
   [mlst-ars-vive:014270] 『地域闘争』『ちいきとうそう』『むすぶ』
◆◆2013/09/03 14:00
   [mlst-ars-vive:014269] Journal of Literary & Cultural Disability Studies:Disability and Indigeneity 7-2


 
 
>TOP

◆◆2013/09/03 14:00
  [mlst-ars-vive:014269] Journal of Literary & Cultural Disability Studies:Disability and Indigeneity 7-2

英国で出ているオンライン&紙雑誌
中身みてませんが
以下お知らせいただきましたので。立岩


――以下――

Journal of Literary & Cultural Disability Studies:
Disability and Indigeneity
Volume 7, Issue 2
Guest Edited by Siobhan Senier and Clare Barker

JLCDS is available from Liverpool University Press, online and in print, to institutional and individual subscribers; it is also part of the Project MUSE collection to which the links below point.

Articles

Introduction
Siobhan Senier and Clare Barker
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.senier01.pdf

“The Ancestors Within”: Genetics, Biocolonialism, and Medical Ethics in Patricia Grace’s Baby No-Eyes
Clare Barker
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.barker.html

“Who We Was”: Creating Witnesses in Joseph Bruchac’s Hidden Roots
Mary J. Couzelis
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.couzelis.html

Decolonizing Disability, Indigeneity, and Poetic Methods: Hanging Out in Australia
Petra Kuppers
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.kuppers.html

Disability and Native North American Boarding School Narratives: Madonna
Swan and Sioux Sanitorium
Penelope Kelsey
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.kelsey.html

“Traditionally, Disability Was Not Seen as Such”: Writing and Healing in the Work of Mohegan Medicine People
Siobhan Senier
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.senier.html

Comment from the Field

Northern Renaissance Seminar: Disability and the Renaissance Leeds Trinity University College
Kaye McLelland
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.mclelland.html

Book Reviews

Idiocy: A Cultural History by Patrick McDonagh
Cristina Hanganu-Bresch
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.hanganu-bresch.html

The Madwoman and the Blindman: Jane Eyre, Discourse, Disability ed. by David Bolt, Julia Miele Rodas, and Elizabeth J. Donaldson
Maria Frawley
http://muse.jhu.edu/login?auth=0&type=summary&url=/journals/journal_of_literary_and_cultural_disability_studies/v007/7.2.frawley.html

For more information, please contact:

 
 
>TOP

◆◆2013/09/03 22:02
  [mlst-ars-vive:014270] 『地域闘争』『ちいきとうそう』『むすぶ』

いつどういうふうに名称変わったのかわかりませんが
以前にも紹介しました雑誌
(『月刊地域闘争』とするべきなのかも
このへんのルールはちゃんとしたものはないのでは…
→どうしたらよいかと。『季刊福祉労働』が『福祉労働』はありな
かんじすまが『月刊福祉』が『福祉』だとちょっとへんな
かんじ…。)

http://www.arsvi.com/m/gtt.htm
http://www.arsvi.com/d/npp-d.htm
http://www.arsvi.com/w/mi02.htm
http://www.arsvi.com/w/sa14.htm
……

ちなみに、いま書庫にはいっている雑誌・機関紙(誌)は
いまのところ、ほぼ
1)ありがたくも(ときになぜだか)送っていただいているもの
(原稿料としてとか、原稿料とともに、含む)
2)以前購入したもの
3)わずかに会費払って購入しているもの
に限られています。

これも以前伺いましたが
2)のうち『臨床心理学研究』
(社会臨床学会が分かれる前の時期の)
cf.
http://www.arsvi.com/o/jacp.htm
ずいぶんいぜんにまとめて
買ったことがあるのですがみあたりません。どなたか
御存知でしたら。

――以下――

厳しい残暑が続いていますが、極端な雨が降ったりもしています。皆様いかがお過ごしでしょうか、
最新号のお知らせをお送りいたします。重複してしまった方、そしてすでに定期購読いただいている方々、ごめんなさい。

●13年8月 No.511

――福島はまだ震災が続いています――

 ▲生きた証拠―ぼくは牛の世話を続けます                吉澤正巳

 ▼原発震災、障害者は…(1)                     青田由幸

 ▼PHPTO REPORT
  2013年、福島、夏。                        S&Y

 ▽原発事故日誌

-------------------------------------------------------------------------------
 新連載
  自然エネルギーの罠1                        武田恵世

  共産党躍進民主惨敗の参院選2                     仲井富

  ああ、万人の幸福!                          青野禮
  ――クレールヴォーの囚人は語る(クロポトキンの「叛逆者の言葉」を読む)
  (一)親友の「序」――友情、そして万人の理想

  農的くらしにもとづく「たべもの協同社会」の提案          本野一郎

  第五回 地域闘争が生まれた時代――日本列島が生んだ差別構造


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  舘崎正二  時代を駆ける 第250回
        民主党政権の崩壊と自民党政権の復権(2)

  木野 茂  山中由紀
         今どきの学生たち 第186回
         「2013年度前期:大阪市立大学で“東日本大震災と福島原発事故”」

  小林敏昭  変言字在28
        死刑廃止論のためのノート(1)

  仲井 富  住民運動 ひと・ことば 三里塚の生き証人15
        加瀬勉が語る人生 

  橋本行則  診療メモ第397回
        ビタミンCの研究4(前編)

  中北龍太郎 憲法から考える憲法を考える第104回《免罪をなくすために》65

        甲山事件とドレフェス事件(7)予断・偏見と有罪至上主義

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1冊800円。送料(76円:1冊の場合)
よろしければ是非、定期購読をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|ロシナンテ社は、「月刊むすぶ」の購読代で成り立っています。|
|是非、定期購読の輪にご参加ください。           |
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
定期購読者大募集!!
定期購読・年間8,400円「定期購読代は送料込みの値段です」
郵便振替口座 01080−6−42151
ロシナンテ社
〒605-0974 京都市東山区泉涌寺五葉ノ辻町28
TEL & FAX 075-533-7062
お問い合わせメールはこちらまで!
e-mail:musub@big.or.jp
HP:http://www9.big.or.jp/~musub/

 
 
>TOP

◆◆2013/09/03 23:06
  [mlst-ars-vive:014272] Man with learning difficulties to be sterilised

センターのツィッター(フォローしてくださいませ)
https://twitter.com/ritsumei_arsvi/status/371832541235257345
で紹介されているガーディアンの記事
http://www.theguardian.com/law/2013/aug/16/court-sterilisation-man-learning-difficulties?CMP=twt_gu
ですが、リーズの障害学センターのほうの
MLでは以下のテレグラフの記事+αが配信されてました。
http://www.thisisbristol.co.uk/Fate-hundreds-Bristol-area-decided-secret-courts/story-18811456-detail/story.html#axzz2c9lC2cO1
16 Aug 2013

両方「with learning difficulties」で
学習障害と訳されてる言葉のようです。

学習障害とか発達障害とか、そういう言葉が
どこからどうやってでてきたのか知りません。なにか手頃なURLとか
文献とかあれば。

※萩原さんありがとうございました。立岩

――以下――

Man with learning difficulties to be sterilised in unprecedented court ruling A man with significant learning difficulties has been ordered to undergo a vasectomy to prevent him from having further children in a landmark legal ruling by the High Court. The High Court has ordered a man with learning difficulties to have a vasectomy to prevent him having further children in an unprecedented legal ruling. The High Court has ordered a man with learning difficulties to have a vasectomy to prevent him having further children in an unprecedented legal ruling. Photo: PA
By Victoria Ward
11:40AM BST 16 Aug 2013

Mrs Justice Eleanor King, sitting in the Court of Protection, said there was "no question" of the 36-year-old having the mental capacity to use contraception and that it was "lawful and overwhelmingly in his best interests" for him to be sterilised.

The man, identified only as DE, and his long-term girlfriend who also has learning difficulties, had a son in 2010.

As a result, measures were taken to prevent another pregnancy and DE was required to be supervised at all times, effectively losing his limited but “hard-won” independence.

The consequences were "profound" for both families and the judge noted that the couple’s long-standing relationship "nearly broke under the strain, but remarkably weathered the storm".

The little boy is now cared for by his maternal grandmother but the court was told it was "inevitable" that if they had another baby it would be taken into care, causing significant psychological distress and likely resulting in the breakdown of their relationship.

DE, who has a mental age of between six and nine, has made it clear that he does not want any more children. Although he enjoys playing with his son for up to an hour at a time, the court heard he took no parental responsibility and did not want to give up his own life to be a father.

Mrs Justice Eleanor King said she considered the restoration of his independence and the resumption of his relationship to be of the utmost importance and agreed with his carers that it should be protected and nurtured.

Ruling that a vasectomy was “undoubtedly” in DE’s best interest, she insisted that the seriousness of making an order which “had the effect of taking away the fertility of a man” had not been underestimated.

"In my judgment it is overwhelmingly in DE’s best interests to have a vasectomy," she said.

"That being said the court does not make such an order lightly, conscious as it is that for the court to make an order permitting the lifelong removal of a person’s fertility for non-medical reasons requires strong justification."


The unprecedented judgment followed an emotional four-day trial and marked the culmination of a three-year legal battle for DE’s parents, who live with their son in the Midlands.

The couple went to their local GP to request he had a vasectomy in 2010 and the matter was referred to his local NHS Trust, which made the application to the Court of Protection with the support of his parents, GP and the local authority involved in his care.

Angus Moon QC, for the Official Solicitor, appointed to represent DE, said the "truly exceptional" case should not be seen as a green light for other applications for people with learning difficulties to have a vasectomy and insisted that the proceedings were "not covered by a shadow of eugenics".

Campaigners welcomed the ruling but warned that sterilisation was a “serious medical intervention” that had a fundamental impact on human rights.

Beverley Dawkins, policy manager at learning disability charity Mencap, said: “Decisions in such a case must always be about the specific circumstances of the individual and it’s important that every alternative is considered, to ensure the least restrictive option is chosen.

“The court seems to have carefully weighed up what is in the best interests of this man, and reached a balanced decision that allows him to continue a loving relationship with his partner.

“We welcome the emphasis placed on the fact that this is an exceptional case and should not be seen as a green light for other applications for sterilisation in respect of people with a learning disability.”

There is only one known previous case involving an application for male sterilisation and it was refused in 1999. The court ruled that a vasectomy would not be in the best medical and emotional interests of the 28-year-old man, who had Down's Syndrome, despite his mother's wishes to the contrary.

http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/10247073/Man-with-learning-difficulties-to-be-sterilised-in-unprecedented-court-ruling.html

UK's notorious 'Court of Protection' is a secret court, media and public banned from witnessing any of its proceedings. Every single assertion and statement the court releases to the press, is carefully massaged to fit the narrative the court wishes to convey.

Clearly men with this level of disability have existed in the UK many times before without this ever having been resorted to before. Why now?

Judge orders all 'necessary and proportionate steps including sedation' for when the day comes that they 'lead' this man to the hospital.

More in the 'Court of Protection'...

http://www.thisisbristol.co.uk/Fate-hundreds-Bristol-area-decided-secret-courts/story-18811456-detail/story.html#axzz2c9lC2cO1

 
 
>TOP

◆◆2013/09/03 23:23
  [mlst-ars-vive:014273] お礼+お伺い:市町村障害者生活支援事業→相談支援事業

萩原さんありがとうございました。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/soudan.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/toukei/h23-syogaisoudansien.html
からのいくつか
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/dl/20110630-01-04-2-2.pdf

をたいへんざっとみましたが、
いまいち変更のぐあいがわかりませんでした。
(国からの)財源面とか、実施義務のこととか
急ぎませんので、おわかりの範囲で、と。立岩


-----Original Message-----
From: 萩原浩史
Sent: Tuesday, September 03, 2013 10:19 PM
To: 'mlst-ars-vive'
Subject: [mlst-ars-vive:014271] RE: [mlst-ars-vive:014262] 市町村障害者生活支援事業

立岩先生

お世話になります。

市町村障害者生活支援事業についてですが、
障害者自立支援法の施行に伴い
地域療育等支援事業(知的)・精神障害者地域生活支援事業(精神)とともに
平成18年4月より市町村が委託する相談支援事業へ移行となっております。
したがって事実上、廃止扱いとなっているはずです。
厚労省としては「移行」であって「廃止」ではないのかもしれませんが。

なお、財源の理由から市町村によっては単独委託ではなく、
複数の市町村で負担して委託している場合もあります。
また同様の理由によりこれまで約1500万円だった委託料が
現行制度へ移行してから年々削られているところも少なくないです。
知的・精神も概ね同じような状況です。

公共領域 萩原

-----Original Message-----
From: 立岩真也 [mailto:tae01303@nifty.ne.jp]
Sent: Saturday, August 31, 2013 5:13 PM
To: mlst-ars-vive
Subject: [mlst-ars-vive:014262] 市町村障害者生活支援事業

白杉さんと話していて
白杉さん・萩原さん
http://www.arsvi.com/w/hh02.htm
あたりが調べていることと
関係なくはなさそうな(過去の)ものとして

市町村障害者生活支援事業
http://www.arsvi.com/d/dpp199610.htm

私が話したものとして
1997/02/22「市町村障害者生活支援事業について」
全国自立生活センター協議会・所長セミナー シンポジウム
「当事者主体のサービス提供――市町村障害者生活支援事業の活用」,
愛知県豊田市
→「「市町村障害者生活支援事業」を請け負う」
『ノーマライゼーション研究年報』1997に掲載
http://www.arsvi.com/ts/1997a04.htm
(きほん今と同じ話しをしています〜人間そう変わりません)

その後のこと把握していません。
と上記のファイルみていったら
2003/01/12 2:57 障害者支援:厚労省、2事業の補助金打ち切り 自治体は反発
『毎日新聞』

といった記事でてきました。なにかごそんじのこと
あれば教えてくださいませ。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/09/04 09:34
  [mlst-ars-vive:014274] 『現代思想』8月号特集:看護のチカラ

ツィッター
https://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
では1月前に紹介しましたが
件名の特集
http://www.arsvi.com/m/gs2013.htm#08
中身みてませんが、今日書庫にもっていくので
目次と文献表だけ
筋ジス病棟…の論文の文献表に伊藤(佳)論文(『現代思想』)
http://www.arsvi.com/w/ik10.htm
血友病関係のに北村論文(『Core Ethics』)
http://www.arsvi.com/w/kk01.htm
ありました。
あと、小幡さん研究している
http://www.arsvi.com/w/om15.htm
NICUではないですが「急変に対応する」というのも。
ACTの話もcf.
http://www.arsvi.com/w/ts15.htm

立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/09/05 10:37
  [mlst-ars-vive:014276] 募集:糸賀一雄記念賞→滋賀県内

葛城さん http://www.arsvi.com/w/kt25.htm
ところなどいけるんではと。
以下転送。立岩

――以下――

<募集団体名>
 公益財団法人 糸賀一雄記念財団

(募集)
 ■糸賀一雄記念賞 
 ■糸賀一雄記念しが未来賞

(対象)
 ■日本に居住し、障がい者福祉に関する活動実績が高く評価されており、かつ
今後の
  一層の活躍が期待される個人および団体(法人、任意団体を問わない)
 ■障がい者福祉に関する取組が先進的で、今後の一層の活躍が期待される個人
および
  団体(法人、任意団体を問わない)。但し、滋賀県内で取組が実践されてい
る個人・
  団体に限る。

 ※詳細はホームページをご確認ください。

(問い合わせ・URL)
http://www.itogazaidan.jp/index.htm
 
 財団締切:2013/9/30
 ※申込書はダウンロードできます。

 
 
>TOP

◆◆2013/09/05 21:55
  [mlst-ars-vive:014281] 精神病院病床数のこと続2(お伺い:全家連関係)

http://www.arsvi.com/d/i05m.htm
増補しました。
1969年に石川清があと40万いると書いています。
(この方故人のようですが没年御存知の方
いらしたら。)

「友の会」の本に京都の人が書いている
全家連は病院作らせるのに動いているという
文章がありました(1981)。
このへんのことわかりません。
御存知のことあればお知らせください。立岩


-----Original Message-----
From: 立岩真也
Sent: Sunday, August 04, 2013 1:41 PM
To: mlst-ars-vive
Subject: [mlst-ars-vive:014191] 精神病院病床数のこと続

http://www.arsvi.com/d/i05m.htm
増補しました。&三野さんつくってくださった報道の引用集
http://www.arsvi.com/d/i05m2.htm
として分離させてもらいました。
28万バイトぐらいあって大きくなったので。
(分離しても下のファイルは20万バイトこえますが
まあよいのではと。)立岩


-----Original Message-----
From: 立岩真也
Sent: Saturday, July 20, 2013 8:48 PM
To: mlst-ars-vive
Subject: [mlst-ars-vive:014164] 精神病院病床数のこと

三野さん
http://www.arsvi.com/w/mk20.htm
の仕事関係で

厚生省公衆衛生局 19651101 『わが国における精神障害の現状』
大蔵省印刷局,442p. ASIN: B000JA82MY 1800
http://www.arsvi.com/b1900/6511.htm
故広田氏蔵書
アマゾンのマーケットプレースで買うと69,800円します。
(その次のが阻止された)実態調査の報告書です。

ごく短い第1章では所謂ケネディ教書への言及があります。
同時に、第5章では、諸外国に比べいかに少ないかが書かれています。
ついでに
このMLで紹介したかわすれましたが
秋元の71年の本
http://www.arsvi.com/b1900/7107ah.htm
でも両方が出てきて
「入院を必要とする患者の最小限度の数が三十五万程度とみつもられる」
と書いてあります。(わがくにはその最小限度を達成したわけです。)
このところ月末に出る『現代思想』でも引用したような
気がします。立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/09/11 23:56
  [mlst-ars-vive:014303] 『季刊福祉労働』

誰かがもっていったままにしてなければ
直近のものべつとして(可能であれば
購入していっていただくとよいかと)
創刊号(1978年)から書庫にある雑誌
http://www.arsvi.com/m/kfr.htm
版元の現代書館の編集者の小林律子さんから
最近の何号かの目次データもらって&
いくつかこまかくいじって増補。

いっこいっこの記事が短いですが
役に立つ人には役に立つかと。

筆者のリンクはしていません。
(人のインデックス・ファイルをダウンロードして
それを使ってやると非常にてまかからず
できます。)立岩

 
 
>TOP

◆◆2013/09/18 11:18
  [mlst-ars-vive:014312] 日本透析医学会

しゅじゅとどこおっておりすみません。
いただいた情報(読売新聞報道)
のせるついでに
とやっていたらいろいすることあり
すぐにやめましたが以下。
http://www.arsvi.com/d/a032000.htm
http://www.arsvi.com/d/a032010.htm

立岩


*作成:小川 浩史
UP: 20130919 REV:
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)